どんぐりころころ

絵と工作の教室「どんぐり工房」
些細なこと
でも忘れたくないこと

スパッタリング「秋の絵」

2016-12-20 22:42:58 | どんぐり日記

どんぐり工房小学生クラス、10月4週目はスパッタリングで「秋の絵」を制作しました。

 

「スパッタリング」とは、「霧吹き」のことで、絵の具のついたブラシを目の細かい網にこすり付けて絵の具を霧状にして画用紙に写すという技法です。

楽しいのですが、絵の具の濃さやブラシの状態によってはうまく霧状にならないし、飛び散る絵の具で回りが汚れるし、自分にも隣の人にもかかるし、それなりの気合いと準備をしないとなかなかGOサインを出せません。

今回、部屋中にシートを敷き、隣同志距離を保ち決行です。

今回は、「秋」がテーマなので紅葉をイメージして数種類の葉っぱの形が描かれた紙を用意しました。これを4~5枚重ねて切り取ります。

その葉っぱを数枚画用紙の上に置き構成します。これがマスキングになります。

 

1色を選び、スパッタリングします。

よく使用済みの歯ブラシを使いますが、今回はタワシを使いました。大きい分、すぐにできます。

画用紙全体に色づいたら、置いた紙の葉っぱをそっと取り除きます。白く葉っぱの形が残ります。

 

次に、別の葉っぱを数枚置き、別の色でスパッタリングします。

これを3~4回繰り返すと、複雑で素敵な画面ができあがります。

 

 

このスパッタリングはハマる子とすぐ飽きる子と別れましたねぇ。

 

スパッタリング「秋の絵」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ハロウィンプレート」 | トップ | 「長~い絵」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。