不器用転勤妻時々日記

東日本転々転勤からいきなり西日本へ戸惑いの日々綴
(転勤族の妻&女性向けに書いています♪)

転妻の怪!?私の単なる妄想なのか?

2017-06-14 09:23:41 | 日記
5月24日の記事
「転勤先の各市町村全部に転勤族の妻用の講座があったらいいのに~と思う」
の最後の方に
怪しい人もいたり・・・
という発言をしましたが、今日はそのことを改めて書きたいと思います。

ただ最初に言わなければならないことがあります。
これから私が書くことは、

真実であっても
単なるわたし(トリコ)の妄想で勘違いであっても

絶対Aさんのマネしないでください
ネットの住人の中には
(そんなことする人がいるなら、私もやっちゃおう)
という人もたまにお見掛けするので、あえて上記、念を押します。



Aさんとの初めての出会いは、転妻用の講座でした。
この講座は、住所を告げて、郵便で必要書類が送られてくるので
Aさんの名前はフルネーム本当の名前であったと思われます。

Aさんとは班での作業の時に、2度ほど同じ班になりましたので
私としては、顔をはっきり覚えていたつもりです。
Aさんはかなりの美人で、そしてある特徴的なしぐさを
する方でした。

講座の期間終了後、Aさんと私は一切交流もなく
しかし当時Aさんと親しくしていたBさんとは連絡を
何度か取り合っていました。
Bさん自身が転勤する前
理由は絶対言えないけど、Aさんと絶縁したという話を聞きました。


そして、それから約2年後不思議なことが起こりました。


私は上記転妻講座と同じ建物(主催者は違う)で開かれたある講座を
受講しました。

初日、遅刻した上に私の座席の椅子にぶつかっていった方がいました。
思わずそちらを見ると、なんとAさんでした。
髪型は変わっていましたが、相変わらず美人で・・・
向こうも「あ!」という顔をして特徴的なしぐさをしました。

初日、私はとても忙しくAさんに話しかける余裕はなく
5回くらいの連続講座だったので
2回目以降お話しできればいいかな~と考えていたんです。

しかし、2回目以降最終回までAさんは来ませんでした。

主催者は私が親しい方だったので、
「初日Aさん(フルネーム)という方がきていたはずなんだけど、
やめちゃったのかしら?」
と尋ねました。
しかし「え?Aさんなんて方出席者にいませんよ」

出席者名簿を見せていただいたら、
初日に出席してその後欠席だったのはCさん(見知らぬ方)
だけでした。Aさんの下の名前が一致する人さえいません。

私の中で、ある疑惑(妄想)が浮かび上がりました。

(もしかして偽名でこの講座申し込んだ?)


その講座は、携帯番号教えるだけでOKの講座でしたので
不可能ではないのです。

そして・・・その3か月後もっと不思議なことが。

実はCさんの名前なんとなく覚えていたんです私。
一般的によくあるようなお名前ではありませんでした。
そして3か月後に受講したある単発の講座でCさんと同姓同名のかたと
偶然出会うことになったのです。
(その単発講座は、フルネーム名札付けるのが必須)
私は思い切って3か月前の講座にいらっしゃいませんでしたか?と
聞きました。
Cさんからは全く受講もしていないし申し込んでもいない。
というかなり戸惑ったお返事をいただきました。


少し気になったのが、Cさんも転妻さんであったこと
そして、AさんとCさんが同じような年代であったこと。

同じ地域に、全く漢字まで一緒の同姓同名の同年代の女性が2人いるって?
あるのかな?しかも一般的なお名前でもないのに?

さすがに「もしかしたAさんってご存知ですか?」とは
Cさんには聞けませんでした。
仮に「「知ってます」って言われても、
どう対応してよいかわからないし。

こうなると、BさんがAさんを絶縁した理由も気になります。


でも、真相は永遠に藪の中。


ただ・・・悪いことをすると案外へんなところで バレるってことかも?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 賃貸物件、備え付け設備の説... | トップ | からだについた脂肪をへらす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事