天丼食べまくり

てんやが一番好き・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

問題 佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]

2015-09-29 16:22:23 | 日記

佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]の評価や実際について確認したい人は、こちらのホームページを見ておくべきでしょう。


佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]の良い部分や真実に関係することが暴露されている場合があるので、よければご覧ください。


もっと、この情報商品に関連する事項を確認したい方は、以下に掲載の詳細情報が参考になると思います。


  • ハウツー名称:佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]
  • 商品説明:“打ちやすい投手と、打ちにくい投手の違い”バッターから見た、「打ちにくい投手」とは、いったいどんな投手なのでしょうか?少年野球教室を運営する当社のリサーチによると、ダントツで多かった答えが、「なかなか腕が見えず、ボールの出所がわからない投手」でした。確かに、ボールの出所がわからないと、タイミングが合わせにくいですからね。打ちにくいと感じるのは、そのためでしょう。では、どうすれば、ボールの出どころがわからないよう、投げられるのでしょうか…?“打ちにくい投手を育てる、最大の秘訣”それは、腕の振り方を指導するのではありません。意外に思われるかもしれませんが、プロ野球選手として活躍した佐々岡コーチは、「打ちにくい投手を育てるには、下半身の指導が何よりも大切です」とおっしゃいます。具体的に言えば、股関節の使い方を覚えれば、ピッチングに必要な体重移動が身につき、体重移動で生まれたパワーにより、腕が自然に、コンパクトに振れるようになるのです。この投球術は、プロや、一部の強豪校でしか知られていないテクニックです。もし、先生の教え子が、この投球術を習得すれば、球速が遅くても、コントロールが悪くても、今より、ストライクがとれます。なぜなら、腕が見えず、ボールの出どころがわからなくなり、バッターからすれば、向かってくるボールの体感速度が上がるからです。もし、佐々岡コーチの投球術にご興味をお持ちであれば、「 名様限定」ですが、「打ちにくい投手を育てる方法」をギッシリ収録したDVDをノーリスクでお渡しさせて頂きます。もちろん、指導経験の浅い先生でも簡単に教えられます。 DVD3枚組 【総収録時間:205分】
  • 販売者名:株式会社リアルスタイル Real Style
  • 販売者公式サイト


コチラのハウツーは、インフォトップという会社の通販システムにより買うことができますが、インフォトップというサイトは、ノウハウe-BOOKの購入仲介法人では、古参の実績があり、信用もきちんとしたサービスなので、e-bookを買うのがはじめての人もとまどうことなくネット通販をエンジョイできるのではないでしょうか?


今後、当ページのテーマである佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]に関連する事実が入れば内容を追加しますので、どうぞご覧ください。


サイエ式 ブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加