寺小屋ブログ

学習塾・音楽教室「寺小屋」
田舎の中学生、高校生達のモチベーションのアップに少しでも役立ちたいと開設した塾のつぶやき

慈光の部屋 日本の大学(第26回-7)

2016年05月25日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

宮:僕が個人的に疑問に思うことなんですけど、ニュースとかでも、大学というのは外国と日本で違うというのを目にし
  ますよね。
慈:はい。
宮:外国の大学というのは入るのは簡単だけども、卒業するのが難しい。で、日本の大学は入るのは難しいけども、卒
  業するのは簡単だと言われてますけど、慈光先生から見て、どう思われますか?
慈:うーん、いちばん答えにくい質問ですね。自分が非常に緩やかな大学生活を送ってきたので、僕の立場から言うの
  は非常におこがましいんですけど、大学の教育のいうのは、かなり多額の税金を使って行われる訳ですよね。
宮:まあ、そうですよね。
慈:東大になると、下手すると学生1人につき年間1千万円ですよ。だから、「それだけ出して、どうするの?」って話をす
  るときに、…日本をどういう方向に進めたいのかという、皆さんの意志の問題もあるんでしょうが、今、国が進めてい
  るようにグローバル化して、世界の中で伍していける日本を目指すのであれば、大学でしかるべき教育がなされて、
  優秀な人材を出していかなければならないんです。
  そうなると、卒業するのが難しい、そう簡単には学位がもらえないというのがグローバルスタンダードですから、それ
  に合せざるを得ないですね。これは当り前の話ですよね。
宮:なるほど。そうなりますよね。
慈:ただ、逆に、僕自身のことを考えると、大学時代にしっかり遊ばせてもらったことが人間の幅をつくったというのは否
  めない事実なんです。あ、見た目の話じゃないですよ。
宮:わかりますよ。中身のことですね。
慈:どっちが良くて、どっちが悪いっていう話ではないと思いますね。日本の大学の緩やかさの良さっていうのはあった
  かと思いますね。でも、それがこれから先はドンドン失われていくのもやむを得ないという話だと思いますね。
宮:なるほど。そうなると、外国の大学と同じように入るのは簡単だけども、卒業するのが難しいという時代が来るかも
  しれないんですか?
慈:時代が来るかもしれないんじゃなくて、間違いなく来ますね。要するに大学はレジャーランドじゃないんですよね。
  就職する前の何年間、モラトリアムの時期を楽しむために大学があると言ってる余裕が日本にはなくなったという
  ことです。
宮:そうなんですね。自分の好きなことは勉強できると言いますし、これから得意分野を活かして、将来に役立ててい
  ただきたいですよね。
慈:そうですね。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 サークルのメリット(第26回-6)

2016年05月24日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

宮:元々、歌は歌いたかったんですよね?
慈:そうですよ。歌を歌うから京大に3つある合唱団の中のどれかを選ぶということは、初めから決めてたんですよ。
宮:そういう気持ちはあったんですね。
慈:で、その中で、たまたま縁があったのがグリークラブだったんですよ。同級生に誘われたという理由で入ることにな
  ったんです。
宮:そうですね。それも縁ですね。途中から全然違う話になるかと思ったんですけどね。でも、大学でサークルに入ると
  いうのは良いことですよね?
慈:そうですよね。幅を広げると言う意味では必要なことですよね。
宮:新しい自分が見つかるかもしれませんよね。
慈:それよりも、人脈が広がりますからね。僕は文学部でしたので、もちろん文学部の中で友達をつくればいいんですけ
  ど、サークルには他の学部の子たちもいる訳ですから、理系の子たちとも仲良くなれるんですよ。その辺が総合大学
  のメリットだと思いますね。普通にしてたら、なかなか工学部や理学部の友達はできないですけど、サークルに入っ
  たら、それができるんですね。
宮:なるほど。これから大学生になる皆さんも新生活を頑張って欲しいですね。今まで受験で頑張ってきたんですから、
  是非とも楽しい大学生活を送って欲しいと思いますね。
慈:そうですね。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 騙された(第26回-5)

2016年05月23日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:グリークラブって、ときどきグリーンクラブって言われるときがあるんでけど、グリークラブって無伴奏男声合唱団っ
  て意味なんですね。なので、本来、男ばっかりのはずなんですよ。
宮:そりゃあそうですよね。
慈:ところが、その勧誘のテントの横に、華やかな女性群がいたんですね。
宮:それは別のクラブですか?
慈:いや、それは別のクラブという訳じゃないんです。京大の中にはいくつか合唱団があるんですが、例えば京大混声
  合唱団という合唱団は、女性は別の大学から入ってきて、そのクラブの中に入っていたんです。今は女子学生も増
  えてきたから、その辺は変わっているのかもしれないですけどね。
宮:慈光先生の当時とは変わってるかもしれませんね。
慈:で、グリークラブというのは男声合唱団ですから、本来、正規の部員の中には女性はいない訳で、普段の活動は
  男性ばっかりなんですよ。ところが、団同士の交流みたいなことで仲良くしている女子大があったりしたんです。
  ノートルダム女子大学ってとこだったんですけどね。で、そこの合唱団、そちらは女性ばっかりですけど、その方た
  ちが新歓のときだけ手伝いに来てくださる。そういう詐欺みたいなのをやってたんです。
宮:詐欺って…。グリークラブの勧誘のお手伝いしてくださってたんですね。
慈:で、そのときにノートルダム女子大の合唱団の中に1人、豊高の音楽部のときに同期だった子がいたんです。その
  子は現役で入ってましたから2回生だったんですね。それで、向こうから「久本くーん」って呼ばれたんですよ。
宮:久しぶりの再会があったんですね。
慈:そう。1周目は誰も声をかけてくれなくて、2周目はむくつけき相撲部とアメフト部から勧誘を受けながらも、その脇
  をすり抜けて、そこでの「久本くーん」だったので、「ハーイ」って。
宮:アハハ、何の話ですか。
慈:それで行っちゃったわけ。で、「知り合いなの?」「うん。高校の同級生。」ってなって、「じゃあ、名前書いて。」って
  言われて書いたら、その後ご飯食べに行くことになって、カレーライスをおごってもらいました。その一宿一飯の恩
  義で入ることになりました。
宮:慈光先生、意志が見えないんですけど…。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 太り方(第26回-4)

2016年05月20日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:2周したらチラシ渡してきましたよ。唯一というか唯三。
宮:3つもらえたんですね。
慈:そう。1つが相撲部、もう1つがアメフト、で、最後がグリークラブです。
宮:相撲部とアメフト部…。
慈:体しか見てない。
宮:慈光先生はその当時の体つきはどうだったんですか?
慈:これも、受験生たち、特に運動している人たちに申し上げておきます。今言うと絶対に笑われますけど、高校時代
  の僕の最大の悩みは、「細いこと」だったんです。
宮:細かったんですね?
慈:うん、この身長で、体重が53〜54kgしかなかった。
宮:それは細いですね。いくら食べても太らなかったんですか?
慈:そう、食べても太らないし、「太るのって難しいなあ。どうやったら太るんだろう?」って思ってたんです。でも、浪人
  したら、それがいかに簡単なことかわかりました。
宮:太るのは簡単で、ダイエットは難しい。よくそうやって聞きますけどね。
慈:1年間で10kg以上太りましたね。急激に70kg近くにまでなったので、ポッチャリ体型に見えたんでしょうね。それで、
  そういう勧誘がかかってきたんですね。
宮:「君は鍛えれば期待できそうだ」って…。アメフト部まで。
慈:当時の京大のアメフト部というと、東海さんっていう超有名なクォーターバックの方がいらっしゃってね。で、京大の
  アメフト部が日本一になったことがあるんです。アメフト部は京大の農学部グラウンドで練習しているんですが、そこ
  で女の子たちの黄色い声援が聞こえた時期だったんですね。で、そこで誘われてたんで、もし行ってたら人生変わ
  ってたかもしれないですね。
宮:もしかしたら、ここで話してないで、解説員をしていたかも。
慈:まあ、それは冗談ですけどね。
宮:で、その中でグリークラブに入られたんですね。
慈:そうなんです。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 馴染み過ぎた(第26回-3)

2016年05月19日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

宮:大学生活についてもっとお聞きしたいんですけど、慈光先生、友達は大学に入ってすぐにできました?
慈:一緒に浪人してた人たちも入っていたので、すでに何人かいたんですね。ほぼほぼ京大なんて、地方から集まって
  きた人たちの集団なんですよ。だから、皆、それぞれに1人なんですよ。
宮:そうなんですね。
慈:だから、皆、「友達つくりたい」っていう状況にいますから、友達つくるのはそんなに難しくないですよね。
宮:そういう気持ちは同じですもんね。
慈:ただ、大学生活というのは、いろんな意味で、情報を知ってるか知らないかで、全く違ってくる場所ですから、サー
  クルやクラブに入るのは大事なことだと思いますね。
宮:なるほど。で、前に伺ったんですけど、慈光先生は大学時代にグリークラブという、男声合唱のグループに入ってら
  っしゃったそうですけど、何でそのクラブに決めたんですか?
慈:「入学したら歌を歌おう」というのは決めてました。ただ、普通は、いろんなところから新入生に勧誘を掛けてくるん
  ですよ。
宮:これから大学に入る方は知っておいてほしいんですけど、サークル勧誘というのがホントにたくさんあるんですよね。
  いろんなところにチラシを貼ったり、配ったり。
慈:そうなんです。僕はね、その新入生の時に、大学の中をぐるっと回ったんですよ。でも、僕は1周回っても1枚もチラ
  シがもらえなかったの。
宮:え、本当ですか?
慈:誰1人、僕に勧誘を掛けてこなかったんです。
宮:ちょっと話を盛ってませんか?1枚くらいは…。
慈:いや、全くもらわず。たぶん新入生だと思ってもらえなかったんだと思う。さっきの話の逆で、全然オドオドしてない
  し、「よくわかってるよ」って感じが僕から出てたんでしょうね。
宮:「京大生ですよ」って見えたんですね。
慈:そう、2回生以上に見えたんだと思います。だから、1周目は誰も声を掛けてこなかったんですよ。それが悔しくて、
  2周回りました。
宮:「え?俺は?」って思いますよね。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加