SKY STARS 天星人語

空と海は見飽きない。

底堅い日経平均株価

2016-12-20 | 経済

 今週も、日経平均は底堅く推移している。月曜日はほぼ横ばいだったが、今日は、反発した。今週は海外勢のクリスマス休暇とこれまでの上げの一服があるものと予想するのが大半だった。11月10日以降、調整らしきものがないまま、今日まで来た。

 

 筆者は、今回の相場には乗り遅れ組の一員となった。今回の相場で買われた株には目もくれず、独自基準で、のんびりと売買を続けている。株高は良いことだが、死角もある。

 

 世界の資金循環は、米国に資金が集まる一方である。米国金利上昇によるためだ。このなかで、注目する資金の流れがある。中国からの資金の流出である。大きな原因は、元安だ。今回、元が安くなるのは、中国不安の増大があるからだ。

 

 不動産バブルの終結は、指摘され続けてきた。しかし資金流出の根底には、中国共産党政権そのものに、将来不安が増していることがある。今年の1月にも、元安ショックによる、世界同時株安が起こった。今週は日経平均にも膠着間がでると予想している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと、5年は乗りたい | トップ | 年の瀬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。