彦四郎の中国生活

中国滞在記

日本の桜を見ることができた❷—「哲学の道」、そして「祇園白川」

2017-04-20 05:38:39 | 滞在記

 欧米のスペインから来ている4人家族の観光客。イザベラと呼ばれる女の子とやんちゃな兄。2人の背後に紫色の小さな花。「これも桜です」と小さな立札で書かれていた。ビールを飲みながら休憩している欧米系の人たちの姿も。桜の花びらが降り積もった上に、小さな白い可憐な花が咲く。

 哲学の道を流れる疎水。白鷲がやってきた。桜と山吹の競演。ピンクの石楠花(しゃくなげ)やミツマタのほのかに黄色い花。東山山系を背後にした屋敷の前に、山ツツジが咲いている。

 ここ哲学の道は、東山三十六峰の「如意ケ嶽」や「大文字山」と「吉田山」に囲まれた場所にある。学生時代の下宿(2階)の窓からは吉田山が正面に見えたが、なにか山間の地方都市にいるような感覚を受ける 落ち着いた地区である。私にとっての心の故郷の一つ。学生時代からあった、和洋折衷の素敵な家が今もあった。小さな「大豊神社」(ネズミの狛犬がある)の参道に馬酔木(あせび)の花が咲く。琵琶のような楽器で演奏している人、疎水のオシドリや鯉。このあたりは、6月〜7月になると蛍が見られる。

 疎水べりの竹とシャガ。哲学の道を後にして、天王町バス停に向かう。途中に「泉屋博古館」という博物館がある。中国の青銅器を一堂に集めた日本で最大の青銅器博物館(住友コレクション)。特別企画展として「楽しい隠遁―山水に遊ぶ―雪舟・竹田・そして鉄斎」が開催されているようだ。日本人による水墨画や山水画の世界。ここは学生時代に時々行き、半日あまりのんびりと過ごしたことも よくある博物館。来館者がとても少ない館なので、広い博物館のロビーのソファーなどで昼寝などもすることができる。館の入り口にもシャガが咲く。

 天王寺バス停から京阪神宮丸太町駅に向かう。京阪電車の駅には「平安神宮」を描いた大きなイラスト画。中国の王宮の建築とは完全に違っている日本の王宮建築の様子を感じる。日本は「簡素さ・シンプルさと木の文化」だな。そして、華麗な色彩が控え目な色で落ち着きがある。「京都パープルサンガFC(現在Jリーグ2部)」のポスターがあった。今期に新しく加入した「田中マルクス闘莉王」選手、35才。この日の夕方に、昨年秋に結婚した息子夫妻が 家に来た。一緒に夕食を食べる。

 翌日の4月17日(月)の昼ごろから雨風が強くなり「春の嵐」が近畿地方を通過していった。雨風は18日(火)の明け方まで続いた。この春の嵐で、ソメイヨシノなどの桜の花は散らされた。18日(火)の夜、哲学の道にほど近い娘が住む家に行く。久しぶりに見る孫娘の「栞(しおり)」(生後半年)。「ハイハイ」をし始めていた。夕食を一緒に食べた後、浄土寺バス停から「祇園白川」の石畳の道に向かう。大きな柳が美しい。まだ少し残っている桜の花がライトアップされていて、日本情緒を感じる。欧米やアジアからの観光客で 夜 ここを散策している人もまだ多い。夜、10時すぎに自宅に戻る。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も日本の桜を見ることが... | トップ | 周山街道の京北町から花背・... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山本隆徳)
2017-04-24 16:24:28
久しぶりの京都。哲学の道をお前と歩いたことを思い出した。自然の描写が本当に心に染み入る。そして、身内との再会から幸せを感じる。俺は息子は独身だが早く孫の顔が見たい。最近、人との関わりを大切にしたいと思う。しかし、一方では自分の欲望に走ろうとする気持ちもある。やはり、自然のなかで読書や思索する必要があると思う。京都の様子を読んで、自分の精神的成長させる必要を感じた。体を大切にしていい日々を!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。