てんて Battle模様

Battle LineというPC用カードゲームについて
プレイして思ったことなどを・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第3回FNBL2nd

2010年02月27日 02時33分37秒 | FNBL2ndレポート
一ヶ月ぶりのFNBL。
忙しい中での大会開催の保坂さんに感謝ですm(_ _)m
そして、


冷凍鯵さん、優勝おめでとうございます!!!



私は1勝3敗の、、、えと、、、あっ17位ですね。


大会後、対戦動画を見直して、素直に普通のデッキでいけばよかったかな~と今更ながらに思ってしまいました。
まともな試合が少ないorz
これでは全く見ごたえの無い動画になってしまうことでしょう。
いつもの対戦ではここまで戦えないということは無かったのですが;
おかし~な~、、、


2~4回戦の内容は酷いものです。
ですがしっかりupします。
これがエキシビジョンなら変な動画にしようかとも思ったのですが、そうではないのでそのまま。
そしてエキシビジョンがまともだったので、これもそのままでupします。
デッキの真髄は1回戦。
なのでいきなりクライマックスとなります。
が、最後まで見捨てないで下さいね^^;


他の方も動画upするのかな~してほしいな~
私の内容が乏しいだけに。




では、デッキ紹介です~
デッキ名「おとりえぼりゅーしょん」
(負けたのでかっこ良く英語表記にはしないですぅ)




煙幕デッキで行こうかとても迷いましたが、そういえば前回も煙幕デッキだったかなと思ってこちらに決定。
バトルエボリューションが出て、おとりデッキどれだけ強く~・・・
なデッキ。
おかしいな~勝率結構高いデッキなのに。
大会事前にちょっと弄ったのがまずかったですかね。
戦術だけですが;[心強い味方→包囲攻撃]
これはいろいろ敗因を探す必要が・・・

・・・ある?
コンビネーションでも入れとけばよかったかしら?
斧兵が少ないのにライオットにしたのがまずかった?
素直にパイクマン辺りにしとけばよかったかな?
どっちもどっち?
そもそも構成がいけないかな?

そんなバカなっw!!




前回のおとりとの比較》

前回のおとりデッキの弓対策はトーファイ。
今回は牛糞です。

尖兵→ライオット、スナイパー→エスキモーと、前回と比較するため構成をほぼ同じにし、エボリューションカードをあえて入れています。

立ち上がりの遅さがバトルエボリューションの斥候兵とライオット兵が加わり改善。
即効性が上がりました。

英雄にネル、でさらに速度up。
食糧事情関係でキチョウも入れたりしましたが、コスト1が微妙なのです。
ほかは前回にはいないドロシーを加え、それに合うミョムトなんぞを加えました。
が、現環境が早いので少しの速度upはあまり意味無いのかな?

そして、前回の時は動画準備が無かったのでおとりの活躍を見せれなかったのですが、今回は動画配信できる!と思って張り切っていたのですが、惨敗でした^^

勝ちパターンは動画の1回戦。
先行を取って陣形作り、前回とほぼ同じです。
おとりデッキと相性の良い槍デッキ相手なので、試合展開が有利過ぎであれですが^^;
すぐにupしますので説明は省かせていただきます。




《感想》

今大会は初めて対戦する方が多かったですね。
いい緊張感があったので良かったです。
プレイングも予想できないのでとても楽しめました。
が、如何せん内容が悪い;

今回は初戦以外後攻orz
フリーズした対戦を入れて6回中1回しか選べなかった大会はおそらく初めて。
なのでちょっと動揺。
いえ、後攻がよくないことは無いのですがヒキガヨクナi・・・ゲフンゲフン。
あとは、全体の対戦内容から考えて4回戦のフリーズがとても痛かったですね。
ここがよければ半分は見れる動画になったかもしれないのですが;


今大会では心残りがふたつ・・・
斥候兵の活躍がショボイことと、エキシビジョンのりむさんの配信(頂上決戦)が見れなかったこと。
とても見たかったですorz




では今日のところはこのへんで。 
対戦内容の動画は後日。
・・・あれ?もしくは今日?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2500 | トップ | 第3回FNBL2nd対戦動画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。