彦四郎の中国生活

中国滞在記

関西の4つの日本語学校に行く❷―関西の日本語学校では、どこが学生に勧められるのだろう---

2017-04-29 21:56:26 | 滞在記

 「関西語言学院」の近くには、「JCL外国語学院」(日本語学校)ので、この日 この学院も訪問した。この日本語学校の日本の難関大学や大学院への合格実績もすごいものがある。2015年3月までの10年間あまりで、東京大学22名、京都大学115名、大阪大学84名---。国公立大学の合格者総数は1012人にものぼる。京都市伏見区の龍谷大学深草キャンパスの周辺には校舎や本部の建物、学生たちが寮として生活する建物が点在している。この学校も 全員が中国や台湾からの留学生。「JCL」は「Japan  China   Language」を略した学校名。

 この寮の建物の一つに、現在「閩江大学4回生」の任天楽君が在学している。まだ大学を卒業していないのだが(6月に卒業予定)、4月10日頃から来日し 日本での生活を始めている。学校の事務室に行き、担当者と話した後、任君の寮の建物に連絡をとってもらい そこに向かった。任君は元気そうにしていた。昨日、ようやく日本の携帯電話を購入することができたようだ。寮の部屋使用代金は、1か月 33000円。3人部屋のようだ。任君は、5月14日(日)には閩江大学で卒業論文発表会があるので 中国に一時戻る予定である。

 この近くには、もう一校の日本語学校があった。少なくても3つの「日本語学校」がこの地区にあり、学生たちが住まう寮の建物が多く点在している。たくさんの中国からの留学生がこの一帯に住んでいるので、中国の食材やお菓子などが売られている店も けっこう多いようだ。中国の料理(※日本の中華料理とは違う)を食べさせる食堂もあった。また、様々な手続きなどを代行したりアドバイスをする「業務・手続きサービスセンター」のような店も数軒あった。

 日本語学校近くの龍谷大学深草キャンパス。この大学からすぐ近くの京阪電車「深草駅」に向かう。駅のそばに喫茶店があったので休むことにした。店の名前は「喫茶みどり」。レトロな席のソファーは緑色だ。マスターのおじさんに話を伺ったら、「この店は60年あまりやっています」とのこと。私が生まれたころにはこの喫茶店をやっていたことになる。すごいなあ。何歳かわからないマスターのおじいさんに頼んで、店の前で写真を撮らせてもらった。今、この京阪電車の「伏見稲荷・深草・藤森」の各駅は、中国からの多くの留学生も利用する駅となっていた。夕方6時ころ、京都市内方面行き普通列車に乗る。この深草駅近くには京都教育大学もある。電車の中の乗客は 普通列車のためか 大学から帰宅する学生たちが多かった。

 さかのぼる4月17日(月)の午後、大阪府枚方市に本部がある「KEC日本語学院」に行き、木村理事長と懇談をした。「KEC日本語学院」は、枚方校の他に、大阪市の梅田校、神戸校、京都校、そして 東京の新宿校がある。理事長に中国の福建省土産を渡す。ちなみに、この日本語学校と 京都市の「関西語言学院」とは提携関係にある。「KEC日本語学院」は主に「日本語教員」を養成する専門学校。私もここで1年間あまり、京都の学校に勤務しながら ここで学んだ受講生の一人だった。その後、勤務を続けながら、立命館大学大学院の「言語教育情報研究科」で日本語や日本語教育などを研究する学生となった経過があった。

  4月18日(火)の午後、大阪市の難波駅近くにある「エール学園(日本語学校)」を訪問する。この日本語学校は、先に紹介した「関西語言学院」や「JCL外国語学院」と違うところがある。大学や大学院をめざす留学生だけでなく、日本の大学ではなく ここで日本語を勉強し 日本の企業(会社)や店などの就職をめざす留学生も多いことだ。

  しかし、大学や大学院への合格実績はかなりのものだ。2015年度と2016年度の2年間、東大・京大・阪大の合格者合計(学部と大学院)は28人。国公立大学の合格者合計は174名にのぼる。同じく私立大学では、慶応大4名、早稲田大1名、上智大2名(関東の私立大学受験者は少ない)。関西の私立大学では、立命館大学17名、同志社大学14名、関西大学27名、関西学院大学9名などとなっている。jまた、この学校を修了して、日本の会社・企業や店に就職する留学生の 就職内定率は98%となっていた。学校指定の寮は3ケ所の建物があるようだ。

 人事担当の人に時間をとってもらい いろいろな話を伺った。また、中国の大学や学生事情などについても伝えながら懇談をした。担当者によると、「大学や大学院を目ざす留学生のほとんどは、中国や台湾出身者ですわ。彼らは、日本と同じ漢字文化圏なので、大学に合格することのハードルが低いのですが、その他の国の出身者は ハードルがとても高くなりますから」という話だった。

◆今回の日本への一時帰国の目的の もう一つが、この4つの「日本語学校」を訪問することだった。中国の大学を卒業して日本に留学して「日本の大学院」をめざす場合、まず7月から日本の「日本語学校」に入学する場合が多い。日本語を更に学びながら、半年あまりかけて大学院受験に備えて学習や緒準備をする。どんな日本語学校がいいのかを知らないと、学生へのアドバイスができない。今回は 学生に勧められるかと思っていた関西の日本語学校を数校訪問することができた。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関西の4つの日本語学校に行く... | トップ | 最近の「日本への留学生」「... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (先任者)
2017-05-06 01:18:29
たまたまブログを拝見しました。

帰国してE学園でしばらく教えていましたが、合格実績は実は少数の学生が旧帝大・有名私学に合格しているというのが実情です。関関同立にも入れない学生の方が圧倒的に多い。日本語の指導はしっかりしていると思いますが留学試験にはその他科目もありますのでそこをクリアーしないとレベルの高い大学には行けません。とはいいながら、日本人の高校生にくらべればはるかに入りやすいのもこれまた事実です。

大学院の指導はE学園では1年を通して行っていますが、先生は日本語の専門家であっても学生の希望する専門については門外漢なので、小論文の書き方、論文の形式、面接練習など形の指導はできても肝心の研究計画書の内容については十分な指導ができないように思われます。大学院についての情報提供はしてもらえますが、かなり偏りがあるように思えます。教員の中には大学院クラスは基本自習の方がよいという方もいるほどです。結局自分で頑張る以外にありません。

K語言学院ですが、在籍した教え子によれば、大学院については4月入学のカリキュラムを組んでいるため、秋にならないと指導が始まらず、春に来日して籍を置いても日本語の授業だけで夏の院試を受けることになるそうです。

日本語学校については、ともすれば間違ったアドバイスをしてしまうこともあり得ますので失礼ですがコメントさせていただきました。あくまで私見ですので間違いもあるかもしれません。

尚、老婆心ながら閩江大学ではなく閩江学院(大学?)かと思います。

異郷にて頑張っておられるご様子、私も同様でしたので心境よく分かります。なにとぞご自愛ください。

コメントを投稿

滞在記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。