てんてれやす~50歳からのおひとりさま

立ちはだかる困難も、てんてれやすぅ乗り越えていきましょう
日々の暮らしと食事の記録

広島日帰り旅行

2016年10月30日 | 非日常

日曜日、早朝6時40分博多駅集合で広島日帰り旅に行ってきました。

行きと帰りは各駅停車新幹線、時間指定で往復5500円という格安チケットです。

 

この旅行、5人で行くはずが1人現れません。

遅刻常習者の彼女、なかなか電話にも出ず、集合時間が過ぎてやっと電話がかかってきて、

『今起きた』

びっくりのスタートでした。

 

広島には9時に到着なので、みんな朝ごはん抜きで朝から美味しいもの食べる気満々です。

在来線に乗り換え、宮島へ、穴子で有名な『うえの』に行きました。

開店30分前から人だかりができています。

並んだ甲斐があり、早めに穴子にありつきました。

白焼き。

穴子丼の小。

 味付けは少し辛めでした。

 

宮島にフェリーで渡り、弥山(みせん)にロープウェイでのぼります。

二つのロープウェイを乗り継いで一番近い展望台へ。

 

ここからしばらく上ると、たくさん見るところがありそうですが・・・

   

ロープウェイが混んでいて、帰りの時間が危なそうだったので、断念しました。

 

初めて厳島神社にいきました。

ちょうど大潮で、間もなく干潮という時刻です。

ふだんは海の中にある鳥居も今日は姿を現していました。

 

帰りに焼き牡蠣、カキフライなどを食べ歩き、遊覧船にのって広島へ向かいます。

世界遺産を回る遊覧船という触れ込みでしたが、アナウンスも何もなく、ちょっとがっかり。

宮島から川をさかのぼり、平和公園へ着くルートで、原爆ドームの横を通りました。

川から原爆ドームを観る機会ってあまりないかも。

良くこれだけのものが残ったと思います。

 

最後に残った旅の目的、お好み村へ向かいました。

広島はアーケードがあって、ちょうどハロウィンで結構賑わっていました。

アーケードの感じが熊本や鹿児島に似ています。

日本シリーズでは優勝を逃しましたが、カープよく頑張りました。

 

そして〆に広島焼き。

ここんとこの野菜の高騰で、キャベツ少な目?

でも焼かれているところを見ていると期待が膨らみます。

アタシはブタ、イカ、エビ入りを頼みました。

 

美味しい!

 

地元の人に聞いたらもっと美味しいお店があるかもしれませんが、広島でのお好みデビューには十分な美味しさでした。

 

路面電車で広島駅に向かい、お土産を買ったら帰りの新幹線にちょうど良い時間です。

広島滞在10時間は長すぎるかなと思いましたが、時間が足りないくらいでした。

もう少し時間があったら、弥山の山を歩きたかったです。

 

広島駅でスマホの歩数を見たら、あと少しで14000歩です。

食べた分は消費できなかったかもしれませんが・・・。

間もなく還暦の4人は早足で長い階段も何のその、元気が一番だと実感しました。

 

広島のカキも美味しかったけど、福岡のカキを満喫しようと次の計画が持ち上がっています。

 

どこまで食い意地がはっているんだ~~~!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一番高価なお酒 | トップ | 遊び呆けていたので »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

非日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。