転職活動を検討中のアラサー女子ブログ~転職でキャリアアップを目指そう

転職をして今よりも良い待遇の働き方をしたいアラサー女子が、アラサー女子のために転職に関する有益な情報をお伝えするブログ

転職|是非ともこういう仕事がしたいという明確なものもないし…。

2016-10-18 19:12:30 | 転職

<p>同業者の人に「父親のコネを使ってSEを退職して、この業界に転職してきたのだ。」という経歴を持つ人がいるが、その男に言わせればSEとして働いていた時のほうが百倍は楽な内容だったとのこと。<br />会社というものはいわば、1人だけの都合よりも組織の全体像としての都合を先決とするため、時として、合意できないサプライズ人事があるものです。疑いなく当事者には不平があるでしょう。<br />今よりもよりよい収入や処遇などがよい職場があるとしたら、あなた自身も別の場所に転職したいと望むのであれば、こだわらずに決断することも大切なものです。<br />面接選考において、どういう部分がいけなかったのか、ということをアナウンスしてくれる懇切な企業は普通はないので、あなた自身で修正するところを見定めるのは、簡単ではありません。<br />面接のときに気を付けてもらいたいのは、印象についてです。たった数十分程度しかない面接によって、あなたの全ては把握できない。それゆえに、合否は面接でのあなたの印象が影響を及ぼしているということです。</p><p>実際に私自身をスキル向上させたいとか一層上昇することができる働き場でチャレンジしたい、といった望みをよく耳にします。自分が成長していないと感じたときに転職を考える方が多くいるのです。<br />転職といった、言ってみればジョーカーをこれまで繰り返し切ってきた履歴がある人は、いつの間にか転職したという回数も積み重なるものです。それがあるので、同一会社の勤続年数が短いということがほとんどだということです。<br />やっとこさ用意の段階から面接の段階まで、長い道を歩んで内定されるまで迎えたのに、内々定を取った後の取り組みを間違ったのではお流れになってしまう。<br />就職したのに入れた企業を「イメージと違う」他に、「やっぱり辞めたい」そんなことまで考えてしまう人は、いくらでもいるんです。<br />是非ともこういう仕事がしたいという明確なものもないし、あんな仕事もこんな仕事もと迷ったあまり、挙句自分が何をしたいのか面接で採用担当者にきちんと、アピールすることができないということではいけない。</p><p>通常、就職活動は、面接してもらうのも応募者本人ですし、試験に挑むのも応募するあなたです。けれども、時々、公共の機関の人に助言を求めることもお勧めです。<br />多くの場合就活をしていて、応募する人から働きたい各社に電話をかけるという機会はほとんどなくて、応募したい会社のほうからの電話を取らなければならないことの方がかなりあります。<br />公共職業安定所などの場所の職業紹介をされた場合に、該当の会社に入社できることになると、年齢などの要因によって、会社からハローワークに向けて仲介料が払われているそうです。<br />採用選考試験で、応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を行っている企業は最近多いです。これは面接ではわからない気質などを確認するのが目当てなのです。<br />「自分自身が現在までに蓄積してきた固有の技能や特質をばねにして、この仕事を望んでいる」という風に自分と結びつけて、いよいよ担当者にも重みを持ってやる気が伝わるのです。</p>

ジャンル:
転職
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 概ね最終面接のステップで質... | トップ | 転職|上司の方針に不服なの... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。