みいこのアラフォーライフ

転職とか結婚とか親の介護問題とか、悩みがいっぱいです!みいこのアラフォーライフを気まぐれに綴っています。

本音を言えば仕事探しの当初は…。

2017-04-21 21:10:06 | 日記

正直に申し上げて就職活動のときには、自己分析(自己理解)を経験しておくほうがよいのでは?という記事を読んでやってみたのだけれども、残念ながら何の役にも立たなかったとされている。
いくら社会人だからといって、ちゃんとした丁寧語や敬語などを使いこなしている人はあまりいません。多くの場合、社会人なのであればただの恥と言われるだけなのが、面接の場面では致命的(不合格を決定づける)な場合が多い。
本音を言えば仕事探しの当初は、「就職活動がんばるぞ!」と本腰を入れていたのに、何度も落ち続けるばかりで、近頃ではもう担当者の話を聞くことすらできないほどの恐怖を感じてしまうようになったのである。
かろうじて用意の段階から個人面接まで、長いプロセスを踏んで内定が決まるまで到着したのに、内々定が決まった後の出方をミスしてしまっては振り出しに戻ってしまう。
緊迫した圧迫面接で、キツイ質問をされた折りに、知らず知らず気分を害する人がいます。それは分かりますが、ざっくばらんの感情を表に現さない、社会での基本的な事柄です。
社会福祉法人元気の里とかち事務局:介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

外資系企業の仕事場で所望される仕事する上での礼儀や技術は、日本人サラリーマンの場合に望まれる動作や社会人経験の枠をかなり超過しています。
「飾らないで赤裸々な気持ちを話せば、仕事を変えることを決めた最大の理由は年収の為なんです。」このような例も耳に入ります。とある外資系会社のセールスを仕事にしていた30代男性社員の事例です。
なんといっても就職試験の受験のための出題傾向を専門誌などを使ってきちんとリサーチしておいて、対策をたてることが大事です。ということで様々な試験の要点及び試験対策について詳しく解説しています。
折りあるごとに面接の時のアドバイスとして、「心から自分の言葉で話すように。」という言葉を聞きます。けれども、誰かの書いたものではなく、自分の言葉で話をするという言葉の意図することが納得できないのです。
希望の仕事やなってみたい自分を目指しての転業もあれば、勤務場所の要因や家関係などの外から来る理由により、転職の必要性が生じることもあるでしょう。

会社を選ぶ見解としては2つあり、ある面では該当する会社のどこに心惹かれたのか、2つには、あなたがどんな職業に就いて、どんなメリットをつかみたいと感じたのかです。
現時点で求職活動や転職の活動をしている、20代、30代のジェネレーションの親からすると、確実な公務員や有名な大手企業に就職できることが、上首尾だということなのです。
グループホームひびき野:介護・福祉施設オープニングスタッフ求人
重要なことは、勤務先をセレクトする時は、是非ともあなたの欲望に忠実に選択することである。どんな理由があっても「自分のほうを就職先に合わせよう」なんてふうに思っては失敗するでしょう。
自己判断が必要だという相手の見方は、自分とぴったりする仕事というものを探す上で、自分の優秀な点、関心のあること、セールスポイントを自分で理解することだ。
ただ今、就業のための活動をしている会社そのものが、最初からの望んでいた企業ではないために、希望している動機が見つからないというような相談が、この頃はなんだか多いのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あり得ないことかもしれませ... | トップ | 世間でいう会社説明会とは…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL