えたじま手づくり市in光源寺

伝わりツナガル
受け継がれた風景のなかに身体をおいて
そのぬくもりを ひとりでも多くの人に感じてもらいたい

第10回えたじま手づくり市「参加要項・申込み書」

2017-01-30 23:53:37 | えたじま手づくり市in光源寺
 
第10回「えたじま手づくり市 光源寺」参加要項
日時 : 4月30日(日)10:00~15:00
小雨決行(荒天中止)
受付・搬入開始9:00 片付け15:00~)
場所 : 江田島市能美町高田 光源寺

趣旨 : 江田島に暮らす人と、江田島を好きな人が、みんなで手づくりのものを持ち寄って開催する「手づくり市」です。手づくり市を通じて、多くの人に江田島を訪れていただき、江田島を好きになってもらいたいと思います。

「手づくり」のジャンルは問いません。ただし、趣旨に賛同し、以下のルールを守ってください。
手づくりでないものや仕入れたものでの参加はお断りしています。また、申込みに記入のないもの・許可のない食べもの・お酒の販売はできません。その場で撤収していただく場合もありますので、必ず要項を精読の上お申し込みください。


出店料 : 1000円 (出店料は、広告費や運営費に使用させていただきます)
出店ブース : 約135㎝×135㎝(厳守!)
※このたび、ココロザシ応援プロジェクトに申請し、補助金をいただけることになりました  
ので、実行委員会でターフとパラソルを揃える予定です。

・1つのターフを2店舗で共用していただきます。
・ターフの大きさは、2.7m×1.8mですので、1ブースは1.35mになります。
・搬入の際に貸し出しますので、組み立て・片付けは各自でお願いいたします。
雨天時は本堂内での開催となりますので、店舗幅が90㎝×90㎝となります。
・ 1店舗につき1ブースと致します。出店場所は主催者側で決定させていただきます。
・ テーブルなどのディスプレイは各自でご用意下さい。
・ BGMはご遠慮下さい。
・ 本堂は築200年の文化財のため、全面禁煙です。

当日 : 出店者全員がルールを守り、楽しい市にしましょう。
・ 会場準備(9:00~)と片付け(15:00~)のご協力をお願いいたします。搬入・搬出用の駐車場を用意しますが、限りがありますので、1店舗につき1台でお越しください。
・ 出店者同士で、協力し合いましょう。
・ 参加型のイベントですので、決められた持ち場で、準備物や所持品の管理は個々で行って下さい。ゴミは各自できちんと処理し、会場内の清掃も心がけましょう。
 ※食べ物をご出店の方は、特に目立つように、ゴミ箱の設置をお願いいたします。
・ 手づくり市は出店者が当日集まって作り上げるイベントです。主催者の準備には限りがありますことをご了承下さい。

<当日、おひとりでのご参加の方へ>
トイレなどでお店を離れるときは実行委員(スタッフ)が店番をいたします。どうぞお気軽に声をお掛けください。トイレは本堂脇にあります。


申込方法 :
・ 添付の申込用紙にご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
   参加要項(PDF)
   申込用紙(word)
   申込用紙(PDF)
   食べ物を販売される方への注意事項   
※2/5を一次募集締切日といたします。 
・ 申し込み後、実行委員会にて選考の上、参加の決定をいたします。
・ 審査結果につきましては、2/10以降にメールでご連絡いたします。その後、出店料の振り込みをもって、正式に出店者として確定となります。


【当日までの流れ】
1 お申し込み(メールまたはFAXにて)

2 出店内容審査

3 審査結果ご案内(メールまたはFAXにて返送)

ご入金(ご案内から1 週間以内にお振り込みください)

出店確定メール返送

6 詳細・フライヤー送付

7 当日

☆出店決定後(振り込み確認後)のキャンセルについては返金不可とさせていただきます。
☆荒天中止の場合も出店料はお返しできません。
☆申し込みに対しての結果が2月中に届かない場合は、お手数ですがご連絡下さい。

主催 : えたじま手づくり市実行委員会
問い合わせ先 : 電話090-9502-2889(光源寺 海谷)
ファックス0823-45-3224
メールmaki-p@dream.ocn.ne.jp
HP : http://blog.goo.ne.jp/teraichi_001
郵送先 : 737-2303 江田島市能美町高田3093‐1
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光源寺「除夜会」 | トップ | 第10回 2/1より出店申込み受... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

えたじま手づくり市in光源寺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL