長屋茶房・天真庵

「押上」にある築60年の長屋を改装して
「長屋茶房・天真庵」を建築。
一階がカフェ、2階がギャラリー。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

♪小倉生まれで玄海育ち

2016-10-29 08:21:50 | Weblog

昨日はルナが素敵な歌を届けてくれた。いつものように、無駄のない縁で集まった人

たちのこころまで、感動が届き、つながり、共に楽しむ時間がもてた。

ピアニストの黒田京子さんは、天真庵では初めてのライブ。ジャズとかクラシックとか「枠」

を決めず、演劇や朗読、無声映画の音楽などをライフワークにしている。

珈琲を飲んでいて、カウンターの中に反応。「ゲンカイがありますね」と目を丸くされた。

♪小倉生まれの玄海育ち・・・

ではない。「言海」(言葉、言霊の海、という意味)。大槻文彦さんが、生涯かけてつくった日本で最初の国語辞書。

彼の感動的な一生を綴った名作「言葉の海へ」というが公演されるらしい。11月23日(水・祝) 14時・18時

予約問い合わせ先  アトリエ花習 090 9676 3798

音楽は、もちろん 黒田京子さん。素敵な縁をいただいた。しかも水曜日。さっそく申し込んだ。

お客さまの中で、初めてこられて、少し「北九州顔」のダンディーな人がいた。聞くと、やっぱり

「八幡(やはた)」という。ぼくらの年齢だと、年齢がひとつ違うと「奴隷と王様」の関係になる。昭和29年

と答えられたので、その瞬間からぼくが奴隷になる。ぼくがいった小学校は北九州市立「天神小学校」で

彼はそこから徒歩10分くらいの隣の小学校、共にいまは廃校になったけど、ぼくがソフトボールを

教わったのも、自転車にのったのも、その小学校の校庭だった。桃園球場とか、まるぶつデパートとか、

到津動物園(いとうず、と呼ぶ)など、その地に住まないとわからん言葉が、お互いに機関銃トークになる。

リハーサルの前に「からすま気功師くん」が挨拶にきた。目がだいぶ悪くなったので、今のお仕事をやめた、とのこと。

来月の中旬から、週にニ度のペースで二階でやってくれるようになった。いろいろな意味で、人生がいい方向に

かわっていける人の縁が広がっていくのではなかろうか。

明日は日曜日なので16時閉店。その後は「ピアノの発表会」だ。

月曜の朝は「卵かけごはん」

火曜日が「英語で蕎麦会」

水曜日からしばらく「松休み」  6日は島原のお寺で「蕎麦会&お茶会」

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日は素敵なライブがあるのです | トップ | 珈琲ドリポット 本場のシア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL