青い天を見上げる瞳に何か光るモノがある、さあ行こう何かコトが始まる、誰の思考でもない、自然な考えや決定は自然にある。

ネットのルールって、ありそうで、なさそうで、各プロダクトの主戦場か。PC、タブレット、携帯、の非常識を見せたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平岡天青 広く知られた通称

2017-01-03 16:10:22 | 日記

2017-01-03 16:10:22 pagesが可成り、有効なツールとなると確認できた。看板4枚・ビラ1600枚・葉書8000枚の設計指示はpagesで十分に可能だ。明日は印刷のスケジュールを打ち合わせするか。

残ったテーマは住民台帳の閲覧を携帯で写真を撮り、競争相手が葉書の表書きを自動化するソフトを入手していたら、如何するか、だ。こちらは、一晩、100枚を500枚の写真から選んで手書きして4日間で400枚の郵便局へ持ち込みでは、ちょっと不公平だろう。この問題を都庁の選挙管理委員会も千代田区の選挙管理委員会も、各候補者が如何遣っているか関心がない、と言う口振りなのが、実に、興味深い。昭和39年の通達以外は何も進歩がない世界と想像できて、これは弱った。人力で遣るんですよ。一人650枚位は転記できます。現役の市議がそっと教えて呉れたが、元外資系情報会社出身の身には、何と行動するべきか、誰かにプログラムでも書かせるか、既にあるだろう。

2017-01-02 12:07:24 なぜ、12年間も闘病生活をしていた、年金生活者が、16年間の区政実践者に挑戦するのか。勝ち目は誰の目にも明らかだろう。一銭の稼ぎのない人生を過ごした古希がここに立つ意味なって、誰も一顧だにしない。何を書いても読んで呉れる訳もない。本人は、決して真面目ではない。唯、何が出来るか徹底的に考え尽くし、出来ると考えて実行しているに過ぎない。

 2005/7/19に胸部外科手術9時間が掛かった。その後、屋久島の宮之浦岳の手前で野宿し一晩雨に濡れ、鹿児島県警のヘリに助けられ、屋久島徳洲会病院に運ばれたが、院長は冷たい冷たい、それはそうだ。次から次に入室されて来る人は様々な土地の重病の方々、3泊して4日目に帰りの切符のため意地でも飛行機に乗り帰った。それから、数年後にカテーテルの循環器ステント設置手術4時間を超える手術でこちらは手術中の会話が全部聞こえる。2人の医師複数看護婦レントゲン技術師・ステント設置の方法論の色々な会話が半分理解できないが半分は分かる。その左冠動脈に追加のステント、そしてその時の予測だった右のステント、そしてネット文章塾で9ヶ月ハードトレーニング後、星新一賞を狙って、9月30日にネット提出して10月の下旬に4回目のステントを置いた。ストレスとテニスの12年間との言える闘病生活だ。まあ、間もなく死ぬと割り切ると、絶えず果敢に挑戦し転けて、11年と半年、発病から22年が過ぎたと言うわけだ。

 いつでも、左胸の鼓動数と血圧と筋肉の僅かの震えを感じ取れる感性って、死の恐怖か、予兆の早期発見と安静確保の技なのか、まあ、お馬鹿の12年間とも言えなくもない。最初の8年間はテニス・ゴルフ・書道・ピアノ・合唱を下手の横好きで尽くし、日本書人連盟で師範を取ったがその後は続かない、お袋と70年間中のこの8年間が一番会話があった。娘の紹介で教わったピアノも娘と喧嘩で終わってしまった。既に3回目のお正月を迎えた。ネット文章塾を娘に薦めたことが原因となった、喜劇となった。が、親元を離れて3年が過ぎたと考えると自然なこととも言える。

 最初はドラムを叩きたかった。そしてボーカル、フルートと増やし、大学の頃から遣っていた合唱を、近所の合唱でも平成2年から続けたが欲が出てソロを狙ったが、身体の準備が相当に難しいことを忘れていた。徹底的に練習してその実力のピークは何時でも出せないと知らない。ゴルフで何時でもホールインワンが出来ると考えるものだ。だが、出来るとの発想とはそんなものだ。そして準備に準備を重ねトレーニングにトレーニングを遣り抜くとアスリートに成れるかのように、ある程度の実力が付くと気づく。それが、どれ程拙くても、その準備期間の体験は貴重なことだ。

 音楽もスポーツも呼吸が上手に出来れば、残り脳の動く様に従うなら、十分に楽しめる。さて、選挙は如何だろう。小池さんに注目したのは一人東京知事選に立つとテレビに登場してからか。発言に実に爽やかな統一感がある。長い期間に渡って体験し経験し組み上げられて知恵と知識と知力を感じる。そして運が良い。3人の前・前々・前々々知事と比べられた、そして極めて上手な敵役を演じて呉れた。そしてリオが始まり豊洲が図った様にタイムテーブルを廻し、豊洲は1年半の延期を取り、オリパラは全て私が決めた、と幕を下ろした。猪瀬さんが内田茂と森嘉朗を都の2人の敵と怨念演説をし、千代田区に3ヶ月住もうと不動産屋を探した。その内、千代田区長選挙があると気づき模範演技と希望塾限定グループの非公開で宣言した。その準備は区長選挙説明会を出席することで火が付いた。2つの選挙管理委員会と話す機会が出来、寄付を求めるなら、その他の政党を届け出ることも出来た。そして選挙の沢山の登場人物が居る。その一つ一つを解決することは実に楽しい。

 呼吸さえ、上手に整えるなら、行動は割と簡単と踏んだ。1/7に試験1/20には通知、この辺までは迷うことは全くなし。徹底的に準備をしトレーニングを重ね、時の過ぎるのを楽しむ。昨日辺りでpagesでポスターを作って111枚なら自力で貼れる、看板4枚16000枚のビラや8000枚の葉書ならpagesで作成して印刷屋に頼めるか。要は準公人として住民台帳を閲覧して48768人の氏名・郵便番号・住所を携帯で写真に取り、ソフトで印刷が出来るツールを競争相手が持っているかどうか、と考えてしまった。私はipadで500枚の写真を取り、手書きで宛名を毎夜書いても4日、1日100枚程度の400枚作業レベル(5%達成率)となる。既に新聞配達の見積は取れた、相見積は不要だろう。残ったのは看板・ビラ・葉書・ポスターの印刷屋の見積がまだだ。紙・デザイン・枚数、それから投げ込みの見積も考える必要があるかもしれない。自動車・ガソリン・運転手・ポスター・ビラは公費負担の契約を残すと1割の票を超えると無料となる。辻説法一本、事務所なし後援会なし、自分の自動車を綺麗に直すか少し考えている。既に12年乗り、最近のスイッチ自動車はレンターカーでブレーキをアクセルと間違えて踏むそれも2回も経験した、動き出せない、古希の老人でもある。ああ、呼吸は関係ない。知力も怪しい。

 最初に戻ろう。弱者に光を、憲法9条、立憲、子供、投資、貰った年賀状からキーワードを拾った、政治は人を増やし人を減らし仕事を増やし仕事を減らす、豊洲もオリパラもこの2つが時系列で動き消えて行った。内田茂や森喜朗も大活躍の事実が誰の記憶にも鮮明に残った。プーチン・トランプ・安倍晋三・オバマも印象に残った。そこに人が増え減り・仕事が減り増える。

 政治は人集団の闘争と割り切ると人が増え減り・仕事が減り増えるだけのことだ。その運転技術を政治と呼ぶ、その運転技術がどんな言葉で語られて来たのか。党であれ個人であれ、その後ろに多くの人の支援を意識して行動する技術と割り切ると何と下手な行動が多くあったのか、政治は結果責任と言うなら、北方4島にミサイルを設置された党首はその責任を負うべきと考えるが本人はその気は全く自覚症状すらない。その程度の結果責任で良いと、時間の経過を考えると、隣国中国韓国北の動きはもうそれしか言うことがない、71年が過ぎたと言うべきだろう。

 なぜ、千代田区なのか、なぜ、区長選挙なのか、なぜ、私なのか、これは、ゆっくり、じっくり、確実に、自分の言葉で新鮮さを訴えたい、と古希がホザク。これは身体によい。それだけだ。人集団ならまずは、綱領だろう。そして私なら、大義だろう、そして寄付を求め投票を求めるなら共感だろう。そして、自分が務める公約だろう。各々を17個位は考え考え尽くしたい。聖徳太子の17条を真似て17個程度は捻り出したい。すると68の文章を書き・描き・欠き尽くすだけのことだ。これが、すべて、繋がるなら、これは凄いプロジェクトとなる。これは脳によい。これだけだ。これはまだまだ続けられる。そして音楽やスポーツと同じ、時間が過ぎると心が固まる徐々に徐々に心が構造化され多様化され多面化される。post-truth、誰でも本音を言える、そして細胞は大して変わらない平等のスペックを持っている。政治が不安定って実に面白い表現だ。経済もまったく見通せない、これも不思議なことだ。生きている。少なくとも12年間は薄々、死ぬと感じて生きて居た。何が努力出来るか。それを無理なく試して見たい。あれが心によい。あれだけだ。と気づきたいのだ。

 日本人を世界のブランドとしたい。千代田区政は10cmの束となるパンフレットを集めたがまだ眺めただけだ。区議会たよりも6回分を集めた、議決の内容も理解できる。世界の宗教設備も千代田区には沢山ある。どんな人達が今、活躍しているのか知らない。神保町の古本・現在流通している本の売り上げもどの程度か知らぬ、秋葉原街って何年行っていないだろう、蕎麦屋が焼けた後、再建と聞くが何も知らない、高層ビルも多く増えた、千代田区の食堂からの眺めは余り良くないが図書館からは皇居の眺めは素晴らしい。予備校時代には下総中山から御茶ノ水駅まで通った、1000人の理科系がabcdとクラスを争った記憶もある。林海峰の下宿が近くでキャッチボールを壁でしていた。昨夜見た初夢も苦々しく面白く愉快なこと苦しいこともあった気がする。明日から少し真面目に68条の文章を欠き描き書き切って見たいものだ。あっ、日本人がいる、どんな体躯でも、そのさりげない礼儀と、さりげない工夫と、さりげない協調と、さりげない成功を、そっと伝え実行して呉れるなら、日本人のブランドと呼べる、なら、面白い、経営者の下手糞を改善し、政治家のもの知らずを教え尽くし、ちょっとした行動力さえ身に付ける機会があれば、日本人のブランドを獲得できる、そんな世界平和構築への行動綱領を決め、心の動機を大義とし、人々の住民の有権者の共感を生み出し、その4年間に少しだけ人を増やし人を減らし仕事を増やし仕事を減らすなら公約と呼べるだろう。怯むことは、まだ、何も感じない。鈍なのだろう。時間がある限り根は続く。後は左胸の微動を感じ取る運を探る注意深さだけだ。無理はなし、斑は気にしない。無駄は徹底的に避ける。1/7の試験対策に最適の68の文章となるだろう。3日4日5日6日で書ける・描ける・欠ける、なら十分だ。

2016-12-26 10:44:29 通達はその区域の知っている人数だ、5万の住民で10人なら広く知られた通称と認めるかどうか。⇨これは4000名1500名がメンバーの塾の強みと言えるか。

昭和39年の通達、え、親父が亡くなった年だ。

 その候補者名が広く使われている場合に限る、と判断するのはその区域の選挙管理委員会の長となる。最近の事例では 桜井誠さんペンネームで受理 在特会? 知らない。本何冊 測定していないか。これは知らないが千代田区民は神保町本屋街だ。⇨『大嫌韓時代』 青林堂〈SEIRINDO BOOKS〉、2014年9月24日ISBN 978-4-7926-0502-5。 Amazonで書籍ランキング1位を獲得する。これ知っている。⇨2014年10月20日、桜井は大阪市役所で市長の橋下徹と面会し、意見交換を行った。会談は互いに相手を罵り合うという緊張状態の中で開始され、議論が白熱しつかみ合いになりそうな場面も見られたが関係者が間に入った。会談は、予定時間より大幅に短い10分で打ち切られた。⇨見てた、もう少し上手いかと思ったが残念。徹はよく相手した。東京都千代田区神田練塀町45 ライオンズマンション秋葉原501、へえ、千代田区の人なんだ。632票 区議に当選する票を得てる。有無、これがペンネームとなると準公人扱いの選挙期間中は本名が見える。有無、するとスパイ活動本名探しが可能なのか。ルールとは実に面白い。post-truth走りの人か。韓国がpost-truth国家をづうっと続けるからこうなるね。気持ちは分からんでもない。まあデモが酷いので徹が会って諌めたかったのか。徹は相手の事情を少し知っているのか。相手にしたのは立派、でもそこで滔々と事実をじっくり話見解の違いを浮き出さないとは、桜井さんもチョット感情が先に走ったのか。テレビで見る限り見解を述べる準備がなかったと感じられた。これは派生的事実でここでお終い。

 本をペンネームで書き、認められた。本屋に並べられた。え、知らない。選挙も聞いたが忘れた。ネットネームの方が実績も知られる機会も多いだろうが、住民の1%否0.001%以下 5万の区域住民の1人か2人だろう。あっれ、希望の塾では、俺のミドルネール平岡天青は10人は知り得る立場に居るぞ。0.01%より多いな。さて、選挙管理委員会は如何判断するか。さくらいまこと氏と平岡天青の知られ度を検証して千代田区では互角であるとデータを集めても面白い。なかった。逆に凄い人だ。別に尊敬はしないが、元気だが、徹には怯んだのか。選挙1ヶ月前にビラを配っても、受け取る人は1万を超える、投げ込みが正確なら5万件入れれる。⇨これを1/8-1/10に実行するか。準備作業はプランなので可能です。A3びっしり書くと本になり得るか。両面でA4の縮小で16枚40*40文字は1万2千8百文字が届けられる。十分に本だ。⇨姑息なことだ。1万文字をA3一枚で5万の住民に届けられることを見つけた。さて、読めるか?

 1/11に事前審査さる予定だが、チャレンジする価値はあるか。ポスターを貼る訳だから、事前審査で判断されないと不思議なことになる。意図的に選挙制度下、不正を起こしたことになる。事後で数回の選挙無効訴訟をしても無駄である。が高裁まで行ける。千代田区・都・高裁の道だ。詰まらない。千代田区区長選挙で・平岡天青・古田真の2の人が立つと、普通は何方に投票するのか。結果は明らかか。⇨綱領・大義・共感そして公約の世界がベストだ。

 もう一つのテーマは選挙に立候補すると、なぜ、職場を辞めなければ行けないのか。雇用問題だろう。個々の企業の雇用関係だろう。役人は辞職するのが決まりだそうだ。公職選挙法が辞めなくて良いと、あるいは辞めさせては行けないと、定める訳もないか。官から民への路線と離れた詰まらぬ議論なのか。あの血気に決起に蹶起に血機に溢れる若者の直向きさと、中年以降のある種の態度と、我が態度に、見た目に相当の開きは見えるだろうなあ。

2016-12-24 22:17:18 ネット文章塾とは、校長は余り好きではない松岡正剛、昔、革マル系と聞いた、千夜千冊では、好きでない文体をクネクネさせているが、コピペして書き直すと実に面白い本質が現れて好みではある。まあ無料で本が読んだ気がするだけ、私の場合はお得感があった。それで、守・破と2つのコースを修了させて貰った。9ヶ月程度の期間だったか。離を諦めて、星新一賞を狙いにいった。爺が離を狙わなくて良かった。まあ、ブラックな修行部屋で、多分、身体を壊すのが当たり前だろう。その直前も大勢居たとメールを貰った気もする。年寄りなら命を落とす。4回目のバイパスをした。間違えば昇天ということだ。極めて運が良かった。まあ、内部告発はする気がしないが、老人は止めなさいと言う。強く伝える。論理の発見のメカニズムを説明する一言で言うならhow toを上手に説明することかな。所詮、身体を動かしなさい、脳が動くよ、そして心が芽生える、すると又、身体が動きだす、と時間軸で誰もが体験することを集団で遣り出すと如何なる。それの体験場って訳だ。今でもメーリングリストが生きて居て時々メールが来る。

2016-12-19 10:09:53 広く知られた通称を平岡天青と名乗ろう。2014年3月3日から名乗ったのか。

facebook 顔本ではミドルネームを平岡天青と名乗っているので、「平岡天青」で検索すると

Furuta平岡天青Makoto | Furutsu Comércio de Frutas | People Directory が出て来る。

2番目がここサイト「広く知られた通称 - 青い天を見上げる瞳に何か光るモノがある、さあ行こう」である。

みなさんの、検索では如何出るだろうか。

あるネット塾での最後の頃のログである。xx真季さんへ返事ログのタイトルでお雛様に因んで平岡天青と決めた。

もうすぐ丸3年が経つと言うことか。

 

これで、天青が号である。平成25年度のことである。2013年度のことか。3年4ヶ月が経ったか。カーソルを右にズラすと号が表示される。

写真を縮小する技術がなくて申し訳ない。

平岡は神社の写真が一番だろう。

何で、ダウンロードすると縦が横になるのか、技術未熟のため載せる。

この平岡神社は、私の母方の祖母の実家である。平岡の名を取っている。

室生犀星の小説「杏ッ子」の月曜美人に出て来る人でもあった。ネットで検索すると写真が出て来る。

名 平岡芳子の母の名は 平岡数 その書は、

神社の経緯の碑は、

 

古い時代からの名残もあるので親しみを感じている。

加賀のお殿様に習字を教えて居た、と聞くと現代では遠慮するか、堂々と使うか、通称と言えど怯む気分もある。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お問い合わせ番号は 170103-0... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。