寺小屋ブログ

学習塾・音楽教室「寺小屋」
田舎の中学生、高校生達のモチベーションのアップに少しでも役立ちたいと開設した塾のつぶやき

慈光の部屋 歩み寄り(第60回-10)

2017年02月28日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:前に「英語がどれだけ必要なのか?」という話をしたと思いますが、言語というのはツールですからね。仮に、この
  子が経営学部に行ったとしましょう。で、就職するときに英語1つしゃべれないようであったとするなら、やっぱり就
  職に不利ですよね。
宮:そうですね。今や英語は必須になってきてますからね。
慈:だから、その部分も考えて、お互いの歩み寄りが大事ですよね。まず、「経営学部や経済学部に入ったら英語が勉
  強できない」という考えは間違いです。むしろビジネスに特化した、役に立つ英語が勉強できるかもしれませんよね。
  そこで、本人の認識の変化ができるのであるとするならば、親御さんのおっしゃっていることにつなげることもできる
  んです。
宮:本人がどう思っているのかがいちばん大事ですけど、それに合わせて考えれば、親御さんの意見も通るかもしれな
  いんですね。
慈:そういうことです。だから、結局、相手側のベネフィットに立たないと、対立関係は続いてしまうんですよ。セミナーと
  かで、よく言ってるんですけど、「就職のために経営学部や経済学部に入りなさい」と言うのは、親御さんが自分の意
  見を押し付けてるだけなんですよ。
宮:そうですね。
慈:だから、その中に、どれだけ「英語が勉強したい」という本人の気持ちを入れて話ができているのかが大事なんです。
宮:なるほど。
慈:経営学部や経済学部を勧めるにしても、「こういうビジネス英語のコースがあるじゃないか」とか、「留学できるコース
  があるんだよ」とか、そういうことを提案してあげれれば、これは歩み寄りと言えますよね。
宮:そうですね。いろんな可能性を提示してあげるのも大事なことですしね。
慈:そういうことです。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 外国語学部(第60回-9)

2017年02月27日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:そういう進路の話というのは、お家の中の話でもありますからね。お家の中でシッカリと相談なさった方が良いと思い
  ます。
宮:本人が行きたい学部があるということですから、それはシッカリ話しておいた方が良いですよね。
慈:そう。そこを親御さんにちゃんと伝えておくのはすごく大事なことです。ただ、本人に対しても気になることがあります
  ね。
宮:何でしょう?
慈:「英語が得意なので外国語学部」というのが、当たり前の発想のようで、そんなに当たり前の発想じゃないんです。
宮:あ、そうなんですか?
慈:うん。英語を勉強しようと思うなら、外国語学部じゃなくても、いくらでも勉強できるんです。この時代ですからね。
宮:グローバル化社会だからですか?
慈:そうです。でも、スペイン語とか、ポルトガル語とか、ロシア語とか、そういう言語を勉強しようと思ったら外国語学部
  に行かなきゃならないんですよ。
宮:他の学部の授業じゃ、そんなにシッカリ勉強できないですよね。かなり専門的になってきますからね。
慈:これは暴論かもしれないですけど、本当は外国語学部というのは、「英語が好きです」、「英語を勉強したいんです」
  と言うような人が行くところじゃないんです。
宮:この質問からはわからないですけど、本当は、他の言語も勉強したいという気持ちもあるのかもしれませんね。
慈:そうですね。その気持ちを本人がどれだけ強く持っているのかが大事なんです。
宮:ホントにこの質問の通りに、ただ英語が勉強したいという気持ちであれば、ちょっと話が違ってくるんですね。
慈:そうなんです。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 気分が大事(第60回-8)

2017年02月25日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:僕が『慈光の部屋』を始めたいと思った動機の1つでもありますが、「思い込みが絶対に正しいとは限りませんよ」と
  いうことなんですね。
宮:なるほど。
慈:もっとストレートに言わせていただくと、「その思い込みの通り、お子さんが自分の行きたくない学部に行ったとして、
  就職がうまくいけばいいですけど、もし、うまくいかなかったとするならば、意に沿わぬ大学で過ごした4年間…恨み
  ますよ。」ということです。
宮:4年って長いですよね。大学生活というのは、いろんなことを見つけたりする大事な期間でもありますしね。
慈:そうですよね。だから、やっぱり周りの人たちが「こうなんだ」って決めるようなものではないですし、本人が本気で
  外国語学部に行きたいと思っているとするならば、自分の受けたくない学部に入るための勉強なんて気分が乗りま
  せんよ。
宮:そうですね。
慈:こういう仕事をしていたら、ホントに実感するんですが、そういう気分が乗るかどうかということがものすごく大きいん
  です。受験生たちの学力の違いなんて、実は大したことないんですよ。「どれだけ本気で行きたいと思っているのか」
  ということが、いちばん大事なことなんですよ。
宮:学力より気持ちが大事なんですね。
慈:そうです。そういう意味で言うと、ホントに保障されているのかわからない5年後の就職のために、自分が行きたくも
  ない大学を受けるなんてことは、僕としては賛成できません。
宮:慈光先生の経験から言うと、そういうことになるんですね。
慈:そうですね。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告

2017年02月24日 | 受験・学校
寺小屋の教室は、このところ期末試験前の中高生でいっぱいです。
高3生もまだまだがんばっています。
今週末は国公立2次試験ですね
現在までに届いている生徒諸君の報告をご紹介しておきます。


寺小屋 2017年度入試 合格大学一覧 2017.02.20現在

同志社大学 理工学部 数理システム学科
同志社大学 法学部 政治学科
同志社大学 社会学部 社会学科
関西学院大学 社会学部 社会学科
関西学院大学 法学部  政治学科
関西大学 システム理工学部 数学学科
関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科
立命館大学 経済学部 経済学科
龍谷大学 経済学部
近畿大学 理工学部 理学/数学学科
近畿大学 工学部 化学生命工学科
近畿大学 経済学部 経済学科
京都産業大学 経済学部 経済学科
摂南大学 理工学部 生命科学学科
姫路大学 看護学部 看護学科
姫路獨協大学 薬学部 医療薬学科
松山大学 薬学部 医療薬学科
兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科
福山大学 薬学部 薬学学科
武庫川女子大学 薬学部 薬学学科
岡山赤十字看護専門学校 看護学部
神戸学院大学 経済学部 経済学科
神戸学院大学 現代社会学部 現代社会学科
福井工業大学 工学部学部 建築工学学科

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈光の部屋 思い込みではないですか?(第60回-7)

2017年02月23日 | 受験・学校
【宮:宮嶋さん(FMジャングル・DJ)、慈:久本慈光(寺小屋塾長)】

慈:この親御さんのアドバイスの中で、まず1つ大事なことは、「今、本当に経済学部や経営学部の就職は良いのでし
  ょうか?」ということですよね。
宮:そうですね。
慈:それと、2つ目、…あまり大学のレベルの話はしたくないんですけど、現実に大学のランクというものがあるんです
  ね。だから、「ランクが上の大学の外国語学部より、ランクが下の大学でも経済学部や経営学部に行ったほうが、
  就職で有利になるんでしょうか?」ということも大事になってくるんです。
宮:そうですね。
慈:そして3つ目は、仮に今現在の、その学部の就職状況が良いとして、「高校2年生のご本人が大学を卒業する5年
  後も、就職が良い状況が続くと言い切れるのでしょうか?」ということです。現代社会というのはホントに変化のス
  ピードが速いんです。今の現状を根拠にしていらっしゃるのなら、まだいいんですが…。
宮:今の現状?
慈:そこもポイントなんです。こういうアドバイスをされる方は、…もし違ったら、クレームのメールを送ってくださいね。
  「自分が就職したときにそうだった」とか、周りの人、例えば、「上のお兄ちゃんのときはそうだった」とか、下手する
  と、「ウチの叔父さんのときはそうだった」とか、「一体何年前のことを根拠にされてるんですか?」と申し上げたくな
  るようなことをおっしゃることがホントによくあるんです。
宮:年配の方の中には、そういう昔のイメージをずっと持ってる方が多いですよね。
慈:そうですね。でも、それはやむを得ないことなんですよね。
  (つづく)

 ブログランキングへ登録しています。ぜひクリックして応援&投票お願いします!
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加