一緒に学ぼう、等身大の中国!

manamiの私生活は、食べることと歩くこと。日々の生活を通して、メディアが伝えない、中国の今を覗いてみよう!

古北口長城~結局、入場料を払わなかった…~

2017-04-04 00:11:53 | 北京市内観光

 いずれにしても、教えてもらった通りに鉄道の線路をわたって歩き始めてみると、やっと一人が通れる程度の小道が確かに続いていて、悪戦苦闘しながらも何とか上まで辿りつくことができた…。ところどころ休憩しながら約20分程度の登山だったけれど、斜面は急だし、砂利や砂が多くて滑り易いし、このルートは絶対に登るべきではないね!滑落の恐れもあって、かなり、危険なルート…。

 manamiの場合は、滑落こそしなかったものの、ミネラルウォーターのペットボトルがポケットから落ちて、約10m下の岩場まで転がっていってしまった…。10m戻って拾うことも考えたのだけれど、体力的なロスは大きいし、登る以上に下る方が滑り易くて危険な感じがして、しばらく水を絶つ覚悟で、そのまま前進を続けた。
 ほとんど誰も居ない長城の上では1時間ほどの時間を過して、今度は長城に沿って下って、13時15分頃までには平らな場所に戻り、13時45分頃には復路のバスに乗って、往路とは逆のルートを辿った…。参考情報的には、復路に関しては、蜜雲汽車站でバスを降りて乗り換えた方が、980快の始発に乗れるので座席が確実に確保できると思うね~。

 古北口長城は、山海関~居庸関を結ぶ一連の長城の一部を構成していて、司馬台・金山・蟠龍山・臥虎山の4エリアの長城の総称なのだと…。そして、manamiが登ったのは、そのうち最も西側にある臥虎山であったことを、帰宅してから確認。梅や桃の花が咲く初春のピクニック、かなりハードだったけれど、充実していたね~。まあ~、ちょっと遠いのが問題ではあるけれど、季節を替えてまた来てみたい場所だね!
 結局、入場料を払う場所も分からないまま、戻って来てしまった…。ははは…。



もっと北京の最新情報を集める! ⇒⇒⇒⇒⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古北口長城~これは、無謀だ... | トップ | 玉淵潭公園~混雑回避には、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。