寺小屋ブログ

学習塾・音楽教室「寺小屋」
田舎の中学生、高校生達のモチベーションのアップに少しでも役立ちたいと開設した塾のつぶやき

慈光の部屋 大学進学を目指して(第76回-4)

2017年06月23日 | 受験・学校
【道:道仲史郎先生(大進ゼミ塾長)、宮:宮嶋さん(FMジャングル)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

道:ウチの塾では豊高の子しか見てないから、「なぜ、豊高を選んで受けたのか?」って、最初の集会で入塾生たちに聞
  くんですよ。
慈:うん。
道:但馬では、公立では第一の進学校なんです。部活を頑張るのなら、部活の強いところに行ってもいいし、自分がやり
  たいことがあるのなら、それに特化したところに行ってもいいんです。豊高を選ぶというのは本来、自分の将来を見据
  えて、大学進学を視野に入れた選択であるべきだと、僕は思ってるんです。
慈:でも、たぶん「豊高は、必ずしも大学進学させるためだけの高校ではない」っておっしゃる方もいらっしゃると思うよ。
道:そうかもしれませんけど、少なくとも、その中で塾に来ている子は、そうあるべきですよね?
慈:それはそうだと思います。
道:そうだとすれば、入学から3年後には大学受験があるんですよ。但馬の子たちにとっては、その大学入試が、最初の
  本気の受験になるんです。国公立大学の倍率は3~4倍なんですよ。それを乗り切るための実力や精神力を3年で作
  り上げていかなければならないということなんです。これは都会の子たちと比べて、かなりのハンデだと思うんです。
慈:そうですよ。大きなハンデですよ。
道:「それを乗り切るための練習の場を、中学生の間に作れたらいいのになあ」って思うんですよ。僕が踏み込めるところ
  ではないので、勝手に言ってるだけですけど、そうしないと豊岡は発展できないんじゃないかと思うんですよ。
 (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 もし落ちたら…(第76回-3)

2017年06月22日 | 受験・学校
【道:道仲史郎先生(大進ゼミ塾長)、宮:宮嶋さん(FMジャングル)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

道:自分が何をしたいのか、何を目指すのかということを、中学生の間に学校や家庭でシッカリ話してから、高校入試
  に向かっていってほしいんです。「受かりそうだから」とか、「豊岡市内がいい」とか、本来はそういう理由で受験す
  るものじゃないですよね。これがいつまで続くんでしょうか?
慈:僕らは、そういう基準で受験をするものじゃないという常識を持っているけど、必ずしも、その常識を但馬の皆さん
  と共有できている訳ではないんですね。
道:それはわかります。
慈:だから、やっぱり落ちたら恥ずかしいということなんですよ。受験生本人じゃなく、親が。
道:うん。
慈:で、落ちたら困るんですよ。本人じゃなくて、親と学校の先生が。
道:そうなんですよね。
慈:近所の目や評価があるというのは、1つの大きな動機になってるんです。そういう、親や先生たちがビクビクしなき
  ゃいけないような雰囲気が、ずっと豊岡の中にあるんですね。だから、その雰囲気がある限り、「本気で挑戦してい
  こう」という風土は育たないんですよ。
道:何とかならないですかね。
慈:それを変えるために、僕たちは一生懸命言ってる訳ですよね。
道:僕は、いっつも「しょうもないなあ」って言っちゃうんですけどね。
慈:僕も塾の教師という立場だから、「しょうもない」って言えるけど、実際に親の立場からは、この豊岡の中で、それ
  をしょうもないとも言い切れないところがあるのよ。
道:そうなのかあ…。
慈:そこがツライ部分なんだよね。
道:僕はまだ、子供が小さいからわからない部分があるんですね。
 (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 豊岡の風土(第76回-2)

2017年06月21日 | 受験・学校
【道:道仲史郎先生(大進ゼミ塾長)、宮:宮嶋さん(FMジャングル)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

道:何で、もっと理数科を受けさせないんだろうって思うんですよ。
慈:ここまで話していいのかわからないけど、豊岡総合高校の総合学科は7人定員オーバーしてるんです。
道:そうですね。
慈:旧豊岡市内で総合高校の評価が上がっていて、そこを推薦で受ける子が増えてるという流れができてきてる感じが
  しますね。
宮:いろいろ魅力があるんでしょうか?
道:各高校が取り組んでいる活動にちゃんと向き合って、ちゃんと考えて、それで総合高校に行きたいのなら、それは良
  いことなんです。でも、理数科を目指したい、受けたいと思う子たちが、何故もっと増えないんだろうって疑問に思うん
  ですよ。中高連携方式で残っている但馬の高校入試って、ホントに意味がないですよね?
慈:危険、危険…。
道:今の時点で普通科の倍率がわからないので、何とも言えないですけど、毎年、入試じゃないじゃないですか。3,4人
  オーバーぐらいでビクビクしてるというか、3人オーバーが珍しいぐらいですからね。
宮:そうですね。
道:そんなことを高校入試でやってるから、前回までの話に戻りますけど、大学入試で挑戦するのが難しいんですよ。
慈:それの裏にあるのは何だと思う?
道:豊高至上主義じゃないんですか?
慈:そうじゃなくて…。
道:あれ?
慈:話はそこにつながるんですが、周りの人からどう見られるかをすごく気にするという、豊岡の風土があるからなんです
  よ。いつまでも具体的な名前を出すのは良くないですけど、前回話したように、「福知山の私学に通っているなら成績
  良くないんじゃないか」って思われるような地域の中で、福知山の私学を滑り止めに据えて、第一志望に挑戦させよ
  うという風土は育たないということですよ。
道:うん。豊高至上主義と言う訳でもないんだけど、何を優先して高校を選んでいるのか話ですよね。
 (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 但馬の高校入試(第76回-1)

2017年06月20日 | 受験・学校
【道:道仲史郎先生(大進ゼミ塾長)、宮:宮嶋さん(FMジャングル)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:先週の約束で、今日は道仲さんに仕切ってもらって、僕は脇で「うん、うん」って、相槌を打ちながら進めたいと思い
  ます。
道:よろしくお願いします。
宮:よろしくお願いします。
慈:僕は今回、休みのつもりで、よろしくお願いしますね。突っ走り過ぎたので、反省してるんです。
道:良い話でしたよ。
宮:そうですよね。
道:今回は高校入試の話をしましょう。この放送の時点では、ドキドキの発表待ちのはずですね。
慈:ちゃんと放送されてればね。
道:この収録日の前に、公立の推薦入試が終わりました。塾で豊岡高校の生徒を見ているので、毎年、理数科の入試
  は気にしているんですが、相変わらずでしたよね?
慈:…。
道:ホントに何も話さない気ですね。
宮:ものすごくマイクから離れてますね。
道:これがいつまで続くんだろうという状況なんですね。
慈:それは一般の人には何の話かわからないから、詳しく言わなきゃ駄目よ。自己責任で。
道:どうしても言わないつもりですね。
  この前、テレビで見たんですけど、東京の私立中学の平均倍率が約3倍です。そして、豊岡高校・理数科推薦入試
  が1.02倍。この差は何ですか?
宮:うーん。
慈:そこは単純に、中3生の数がいないというのもあるよ。去年の3年生と比べて、3クラス分、120人くらい減ってるんで
  すよ。でも、学級減は2クラスで収まりました。だから、去年と比べて40人分ほど公立の定員が多いような状況なん
  ですよ。その中で、どの学校にも行く子がいるように配分していくと、豊高とは言え、プラスにはならないんですね。
道:そうなんですけど、もっと理数科を受けさせたらいいと思うんですよね。
 (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 惚れ込む(第75回-7)

2017年06月19日 | 受験・学校
【道:道仲史郎先生(大進ゼミ塾長)、宮:宮嶋さん(FMジャングル)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:このまましゃべるとホントに暴走しそうだから、困ったときの宮嶋さんに任せよう。
宮:どうも、終わり間際の登場でございます。塾の先生として、親として、いろんな立場からのお話を聞かせていただき
  ましたが、僕は年齢が下なので、大学生の気持ちで聞かせてもらいました。
慈:そうなりますよね。僕らが当たり前と思ってる価値観は、必ずしも下の世代の人たちと共有してる訳ではないですか
  らね。
宮:大学に合格しても喜んでもらえないというのはショックですよね。親であれば、どんな理由があれ褒めてあげてほし
  いですよね。だから、いちばん強く思うことは、その涙を流した女の子には、これから、いろんなことに挑戦して、羽ば
  たいてほしいということですね。
慈:そうだね。
宮:大学生って、チャンスがたくさんある時期だと思うんですけど、道仲先生は、大学生活を送っている大進ゼミの卒業
  生の皆さんにアドバイスはありますか?
道:確かにいろんな挑戦ができる時期ですから、そういう話は卒業生集会でしてますよ。いいことも悪いことも経験しな
  いとね。
慈:もう1回言うと、半々の確率ならやってみようというのが挑戦なんです。「半分の確率でもやるぞ」って、自分のやりた
  いことに惚れこまないと駄目ですよ。それと同じことで、大学受験も自分の行きたい大学に、それぐらい惚れこまない
  と合格しないですよ。
宮:そうですね。来年の大学受験に向けて参考にしていただきたいですね。今回は慈光先生の熱いお話でしたけど、次
  回は道仲先生、お願いします。
道:はい、何とかします。
慈:よろしくお願いしますね。ありがとうございました。
道・宮:ありがとうございました。
(第75回終了)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加