一緒に学ぼう、等身大の中国!

manamiの私生活は、食べることと歩くこと。日々の生活を通して、メディアが伝えない、中国の今を覗いてみよう!

明の十三陵・定陵昭陵~地下宮殿はこちら!~

2016-11-20 00:02:59 | 北京市内観光

 で、manamiは、再びバスで移動して、今度は、第14代・万暦帝の棺が収められている定陵と第13代・降慶帝の棺が収められている昭陵を、続けて訪問。定陵は、唯一地下宮殿が開放されているということでは、とっても魅力的ではあったけれど、造りはどれも一緒…。

 最も奥に、皇帝の棺を収めた地下宮殿とそれを蓋った宝城(頂上が宝頂)がある訳だけれど、その手前には、入口附近から、碑亭・陵門・棱恩門・棱恩殿が縦に並んで、棂星門・石五供が続いて宝城の前に建てられた明楼に到達できる。そして、明楼の中には皇帝の墓碑が立てられているという並び…。

 定陵と昭陵の間は徒歩で移動したのだけれど、トラックに積まれた大量の白菜やオレンジ色の鮮やかな柿、そして、冬支度をしているのか元気に走り回るリスなど、郊外ならではの初冬の風情も十分楽しめたね~。



もっと北京の最新情報を集める! ⇒⇒⇒⇒⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明の十三陵・長陵~激ウマ7角... | トップ | 明の十三陵・神道~激ウマ7元... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北京市内観光」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。