吐露と旅する

きっと明日はいい天気♪

キリがない

2016-02-29 11:30:01 | 日記
理解のある優しい夫と経済的に恵まれた環境と、華やかなドレスに靴。
これだけでも充分に人が羨むような生活だと思うのですが
自分とは、またちょっと違った環境で恵まれている人を妬むのは何故だろう。
羨むのも妬むのも、まあ仕方がない。
でも、その気持ちが行き過ぎて、人を貶めようとするのは何故だろう。
そして、自分が犯してしまっている過ちに、果たして気が付いているのだろうか。

まあ、なんの悪意も自覚症状もなしに(たぶん)
不用意な発言をして、相手の神経を逆なでする方もどうかと思うけれど。

もっとも、自分が羨んだり、妬んだりしているという自覚症状がもてる人なら
そんなにこじれないような気もするけれど。

幸せを追い求めることを否定はしないけれど
見ている方向が「よその芝生」だったら、なにか違う気がする。
他人の数だけ芝生があるのだから、見ても、見ても、キリがない。

自分のもとへ、家族や友人、他の誰かが尋ねてくることもなく
いつも眉間に皴を寄せて、口をへの字に曲げて
趣味もなく、やりたいことも思い付かず
いつも、ひとり。

そんな人もいるんだよ。

あなた、充分恵まれていると思うよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ところで、「二人羽織」って四文字熟語でしょうか

2016-02-28 16:59:53 | 日記
借りてきたDVDを観ようとしたときに、最初のメインメニューで
「本編再生」「場面選択」「特典映像」に反応。

でも、誰もが知っていて、高齢者の方々に分かりやすいヒントとなるとどうなんだ。
やっぱり却下だな

ああ、違う、再生だよ、再生。

と、言うわけで。

さっちゃんがお世話になっているヘルパーのKちゃんお薦めの
『チョコレートドーナツ』を観ました。

同性愛者の男性カップルと、ダウン症の男の子の、愛情溢れる物語。
なのですが。

実際には、法律と偏見が、本人の人としての権利や幸せな生活を踏みにじり
その権利や幸せを守ろうとした人たちを好奇の目に晒し、ずたずたにするという
下手なホラーよりも恐ろしい内容でした。

そう言えば、私にもバイセクシャルの知人がおりまして(最近は連絡を取ってないなぁ)
彼女の知り合いの同性愛者の方々ともお会いしたことがあるのですが
そのほとんどの人たちが
「同性愛に偏見を持たないという人は、大抵強い偏見を持っている」
と、言っていました。

だって、本当に偏見がないなら、いちいちそんなこと口に出して言う必要がないですもんね。
「なんとも思っている」からこそ、それを隠そうとするのですよ。
自分は理解のある心の広い人間ですよ、自分は安全な人ですよを思われたい。

何故そう思われたいのかよく分かりませんが

    バレてますって。

そして、今更ですが
『横道世之介』

私は、高良健吾は、好青年や、陰のあるナイーブな青年をやっているときよりも
『まほろ駅前多田便利軒』のインテリヤクザの星くんみたいな役をやっているときが好きなのですが
世之介くんは、けっこうアタリかもしれないと思いました。
ちょっと鈍感で、でもとっても優しい男の子。
その鈍感で、空気を読めないところが、人の心のざらついた部分をふわっと包んでしまう様な。
吉高由里子のとんちんかんな彼女っぷりもナイス!

『武士の献立』
選んだわけではないのですが、こちらも高良健吾です。
画面に登場する食べ物がいちいち美味しそうで、うっとり。
そして、真夜中に、ある決意をもって刀を研ぐ高良健吾の後姿にも、うっとり。

劇中にちょいちょい登場する柚餅子(ゆべし)がすごく美味しそう。
食べたーい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「酒池肉林」は駄目らしい

2016-02-27 13:21:13 | 日記
私はひどく単純な人間です。

先日の、「四文字熟語クイズ」について、まだあれこれと考えているうちに

なんだか、四文字熟語を探すことが癖になってしまっているらしく
本を読んでいても、テレビを観ていても、ネットのニュースや天気予報(←お?)をチェックしていても
漢字が四文字繋がっていると、「これは…」と、反応してしまうようになりました。

誰もが知っているような四文字熟語で、高齢者の方々に分かりやすいヒントを出せるもの。

例えば、「安全保障」「新聞購読」「四人家族」「露天風呂」
こうして、ブログのユーザー画面を開けば
「記事一覧」「新規投稿」「編集画面」「画像管理」
入浴中に、「満腹中枢」「金襴緞子」「一反木綿」「諸行無常」「色即是空」

なにやら方向性が…。

ところで、実際に「四文字熟語クイズ」をやってみて感じたのですが
こういうのって、得意不得意な人がいるのはもちろん
答えが分かっていても、みんなの前で大きな声で答えられない内向的な人もいるし
視力の関係でホワイトボードの文字が見づらい人や
聴力が低下していて、ヒントが聞き取りにくい人もいるようです。

では、みんなが参加できるように、「かるた」風にしてみるのはどうかなと。

四文字熟語を、上の二文字と下の二文字を2枚のカードに書き分けて
下の二文字をテーブルの上に配って
上の二文字を見せながら、ヒントを読み上げ
四文字熟語を完成させるというのはどうだろうか。

「拍手」のカードを見せながら
「手をたたきながら、大声でほめたたえること」と、ヒントを出して
「喝采」のカードを探してもらうという感じで。

これだけ考えていても、実際にやってみて、みんなの反応が薄いと
企画としてボツる可能性はありますが。

ちなみに、「酒池肉林」は、旦那さま的には「NG」らしい。
誰もが知っていて、ヒントも出しやすいのになぁ。


そうそう、ところで。
私の日々の日課でもある、You Tubeの美人女優とかわい子ちゃんのチェックですが
数日前に、「斉藤由貴」」(←ん?四文字?)の『卒業』にヒットしまして。
30数年前、『スケバン刑事(デカ)』の頃でしょうか。

いやもう、かわいいのなんのって。

今週5~6回観てしまったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四文字熟語

2016-02-25 18:17:12 | 日記
仕事先のレクリエーションで、何かやってみたいことがあれば、案を出してみてと言われたので
「四文字熟語クイズ」を提案してみました。

大きなホワイトボードに、四文字熟語のうちの、2つを空欄にしたものを書いて
こちらでヒントを出して、空欄を埋めてもらうというものです。

例えば

問題 「_人_色」
ヒント「人それぞれに違うこと」
答え 「十人十色」
問題 「誠_誠_」
ヒント「誠意と真心をもって尽くすこと」
答え 「誠心誠意」

          …こんな感じです。

問題が難しすぎても、簡単すぎてもいけない、誰もが知っている四文字熟語でなければいけなくて
ヒントは高齢者の方々に分かりやすく、簡潔明瞭(あ、四文字熟語だ)でなければいけなくて。

そんなことをあれやこれや考えながら問題を作ろうとすると
これが意外とぱっと思い付かないものなのです。
四文字熟語を思い付いても、今度は短くて分かりやすいヒントが出てこない。
う~ん、う~んと、頭を悩ませて作った問題40問。

ボードに書いているそばから答えを言われてしまったり
短くて分かりやすいヒントを出したせいで、問題とは関係ない四文字熟語が出てきたり
そういうのは正解にしてあげたいんだけれど、空欄が埋まらないので不正解になったり
知らない間に、他のお仕事を担当している職員さんまで見物に来たりで
もー汗だく。

私を誰だと思っているのよ!
新米のぺーぺーよ!

まあ、先輩スタッフさんたちが盛り上げてくれたおかげもあって
なんだかんだと、そこそこ盛り上がったような気がするので、よし。

でも、問題そのものと、問題の出し方に、少し工夫が必要とみた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺たちの旅

2016-02-24 11:57:36 | 日記
観たかった古い邦画を、借りられるものはほぼ観てしまったので
今度は場所(?)をYou Tubeに移動して、少しずつ楽しんでいます。

よくよく考えてみたら、私が古い映画にハマりだしたのは去年の秋。
その頃は、介護のお仕事に転職するなんて、ほとんど考えていなかったのに
去年の大晦日に今までのお仕事を辞めて、就活をはじめた途端にお仕事が決まり
現在に至るわけですが。

役立ってます。
古い映画。

高齢者の方々は、お話し好きな多く、空き時間に世間話をすることもあるのですが
いくらなんでも、50代と80~90代では、なかなか共通の話題がありません。
お孫さんやご家族の話をしても良いのですが
そういう会話を好まない方、また、出来ない方もいるので
こちらから話しかけるとしたら、昨日のニュースや、今日のお天気の話しが多くなります。
ですが、そこに、ちょっと古い映画の話を加えたりすると
盛り上がってくれる方は、結構盛り上がってくれるのです。

映画はそんなに観たことがなかったとしても
あの女優さんは綺麗だったとか、池部良は男前さんだったとか、そういう内容で良いのです。

そんな会話も、翌日には忘れている方がほとんどなのですが
逆に考えると、同じネタで、また同じように盛り上がることができるのです。


さて、今更ですが、You tubeって、本当に便利ですよね~。

昔、小学生だった頃に観ていた、あの映画や、あのドラマが観たいと思えば、大抵のものは観ることが出来ます。
(もちろん、ちょっと気になる美人女優やかわい子ちゃんのチェックも欠かさない!)

実は、この間ふいに、中村雅俊主演の、『俺たちの旅』を思い出してしまい
You Tubeで、『俺たちの旅』を観ながら、中村雅俊や田中健の若い頃を楽しむと共に
当時の(多分)流行だった服装や、小道具(電話機)などを懐かしみ
途中で登場した岡田奈々の可愛らしさに魅了されて、今度はWikipediaに飛び
貴重なお休みの日に、3時間もパソコンの前で過ごしてしまいました。

腰の具合が相変わらずなので、整形外科に行こうかと思っていたのに
中村雅俊と岡田奈々に邪魔されちゃった!

ホントにもう、なにやってるんだ、自分!

と、思いながらも、きっと、私と同じように
お休みの日に、You TubeとWikipediaを彷徨っている人はきっといる!
そう思った私なのでした。



・・・きっと、いるよね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加