SKY STARS 天星人語

空と海は見飽きない。

年末2万円?

2016-12-07 | 経済

 2017年を占う作業を続けている。今年は、原油、日本株については概ね当たりだった。また、国内と国際情勢でも、ほぼ当たりかと甘く評価している。来年は、「政治」を材料視する向きが多そうだ。実は、昨年から政治が大きな材料だった。ところが、それを材料視する向きがなかっただけのことである。現実が先行し、分析屋が後追いしている。ますます、自分の鑑識眼が試せる面白い時代だ。

 

 さて、目先の話。日経平均が年末に2万円の大台を回復しそうとの観測記事が掲載されていた。市場関係者の座談会を紹介する記事だった。今日の日経平均株価は、3日連続伸だった。筆者の見るところ買いの勢いは強くない。年内の2万円は難しいのではと予想している。年明け1月中に、大台乗せはあるかもしれない。トランプ政権の動きが見えることがその要因だ。ただし、逆に下げ要因となることもある。

 

 銘柄によっては、日経平均株価とは逆に、下げ続けているのもある。トランプ旋風効果を受ける金融、保険、そして輸出株。そしてまた商品市況値上がり恩恵を受ける商社というセクター以外は、銘柄ごとにまちまちの値動きに見える。

 

 なお、海外市場に持つ銘柄が、上場来最高値更新をした。持つのを忘れる長期保有銘柄だった。短期は損気なる言葉もある。来年は、長期保有を増やす計画だ。個人投資家においては、ますます、頭を使う時代であるようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車の免許証には年齢制限が必要だ | トップ | 自信にあふれる日本の首相 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。