SKY STARS 天星人語

空と海は見飽きない。

内閣支持率一段安

2017-07-10 | 社会

 本日、最新(の世論調査結果(7月、写真はNHK様調査)が公表された。6月よりも内閣支持率と自民党支持率が一段安となった。政党別では民進党支持率が下がり、支持なし(投票したい政党が見当たらない)が増えた。このブログの熱心な読者様なら、予想範囲の結果だろう。課題は革新側の受け皿政党だ。革新の言葉を何のことと思う世代も多いだろう。日本では長らく社会党(労働組合左派支持=総評)と共産党をそういうように呼んだ。保守は自民党で中道は民社党(労働組合右派支持=同盟)だった。現代ならリベラルと保守の区別だろうか。前者は個人の自由と権利に重きを置く。後者は、個人よりも国家の自由と権利(従い人権抑圧)に重きを置く。それぞれに左派と右派に分かれることが多い。だから、リベラルの受け皿づくりが急務だ。もちろん、共産党を排除する気持はない。しかし、さらに幅広く支持を集めるリベラルが必要だ。巷で話題の国民ファーストは保守派だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガソリン車40年までに販売禁... | トップ | 起きて書いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。