一人でなぜ悪い

なんつうことない日常と大好きなものと時々毒吐いて落ち着く日々

母の日でしたね。

2017-05-14 22:58:33 | 日記
おとといあたりから、母の日用のプレゼントをお求めの方が増えはじめ、

普段はの~んびりしている私らスタッフも、珍しく(?)パタパタと忙しく動いておりましたが

昨日土曜日は、朝から店内とレジとカウンターをぐるぐる動き回った日でした。

売上もバンザーイ!って感じで。



ふと見ると、ご家族連れや娘さんや息子さんとお母さんとで、

仲良く商品を見ている光景が、あちらこちらにあるわけですよ。

ある高校生の女の子なんて、封筒に入ったままのバイト代を使って

お母様にネックレスをプレゼントっていってたんですが、そのお母様の嬉しそうな顔!!

まあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~、

なんと親孝行な娘、息子たち

なんとも羨ましい光景なんですな・・・。

私としては毎年見ている光景で、毎年いいなぁ・・・と思っているけれど

今年は特に、心がきゅーっと、してしまいました。




分かっているんですよ。

普段の子供への接し方や愛情の注ぎ方次第だってことをね。

その結果ですもん、私は一緒にいてやれなかった時間が

あまりにも多かった。

うん、多すぎた。

だから余計に、

仕事に逃げたのだった。

向き合うのが

怖かったから。




親として認めてもらっていない、んじゃないかな。

となんとなく今でも思っている。



勝手に感じている親子の溝も、埋める時間ももらえないまま、

息子はさっさと家族を作ってしまった。


もう私のもの(ものって言い方が悪いな)ではないんだと、新たに息子に家族が出来た事が

嬉しいよりも、ものすごい喪失感というか、孤独感で押しつぶされそう、

ていうか、数か月間つぶされました。

それでも何とか、今は生きています。




今まで、母の日に何か、息子から貰ったことは、記憶にない。(と思う)

野球の試合がちょうど母の日に重なった時があり、

「母の日のプレゼントに、勝ってくれー」

と叫んだら、1勝した記憶はあるのだが。




そんな息子から、寝る前に、つっけんどんに「ハイ」と手渡された。

くまのぬいぐるみと素敵なお花のセットをくれた。

「あぁ!ありがとうね」

「あんまりいいのが、なかったぁ」と息子。



言い訳はいいから。

照れ隠しなんだろうけど。



結婚すると、こうも変わるもんなんだなぁ。と

くまのぬいぐるみに話しかけながら、チューハイを飲む母の日の夜でした。


























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«   素敵な人 | トップ | 実は大好きNHK。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。