手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0624 メッキ来た?

2017-06-28 20:02:06 | 今日の釣りネタ

0624 このところ、黒潮の蛇行により房総沖の水温が急上昇しています。
当然、沿岸の水温も上昇して、21℃の等温線が房総半島に刺さっちゃってる日もあるほどです。(@@;
この時期、沿岸水温が21℃というのは飛び切り珍しいことではありませんが、そんなことよりいつも以上に黒潮が近い!(@@;
また、黒潮が房総半島に向くように寄っているので、高水温域がなかなか離れないのです。(@@;
 こんなことになっちゃってます。(@@;
そのおかげで、ショゴの大接岸があったり、5月からイトヒキアジがうろうろしたり、カマスやムツの成長が例年より早かったり・・・。
まぁ、ライトタックルアングラーにとってはありがたいお話なんですけどね。(^^;
そんな状況なら・・・
そうです!我が愛しのメッキちゃんも早々と到着していたりするんじゃないか?
もしかすると、これまでなし得なかった6月メッキをゲットできちゃったりするんじゃないか?
そう考えると、ショゴなんか相手にしてる場合じゃなかったりするんですよねぇ~。(~o~)
ということで、今シーズン最初のメッキ捜索にいざ出撃となったのでした。(^^)

07:00 「ショゴなんか」と言いつつも、ショゴもメッキも狙えるスロープから。(~o~)
まずは豆ミノでスロープの上を一流ししてみますが、エンピツカマスが追ってくる程度です。
仕方なく、仕方なく、仕方な~く、スロープの向こう側へポッパーを放り込みます。(^^;
いない方が不思議なくらいでしたが・・・、ショゴ不在。T_T
(後から聞いたら、かめさん親子が散々叩いた直後だったようです。(~o~))

同じようなスロープポイントをいくつか流してみますが、今日はメッキどころかショゴもセイゴも見つかりません。T_T

08:30 毎年、早期到着のマイクロメッキが溜まる小河川の河口ポイント。
豆ミノで広範囲にシャローをチェックしていきます。
視界に入ってきた豆ミノの後に、早い動きでルアーをチェイスしているヤツがいるじゃないですかっ!(@@;
「きたかぁ~?ほらっ、食え、食え、食えっ!食ったぁ~~~~~!」
「・・・あれっ?」
 ちょっと色が付いてました。(~o~)
クロホシフエダイ、メッキじゃありませんでしたが、これも黒潮の使者なんですよねぇ~。(^^)
まぁ、これがいるってことはメッキもいるってことなので、ヨシとしましょー。(^^)

09:30 またメッキがいそうなポイントを数ヶ所流して、ショゴの有望ポイントは通過・・・できませんでした。(~o~)
「ちょっとだけ見ていこう。(^^;」
漁港の岸壁に立つと、まず目に入ってきたのはそこそこ大きくなった豆サバ君の絨毯。(^^)
他に狙いがなければ一日中遊べそうなくらいいます。(~o~)
 着水と同時に数十匹がルアー目がけて一直線。
 いくらでも釣れそうですが、それなりにスレる。(^^;
 中にはこんな食いしん坊も。(~o~)
そこそこスレてきたので豆ミノで対抗していると、突然、サバの群れが真っ二つに割れたかと思うと、真下からショゴの一個連隊が湧き上がってきます。(@@;
グチャグチャグチャ~~~~~~。
一瞬にして豆ミノ君はどこへいったのかわからなくなってしまいます。(@@;
はい、そんな時は既にショゴのお口の中。(~o~)
 まずまずサイズですが、「釣った」というより「釣れた」感じ。(^^;
画像を撮ってキャストを再開すると、先ほどのショゴの一個連隊がまだ目の前にうろうろしています。
ところが、朝一で叩かれた群れなのか、二度目の豆ミノには見向きもしません。
「こやつら、バカにしやがって!懲らしめてやる!」
ミノーにスレても水面近くをうろうろしているヤツらには、ワインドトゥイッチャーが絶大な威力を発揮するのです。(^^)
 早い切り替えしワインドで一丁上がり~。
 頭を下に向けさせればこっちののも。(^^)
 移動し始めた群れを追いかけて追い撃ち。
 群れを見失わなければもれなく追加。(^^)
 かなりスレてますが、ワインドトゥイッチャーならイケちゃう。(^^;
 トン、トン、トトン、ロングフリーフォール、これが最強のキラーアクションです。

移動するショゴの群れを追いかけながら、投げちゃ釣り、歩きながらリリースして、また次のキャストで即ヒット。(~o~)
ショゴの群れが沈んで見当たらなくなるまで釣って、スレショゴ15連発となったのでした。(^^)
ワインドトゥイッチャー強いでしょ。(^^)

11:00 「こんなことをしている場合じゃない、ちゃんとメッキを探さねば。(~o~)」
次は大潮のド干潮で干上がったドブの河口域ポイントです。
もしメッキが入っていれば、水がないので河口域に降りてきているはずなのです。
イナッコスレ掛り・・・、ビックリさせるな!
グーフーのひったくりバイト・・・、驚くじゃないかっ!
メッキは・・・またもやご不在のようでした。T_T

~~~ お昼寝タイム ~~~ お昼寝タイム ~~~ お昼寝タイム ~~~

15:00 潮も上げてきたので、メッキ捜索を再開します。
めぼしいスロープポイントを流していると、次に叩こうと思ったスロープに先行者がいるじゃないですかっ!(@@;

「こんな時期に同業者?」
近づいてみると青服さんでした。(~o~)
とりあえず車から降りて「どうですかぁ?」と手を振ってみると、「ぜんぜんダメ~」とのこと。
車に戻る前にふと足元の護岸に目をやると、・・・
「んっ?アレ怪しいなぁ・・・。」
「むむっ?ちっこいのが2匹いるなぁ・・・。」
「えっ?なんだかメッキっぽいなぁ・・・。」
「あ゛~~~~~~っ!メッキいた~~~~~っ!(@@;」
すぐにルアーを放り込みたいところですが、手に持っているのはロッドではなくお茶のペットボトルです。T_T
今年初めて見る7~8cmの2匹のマイクロ君は、そこそこのスピードで
水面直下を移動中。
車にロッドを取りに行っている間に見失ってしまうのはミエミエ。
自分でルアーを投げたいのはヤマヤマですが、・・・う~ん、仕方ない、
「青服さんっ!メッキいた、メッキいた、早く、早く!」
その青服さんの一投目、ルアーが水面に落ちるなり2匹のメッキが反応します。(@@;
「おぉぉぉ~~~っ!追った、追った、追った!・・・あぁ~~~。」

「おぉぉぉ~~~っ!また追った、また追った!・・・あぁ~~~。」
2回続けてかなりの本気チェイスでしたが、残念ながらバイトに至らず。T_T
青服さんにしてみれば、釣って釣れないサイズではありませんが、フレッシュランでしかも2匹のチェイスでは、なかなか難しいですよねぇ~。(^^;
その後、私も参戦して2プラトンでちょっかいをかけ続けますが、さすがにチラリと見る程度にスレてしまいました。
それでも未練がましく眺めていると、2匹が5匹に、5匹が7匹に、7匹が10匹に!(@@;
「え゛ぇ~~~~、けっこういるじゃない。(@@;」
そうは言っても、がんばって釣れるサイズはせいぜい3~4匹で、それ以外は小さすぎて相手にできないサイズです。(^^;
更にじっくり観察していると、入れ替わり立ち代わり水面に出てきては何かをついばんでいる様子です。
「あらぁ~、プランクトン食ってるのね。(^^;」
「この群れはもう少し経たないと釣れそうにありませんね。(~o~)」
「また来週がんばりましょー。(~o~)」
6月メッキを目の前に後ろ髪をひかれる思いですが、今日のところは手も足も出ずギブアップとなったのでした。T_T

黒潮の大接岸から、久々に6月の「本気」メッキ捜索となりましたが、釣れそうなメッキは見つけたものの・・・スカでした。T_T
やっぱり、房総の6月メッキは難しいお題なんですかねぇ~。(^^;
ところが!
その翌日、6/25(日)にTwitter仲間のUMEさんがやってくれました。(@@;
 正真正銘、6月の房総新子メッキです。(@@;
かれこれ20年以上房総でメッキを狙ってますが、未だに6月にメッキを釣ったことはありません。
また、狙って釣れたという話も聞いたことがありません。
私より前からメッキを狙っていた人もいるでしょうけど、その方が6月から狙っていたとは考えにくいので・・・、
ということは・・・、
この房総で6月に狙って釣った初めてのメッキということになるんでしょうね~。(^^)
UMEさんの歴史的快挙に「いいね!」一つあげてください。(^^)
UMEさんのツイート


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」よろしくお願いします。m(__)m


↑↑↑ UVレジン製のハンドメイドルアーを制作・販売しています。
ショゴを狙うなら「ワインドトゥイッチャー30」、間違えないですよぉ~。(^^)

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワインドトゥイッチャーの調... | トップ | 2017年ショゴバトルのお誘い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
喜ぶべきなのか? (南風見)
2017-06-29 22:12:32
 巨匠、お疲れ様です。
 今回のショゴバトル、日程が合わずに不参加で、申し訳ないです。
 ところで、6月メッキ、驚きの出来事であることは間違いないのですが、素直に喜んでいいのでしょうか。
 異常気象の前兆のようで、チョコッと怖い感じもします。
 まっ、そんな不吉なことは考えずに、今シーズン、沢山のメッキに遊んでもらえるよう期待したいと思います。
 次回はメッキバトルのお誘い、お待ちています。
Re:喜ぶべきなのか? (手のヒラアジ)
2017-06-30 08:24:55
南風見さん>
ども。
残念、ご都合つかずでしたか。
異常気象と言えばそうなのかもしれませんが、黒潮が寄っただけとも言いますね。(^o^)
こんな年はありがたく恩恵に預かることにしてます。
不吉なことを心配したところで、何にも変わりませんから。(^o^)
次のメッキバトルは是非ご参加ください。(^^)

コメントを投稿

今日の釣りネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。