長屋茶房・天真庵

「押上」にある築60年の長屋を改装して
「長屋茶房・天真庵」を建築。
一階がカフェ、2階がギャラリー。

珈琲ドリポット用に珈琲を焙煎してみた。

2016-10-16 08:18:27 | Weblog

毎日、珈琲とか珈琲ドリポットで、遊んでいる。

昨日は、般若くんがつくってくれた茶櫃に入れて、小さなマグを茶托にのせて、

「珈琲お手前」を実演。どこかで披露してみたいと思う。

ちょっとイメージがあるので、今朝は、新しく生豆を発注したものが昨日きたので、

2時間ほどかけて、焙煎し、ブレンドし、珈琲ドリポットで入れてみた。「懐かしい未来のほぼぶれじる」

みたいなんができた。「天真庵」のHPに、スマホで撮影した珈琲ドリポットをアップした。さっそく熊本

の友人から、「ほしい」とメールがきた。

今日は「お花のお稽古」。5年くらい天真庵で花を教えてくださった原田耕三先生が、今月10日に昇華された。

「人は死ぬと、死ぬっきり、がいい」と、どこかの文人さんが名言を吐いた。けだし名言である。

反対にこんな名言もある。「親子は一世、夫婦はニ世、師弟は永世」。

世阿弥が「不失花(うせざるはな)」といった。若い時は、だれもが時分の花を持つ、年老いても、花を

ひと枝もっているような生き方をせよ、との教え。そのコツは「毎日の努力(稽古)」だそうだ。

今日は日曜日なので、16時閉店。それから「蕎麦打ち日曜大学」

明日の朝は「卵かけごはん」夜は「福の会」

火曜日は「タイムドメイン」

水曜日が「おんなかっぽれ」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珈琲ドリポット  つづく | トップ | ♪ああああ 長崎は今日も雨だ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL