てんて Battle模様

Battle LineというPC用カードゲームについて
プレイして思ったことなどを・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第7回FNBL

2009年09月26日 20時22分05秒 | FNBL1stレポート
ブログ開設100日目



第7回FNBLに参加しました


結果報告です。
100日記念に優勝を!
といきたかったのですが優勝決定戦でmokoさんに敗れてしまいました。
結果は3勝1敗(エキシ込み3勝2敗)、4位です。

実はさらに大会後、野良である方と偶然対戦したので
それも後で書かせて頂きます。


まず大会で使用したデッキから、
保坂さんの所でも公開しています。





デッキ名「伸撃ブースター」

(c)2008-2009 8-senses.All Rights Reserved

攻撃範囲の広い英雄4人にレディーフェンサーが中心のデッキ。
これで攻めきるのは難しいので、延長向けにプルルを入れた構成です。
自分は先行が多いですが、後攻でもいけます。
序盤から前に出て良い形で延長を迎える戦い方。

一般兵の内容は、
序盤から英雄・レディーフェンサーを活かすため軽めです。
魔法剣士  [主に矢ぶすま対策と槍兵・剣兵の兵種を消すため]
バンディット、勇気ある尖兵  [ドロー要員]
旗持ちアックス兵・槍兵  [プルルや案内人で使い分け]  
大盾槍兵  [対弓+レディーフェンサーの盾]
ブラックガード  [プルル+レディーフェンサーの盾]
スナイパーボウ  [剣メタ]
食堂馬車  [大人の事情]
嵐のラッパ吹き  [特にアイアと大盾の強化用に役に立ちました]

戦術は、
コンビネーション  [序盤から出し惜しみせず使って前に出る]
突貫突撃  [アイアの警戒が強いのでよく一般兵で使います。尖兵などで]
アンブッシュ、挑発、戦術的撤退、発見された遺跡  [無いと困ります]
現地の案内人  [旗持ち用]
迅速な配置転換  [このデッキのメインの一部です]


どうも今回はバルザックとギアの採用率が高かった様子。
思いつき易いデッキだったでしょうか?
それでは次に対戦内容です。










第1回戦 vs小恋さん  勝ち

小恋さんのデッキは魔兵のウィニー。
序盤、小恋さんは食料が来ない状態で、魔兵が出せず召喚できなかった様子。
その上こちらの手札には魔法剣士が最初からいました。
そのおかげで中盤までウィニー相手に場の兵の数と手札が同じくらいに。
兵の一体一体はこちらの方が勝ってるので、優勢に進めれてました。
終盤、小恋さんの兵が徐々に増えて延長前にはユニットが相手の陣にほぼ敷き詰められた状態に。
ですが、一体一体は強くなく、位置も悪くなかったので、
バルザック・アイアとプルルで延長を冷静に対処。
初戦を勝つことができました。





第2回戦 vsいまゆしさん  勝ち

いまゆしさんとは3大会連続で対戦することになりました。
事故が起きないことだけ祈りながらの開始。
いまゆしさんは弓の延長型デッキ。
序盤、弓兵とフロトンが出てきたので弓デッキと判断。
バルザック+案内人でもしかして一気にいけたりして・・・
と思ってやったんですが、アンブッシュ+矢ぶすまでフロトンにあっさりやられました;
次のターン、こちらにフロトンの射撃にやられるような兵はあまりいないので
フロトンが引き、仕切りなおしです。
中盤はプルルや洪水などで敵陣に攻め込めず、しばらくこう着状態。
そして双方手札がカラカラに。
運良くこちらにブラックガードが、
そしていまゆしさんはハビドやベルセルクが引けなかったこともあり
こちらの良い位置で延長を迎えることに。
ブラックガードと後ろにいた旗持ち槍兵でそのまま押し切ってなんとか勝ちました。
後で聞けばミョムトやテジロフが山札の中にいたとか;
今回は運良かったようです。
過去2回の対戦の反動だと思っておくことにします。





第3回戦 vsシンさん  勝ち

おそらくシンさんも弓の延長型デッキ。
ですが、こちらは序盤からマナとアイア+レディーフェンサー2体
となかなかの兵が出てきて弓民などにプレッシャーを与えることができました。
戦術的撤退、迅速な配置転換を使っていき、さらに良い位置で発掘。
そのまま一気に敵陣に攻め込みます。
大型兵で前を抑えられもしましたが、
シンさんは食料があまりきてなかったみたいで次々とコストオーバー。
他に手が無かった感じでした。
終盤アイアとレディーフェンサーが敵陣に入り、逆の立場だったらとても窮屈な状態。
そのまま優勢で延長直前にシンさんは白旗。
勝つことができました。





第4回戦 vsmokoさん  負け

双方初めての優勝決定戦です。
mokoさんは無兵種+ワジュンにトレードマークのエールランサーを入れたバランスデッキ。
序盤にウルフヘズナルにエールランサーで以前のウルフが姿を現しました。
こちらも尖兵やラッパ、アイアなどで待ち構えます。
中盤、ガードプリンセスとガリィが出てきて迂闊に前に出れなくなり
攻め辛くなります。
早いうちに突貫がくればなんとか崩せる位置だったのですが引けず。
終盤までずっと自陣に籠り気味に。
最終ターンに突貫が来て、アイアプルルで制圧できる位置にガンプ兵が出現。
おそらくmokoさんのミスでしょう。
下は19ターン目開始時です。



++ガガ   ←ガ:ガンプの格闘兵×2
ガ++ピ   ←ガ:ガリィ、ピ:ピクシー
ウガ+カ   ←ウ:ウルフヘズナル、ガ:ガードプリンセス、カ:カタール兵
マセスア   ←マ:魔法剣士、セ:勇気ある尖兵、ス:スナイパー、ア:アイア
バ+プ+   ←バ:バルザック、、プ:プルル

(上3行全てmokoさんの兵、下2行全て私の兵)



この場面でアイアのAtcが1でも強化できれば勝ってたのですがラッパがなく;
仕方ないので尖兵にコンビネーション突貫させました。
これによりギアを獲得。ギアをバルザックの横へ配置。
20ターン目、まずコストオーバーでガードプリンセスが消えます。
そしてmokoさんはワジュンとバンディット、食馬、ガープリを布陣、


(修正:mokoさんのブログ見ながら・・・)
何かと違いましたね、配置と食料;
申し訳ありません。プルルがいるので配置が違うだけでかなり違うことにorz
その時のスクリーンショットがmokoさんのブログで載せてくれています。
ありがとうございます!そしてごめんなさい。
21ターン目開始時ですね。

(ここの図は削除しました~、以下の文も少々修正。)

19ターン目に時間を使いすぎたので延長で時間がなく、
20ターン中、mokoさんの一手一手進むたびに考えてたんですが、
この状況・・・。わけがわからなくなりました。
このまま進んで行き全滅で終わりました。

mokoさんとはこの後いろいろ話し、ブログのリンクもさせてもらいました。
(次からは可能な限りスクリーンショットを撮ります;
でもいつも対戦に集中して忘れてしまうんですよね~大会は特に)




第5回戦(エキシビジョン) vsWILさん  負け

序盤、WILさんは食料があまり来なかった様子。
つまり手札には戦術がいっぱいだろうと思い、最初に来たギアを一歩だけ前へ。
するとニンテルドスピアがフォスタによって運ばれ、ギアがゼリグでやられました。
そのままニンテルドスピアは前進してきますが、挑発で倒し、すぐさまバルザックを出します。
するとWILさんもバルザックを出してきました。
大盾(?忘れましたが)をおとりにしてバルザックの前にバルザックをおびき出します。
おびき出したはいいがパリィでバルザックを強化されました。
しかたなくアンブッシュで尖兵を飛ばして2対1の交換。
そのあとバルザックがサムライに戦術的撤退、会心の一撃と良質な武具でやられます。
パリィ、会心の一撃の分だけこちらが不利な状態。
中盤、ウルフヘズナル、カタール兵をマナやレディーフェンサーでけん制するも
強行軍、挑発でやられますが、その後、
コンビネーション・迅速な配置転換などで押し返します。
終盤まで一進一退。
延長直前まで双方兵の数ではほぼ互角に見えましたが、
パラディンなど兵の強さが違い延長で押し切られ負けました。




第6回戦!?
いえいえ、そんなのはないですが
大会終了1時間後くらいに野良である方と偶然対戦できました。
ちょっと息抜き程度に2試合くらいやろうと思って
部屋立てて待ってたら、ビックリ
FSSさんの登場です。
デッキ提出した後だったので、ちょっと考えましたが
大会と同じデッキでいきました。
民兵+大型だったのでおそらくFSSさんも大会で使ったデッキだと思います。


vs FSSさん  勝ち

序盤、民兵・ピクシーで大盾とマナの前をふさがれるも、
旗持ちアックスを案内で飛ばし
その3体で発掘。しかし直後に洪水で流され、また仕切り直し。
中盤にかけて、レディーフェンサーや戦術で民兵たちと削りあい。
中盤から終盤にかけてイベリンの大盾とパクノスで押され気味になり
終盤パクノスに自陣まで入り込まれます。
それを大盾で押さえ横に尖兵を構えさせ、
バルザックでプレッシャーを与えながらの最終ドローターン。
食料が予定より少なかったのでしょう、
FSSさんはパクノスを手戻し延長に向けて備えます。
おそらくこのままでは負けていたはずですが、20ターンにプルルがきました。
そのおかげで相手の弱い所をバルザックで衝くことができ
勝利を収めることができました。
FSSさんに久しぶりの勝利。これは嬉しかったです。






mokoさん優勝おめでとうございます!
保坂さん運営ありがとうございました。皆様おつかれさまでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 氏家杯 BATTLE LINE練成大会 | トップ | らくがきイラスト4「ハビド... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (FSS)
2009-09-26 22:13:48
ブログ開設100日&FNBL4位おめでとうございます~。今までもちょくちょく見に来てましたが、なんか自分が過大評価されてて嬉しいやら恥ずかしいやら。コメント出来ませんでした(苦笑)。

第6回戦(?)で使ったのはお察しの通り大会デッキです。このタイミング、なんとなくtenteさんも大会デッキで来るんじゃないかと考え選択しました。うまく息が合ったようで。
対戦中は保坂さんのブログのコメントとにらめっこしながら戦略を練ってました。卑怯?いえ、使えるものは何でも使いますw
とはいえ、大丈夫と思ったところにいきなりコンビネーション食らって押し戻されたり、突貫を気にし過ぎたり、それほどプラスに働かなかったような…。
最終ターンも、残りのカード的にいけるだろうとか思ってたら、最後の最後にプルル登場。結局その可動範囲に圧倒されました。

いやはや、プルルとバルザックがここまで相性いいとは。
それを見抜いて形にしたtenteさん、さすがです~。
次は負けません!
Unknown (tente)
2009-09-27 17:18:02
ありがとうございます~!
おお~、やはり大会デッキでしたか!

過大評価なんてそんな・・・
大会(MVPランキング)でも現れてますし^^
危うく私などが先にFNBL優勝をしてしまうところでした。ほっw
いえ、ウソです。かなり悔しかったです。

優勝へ、と思ってた直後の2連敗だったので、
野良で1勝をするまでちょっとやろうと思って。
そのお相手がFSSさんでしたので悔しさなんて吹っ飛びました~w
いや~はしゃいでスイマセン
でもまさかデッキ見ながらだったとは!さすが?です。
最後のプルルは自分でも驚きで。残りの手札3枚は全部食料だったですし。


やはりBLは相手のデッキがわかっても、そのデッキの対策さえしてなければ互角なんだなってことがわかってスッキリしました。


対戦終わった後じっくりデッキ見させてもらいましたが、食料たった2枚でコスト3の大型を6枚も!その発想に驚嘆ですよ~。
次も負けませんから!
Unknown (Silver)
2009-10-06 06:45:35
初めまして。プレイヤー情報のコメント欄を拝見し、お邪魔させていただきました。昨日は対戦していただき、ありがとうございました。騎馬単と戦うのは初めてだったのでとても勉強になりました。まだまだ初心者でプレイングミスも多いですが、また機会があれば是非対戦して下さい。
Unknown (tente)
2009-10-06 08:34:15
初めましてSilverさん。
こちらこそ対戦ありがとうございました。

最近よく対戦しますね。
私は20個のデッキを使いまわしています。
昨日の騎馬単デッキは勝ち方を一点のみに絞ったデッキなのでちょっと特殊かも;

また対戦時は宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。