てんて Battle模様

Battle LineというPC用カードゲームについて
プレイして思ったことなどを・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第3回FNBL

2009年07月13日 07時07分16秒 | FNBL1stレポート
保坂さん主催の第3回FNBLに参加しました。
自分は弓にはもろいドロー主体の斧依りのコンビネーションデッキです。今大会3勝したのでデッキは保坂さんのブログに公開してます。成績は3勝1敗(エキシビジョン入れると3勝2敗・・・いえ3敗)




 1回戦 vsFSSさん (勝ち)
最初は弓を出されてこちらは動けませんでした。序盤に弓が次々に出てきたので弓デッキと思ってプレイです。大盾槍兵やパトリーが早々に来てくれたのでついてました。手札にアサシンがいたのでパトリーを出し弓兵が前に出てくるのを待ち、出てきたところでアサシンを押してやるなどいやらしい手を使って優位に進めていきました。中盤以降あまり弓が出てこなかったこともあり、そのまま押し切って勝てました。


 2回戦 vsマオさん (負け)
ドロー系の兵士も食料も来ず少々辛い状態で始まりました。しかも序盤でクリスタルとパラディンを出され、かなりの圧迫感
ただクリスタルは攻めてこなかったので、手札が徐々にそろっていきました。パラディンを一体倒したところにさらにパラディンもう一体とテジロフです。相手は延長狙い確実。攻めないと勝ち目は無いと思い、プルルを出し数で押し切ろうとしました。テジロフの存在を忘れず並ばないように。ただ野良でも最近見かけなかったせいか、ゼリグの存在を忘れてました。偽報と一緒に使われ、プルル君もろとも。自軍がとてもスッキリしちゃいました
その後パトリーを出して応戦するもすでに終盤。延長で勝ち目無かったので、投了しました。


 3回戦 vs風音様中毒患者さん (勝ち)
序盤からアサシン、レディーフェンサーを出され攻めずらく槍兵を盾にしてドローを狙い、良い手がくるのを待ってました。ひと目で剣デッキだと分かったのでウィルラを出される前に優勢にしておかないと、と思いプルルを犠牲にする覚悟でドローを狙います。パトリーさえくれば延長でもなんとかなると思ったので。終盤までほぼ互角に見えました。延長、ドローの甲斐あって数で優勢になってなんとか勝ちました。


 4回戦 vsWILさん (勝ち)
今大会最高の出だしでした。食料も弓民兵も良いタイミングで出て移動系の戦術もそろってました。そんなわけで序盤から攻め立てます。パトリーも使って優位に進めていきます。相手の兵もいなかったのでしょう、最後はパトリーで弓民兵を押して制圧というこのデッキでは珍しい勝ち方で勝てました。


 エキシビジョン番外編(大会とは関係なし) ケーアイさん (負け)
今大会では優勝者がなかなか決まらず時間が空きました。そこで途中で野良試合へ行きました。そこにはなんと大会に参加してるはずのケーアイさんが
すかさず自分はケーアイさんの部屋に入ります
ここでは大会とは違うデッキで気分転換、魔兵単色デッキです。
序盤でお互いに魔兵ウーシューの巫女を出す。そしてお互いに中立まで行き・・・、ゲリラ強行軍をされて、なす術無くあっさり負けました
暇つぶしの相手にすらなれませんでした(笑)


 5回戦(本当のエキシビジョン) vsおちゃさん (負け)
終始圧倒されました。弓を出され、兵も来ず。パトリーとプルルがいても兵がいなければどうしようもありません。なんとか打開しようと距離をとって、アサシンパトリーやプルルアマゾネスを使おうとしたり。ですが、狙いから外れた動きをされ余計ピンチに。うまいです、おちゃさん。そのまま押し切られ負けました。



今大会なんと3位になりました。あんまり勝った気がしないのに
斧を主体としたデッキを作ったのはこのデッキが初めてです。(長いことやってるのに斧単デッキも作ったことない。槍単は最近初めて作った)正直こんなに強いとは思いませんでした。攻めが強いデッキは自分向きのようで。自分は攻めの弱い弓でも攻めるタイプなので斧は合ってるのかも(←気づくの遅すぎだろ)



延長狙いのデッキもそろそろ考えてみようかな~。
でも作っても待てないんだろうな~






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BLバージョンアップ | トップ | パズルモードの投稿問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。