一緒に学ぼう、等身大の中国!

manamiの私生活は、食べることと歩くこと。日々の生活を通して、メディアが伝えない、中国の今を覗いてみよう!

姥姥家春餅店~どちらが好み? “春餅”と“筋餅”~

2017-08-06 00:00:00 | 中華料理

 地下鉄10号線亮馬橋駅から徒歩3分程にある佳亿時尚広場は、ローカル色の強いショッピングビルだけれど、沢山の地元料理レストランが軒を連ねる場所でもある。と、この日は、近くにオフィスを構えるクライアントを訪問した帰りに、そのままランチにお供することになって、このショッピングビルの3階で営業する中華料理チェーンレストラン・姥姥家春餅店へ…。
 で、早速、数あるお料理の中から、酸豆角炒肉沫(18元)と黄花菜炒肉(18元)の2皿をチョイスして、春餅(2元/2枚)と筋餅(2元/2枚)も加えて、最後に平日の昼間だというのに、燕京ビール(10元/本)を…。まあ~、中国のビールはアルコール度数が低いし、午後はオフィスの中でのお仕事だけしかなかったし、そもそも喉がとっても渇いていたしで、manamiとしてもナイスな提案に大歓迎!
 北京ダックのように、お料理を荷葉餅で巻いて食べる春餅料理は、北方地方の代表的な食べ物ということで、これまでにも何度も口にしたことがあったけれど、今回の発見は“荷葉餅”にも種類があるということ…。普段から慣れ親しんだ“春餅”は「少し厚めで、粉っぽさ」が残っているのが特徴で、“筋餅”の方は「薄くて、表面に油っこさ」があるという点が違いになるのだけれど、manamiはやっぱり、“春餅”の方が好きだったな!
 あ~、店内では、お粥がセルフサービス形式で無料提供されているので、残ったお料理はお粥と一緒に食べると、さっぱり感もあって、良いかも…。あ~、しかし、このお店も超混雑していたね!

 住所:朝陽区新源里南路甲3号佳亿時尚広場3階 ℡:6466-8996



もっと北京の最新情報を集める! ⇒⇒⇒⇒⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 累計売上げ40万部突破する書... | トップ | GebaGeba2号店~二の丑の鰻は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。