生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

一番大切なことは?

2017年06月17日 | 「ブッダの言葉」序
天正寺で、坐禅会をメインに活動していますが、
そこで一番大切に思っていることを書きます。

天正寺に来る人が、
事業主か雇われている人(従業員)か、
会社の社長か部長か平か、
公務員か民間か、
大きい会社か小さい会社か、
学生か、フリーターかニートか無職か、
なとのことは、全く問題にしません。

それらは、すべて、
社会的立場、肩書き、
いわば「衣」です。

「衣を脱げ(その社会的立場を捨てろ=辞職しろ)」と言うつもりは全然ありません。
「衣(社会的地位等)がつまらないものだ」という思いも全くありません。

ただ、お寺では、それら一切の衣は、全然問題にしません。
 
一切の衣を脇へ置きませんか?
(一切の衣を脇へ置いたところに立ち返りませんか?)

このことだけが、私が住職をしている禅寺での基本中の基本と思っています。

ただ「脇へ置く」だけですので、
衣を捨てろとか、どうしろというのでありませんから、
難しいことは何もありません。

どういう教えを信じているか、例えば、
仏教徒か、キリスト教徒か、他の宗教の信者か、あるいは無宗教か、
なども(社会的地位と同様)「衣」かと思いますので、
それらの衣に関しても一切問題にしません。

また、社会的地位だけでなく、
「悟りの境地に達した」だの
「無になった」だの、
そういう「心の境地」というような「衣」も
寺では全く問題にしません。

「そのような一切の衣を脇に置いて立つ(脇へ置いたところに立ち返る)」、
これだけを唯一の基本としています。

これが趙州のいう「主人公」、
臨済のいう「随処に主となる」かと思います。
(繰り返しますが、ここでの「主」は、
社会的立場が、雇われている身=従業員か、事業主か
の問題とは何の関係もありません。)

このような教え(ブッダや臨済禅師)に出会えたことは、
本当に生きる勇気を内からみなぎらせてくれるものだと
私自身、実感しています。

このような言葉を常に学びながら、力強く生きていこうではありませんか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「落ち着いた心」を目指すこと | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koma)
2017-06-17 17:37:52
>一切の衣を脇へ置きませんか?
(一切の衣を脇へ置いたところに立ち返りませんか?)
このことだけが、私が住職をしている禅寺での基本中の基本と思っています。

確かに一番大事な事ですね!
世間では、こういう場がすごく少ないんですよね。
re (じょうどう)
2017-06-27 21:21:53
komaさん、コメントありがとうございます。コメントありがとうございます。衣(考えや道具や方法など)を用意して、「この衣はこのように素敵だから、着ませんか」というのが普通ですからね。これはこれで大事ですし。
そうでない場を開けたらと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。