てんて Battle模様

Battle LineというPC用カードゲームについて
プレイして思ったことなどを・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第1回FNBL2ndSeason 

2010年01月09日 10時34分28秒 | FNBL2ndレポート
昨夜に、今年早くもFNBLがまた始まりました。
参加してきたので報告します。



その前にまずは、

いまゆしさん、優勝おめでとうございます。

とても羨ましいですね~。

保坂さん、運営お疲れ様でした。
楽しかったです。
ありがとうございました。感謝m(_ _)m



今大会は今年最初の大会でしたが23名(リザーバー抜き)もの参加者がいました。
残念なことに体調がよくない方も何人かいたようですね。
ですが初参加の方もいて、今後の盛り上がりを予感させる大会で今年の大会もとても楽しみになってきました。


私の成績は3勝2敗(エキシ込み3勝3敗)。
いつもの成績なんですが、なんと8位に入っていました。
5回戦目もあったので3ポイントももらえるのですかね?
ノーポイントだと思ったので意外で嬉しかったりしてます。


対戦内容ですが~、今大会も録画してます。
後日upしますので内容はそちらで見ていただけたらと思います。
相変わらず飛び飛びの動画ですが内容は分かるようにはなってるかと。



さて、新環境になって初めての大会ですからいろいろなデッキが登場したのでしょう。
私も新カードを使ったデッキです。
コンセプトは剣ウィニーで延長勝ち。

・・・

どうせまた変なデッキですよ...
(また対戦者の徳井さんとFSSさんに変な目で見られた。そんな気持ち)

ですが~、このようなデッキだからこそ愛着が湧くのです!



まあ、とりあえず剣単なので扱い自体は~
・・・難しく...
無いはず・・・???(-o-;)


見てもらった方が早いですね。
今大会で使用したデッキです。

デッキ名「ドロシーガーディアン」



剣ドロなる、剣デッキにドロシーといったデッキです。
「これなら槍デッキでいいんじゃない」とか「立て直しできないだろ」、「射撃持ちを入れないの?」などのツッコミは要りませんですよ~
承知の上のこのデッキです。お願い致します。
(変でも野良では8勝1敗ですし・・・)

とにかく序盤が命なこのデッキ。
当然先行を選び、真っ先に低コストの剣兵で中立確保です。
攻め込まれたらロンパイア×2、ドロシー、千剣、剣クリ、おとりの6枚に戦術が頼り。
ですが、硬い兵ばかりなので中立さえ取れば・・・それが駄目でも自陣さえ守れればがんばれるデッキなのです。

もともとは大剣の紋章官と千剣が無くて、インペリアルガードとおとり騎兵が入ってました。
が、やはりドロシーが来てほしいのでドロー力を向上。
そしてドロシー引けなくても千剣と剣クリがあればいいか、という妥協&安定を大会用に採った次第であります。
本来ならおとり2枚でもっとスリリングなデッキのはずでしたが~
FSSさん以外とは最後まで戦えましたし、3勝できて満足です。
(こんなわけ分かんないデッキで日々対戦しております。初心者の方は真似しない方が良いでしょう。剣はバランス良く入れたほうがいいはずです。)



では、少し細かく見ていきます。


●食料11枚
剣デッキでは少ない部類に入るでしょうね。
延長向けのデッキなら尚更です。
でもコスト1ばかりなので十分です。


●一般兵15枚
[ロングソード兵&セグア剣兵 4枚
双剣兵士 1枚
ロンパイア兵 2枚
魔法剣士 2枚]
序盤はこれら9枚で戦って行きたいです。
守りに強いロングソードと攻めに強いロンパイアで状況を見極め中立を取りに行きます。
双剣兵士と新バージョンには何かと役に立つはずの魔法剣士はサポート役です。
これらの使い方も状況見極めが必要ですね。
魔法剣士は新バージョンではかなり有効だと思ったので優先的に入れてます。

[大剣の紋章官 1枚
&バンディット 1枚]
英雄達を手札にするためのドローサポート要員。
これらも序盤にきてほしいカード。
紋章官は当然前衛に。
バンディットは他の兵の後ろに隠れてドローを狙います。
英雄や千剣・おとり、戦術をなんとかして引きます^^

[千剣の騎士 1枚]
このデッキでバトルエボリューション唯一の一般兵。
ドロシーがいない時の用心棒。
ドロシーが引ければいなくてもいいですね。
(ああっ、これで普通の剣ウィニーになってしまったorz)

[旗持ち槍兵]
最初に来てほしくないカード^^
いきなりフォスタ+案内人で他の兵をサポートし、硬い要塞を作ります。
ドロシー・フォスタ・案内人にあわせた兵士。

[おとり騎兵]
剣デッキにおとりは無いだろうという意表を突くカード。
相手の陣形を壊すのに一役買ってくれます。
攻撃力の低いこのデッキには不可欠な存在だと思っています。
頑張れば、旗持ち槍兵&パリィでなかなか鬱陶しいはず。


●英雄5枚
[オルス(騎)]
他のデッキでドロシーと一緒に使ったとき楽しかったので入れました。
ジークフリードorミョムトが良いとは思ったんですが、せっかくの新バージョンカード。
そして動きが面白いので採用しました。

[クリスタル(剣)]
低コストの剣デッキとくればこの人がいないと成り立たないかな?
ドロシー(英雄1人頼み)だけではやはり無理があるので入れました。
でも私的にはこのカード、変えてしまおうかと思ったくらいなんか普通だな~なんて思ってしまいます。
(変なデッキを作りたくて仕方が無いというある種の病なのでしょうか?)

[レイダ・フォスタ]
おそらく今後もこのコンビが私のデッキで見られることでしょう。
割とよく使います。
レイダは事故防止、フォスタはレイダとの事故防止や旗持ち飛ばしです。
案内人が食料5カウントからということもあり、より序盤には重要なカードです。
バトルフォーメーション以前から案内人が2枚あればと思ってましたし、今は食料5からしか案内人使えないこともありフォスタ採用。
(剣デッキにウィルラやミョムトなんて当たり前過ぎて、手と頭が勝手に違う英雄を選ぶのです。おそらくそういうことなのですorz)

[ドロシー]
このデッキの要。
久しぶりに1人の英雄を軸に持ってきてデッキを作りました。
このようなデッキはいけませんね~。
でも面白い。


●戦術9枚
[会心の一撃・パリィ・緊急招集]
デッキ圧縮カード。
パリィと緊急招集は状況を見極めてうまく使いたいですね。
まあ緊急招集は運も必要かもしれませんが...

[アンブッシュ・挑発・戦術的撤退・発見された遺跡]
新環境になってもやはりこの4枚は強いです。
もはや説明不要の戦術ですね。

[現地の案内人]
食料カウント5から使用可になったことを時々忘れてしまいます。
使い方はフォスタと同じ旗持ち用。

[テストゥード陣形]
「剣デッキに牛糞」はもしかしたら意外かも知れませんが、コスト1剣兵ばかりのこのデッキにクロスボウ・スナイパー・ガンブレード兵は危険です。
なので頑張って入れました。
旗持ち槍兵を守るのにも効きます。
今大会では役に立たなかったですが、野良では大活躍した経験があります。



・・・



・・・対戦内容が後日の動画だけでは寂しいので何かしらの感想でも。


[第1回戦] vs早奈*さん (負け)
大会初参加の早奈*さんとの対戦です。
初めての方とのチャットはやはり緊張しましたが、やはりこういう交流はいいもの。
意外なことを知れて良かったです。
早奈*さんは魔兵デッキでした。
新バージョンで一躍有名になったジョイメルデッキ。
当然、こちらデッキとしてだけでなくジョイメルに対しても序盤が命なのに、若干食料事故から始まって辛かったですね~。
少しの食料事故は覚悟の上の食料11枚なので仕方ありませんね。
終盤はミスゴとジョイメルで頭が一杯でした;;
せめて挑発が欲しかったですね~

早奈*さんも録画してるようでしたので手札が見れそうです。
楽しみですね。


[第2回戦] vs徳井さん (勝ち)
インフルから病み上がりの徳井さんとの対戦です。
徳井さんは食料で強化するゴールデン斧兵やアリアゴの戦士が入っているあまり見ない形の槍斧ハイブリッドデッキ。
また新トーファイやルナといった面白そうな英雄が入っていました。
対戦後は私の千剣の扱い方に対してとてもやさし~く讃えて下さいました(笑
その扱い方は後日の動画でご覧下さいませw
新トーファイはなかなか難しそうです。


[第3回戦] vsシンさん (勝ち)
シンさんはテジロフテトリス&バクドウ&大洪水の大量破壊延長デッキ。
なかなか当たりたくはないタイプのデッキ。
最後まで気が抜けなかった試合でした。
勝ちは見えていたのですが、結局延長で時間切れの勝利となりました。
バクドウとテジロフがいたので場が優勢でも1つのミスが命取りの状況。
嬉しい勝ちでした。


[第4回戦] vs譜風さん (勝ち)
譜風さんは魔兵デッキ。
今大会2度目のvs魔兵です。
最初の手札はあまり良くなく、また負けかな~と思いきや、譜風さんの方は重大なユニット事故だった様子。
運良く手札に魔法剣士やら戦術やらがそろって来たので、速攻を仕掛けて勝ちました。
最初の判断が良かったかな?と思った内容ですね。
対戦後ずっと気になっていた「譜風」の読み方を教えてもらえてよかったですw


[第5回戦] vsFSSさん (負け)
野良なら戦いたい相手なのに大会では当たりたくない相手と誰もが思うでしょう、この方。
FSSさんはまさかの槍単。
FSSさんが槍単だけで意外なのにさらにまさかの槍ドロシーに驚きました。
それに加えてもっと驚いたのがクリカー・・・対戦では出ませんでしたが。
私の思い込みなのでしょうかね~。
それとも驚くのは私だけ?
とにかくFSSさんの槍単は新鮮でした~、ええとても・・・
参りましたw!!


[エキシビジョン] vsおちゃさん (負け)
おちゃさんはプルルデッキ。
最初の速攻はとても良い感じに思えたのですがね~。
プルル、マノス、ウーシューの巫女にうまくやられました。
ドロシーをウーシューに近づけ過ぎたのも敗因です。
突貫はあると予想はついていたので尚更もったいなかったですね。

また動画について~
おちゃさんもいつものように録画してるので、動画ミスしても平気かなーなんて思っていたのですが、甘い考えでしたw
おちゃさん録画ミスをしてしまった様子。
これはこちらの動画をupしなければいけませんね~^^;




ちなみにWILさんはエキシビジョン負けなしの9連勝。
今後もこの記録は皆さん気になるところでしょう。

以上、FNBLレポートでした。
対戦動画は後日upです。
では。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レート7000達成 | トップ | 第1回FNBL2nd対戦動画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。