吐露と旅する

きっと明日はいい天気♪

今夜は十五夜なのに、曇で月が見えないからお団子で我慢。

2012-09-30 18:42:31 | インポート
昨夜は、2週間振りにミロンガに参加してきました。
(先週は祝日のため、ミロンガがお休みだったのです)
参加者が多くて、室内の湿度がやたら高かったことと
メレンゲやバチャタなどの、アップテンポな音楽での踊りもあったせいか
大量に汗をかいて、髪はゴワゴワ、顔はテカテカ。
そして、やっぱりミロンガ終了後はものすごくお腹が空いてしまったので
ゴワゴワ、テカテカのまま、クリリン店長さんのお店へ立ち寄ってしまいました。
お店に着いたのは、23:00を既に回っていたのですが
珍しく、クリリン店長さんの奥さまがいました。
ばぶりんくんは、奥でおねんね中とのことだったので
ちゃっかり同じテーブルに座らせてもらいました。
(クリリン店長さんの奥さまは、大変気さくで話のしやすい、チャーミングな方です)
隣のテーブルに座っていた、常連の「先生」も交えて話をするうち
ついつい、注文をするタイミングを逃してしまい
やっと注文をしたのは、奥さまがばぶりんくんと帰ってしまってからで
既に、0:00を回っていました…。

昨夜は、さっぱりと塩すだちそば。
お蕎麦をお皿に取り、すだちを絞ってさっぱりと食べたり
軽くお塩を振ってお蕎麦の香りを楽しんだり
軽く麺つゆをつけて、喉ごしと味を楽しむうちに、直ぐにお蕎麦がなくなり
思わず、替え玉を頼んでしまいました(もちろん、完食です)

お蕎麦を食べ終えてからも、何故か「先生」と延々と話し続け
結局、なんと閉店時間の3:00まで居座ってしまいました。
「延々と話し続け」と言っても、相手は酔っ払いなので
聞いたことには答えてくれず、こちらの話も聞いてくれず
会話はほとんど噛み合っていないのですが
時々、偶然のように成立するやり取りがツボ。
多分、頭の中に色んな種類の情報を沢山もっている人なので
酔っ払うと、情報が頭の中でとっちらかってしまうのでしょう。
でも、ぽろぽろとはみ出す情報量の多さには驚かされるし
話を聞いているだけでも、充分に面白い方です。
会話が成立したら言うことはないのですが
かと言って、しらふの時に会っても、会話の内容はもとより
私のことは、全く覚えていないんだろうな。
家の方向が同じだったので、途中まで一緒に帰ってきたのですが
ひどく酔っ払っている割には、男の子としての自覚はあるらしく
「なにかあったら困る」と、家まで送ってくれようとしました。
しかし、一反木綿のようにゆらゆらした状態で(しかも酔っていて)
急に「なにかあった」ときに、果たして私が守れるのか。
私がファイトした方が効率が良いのではなかろうか。
むしろ、「なにかあった」ときに、酔っ払いは足手まといではかろうか。
はい、酔っ払い、強制送還。

そんなこんなで、帰宅したのは3:20
着替えたり片付け物をしたりで、寝たのは4:00近く。
それでも、起床は5:00

クリリン店長さん、お蕎麦の鉄則は、「早く食べる」ですが
遊び人の鉄則は、「ちゃんと遊んで、ちゃんと帰って、ちゃんと働く」なのですよ。

でも、流石にちょっと眠いかも~。


さっちゃんと、ヘルパーのMちゃん作の
茄子とピーマンとラムのトマトカレー(ご試食サイズ)
120930_0541~01.jpg
こちらは、ミロンガ前に食べた大きなクロワッサン。
120929_1741~01.jpg
この大きさに、「なにか」を期待して食べたのですが
ただの「大きなクロワッサン」でした。
クロワッサンは、外がサクサクで、中がしっとりが好きなのに
全部サクサクで、なんだかつまらなかった。残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして私は、忘れかけていたアレが食べたくて

2012-09-29 14:58:02 | インポート
さっちゃん、昨夜無事に帰りました!
元気です。笑ってます。
ほっとしたー。

私が刺した釘は、風が吹いたら過ぐに吹き飛ばされそうな建物の
ほんの応急処置の補強に過ぎません。
これで、もう大丈夫だなんて、気を抜いた途端
また、さっちゃん台風に煽られちゃうんだからね。


木曜日の夜に、クリリン店長さんのお店で食べたカレー南蛮が
なんだかもう、嬉しくなるほど美味しくて、美味しくて
そんでつい、私もカレーを作ってしまいました。

私は、自分でカレーを作るときは、市販のルーを使いません。
あの、目をつぶって作りでもしない限り、絶対に失敗しない安心感がイヤ。
だからと言って、他人がルーを使うことに対しては、別にどうとも思わないけれど。
要するに、「こだわり」なのです。
とは言え、自分でルーから作ろうとすると、結構手間も時間も掛かるので
そんな時間があったら、レッスンに行くか泳ぎに行こうと思ってしまうので
カレー好きなわりには、あまり積極的にカレーを作ろうとはしません。
年に、1回作るか作らないかってとこかな(少なっ!)

本日、土曜日は、さっちゃんとヘルパーさんの調理の日です
さっちゃんが、旅行から帰ったばかりで、ゆっくりさせてあげたいという思いもあり
昨日の夕方から、せっせとカレーのルーを仕込み
出来上がったのがこちら。
ラムとトマトのカレー(ご飯は雑穀米使用)
120929_0629~01.jpg
これは、ご試食様なので、ちょっと、色味が物足りないですね。
今日、さっちゃんとヘルパーさんが、茄子とピーマンを炒めて投入したら
「ラムと野菜のトマトカレー」が完成する予定です。
以前作った、小麦粉やら油やら香辛料やらのレシピを紛失してしまったので
またゼロからの出発だよ。
いちいち計量しーの、書きーの、消しーの、また書きーの、訂正しーの
余計に時間がかかってしまったよ。やれやれだ。
(次回カレーを作る頃には、またレシピを紛失していそうな気が…)

あと、どうしても食べたかった一品。
ミョウガ入り野菜サラダ
120929_1234~01.jpg
前に、Kさんという方から、記憶喪失になりそうなほど大量のミョウガを頂いたときに
私は、以前I 先生から聞いた、あるメニューを思い出していました。
I 先生が、数年前にお父さまの故郷へ行ったときに
「ミョウガとナントカとナントカを刻んだものに
 お醤油をかけて食べたのが、すごく美味しかった」
という話を聞いたとき、わあ!すごく美味しそう!と、思ったくせに
記憶というのは、曖昧でいい加減なもので
折角 I 先生が教えてくれたレシピを、私は何を勘違いしたのか
『ミョウガとお葱とナントカとナントカにお醤油をかけて、ご飯に乗せて食べた』
などという、全く別のメニューを作り出してしまったのです。
まあ、それはそれで美味しそうではありますが
その、ナントカとナントカの、「ナントカ」がなんなのか、どうしても思い出せず
思わず、I 先生にメールで確認をしたところ
ミョウガ、大葉、茄子、胡瓜、キャベツなどを千切りにして
お醤油をかけて食べた「サラダ」だということが分かり…。
サラダかよっ!
ご飯に乗せてもいなければ、お葱も入ってないし。
なんなんだ、私の記憶…
あっ!分かった!ミョウガだっ!!
「記憶喪失になりそうなほど大量のミョウガ」に、してやられたんだ、きっと。
くそー、ミョウガめ。

で、気を取り直して、その美味しそうな「サラダ」を再現。
用意したのは、ミョウガ、大葉、茄子、胡瓜、キャベツ
そして、私が好きな生姜。
なんとなく、ちょっと水気を抜いたほうがいいような気がしたので
茄子と胡瓜とキャベツは、軽く塩を振ってもんでからざるにあげて
暫く水気を抜いてから、ミョウガを大葉と生姜を加えて合わせ
お醤油をほんの少したらして食べたら…
おー!美味しいじゃないですか!
I 先生が食べたものと同じではないのかもしれませんが
これは、かなり美味しい。

I 先生、ありがとうございました~!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

初カレー南蛮~♪

2012-09-28 18:57:49 | インポート
今日の午前中、さっちゃん担当の職員さんからメールが届きました。
『昨日は1日とても良い子で、集合時間にも遅れることはなく
 夕飯もお膳のお料理を全て完食しています
 就寝時はお布団の中でしばらく笑っていましたが、22時には寝ていました
 今朝は6時に起き、身支度をテキパキとこなし7時には朝食につき
 職員と一緒に、バイキングのおかずを少しずつとって食べており
 食べすぎることもありませんでしたよ』

さっちゃんのお友だちの女の子からの写メも2通ほど送られてきていて
お部屋でのんびりと寛ぐさっちゃんの様子が写っていました。
ひとまず安心。

でも、こちらが安心して隙を見せてしまったころに
さっちゃんが、イタズラをする確率が高くなるので要注意なのです。
そのことを担当職員さんにメールで伝えると
『了解です』
と、直ぐに返信がきました。

さっちゃんの帰宅予定時刻は20:30頃。
解散する瞬間まで、楽しい旅行になりますように。


今日は、さっちゃんがヘルパーさんと時々行っている
お風呂屋さんへ行ってみました。
さっちゃんが、普段どんな風にお風呂を楽しんでいるのかなーなんて想像しながら
ジェット風呂でぶくぶくしたり、電気風呂でピリピリしたりして
露天風呂やサウナ、水風呂に至るまで、全制覇してきました。
座位で、背中と腰と足をお湯で温める、座り湯が一番気持ち良かった。
冷たいお水と本があれば、1時間以上過ごせそう。
でも、露天なので、冬は無理だな。


昨夜は、旦那さまの提案で、クリリン店長さんのお店に行ってきました。
旦那さまが提案した時点で、あれも食べたい、これも食べたいと
今までに食べたもの、まだ食べた事のないものが頭を過ぎりました。
そして、結局昨夜は…。
カレー南蛮に初挑戦してみました!
私は、結構カレーが好きで、だからこそ
お蕎麦屋でカレーを出すのは邪道だ!と思っていて
今まで、誰かに味見を勧められない限りは
自分からカレー南蛮を食べたことがありませんでした。
しかも、その味見のカレー南蛮も、美味しいと思ったことは1度もなく
カレーを麺つゆでのばしただけの、「雑」という印象しか残っていません。

ところが、以前、クリリン店長さんのお店で
何を血迷ったのか、ミニカレー丼を注文したことがあり
今までとは違う、「お?」という感覚を初めて受けたのです。
その後、気が向いたらカレー南蛮を食べようと思っていたら
暑い夏に突入し、しかも、カレーメニューそのものが一時期なくなってしまい
それでも、他にも美味しいメニューがいっぱいあったため
カレーのことは、すっかり忘れていたのです。
ところが、なんと、昨日からカレーメニューを再開したらしく
しかも、その再開当日に、だんなさまと私がクリリン店長さんのお店に行くなんて
これはもう、食べるしかない!
と、いう訳で…
じゃじゃ~ん!初カレー南蛮~!!
120927_2044~01.jpg
画像でお伝えすることが出来ないのが残念なのですが
すっごくいい匂いなんですよ。
カレーと、炒めた葱と、あとなんだろう…?とにかく、いい匂い!
更に、鶏肉がごろんごろん入っていて、ボリュームも満点です。
見た目と匂いで思いっ切り食欲を煽られ、お蕎麦を口に運ぶと…
「!!」
そうなんですよ、本当に美味しい物を食べたときって
言葉が出ないものなのです。
頑張っても、せいぜい「美味しい!」しか言えません。
ああ、私は彦麻呂にはなれないわ。

なんて言えばいいのかな、「無駄がない」が一番妥当なのかな。
間違いなくカレーなのですが、決して刺激的ではありません。
かといって、辛さが足りないとか、旨味が足りないという訳でもなく
つまり、足りないものもない。「無駄がない」のです。
作り方や材料には「こだわって」いるけれど
決して、それに「頼って」はいないというか…。
シンプルで、かつ物凄く美味しい。
いや、シンプルだから美味しいのか?
ちゅーか、こういうのって、解析すると駄目なのよね。
とにかく、美味しく食べるのが一番大事。

味見をした旦那さま曰く
「今まで食べた中で、一番美味しい」
だって。
そう言えば、I 先生が、クリリン店長さんのお蕎麦を初めて食べたときも
「今まで食べたお蕎麦の中で、一番美味しい」
って、言ってたっけ。
I 先生は、お仕事の関係で、日本のあちこちに出掛ける機会が多く
出先で色々と美味しい物を食べている人なのです。
その I 先生に、そんなことを言わせるなんて
クリリン店長さんは、只者ではありません。

そして、そして…。
お蕎麦を食べ終わった後に、蕎麦湯を入れてつゆを飲むと…
「うわ!」
これがまた、美味しいんですよ!
まろやかになって、少し甘味がついて、とにかく美味しい。
カレー南蛮って、こんなに美味しいものなのねー!
な~んて調子に乗って他のお店でカレー南蛮を食べたりすると
きっと、ガッカリしちゃうんだろうな。
だから、他のお店では、やっぱりカレーメニューは食べないことにしようっと。
120927_2030~01.jpg
実は、〆鯖なんかも食べちゃったのですが、これまた美味しくて幸せ~♪

あ、先日、ある方からクリリン店長のさんの画像をもらったのですが
ご本人の承諾を得ることが出来たので、アップしておきます。
後ろ姿がミョ-に男前な、クリリン店長さんの後ろ姿。
__ 1001001.jpg
実は、クリリン店長さんには、表側も男前という伝説があります。
この伝説が真実かどうかを知りたい人は、お蕎麦を食べに出掛けよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てんてこ♪てんてこ♪

2012-09-27 17:14:58 | インポート
今日から明日にかけて、さっちゃんは施設の職員さんやお友だちと
1泊2日の温泉旅行へ出掛けています。
今夜は、温泉に入って、海の幸山の幸を存分に食べるんだって。
さっちゃんは、この旅行をとっても楽しみにしていたので
思いっきり楽しんできて欲しいです。

職員さんたちには、深々と釘を刺しておいたので
多分、無事に帰ってきてくれるでしょう。
もう、祈る気持ちですよ。

さて、今日から仕事先のレジが、POSレジに変わりました。
表現が正しいかどうかは分かりませんが、パソコンとレジが一体化した様なレジで
画面にずらっと並んだ商品一覧から、商品名を押すと、金額が出るのです。
ですから、金額の打ち間違いは無くなる(減る?)かもしれないけれども
商品一覧といっても、100種類以上の商品を全て表示するわけには行かないので
次ページや前のページを行ったり来たりしなければならなず
慣れないと、ひどく時間が掛かります。
2週間ほど前から、裏の方にPOSレジの仮設置をしていて
各自、お仕事が終わってから、練習はしていたのですが
やっぱり、練習と本番は違います。
レジの向こうにいるのは、お客さまですから、そう時間を掛けてもいられない。
お待たせしてはいけないと思いながらも、打ちたい商品が探し当てられず
何処だどこだと、みんなで焦って探します。

私は、裏でのお仕事がメインなので、レジを打つ機会が少ないので
POSレジに慣れるのも、みんなより遅くなってしまうはずだと
毎日必ず練習するようにはしていたのですが
それでも、やっぱり時間が掛かってしまいました。
慣れれば、きっと色んな処理が手早く出来て楽なのでしょうが
今は、みんなでてんてこ舞いしています。

ルーシーが、私の仕事振りを見るために
そのうち、抜きうちでお店に来るっていっていたけれど
今来られると、本気でやばいぜ。


昨日の夕方、急に雨が降ったかと思うと、また急に晴れて
空にくっきりと綺麗な虹が浮かびました。
120926_1524~01.jpg
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何処で切れていいのかわかんなくなってきた

2012-09-26 14:47:00 | インポート
先週、さっちゃんを施設へお迎えに行ったとき
施設長さんから「ラブレターです」と言われて、封筒を渡されました。
当然の事ながら、ラブレターであるはずがなく
封筒の中身は、7月に施設でさっちゃんの風邪薬を紛失した事件の
『苦情受付票』でした。

これが、とんでもない嘘っぱち。

さっちゃんが通っている施設は、札幌市内の片隅にある施設ですが
本部は、もっと大きくて偉い人もいっぱいいて、色んな部署があって
その中に、苦情処理委員会という部門があるのですが
7月に、さっちゃんの施設が風邪薬を紛失したときに
「私が」、「苦情として取り扱って欲しい」と言った事になっているのです。

私、そんな面倒臭いこと、言ってませんけど。

確かに、だらしなさも指摘したし、きちんと管理をしてくださいとは言ったけど
そんな、私が会ったこともないような人たちが処理するような問題ではなく
施設の職員さんが、きちんと自覚と責任を持って仕事をすれば済む話では…。
まあ、その後も、お財布を渡し忘れました、携帯電話を渡し忘れました
またお財布を渡し忘れました、今度は上着を忘れましたと連絡が来て
挙げ句の果てに『さっちゃんが暴れているので、迎えに来てください』などと
職務放棄とも受け取れかねない連絡まで来る始末なのだから
相変らず、自覚も責任もなく、そもそもやる気も感じられないのですが。

確かに、この苦情処理に関しては、施設長から直接事前に話があり
「今回の事は、苦情として上にあげますから」
と、言われていました。
でも、そのときにも、私はハッキリと
「私は、そんなことを言っているのではありませんよ
 みなさんの自覚と責任について…」
まで言い掛けた時、施設長さんが、上からかぶせるように
「いやいや、お母さんの言いたいことは、分かってますから」
って、言っていたのですよ。
ところが結果は、意味のない紙切れが1枚、私の手元に届いたけ。

まるで分かってねぇー!

そもそも、風邪薬を紛失したのは2ヶ月以上も前のことなのに
何故、今頃になって処理?
で、よくよく確認してみたところ、さっちゃんの施設から本部に書類があがるまで
なんと、1ヶ月以上も掛かっていたらしい。
確認印を押さなきゃならない人が、書類をぞんざいに扱ったために
書類が見当たらなくなって、しかもそのことすら忘れ
書類が出てきてから「ああ、あった、あった」と、やっと押印したらしい。

なんじゃそりゃ!

私が言いたいのは、そういうことではないということは
吐露をご覧の皆様は、分かってくれますかね?

大体、そんなに職員の問題を取り上げたいのなら
もっと、問題にすべき、悪質な事がいっぱいあったでしょう。
利用者の女の子が食べているおそうめんに、太巻きを放り込んだこととか
気持ちが不安定で、席に着いていられない自閉症の男の子を
暗い物置に長時間閉じ込めて、ドアの外から延々と怒鳴りつけたり
施設行事でバイキングに行った時には
「太るから」を理由に、食べたい物を食べさせてあげなかったり
(食べ放題がバイキングの楽しさなのに)
陰でそんなことをしているのに、保護者から苦情が来ないのは
あなたたちが、保護者にきちんと報告をしないからでしょうが!

ってことをね。
悶々と考えながら、1週間過ごしたんですけど
やっぱり、おかしいよね?
あまりにもひどいので、もしかして、私が細かいのか?
おかしいのは、私の方なのか?って、ずっと考えていたのですよ。
一応、Eさんや、Kちゃんにも話を聞いてもらって
どうやら、私がおかしいわけではないと思えるようになるまで
なんと、1週間もかかっちゃったよ。
(お仕事が恐ろしく忙しかったせいもあるのですが)
で、1週間もかかっちゃったから、怒るタイミングを逃してしまった。
私としたことが、なんか悔しいわ。

ところで、風邪薬事件、そうめん事件、物置事件、バイキング事件
さっちゃんの焼き肉事件(焼き肉中に、さっちゃんにお肉を与えない)など
全ての事件に深く関わっている、ある女性職員さんに
昨日、辞令が下されました。
左遷です。
私は、適性の無い職員さんは、利用者さんたちに関わってほしくないと
1年半かけて、ずっと訴え続けてきたのですが。
だって、そういう人は、何処に異動になっても、「やる」でしょうから。
願い届かず。無念です。

I 先生が言っていたことは、当たってしまった。
「そういう人を“辞めさせられない”施設長さんは
 その人がいなくなっても、同じような人を雇ってしまうってことだよ
 それは、施設長さん自体にも、問題があると思う」
先日、さっちゃんをお迎えに行った時に
送迎バスになかなか乗ろうとしない自閉症の男の子に
いきなり掴みかかり、壁に押し付けるようにして怒鳴っていたのは
2ヶ月前に、施設長さんが面接をして採用した男性です。

毎朝、「今日は無事に1日を過ごせるのかな」
そんな不安を心に秘めながら子供を送り出すなんて、やっぱり、おかしいだろ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加