本の魂web

中学生のための読書通信。おもしろい本を紹介中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ドラゴン桜・東大へ行こう』 作者 三田紀房  発行 講談社  価格 1200円

2005-11-17 10:15:14 | Weblog
 この夏話題のドラマ『ドラゴン桜』を観ている人はいますか。貧乏弁護士の桜木健二((阿部寛)が倒産の危機にある高校を建て直すために、劣等生たちを東大に合格させる話です。キャッチフレーズは「東大なんて簡単だ」「人生を変えたいなら、東大へ行け」。はたして、2人の高校生たちは東大に合格できるのでしょうか?
 このお話の原作は「コミックモーニング」で連載中のマンガです。ドラマもそうですが、マンガにも東大合格のための心構えや勉強法が具体的に描かれています。その必勝戦略をまとめて紹介している本が『ドラゴン桜公式ガイドブック・東大へ行こう!』です。
 この本でも冒頭に言っているのは「東大は簡単だ」ということです。本当に簡単かどうかは、私にはわかりませんが、そう考えて勉強することが必要だということはわかります。
 最初から「絶対に無理」と思っていたらどんな勝負でも勝つことはできません。受検も同じです。
 東大の合格者は3200人もいます。枠は大きいのです。歌手や漫画家で1年間にデビューする人は3000人もいません。「東大に入る」という目標はこれらに比べると現実的な目標とさえいえます。
 ドラマでは、偏差値30代の生徒を1年間の勉強で東大に合格させるわけですが、これは非常に困難なことだと思います。しかし、皆さんがこれから頑張るとすれば4年半の時間があるわけです。まったく不可能なことではありません。この本には各教科の効率的な勉強方法が載っています。これを参考して「プラチナチケット」をゲットしましょう。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ダーリンは外国人』 作者... | トップ | 『下妻物語 ヤンキーちゃん... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事