SKY STARS 天星人語

空と海は見飽きない。

嘘を平気でつく国家公務員

2017-06-10 | 社会

 昨朝、テレビ朝日の番組で、内閣府の担当者が、国会の審議で「記憶にございません」と答えるのを見て、愕然とした。今治市の公文書には、内閣府の担当者と面談したことが明記されている。上から、知らないと押し通せと言われているのだろうか。今の内閣府は、そういう見識がまかり通っている。公務員は、憲法と公共の利益に従うと学校で教えられた。嘘を国民につけとは教えていない。確かに「日本の公務員は3流だと世界に言っているようなものだ」(番組コメンテーター玉川氏)。 加計問題は、岩盤規制云々が問題ではなく、国民に平気で噓をつく公務員がいることだ。大本営発表(戦争中噓を流し続けた)を続ける安倍政権だ。また、問題の所在を明確にする新聞が少ない。情報量だけが多い。核心を解説できない。紙新聞が、偽情報を流す日本だ。いったん、反国民新聞放送と烙印を押されれば、何十年も、その烙印から逃れられないことを知らないようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出口調査速報 | トップ | 嘘つき国家公務員と頼りない野党 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。