"ちょっと外から見た日本"

今、スペインに住んでいます。
大好きな日本のこと、
外からの視点で触れて見たいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

“戦略的エネルギーシフト”

2011-03-30 03:45:31 | 日記
日本の原発事故のニュースは、海外でも毎日のように取り上げられています。

そして、ドイツの選挙にも影響を与えることになりました。
(http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110328k0000e030024000c.html)

この選挙結果は、メルケル政権にとって原発政策見直しの大きな要因になると見られています。

ひるがえって、日本ではどうでしょうか?

このようなはっきりした動きが出て来ているでしょうか?


そんな中、政府関係者はこのような発言をしています。

“経済産業省傘下の原子力安全・保安院の西山英彦審議官(54)は23日、インタビューで、過去25年で最悪の原発危機にもかかわらず、原発推進の動きは後退していないと語った。原子力の代わりは「停電」だという。

 西山審議官は、「これから先、それに代わるものが簡単に見つかるとは思えないという状況にある」と述べ、「(今の需要を満たすという点からしても、環境対策にしても、)どうしても今、原子力がなければやっていけない」と説明した。原発は日本の発電の約30%を担っており、政府は2020年までにこれを40%にする目標を掲げている。” (http://jp.wsj.com/Japan/node_208551)

まるで、原発が必要なことを強調するために、“計画停電”を行っているようにも聞こえます。

そして、今、夏場の“計画停電”を防ぐことを理由に、福島第二原発を再稼働しようと画策しているそうです。

とても普通の感覚とは思えません。


一方で、環境エネルギー政策研究所は、今後の電力需給に関する分析及び計画停電に対する対案をまとめ、『「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」への提言』として発表しました。
 
“2011年3月11日に発生した東北関東大地震とそれに続く巨大津波によって東日本は深刻な需給ギャップが生まれたため、「計画停電」が始まったが、十分に計画されず、混乱を極めている。

そんな中、環境エネルギー政策研究所(ISEP)では、関東圏の供給力や過去の需要量を含めた検証を行い、公共政策として行うべき、短期・中長期的な施策を提言した。
 
分析によると、今春から夏の需要ピーク時(1日最大電力予想=発電端で5,755万kW)においても、需要側への適切な措置、特に大口需要家との需給調整契約の戦略的活用を行えば、短期的にも無計画な「計画停電」を実施しなくても、十分に対応可能としている。

また、地域分散型の自然エネルギーを中心とするエネルギー政策に転換すれば、短期的には震災復興経済の柱となるだけでなく、中長期的にも自然エネルギーを2020年に電力の20%・2050年には100%を目指し、電力安定供給・エネルギー自給・温暖化対策の柱とする大胆かつ戦略的なエネルギーシフトができるとし、原子力発電や火力発電などから、自然エネルギーへのシフトが十分に可能であると指摘している。(http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/925)”

添付:『「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」への提言』
 (http://www.isep.or.jp/images/press/ISEP_Strategy110323.pdf)


夏のピーク需要期でさえ、“無計画な「計画停電」を実施しなくても、十分に対応可能”であり、“地域分散型の自然エネルギーを中心とするエネルギー政策に転換すれば”中長期的に“自然エネルギーへのシフトが十分に可能であると指摘している”のです。


一体どちらが真実なのでしょうか?


原発は、政府、電力会社、官僚、マスコミや御用学者含めて、利権を手放したくない人たちが強力に推進して来たものです。

そして、文字通り命をかけて反対して来られた一部の方々を除くと、いいのかな、と思いながらも、私たち国民もそれを受け入れて来ました。


今回のような事故があっても、利権を手放したくない人たちは、様々な言い訳を使って、原発推進を続けていこうとするでしょう。


なので、その方向を変えることが出来るのは、私たち国民一人一人の意思しかないのです。



そして、それは、

“経済発展、お金重視、科学万能という今までの社会に留まろうとするのか”、


そうした考え方を手離して、

“自然と共生し、地球と調和した、人間らしい生き方を志向するのか”、


の選択でもあると思います。



私自身は、全ての原発を停止することによって、電力不足が出ても、それは仕方がないことだと思っています。

私たちの子供や子孫たちが、水や空気や食べ物の汚染によって、大切な体を蝕んでいくことよりは、不便でも、健康に過ごしていくことが出来る環境を選びます。

そのコンセンサスさえ出来れば、今までの延長線上では考えられなかった創意工夫、そして創造性が発揮され、みんなで乗り越えていくことが出来ると思うのです。


それが、新しい時代に向けた“エネルギーシフト”への近道だと信じています。

人気ブログランキングへ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “福島原発、放射線被害に関す... | トップ | “光と影” »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (司馬井 太郎)
2011-03-30 09:22:20
前面同意!
肝心な事は、こうしたエネリギー政策に於いて、守られるマニフェストを持った政党を選ぶ事です。
憶測で物申してすみませんが (吊天井固)
2011-03-30 10:16:44
いつも大変有難く読ませて頂いております、一読者です。
これ勝手な推測なのですがあながち間違っていないのではないかと思って・・・。
なぜ日本がここまで「原発ありき」の体制をとってきたのか、ここにアメリカが絡んでいないでしょうか?
冷戦時代に大量に作った核兵器。米はこれを大量に保有している。彼の国は戦争で兵器を使用することで経済を回しているのは事実。
しかし他のミサイルと違い、核兵器はなかなか使うチャンスが無い。
そこで平和利用への転換と称し、日本を始め各国に放射性物質を押し付ける、、、
これは実際起こっていることでは無いのでしょうか。。。
明るいニュース (kenta@)
2011-03-30 12:26:08
14基の原発新増設、見直し…太陽光など重視へ

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110329-OYT1T01112.htm?from=tw
司馬井 太郎さん (テラ)
2011-03-30 17:26:45
今回のドイツの選挙で躍進したグリーンパーティは、偏ったイデオロギーはあまりないように聞いています。

日本でも、本当にクリーンな政党を、新しく作る必要があるかも知れませんね。
吊天井固さん (テラ)
2011-03-30 17:31:28
そうした面は当然あると思います。

日本をダメにしたいと思っている人たちには、核政策を含めて、米国のいいなりになっている人と、中国、コリアのいいなりになっている人がいると思います。

民主党は、その両方の要素を持っていますよね。
kenta@さん (テラ)
2011-03-30 17:34:37
明るいニュース、ありがとうございます。

見せかけでない本気なのか、そして、既存の原発についてはどうするつもりなのかを含めて、フォローしていく必要がありますね。
シフト出来ます! (丹波-浪速道)
2011-03-30 23:57:42
見直しのハッキリとした論調は、大手マスコミ、特にテレビでは感じられないですね。

マスコミに関しては最大のスポンサーの一つが東京電力ですから、当然、遠慮して突っ込んだ報道はどこも出来ませんね。

そして驚く無かれ、大学への寄付も東京電力は突出していて、特に東京大学大学院工学科への寄付金が5億円だそうです。他の大学院にも慶応や東工大など、大なり小なり現ナマがばら撒かれているようです。
長崎大学も一度は振り込まれた寄付金の9000万円を、その買収的な本性に気付いて突き帰したそうなので、長崎大学は立派です!

’東電のカネに汚染した東大に騙されるな!’とのタイトルで、純丘曜彰さんという大阪芸術大学の哲学博士が勇気をもって一刀両断されています。(以下のブログより)

http://www.insightnow.jp/article/6430

エネルギーシフトに関しては、九州大学が既に大規模洋上風力発電器を開発していますし、社民党のHPにも載っています。

http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/electoric/electoric_wind01.htm

世界中が原発を中止する動きの中で、それでも日本での原発の稼動や建設が続くのであれば、
第二、第三のクライシスが発生するでしょう。

なぜなら、天は全てお見通しですから。
なめたら、とんでもない授業料を支払わされる事になります。







丹波-浪速道さん (テラ)
2011-03-31 06:44:38
NHKも、“専門家”は、東大の人ばっかりですが、そういうことだったのですね。

長崎大学、そうでしたか。素晴らしいですね。なかなか出来ることではないと思います。

社民党、この件に関しては、かなり一貫しているように思えるので、期待したいと思います。

いつもありがとうございます。
はい (kenta@)
2011-03-31 16:25:12
原発情報にしろ、製作にしろきちんと実行されるかフォローは大切ですね。できるなら、議員さん一人一人の動きをチェックして、政党に関係なく信用できる人かどうか確かめたいです。
kenta@さん (テラ)
2011-03-31 18:18:45
“できるなら、議員さん一人一人の動きをチェックして、政党に関係なく信用できる人かどうか確かめたいです。”

kenta@さんならやりそうですね。
自ら議員さんになるという方法もありますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL