みいこのアラフォーライフ

転職とか結婚とか親の介護問題とか、悩みがいっぱいです!みいこのアラフォーライフを気まぐれに綴っています。

今の仕事を換えるほどの覚悟はないけど…。

2016-11-07 09:10:02 | 日記

一般的に言って最終面接の段階で聞かれるようなことは、その前の段階の面接の折に既に質問されたことと二重になってしまいますが、「志望の契機」が最も多いようです。
企業での実際に働いた経験をしっかりと積んでいる場合、人材紹介会社も利用価値が十分ある。どうしてかといえば人材紹介会社を利用して人材を募集する場合は、確実に経験豊富な人材を希望しているのです。
野心やゴールの姿を目標にしての転身もありますが、働いている会社の問題や家関係などの外的な理由によって、転身しなければならない事情もあるでしょう。


高橋眼科医院

よく日本の会社で体育会系の経験のある人材が採用さることが多い理由は、言葉遣いがしっかりしているからだと言われます。学生とはいえ体育会系の部活動の世界では、先輩後輩といった上下関係がきちんとしており、意識しなくても身につくものなのです。
どうにか就職はしたけれどその企業について「こんな企業とは思わなかった」とか、「退職したい」なんていうことまで考えてしまう人は、たくさんいるということ。

なるべく早く、中途の社員を入社させたいと予定している企業は、内定決定してから相手の回答までの間を、長くても一週間くらいまでに制限しているのが全体的に多いです。
実際、就職活動をしている最中に、知りたいと思っている情報は、企業の風土や自分のやりたい仕事かどうかなどが多く仕事の内容とは異なり、応募先全体を品定めしたいがためのものということだ。
たとえ社会人になっていても、正確な敬語を使うことができている人は少ない。このように、このような状況でも恥と言われるだけなのが、面接の現場では採用が絶望的になるようになってしまう。
会社の基本方針に従いたくないのですぐに退職。言ってみれば、こうした思考の持つ人に臨んで、採用の担当部署では猜疑心を禁じえません。
勤務したいのはどのような企業なのかと言われたら、どうも答えがでてこないものの、現在の勤務先での不満を聞いてみると、「自分の評価が低すぎる」という感想を抱いている方がいくらでも存在しています。

今の仕事を換えるほどの覚悟はないけど、どうにか今よりも月々の収入を増加させたいのだ時は、とりあえず役立つ資格取得に挑戦してみるのも一つの手法じゃないでしょうか。
いわゆる人気企業の中でも何千人もの就職希望者が殺到する企業では、選考に使える人員の限界もあるので、まず最初に出身校などだけで、不採用を決めることはどうしてもあるようなので割り切ろう。


梨久保の杜

企業の面接官があなた自身の言いたいことを把握できているのかいないのかを見つめつつ、的を射た「会話」ができるようになったら、どんどんと道も開けてくるのではないかと考えます。
まず外資系会社で働いたことのある人の大かたは、現状のまま外資のキャリアを継承する好みがあります。結果として外資から後で日本企業に戻る人は、特殊だということです。
新卒以外の者は、「入社の希望があって、仕事の経験もつめそうな会社」なら、何はともあれ入社したいものです。社員が数人程度の会社でもこだわらないことです。実体験と業務経歴を獲得できればそれで問題ありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今は成長企業であったとして... | トップ | 通常…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL