生きる力・勇気・志――「ブッダの言葉」を中心に

大阪の禅寺 天正寺住職 佐々木奘堂(じょうどう)のブログです。人間が本来もっている自由で活発な身心を探求していきます。

溌剌たる生活

2016年11月07日 | 「ブッダの言葉」序

作りごとを超えた真実の生活をしたいと思いませんか?

そのように生きたいと思います。

( 以下、『沢木興道聞き書き』講談社学術文庫からの引用)

次から次へと変わってゆくものを追っかけて一生ふらふらしていたのでは、それこそ一生を空しくしてしまうものである。

どこまでも作りものを作らないで進んでゆく、その溌剌たる生活こそ真実なものである。

道元禅師の只管打坐は処世術でも技術でもない、人格の真実である。
無常ということは、生きることである。いかして、真実の生活をするかの努力が仏道者なのである。
なにかのまねであったり、つくりものであったりしたならば、そんなものは人間ごとであっても仏道ではない。仏道とは、いろいろな働きをする以前の、もとの自分になることなのである。

坐禅はあたかも、武士が三尺の秋水(真剣の銘柄)を引き抜いて身構えていると同様に真剣な姿である。これ以上、真剣な姿勢はありえない。
どんな人間でも、一番尊いのは、その人が真剣になったときの姿である。
どんなにであろうと、ギリギリの真剣な姿には、一指も触れることのできない厳粛なものがある。
これがわしの一生を坐禅に供養させるようになった因縁である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カースト社会を生き抜くために | トップ | 12月1日(木)10時からのテレビ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「ブッダの言葉」序」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。