一緒に学ぼう、等身大の中国!

manamiの私生活は、食べることと歩くこと。日々の生活を通して、メディアが伝えない、中国の今を覗いてみよう!

雍和宮~3度目の正直はこんな感じ!~

2016-11-07 00:02:58 | 北京市内観光

 地下鉄2・5号線の雍和宮駅から直ぐにある北京最大のラマ教寺院・雍和宮をmanamiが訪問したのは、3週連続のこと…。
 晩秋の雍和宮では、美しい銀杏並木の黄葉が手軽に楽しめるということで、先々週末に、様子見に訪問してみたのだけれど、まだ少し早かった…。その後、急激に気温が下がったこともあって、先週末にも再び訪問して、それなりに黄葉が楽しめたのだけれど、曇り空の下、「青空を背景に太陽光線に照らされた黄葉を楽しむ」というところまでには至らなかったこともあって、100%満足はできないまま帰宅することに…。

 とは言っても、それなり忙しい日々を過していることもあって、3週連続で訪問するようなことは全く考えていなかったのだけれど、首都博物館で開催されている「故宮博物院展“走進養心殿”」を鑑賞したのをきっかけに、この寺院そのものに興味を覚えて、急遽足を向けることになったという次第!しかも、今度は25元の入場料を払って、寺院内の奥まで十分楽しませてもらった。
 この寺院、元々は清朝4代皇帝・康熙帝が、息子・雍正帝(1678~1735年)の住居として1694年に建てたのが始まりで、チベット寺院として正式に認められるようになったのは、1744年の乾隆年間のこと…。多くの人々が訪れ、熱心にお参りしていたね~。この日はPM2.5指数もかなり下がっていたのだけれど、境内にはお線香の煙が立ち込めて、透明度の低い空気が引き続き漂っていたね~。ははは…。



もっと北京の最新情報を集める! ⇒⇒⇒⇒⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本格寿司~ソフトオープン直... | トップ | 拍子抜け???~この臭豆腐、臭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北京市内観光」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。