どんぐりころころ

絵と工作の教室「どんぐり工房」
些細なこと
でも忘れたくないこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アドベントアレンダー」

2016-12-20 23:44:57 | どんぐり日記

どんぐり工房小学生クラスは、11月4週かけて「アドベントカレンダー」を作りました。

 

「アドベントカレンダー」はどんぐり工房の恒例企画で、一番人気のプログラムです。

 

毎年形や仕掛けは違っていますが、12月1日からクリスマスまで一日1個づつお菓子を食べられるというシステムは変わりません。

 

今年は、牛乳パックの引き出しが12個入る箱を作りました。

ひとつの引き出しには2つのお菓子が入っています。25日の引き出しだけ3個入っています。

 

12個の引き出しが全部納まるとひとつの絵になります。

引き出しを裏返せば又別の絵が現れるという仕掛け。

 

 

12月1日になったらその日の引き出しからお菓子を一つとって食べ、引き出しを裏返して納めます。

12日には裏側の絵が全部揃います。

 

 


1週目は、外箱(2Lペットボトルが6本入っているケースを半分にしたもの)とカットした牛乳パック12個にアクリル絵の具で着色。

そして、27㎝×28㎝のシール用紙に絵を描きます。油性ペンとポスカとラメのりを使って。

 

 

2週目は、スチレンボードを使って外箱に仕切りをつけていきます。

そして、もう一枚絵を描きます。

 

 

3週目は、描いた絵を12分割して牛乳パックに貼ります。

裏返してもう一枚の絵を貼りますが、位置を間違えると絵がバラバラになるので要注意です。

カレンダーの数字も貼ります。

引き出す時に指をひっかける穴もあけます。

 


4週目はお菓子をラッピングして引き出しに入れます。

これ又恒例になってきましたが、小さなカードを置いておくと「占い」とか「ラッキーカラー」とか「ラッキーアイテム」とか書いて引き出しに入れてました。

アドベントカレンダーを楽しんでくれて嬉しいです。

 

 

 

「アドベントアレンダー」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「トナカイカレンダー」 | トップ | 「トーヒのクリスマス飾り」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どんぐり日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。