手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0514 続・愛しのデイゲーム

2016-05-25 21:25:19 | 今日の釣りネタ

0514 GW以来、自作のルアー製作なんぞ初めてしまったら、ブログのおさぼりが一層激しくなってしまいました。(^^;
まぁ、ちゃんと釣りには行くわけですから、ブログを書く時間がないわけではないわけで・・・
ぼちぼちアップしてまいります。m(__)m

「もう夜の釣りはや〜めた」
なんて言いながら、やっぱり確実に一匹が釣りたいと、また夜な夜なメバルに出かけてしまいます。(^^;
でも、夜な夜なメバルをやっていると、やっぱりサイトのデイゲームが恋しくなるわけで・・・
「そうだ、朝から出かけて、デイゲームもナイトゲームも両方やればいいんだ。」
もっともらしくもバカバカしい自問自答でございました。(~o~)

11:00 そろそろ、外房の漁港内にヒラセイゴが入ってきて、心臓に悪いようなサイトゲームを楽しませてくれる頃です。
例年35cm級のヒラセイゴが顔を出すマイポイントに直行して、係留船の下を丁寧に探ってみます。
・・・。
・・・。
いた、いた、いました。(^^)
係留船の船べりを通したミノーに一瞬反応したのは、40cm弱はありそうな立派なヒラセイゴ。(@@;
・・・しっぽが太いので、おそらくヒラですね。
でも、イマイチやる気がなさそうな感じです。
次のキャスト、今度は二匹出てきましたが、やっぱりやる気ナッシング。T_T
3回目のキャスト、こんな時は・・・はい、もう出てきません。T_T

ガックリしながらも次の係留船際を叩くと・・・
またもや、似たようなサイズのヒラセイゴが出てくるじゃないですかっ!(@@;
・・・でも、やっぱりやる気ナ〜ッシング。T_T
その後も、あちこちの係留船から出てきますが、結局、一度もバイトさせることはできませんでした。T_T
「今日のところは許しといてやろう、次回は覚悟しておけよぉ〜。」
負け惜しみを吐き捨てて、次のポイントでした。(^^;

14:00 数ヶ所回って、ゆっくり昼飯も食べて、小さくても何かしらいそうなポイント。(^^)
港内をのぞきながらグルッと一周すると・・・
いた、いた、いました。(^^)
豆サバの群れが一個連隊でのんびり泳いでいるじゃないですか。
ちょうど自作で30mmルアーを手がけているので、ルアーのデキを試すには格好のターゲットです。(^^)
のんびり泳いでいる一個連隊のど真ん中にルアーを放り込むと・・・
群れごとスイッチオン!
 釣れる、釣れる。(^^)
 いくらでも釣れる。(~o~)
 こんなヤツで。(^^;
あっという間に20匹ほど釣って、別のポイントを叩いてみると、今度は豆カマスの猛ラッシュ!(@@;
 今度はリップレスに猛爆。(^^;
やっぱり、サイトのデイゲームはいいですねぇ〜。
どんなに相手が小さくても、血沸き肉躍る感じがします。(^^)
もう一ヵ所愛しのデイゲームを堪能したところで、内房の夜な夜なポイントへ移動でした。(^^;

20:00 内房のポイントに到着すると、いつものメンバーがいつものように夜な夜なメバルに没頭しています。
でも、いつもとちょっと違うのは、漁港内で簡単に釣れるはずの豆メバルもいないこと。T_T
狙いを変えて、船道で表層からボトムまで様々なレンジを探ってみます。
・・・。
・・・。
・・・、コッ、ココッ、ゴンゴンゴン。
「キターーーーー!」
 まぁ、ここでは20UPなら文句なしです。(^^)
 ボトム近くからもう一つ。
 豆を追加したところで、全く反応なくなりました。T_T

23:00 いつものメンバーは皆引き上げてしまいましたが、今日はのんびりロードしていたので、まだ少々電池が残っています。(^^)
「3匹じゃ帰れないでしょ。もう一ヵ所やるでしょ。」
先攻メンバーが振るわなかったポイントですが、今日の風からなんとなく臭ったので行ってみることにします。
いつもの攻め口で堤防外側から流しますが、やっぱりうねりが入っていてメバルが浮いていません。
「メバルが浮いていそうなのは・・・やっぱ、風が当らない漁港内でしょ。」
狙いを変えて漁港内のスロープにシンペンを放り込むと、いきなり連続バイト!(@@;
一山当ててしまいました。(^^)
 港内で20UPなら上出来。
 画像撮ってリリースして、次のキャストでまた釣れる。(^^)

 ルアーを変えても大丈夫。(^^;
 だんだん小さくなってきた。
 限りなく豆。(~o~)
 最後は豆になってしゅ〜りょ〜。(^^;


終わってみれば、愛しのデイゲームを満喫して、ナイトゲームもしっかりやって、久々の13時間釣行。
さすがに、50オヤジの体力は限界となり、フラフラになっての午前様帰還となったのでした。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ いよいよ、デイゲームが楽しい季節がやってきました。(^^)
「ポチ」してデイゲームに出かけましょー。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0507 作ったら釣りたい。

2016-05-20 00:04:20 | 今日の釣りネタ

0507 いやぁ〜、またまたサボリ癖がついてしまいました。
今更ですが、GWのショボネタですけど、軽く流し読んでいただければ幸いです。(^^;

今年のGWは、強風、暴風、爆風続きで、さっぱり釣りに行く機会を失ってしまいました。T_T
まぁ、暦通りに休みではあるので、釣りに行けずに家でグダグダ・・・となるわけですが、さすがにグダグダにも飽きてきました。
そんな中、仲間内で自作のルアー制作が盛り上がっていたので、ヒマに任せて私もちょいと手を出してみたのです。(^^)
「UVレジン液」なる接着剤のような液体を、型の中に流し込んで紫外線を当てると・・・、
あら不思議、カチンカチンのプラスチックの塊のようなモノになるわけなのです。(@@;
その型がサカナの形で、しかるべき場所にアイなんかが付いていれば、まぎれもない「ルアー」になってしまうというわけなのです。(^^)
いざ、100均ショップでグッズとマテリアルを買い揃えて何となく始めてみると、意外や意外、それらしい「ルアー」となって型の中から出てくるじゃないですかっ!(@@;
まぁ、本来はオリジナルの型で自作のルアーといきたいところですが、最初は勝手がわからないので、市販品をかたどってコピー制作なのです。(^^;
とは言っても、造形には著作権があるわけで、いくら個人で楽しむレベルとはいえ、現行の市販品をコピるのは少々心苦しかったりします。
そこで、既に廃版となって買おうにも買えない愛しの「名機」を模してみました。(^^;
(かなり強引な言い訳ですが・・・(^^;)

あえて元型のルアー名は出しませんが、リップをなくしたり、ウェイト入れたりしたので許してくださいね。
Jacksonさん。m(__)m
 2〜3回失敗して、こんなのが出来上がりました。リップレス初号機。(^^)
 これはいいデキかも?リップありウェイト入りの二号機。(^^;

さて、うん十年ぶりに自作のルアーなんぞを作ってみると、やっぱりそれで釣ってみたくなるのが「創る君」の心理ってもので・・・。(^^;
さっそく、イージーに釣れそうな豆メバル狙いにLet's Go!となったのでした。(~o~)

17:30 まだ明るいのにポイント到着、そう、釣りをする前にちゃんと泳ぐか確認する必要があるのです。(^^;
〜〜〜調整中〜〜〜調整中〜〜〜調整中〜〜〜
まぁ、贅沢言っても始まらないので、とりあえず泳いだってことにしましょう。(~o~)

18:30 いよいよ実戦開始です。
さっそく、いつもの豆メバポイント。
係留船のシェードに二号機を放り込んで、デッドスローにお豆さんを誘ってみます。
プルッ、・・・プルッ、・・・プルプル。
「おおぉ〜〜〜、バイトする、する。(^^)」
そして・・・、
 自作のルアーで初物ゲ〜〜〜ット。(~o~)
いやぁ〜、なかなか気分いいもんですな。
クセになりそう。(~o~)

20:00 最初の初物はすんなり釣れたのですが、この日のお豆は超絶に渋く、二匹目が釣れたのはこんな時間。T_T
 リップレスの初号機でもゲ〜〜〜ット。(^^)
かなり苦労しましたが、ひとまず、予定した自作モノで狙いの獲物をゲットできたので、今日のところは大満足。
あとは、いつもの通りに釣りを楽しんで帰ることにします。
なんたって、無理に自作品で釣ろうなんて考えると、ストレスが溜まるばかりですから。(~o~)
潮位が戻ってきた船道に、絶対的信頼の「ワンダー45」を放り込むと連発、連発!
 ボトムで誘って。
 一瞬出たライズには表層で対応。(^^)
 まぁ、豆ですけど。
 釣れれば嬉しい。
 釣れなきゃ悲しい。(~o~)
連日の爆風で1度しか出撃できなかったGWでしたが、まぁ、それなりに楽しめたってことにしておきましょう。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」して応援お願いいたしま〜す。m(__)m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0429 今年も愛しのデイゲーム

2016-05-11 00:01:16 | 今日の釣りネタ

0429 4月のメバルバトルも終わり、今年のメッキ開幕まであと2ヶ月少々となってきました。(^^)
年明け以来ず〜〜〜っとナイトゲームのメバルばかりやっていたので、この時期になるとトゥイッチのサイトゲームが恋しくなってくるわけです。
目を閉じるとお気に入りのミノーがキビキビとアクションしていて、ロッドを持つ右手は小刻みにトゥイッチの動きをしてしまう・・・。
満員の通勤電車の中でも・・・。
危な〜〜〜〜〜い。(~o~)
そんな危険な精神状態を開放するには、何はともあれ現場に出てリハビリするのが一番。
ってことで、今年も何を狙うでもなく、ただトゥイッチしたいだけのセラピー出撃となったのでした。(~o~)

10:00 狙いがあるわけじゃないので、こんな時間の到着です。
まずは大好きなエルフィンフィッシュをぶらさげて、キャスト!
トゥイッチ!トゥイッチ!トゥイッチ!
「おぉ〜〜〜、ルアーがキビキビ動いてる〜。(^^)」
「コレ、コレ、コレ!このアクション、たまりませ〜ん。(^^)」
何を狙ってるわけでもないので、ルアーをチェイスする魚なんてま〜ったくいません。
でもいいんです!
魚がいるかどうかなんて関係ないんです!
このアクションを目で追うことと、このアクションを出すために右手が動いていることが幸せなんです。
はい、自分でもちょっとしたビョーキだと自覚しております。(^^;

12:00 いくら狙いがないといっても、いちおう釣りをやっているわけで、チェイスする魚がいなければ、とりあえずポイントを変えてみるんです。(^^;
3ヶ所回ってみましたが、ただの1度も魚のチェイスなんてありません。
でもいいんです、右手がとっても嬉しがっているから。(~o~)

そんな中、出撃中のkichomenさんからとっても美味しそうなLINE情報が入ってきました。
「〇〇で小サバ爆釣中、めちゃめちゃいます。」
「あざ〜っす、今すぐ行きま〜す。(^^)」

13:00 kichomenさんがいるポイントに急行すると、確かにあちこちで水面がザワついています。(@@;
「キターーー!これを期待してたんですよ、あざ〜っす。(^^)」
ところが、3キャストに1回くらいルアーの後に15cm級の豆サバがチェイスしてきますが、意外なことにバイトする気配なし。
何回も追わせてるんですが、足元までチェイスしてUターン。T_T
まぁ、トゥイッチしたミノーに魚がチェイスしてくるのを見るだけでも嬉しいんですが。
・・・で、一つも釣れない中、ふとkichomenさんを見ると、釣ってるじゃないですかっ!(@@;
「あれぇ〜、そんなに簡単に釣れちゃうの?」
「トップじゃなきゃ反応しないんです。トワディー使ってます。」
「へぇ〜〜〜、そんなの使ってるの。(@@;」
さすがにトップのルアーは持ち合わせていなかったので、ICサージャーで表層を速引きしてみると・・・
「うぉ〜〜〜、すげぇ〜〜〜!ガンガンバイトしてくる!(@@;」
 あっという間に釣れちゃいました。1キャスト5バイトくらい。(~o~)
いくつか釣ったところで、ストリーマーやソリッドミノーに変えると、更に激しくチェイス&バイトしてくるじゃないですかっ!
 連釣、連釣で10キャスト10連打達成!(^^)
いくら釣っても飽きないのですが、ひとまず「飽きるほど」釣りました。
でも、これだけ魚の反応がいいと、やっぱり早引きじゃなくてトゥイッチで釣りたくなってきます。
トゥイッチ!トゥイッチ!トゥイッチ!
・・・やっぱり、最後のバイトに至らずUターンしていきます。
こうなると、たとえ相手が豆サバでも俄然燃え上がってくるんですよねぇ〜。(~o~)
あんなトゥイッチして、こんなアクション入れて、そんなスピードでリトリーブして・・・。
はい、見つけました!必殺のトゥイッチパターンを。
ルアーの動き出しをスイープにして、加速させるようにロングジャーク、十分に移動距離をとってからのストップ!
これで、水面にしか反応しなかった豆サバ君も、止まったルアーに追突するようにガンガンとバイトしてきます。(^^)
 釣れる、釣れる、必殺のトゥイッチパターン。
 あっという間にこんな感じ。(^^)
でも、パターンを見つけてから気が付いたんですが、これって初期のマイクロメッキに効くトゥイッチパターンだったりするんですよねぇ〜。(^^;
気が付けば、最初好調だったkichomenさん、途中合流のjesse-edさんを差し置いて一人大爆裂。
50匹は釣っちゃったかなぁ〜。(^^;

ひょんなことから、今年最初のサイトゲームを満喫となったのでした。

18:30 途中休憩の後、エリアを変えてアジングに突入となりますが、私のポイントの見立ては役に立たず。T_T
・・・。
・・・。
・・・。
回れど回れどかすりもせず。T_T
ベイトはウジャウジャいるんですけどねぇ〜。

23:00 若さから体力∞のkichomenさんと一緒なので、こんな時間でもまだやってます。(~o~)
・・・で、せっかくこんな時間までやったので、普段は入れない一級ポイントものぞいてみます。
誰もいない。ラッキー!
いつもはライトロッド1本しか持たない私ですが、このポイントに入る時だけはネット持参となります。
何度も痛い目にあってるので。
・・・で、kichomenさんには、このただならぬ雰囲気を悟って欲しかったんですけど・・・、
やらかしてくれました。
いきなり食ったドデカメバルに、あっという間に潜られてしまったのです。・・・ブレイク。
 その場に転がり込むkichomenさん、ご愁傷様です。(~o~)
私はというと、似たようなポイントで2番手・3番手を掛けますが、やっぱり1匹目のサイズには及ばないんですよねぇ〜。
 いいもの食ってそうな、22cm。
 きれいな磯メバル、23cm。

更に数ヶ所アジングで回りましたが、今日はどうしてもアジのバイトにたどり着きません。
さすがのkichomenさんもいよいよ電池切れ、当然私も電池切れ。
狙いもなく出撃したわりにそこそこ楽しんだところで、本日の業務終了となったのでした。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 宿敵豆サバ君には、スイープなロングジャーク&ストップです。皆様「ポチ」してトレーニングへどーぞ。(^^)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

0423 第4回 LINE de メバルバトル(vol.2)

2016-05-02 00:19:49 | 今日の釣りネタ

第4回メバルバトルの後半です。

20:30 開始から2時間半が経過して後半戦、まずはワタクシ主催者の状況から。(^^;
26cmの良型を持っているとはいえ、リミットにはまだ二匹釣らなければなりません。
経過する時間、伸びるライバルの釣果、下げ続ける潮位、狙いのポイントで結果が出ない・・・。
いつものことですが、焦るんですよねぇ〜。(~o~)
精神衛生上よろしくないので、ひとまずギリキーパーの豆メバルでリミットメイクする作戦に出ます。

いつもの豆メバポイントに到着すると、同じくキーパーが欲しいjesse-edさんが豆狙いしてます。(~o~)
常夜灯のシェードには、いつものようにお豆さんがフィーディングしていますが、今日のお豆さんは一際小さい。T_T
 jesse-edさんはノンキー4連発。(~o~)
フッキングしないショートバイトは無視して、フックを咥えるサイズが来るまでリトリーブを続けます。
プルプル!
「やっとキター!」
 ノンキー回避の17cm。
 続いてもう一匹、16cm。
作戦成功、とりあえずリミットメイク!・・・ですが、我ながら志が低い。(^^;

21:00 いよいよ潮位も下がって、だんだん釣りにくい時間帯になってきました。
他の参加者の釣果もペースダウンしてきたようですが、裏を返せばこの時間帯にデカイのを出せば確実に順位を上げることができるはずです。
 ぱわぁほ〜るさん、まだそんなことやってるんですか?(~o~)
 沈黙していた三浦のかめさんから21cmのエントリー。
 jesse-edさんは、ようやくノンキーを脱してキーパーゲットした様子。16cm。(^^;
 そのjesse-edさん、更に19cmを追加してついにリミットメイク達成。
 koskさんも手堅く22cmを釣ってリミットメイク。
そして、参加者全員がプレッシャーでピリピリする中、続けざまに順位を動かす良型が飛び出しました。(@@;
 jesse-edさん、起死回生の一発!25cm!(@@;
 ぱわぁほ〜るさん、こちらも一発!24cm。リミット遠そうですが。(~o~)
 yuyaさんも23cmを釣って終了間際にリミットメイク!
 上位をうかがうsakuさんも、しびれる時間帯に23cmを上げて一気にジャンプアップ!

さて、さて、その間ワタクシはどうしていたかというと、
ギリキーパー二つでリミットメイクした後、当然20cmUPの入れ替え目指してポイントを徘徊します。
狙いを定めた一ヶ所目、ハエ根のキツイ小堤防の先端ポイント。
一人しか入れない堤防先端に・・・、先行者が二人もいました。T_T
オーマイガー!次を急ぎます。
次も今日の風を想定して温めておいたテトラ際の風裏ポイント。
車を降りて小走りにポイントまでたどり着くと・・・
オーマイガー!
ここにも先行者が二人も入っていました。T_T
他にも良型狙いのポイントはあるのですが、残りの時間からすると移動にばかり時間を費やすことになります。
優勝するには、どうしてもあと2匹の20cmUPが必要なのです。
「仕方ない、漁港内で20cmを狙おう。」
スロープ、係留船の際、護岸のシェード、桟橋周り、船道・・・
およそ考えつく漁港内のポイントをしらみつぶしに叩いて回ります。
ココンッ!(@@;
「キターーーーーーーー!」
 思わず声が出ますが・・・、16cmで入れ替えできず。T_T
残り1時間、ポイントを変えて船道のかけあがりに最後の勝負を賭けます。
2〜3回のショートバイトを拾えず、フラストレーションが溜まりに溜まったところで、
ココンッ!(@@;
「今度こそキターーーーーーーー!」
 20cmUPの祈り虚しく、またもや16cmのお豆さん。T_T
ラスト30分で勝手知ったるいつものポイントに立ち寄ってみますが、そこはjesse-edさん、sakuさんが良型を出した直後。
ペンペン草も生えていない状況で、私のバトルは万事休すとなったのでした。T_T

さて、大混戦の第4回メバルバトル、優勝の行方は誰の手に?結果の発表です。(^^)
第4回メバルバトルの栄えある優勝は・・・
ノンキーに悩まされながらも要所要所で良型を揃え、最後の1時間で最大魚25cmを入れ替えて68cm。
逆転で混戦を制した、jesse-edさんでした〜。(^^)
おめでとうございます。
第二位は、参加唯一のオール20cmUPエントリー、前半戦からしっかり釣果を積み上げての64cmはお見事でした。
shigeさんでした〜、おめでとうございます。(^^)
第三位は、手堅くキーパーを揃えるも良型に恵まれない中、最後の最後で23cmを入れ替えてジャンプアップ。
今回最も気合の入っていた、saku-37さんでした〜。
おめでとうございます。(^^)
第四位は、26cmのBIG ONEを持ちながら、志低く豆狙いに走った結果入れ替えできずの59cm。
ワタクシ、主催者手のヒラアジでした。(^^;
第五位は、調子の出ない三浦でしっかり釣果をまとめての58cmはお見事でした。
kosk0249さんでした〜、おめでとうございます。
そして、BIG ONE賞はワタクシの26cmということで、これだけは自分を褒めてあげることにします。(^^;

昨シーズンに比べるとやや良型不足の結果となりましたが、その分バトルの中身は大混戦。(^^;
追われる立場にヒヤヒヤした方、追いつけないもどかしさにイライラした方、逆転の入れ替えに雄叫びを上げた方・・・
いつもと違う緊張感の中で、それぞれのバトルを楽しんでいただけたのではないかと思います。(^^;
今シーズンのメバルバトルはこれにて終了となりますが、また来シーズンにも第5回、第6回を予定したいと思います。
是非次回もご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。m(__)m


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ご覧の皆様も非日常的な緊張感の中でバトルを楽しんでみませんか?
「ポチ」して次回は参加ですぞぉ〜。(~o~)

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

0423 第4回 LINE de メバルバトル(vol.1)

2016-05-01 12:51:52 | デカメバ3匹研究会

0423 やってきました、今シーズン二回目となる「第4回 LINE de メバルバトル」です。
「んっ?、何か足りない?」と思った方がいらしたら、はい、それは正解です。(~o~)
そう、「半島対抗」がなくなってしまったのです。T_T
新メンバーが少なかったのと、各半島3名のメンツ割れから、出場対象が減りすぎて団体戦はあえなく中止。T_T
まぁ、本来、参加者全員が入り乱れてのバトルロイヤルですから、団体戦がなくても大会は成立します。
・・・でも、やっぱり各エリアで一律同時に開催できる大会なので、団体戦は団体戦で魅力なんですけどねぇ〜。(^^;
これをご覧の方は、是非次の機会にご参加いただければ幸いです。(^^)

さて、今回の参加者は、ちょっと少な目の13名。
紀伊半島よりTATさん、牡鹿半島よりCommyさん、三浦半島よりかめさん、ぱわぁほ〜るさん、yuyaさん、kosk0429さん、
そして、最大派閥の房総半島からは、saku-37さん、がんじーさん、青服さん、習志野Mさん、jesse-edさん、shigeさん、と主催者手のヒラアジとなりました。(^^)

17:30 開始時間前ではありますが、既にLINEでは各参加者の「獲らぬ狸的」な思惑がチラホラ見えてきます。(~o~)
 磯で一発大物を企む三浦のかめさん。
 同じく三浦では、別の磯でスタンバるyuyaさん。
 人の事は言えない、主催者手のヒラアジでした。(~o~)

18:00 いよいよ「第4回メバルバトル」のスタートです。
日没が遅くなってまだ明るい時間帯ですが、参加者の気合の入ったキャストが目に浮かびますねぇ〜。(^^;
18:07 最初の画像は、4月の転勤で牡鹿半島から参加のCommyさん。
 ノンキーながら知らないポイントでの1匹は嬉しいですよねぇ〜。(^^)
さすがに、30分も経つといい感じの暮れ加減になってきました。
18:26 次の画像は三浦のぱわぁさん、でも、・・・それ違います。(~o~)
 それはメバルとは言いません。(~o~)
 ぱわぁさん、だから、その報告は要りません。(^^;
 南房の磯に入った?習志野Mさんからもグーフー。(^^;


18:53 小一時間経って、いよいよキーパーメバルの画像が飛び込んできます。
 房総のsakuさん、20cmのファーストフィッシュ。
 さすが紀伊半島、TATさんは24cmの良型スタート。
  房総の青服さんはギリキーパーを連発。
 青服さん、更に21cmを釣って、あっという間のリミット達成一番乗り。(@@;

  三浦のkoskさんも18cmを連発。
 房総のshigeさんは20cm。
 ディフェンディングチャンプのぱわぁさん、それ釣ってる場合じゃないですよ。(~o~)
 三浦のyuyaさんも手堅く18cmスタート。
 青服さん、早くも入れ替17cm。
 shigeさんは2匹目となる20cmゲット。

開始から約1時間半、各地でエンジンがかかってきたようですが、少々サイズの伸び悩みが気になるところです。

さて、ここで主催者でもあり参加者でもある、ワタクシ手のヒラアジの本日の作戦を少々。(^^;
何と言っても、この大会で確実に上位に食い込むためには、25cm絡みを3つ揃える・・・これに尽きます。
問題は、先に25cmUPを狙いにいくか?それとも、手堅くキーパーを揃えてから入れ替えを狙うか?
悩んだ結果、今回の作戦は前者を選択。
暗くなる時間帯が下げっ鼻、そこから小一時間が勝負を決する時間帯と読みました。(^^;
磯から始めて、壊れかけた細い堤防の先端、テトラ帯のエンド、ハエ根の効いた堤防外向きと渡り歩き、前半戦で25cm級を確保しようという作戦です。(^^)
・・・で、その作戦はどうなったか?
・・・。
・・・。
・・・。
1時間半で一級ポイントを5ヶ所も流して・・・、ショートバイト1回のみ。T_T
他のメンバーが確実にキーパーを出す中、完全に出遅れとなったのでした。T_T

19:30 開始から1時間半が経ってもノーフィッシュ、他のメンバーは着実にキーパーを上げている・・・。
この状況、メチャクチャ焦るんですよねぇ〜。(^^;
それでも、予定通りに一級ポイントロードの最後の大場所に入ります。
駐車スペースに着くと、何やら隣に見覚えのある車があるじゃないですか。
ここにもいました、「獲らぬ狸」狙いのがんじーさんです。(~o~)
やはりショートバイトのみで、リーダー交換に車に戻ったところとのこと。
魚の気配を確信して、さっそくテトラ帯から足元に広がるハエ根の上を絨毯爆撃、キャスト、キャスト、キャスト・・・。
・・・反応なし。T_T

一旦キャストを止めて、状況を整理してみます。
下げ3分、ベイトは確認できず、南西の風5mで海面はややザワザワ、潮の流れと風の向きが逆行していて二枚潮になっています。
冷静になって考えてみれば、オープンスペースにデカメバルが浮く環境ではありません。
あらためて狙いを変更して、テトラの風下にできる流れのヨレを通してみることにします。
ゴンッ!(@@;
ハンドル停止の重量感!(@@;
ビックリアワセをぐっと堪えて魚が動き出すのを待ちます。
1・・・・・・・2・・・・・・・3・・・・・・・、もの凄く長く感じます。(^^;
ゴゴゴゴゴ・・・・・ゴンッ、ゴンッ、ゴンッ!
「キターーーーーーーーーーーーー!」
1回、2回、3回、テトラの中に突っ込まれそうになるのを、バットで溜めてしのぎ切って無事ゲット。
 房総産とは思えないスパルタンな体型。26cm!!
これ一つじゃ足りないんですが、まずは2時間かけて25cmUPゲット・・・うれしい。(~o~)

さて、開始から2時間経って、他の参加者の状況はというと、
 青服さん、入れ替えで着実にポイントアップ、17cm。
 yuyaさんもキーパー拾って16cm。
ここで、一気にトップに躍り出る良型がエントリーされます。(@@;
 房総のshigeさん、3匹目の20UPでリミットメイク!24cmで暫定トップです。(@@;
  ファーストフィッシュから沈黙のsakuさんもキーパー連発でリミット!
 jesse-edさんも1匹目となる23cm。
 ぱわぁほ〜るさんは相変わらずこんなことやってますが。(~o~)
リミットメイク3人、優勝ラインは65cmUPに引き上げられたところで、大混戦のメバルバトルは後半戦に突入となったのでした。(^^)


後半戦のvol.2へつづく。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 今回はサイズ不足ではありますが、その分バトルは大混戦。「ポチ」して後半戦をお楽しみに。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0416 バチが抜けなきゃ・・・。

2016-04-27 00:09:29 | 今日の釣りネタ

0416 はい、メバルバトルが終了したこのタイミングで、つまらない記事をアップするのは忍びないんですが・・・。
全釣行記事アップの自己縛りのため、やむなくアップしますが、どうかお許しください。
・・・というより、スルーしてください。(^^;

ちなみに、0423の第4回メバルバトルは、またまた熱い戦いが繰り広げられました。(^^)
現在、鋭意記事構想中ですので、しばらくお待ちください。m(__)m

翌週のメバルバトルを控えて、内房のマイポイントにプラに出たいところですが、今日の内房は風ビュービュー。
プラに出てプラにならない・・・結果が見えているので、近所のバチヌケチーバスで釣ったつもりになることにします。(^^;

18:30 自宅から10分、いつのもチーバスポイントに到着。
南西の風が抜けていて、水面がザワザワしています。
おまけに、潮回りが悪くて潮位が低い・・・。
何だかイヤな予感。

まだ暗くなりきらないので、キャストせずに水面に目を凝らしてバチヌケを確認してみます。
・・・。
・・・。
・・・。
「わかんねぇ〜。(~o~)」
水面がザワついてて、とてもバチが泳いでいるかどうかなんて確認できません。
ただ・・・、一回もライズがないので、おそらくバチヌケしていないんだと思われます。T_T

そうは言っても、ルアーをぶらさげて黙って見ているわけにもいかず、とりあえずオープンスペースにキャスト開始です。
・・・。
・・・。
・・・。
「あたらねぇ〜。T_T」
やっぱり、バチヌケしてない時はこんなもんなんでしょうか?
いつも必ず反応のあるエリアを流しているんですが、一回もバイトしてきません。T_T
こうなると、バチヌケを意識したチーバス君は期待できません。
んじゃ、こんな時はどうするかというと、常夜灯のシェードの中へぶち込んでしまうのが正解。(^^)
ところが、風が邪魔してコントロールつかないこと、つかないこと。T_T
・・・チーバスごときでルアーなくしたくないし。

なかなか狙いのシェードに放り込めないでいる中、一瞬風が弱まったのを見計らってライナーでシェード直撃。(^^;
シェードの切れ目をオンザラインにトレースしてくると、やっぱり出てきました。(^^;
ゴンッ!ゴン、ゴン、ゴン、ゴン!(@@;
 反転してのひったくりバイトですが・・・こんな日は釣れればいいんです。(^^;

しばらくやっていると、この風の中フライを振っているアングラーがいるじゃないですかっ!(@@;
こんな風の日でもフライ振ってるのは・・・、そうです、フリーバードさんを置いて他にはいません。(~o~)
「今日はバチが出てないから、ミノーパターンで攻めてます。」
間違えなく私より後から来てるはずなんですが、あっという間に状況判断してしまったようです。
相変わらずフライマンの洞察力には恐れ入ります。(^^;

んで、あっという間に「2つ取った」とかでお帰りあそばされました。
恐れ入ります。m(__)m

私は1時間もやってるのに一つしか取れてません。
くやしいので、あと1本取ったら帰ることにして、キャストを続けます。
ゴンッ!・・・バラシ。
ゴンッ!・・・バラシ。
ゴンッ!・・・バラシ。
「あ゛〜〜〜〜〜っ!ヘタクソッ!」
ショートバイトでもないというのに、3回連続でバラシてしまいます。T_T
ダメな時は何をやってもダメなんですよねぇ〜。T_T

20:00 もう半分惰性でキャストしている状態でしたが、4度目の正直で、合わせるまでもないようなひったくりバイト!
 1時間半かかってようやく二つ目。(^^;
「まだイケる?」
「イケるけど、これで釣れても楽しくないなぁ〜。」
「バチヌケしてなかったってことで、今日のところは2つで許しといてやろう。」
おかしな自問自答と負け惜しみをつぶやきながら、本日の業務はこれにて終了となったのでした。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
バチヌケに浮かれたチーバス狙いなんで、バチヌケしてないと楽しくないんですよねぇ〜。(^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回 半島対抗LINE de メバルバトル開催のお知らせ

2016-04-14 00:20:02 | デカメバ3匹研究会

4月になって桜も咲き、私の天敵スギ花粉もそろそろ下火になってきました。(^^;
2016年もいよいよ『春』の到来です。
昨年と比較すると、だいぶ遅れたここ関東の春メバルでしたが、こうなればもう釣れない言い訳もできなくなってしまいます。(^^;
そこで、またまたやります、「第4回 半島対抗LINE de メバルバトル」のご案内です。
ハードルアー限定で、制限時間内にいかにデカいメバルを3匹揃えるか?
そして、各エリアの上位3名で、この日のメバル最強半島(エリア)を決定しようというのがこの大会です。
短時間で結果を出さなければならないプレッシャーと、LINEを通してリアルタイムで他人の釣果が丸見えとなるプレッシャー。
日頃の釣行では味わえない、独特な緊張感の中で釣りをすることになります。(^^)
また、参加者全員でつながるLINEでは、ボケあり、ツッコミあり、ボヤキありと大賑わい。
釣りをしないでLINEだけ参加してても楽しい大会でもあるのです。(^^;
今回もオープン参加での開催となりますので、初めての方も是非奮ってご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。m(__)m
(このブログをご覧の方は、どなたでもご参加いただけます。)


1.日時
2016年4月23日(土) 18:00〜23:00
*18:00より集合なしで各自スタート、23:00のストップフィッシングまでにLINEに「最終釣果報告」をコメントして終了。
まぁ、ぬるい大会ですので、18:00からスタートしなくても問題ありません。(^^;

2.場所
対象エリア:房総半島、三浦半島、伊豆半島、紀伊半島の陸っぱり(渡船利用は禁止)
*半島ではありませんが、3名参加を条件に「東京湾奥」を追加いたします。
*上記以外のエリア(半島でなくても)も、3名参加を条件にエリア追加いたします。ご相談ください。

3.参加条件
(1)当企画専用のLINEグループに参加いただける方。
*主催者運営の都合上、LINE環境のない方は参加できません。あしからず。m(__)m
(2)上記時間内に対象エリアで釣りを行い、23:00までに「最終釣果報告」をいただける方。
*23:00までにいただく「最終釣果報告」をもって安全確認といたしますので、釣果がなくても必ずご連絡ください。
企画の安全運営の観点から、「最終釣果報告」がない場合は失格となりますのでご注意ください。
(3)未成年の方は、保護者の同行が必須となります。

4.対象魚・ルール
●陸っぱり限定での釣りとなります。(渡船の利用は禁止です)
●プラグ=ハードルアー(ミノー、ペンシル、ポッパー、バイブレーション、メタルジグ等)を利用したルアーフィッシングで釣り上げたメバル3匹の全長合計を競います。
●ワーム、カブラ、サビキ等の使用は禁止です。(アイスジグ系はOKとします)
●フロートリグ、シンカーリグ等のリグの工夫はOKです。
●エントリーする魚は必ずメジャーを当てて画像を撮ってLINEにアップしてください。
●LINEへの画像アップがない場合は、エントリーされません。(魚をキープする必要はありません)
●採寸は口を閉じた状態で下顎の先から尾びれの先端まで(全長)とし、1cm未満切り捨てで整数報告とします。
●エントリーは自己申告ですが、メジャーを当てて撮影する必要があります。撮影に適するメジャーを準備してください。
●エントリー画像は、できる限り鮮明に撮影してください。
●エントリーは、原則として釣り上げから10分以内といたします。
●15cm以上をキーパーとして、途中の入れ替えは何度でもOKです。
●キーパー3匹の全長合計が個人のポイントとなります。
●「最終釣果報告」をもって安全確認といたします。
必ず23:00までに「〇cm、〇cm、〇cmで合計〇〇cm。」をLINEでコメントしてください。
各半島の上位3人のポイント合計で、メバルプラッギング最強半島を決定します。
●もちろん個人戦でも順位を競います。
●3匹の合計が同寸の場合は、最大魚、準最大魚、最小魚の順でサイズが大きい方を優先します。
●3匹のサイズが全て同じ場合は、最初の一匹目(キーパー)のエントリーが早い方を優先します。

5.参加申し込み
まずは、ハンドルネームを入れてこの記事のコメントで参加表明してください。
その際、参加エリアも記載願います。
主催者のキャパシティーの問題から、参加者25名で打ち切りとさせていただきます。
お申込みはお早目にお願いいたします。m(__)m

当ブログの企画に初めてご参加される方>

下記の要領で必要事項をメッセージください。(PCからの送信がスムーズです)

(1)氏名/年齢/性別
(2)参加ハンドルネーム
(3)現行LINEネーム
(4)携帯電話番号
をご案内ください。
メッセージをいただいたら、主催者より携帯電話番号にショートメールを返信いたしますので、「手のヒラアジ」をLINEで友だち登録してください。
後日、当日用のLINEグループに招待いたしますので参加願います。
既にご案内いただいている方はメッセージ送信の必要はありません。

6.ご注意
●参加費はありませんので保険等の加入もありません。各自安全な釣りを心がけ、事故・けがのないよう注意してください。
●万が一当企画中に事故・けが等があった場合でも、当企画では一切の責任を負いません。
●安全のためライフジャケットの着用をお願いいたします。
●ソーラス条約による立ち入り禁止エリアが多くなっております。釣り禁止エリアでの実釣はお控えください。
●車での移動・駐車の際には、交通ルールを守ってください。
●最終釣果報告をもって安全確認といたします。
 必ず23:00までに「〇cm、〇cm、〇cmで合計〇〇cm。」をLINEでコメントしてください。
●資源保護のため、釣果は積極的にリリースしましょう。
●釣り場を汚さないよう心掛けてください。


LINEバトルでは、参加者からリアルタイムに釣果報告されるので、他人の釣果がもの凄〜く刺激になります。(^^;
また、時間内に釣果を出さなければならない「大会」のレギュレーションは、ふだんの釣行では経験できないドキドキな緊張感となります。(~o~)
更に、入れ替え自由の大会ルールは、大まくりあり、滑り込みありの一発逆転誘発ルールです。(^^)
そして、釣果バトル以上に激しい「コメントバトル」「スタンプバトル」も大会を盛り上げてくれます。(~o~)
いつもと違う緊張感を味わう意味でも、また、釣りの仲間を増やす意味でも、皆さま是非とも奮ってご参加お願いいたします。m(__)m


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ リアルタイムのLINEバトルは刺激的な緊張感ですよぉ〜。(^^)
「ポチ」して迷わず参加!ですよ。(^^;

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

0410 バチヌケチーバス手強し。

2016-04-13 00:13:50 | 今日の釣りネタ

0410 土曜日を仕事にとられてしまったので、日曜日は何が何でも釣り。(~o~)
でも、内房に出ても風が強そうだし、何より、日没が遅くなったのでナイトゲームだと実釣時間が短くなってしまいました。
ってことで、近所のバチヌケチーバスでショートバイトを拾う練習となったのでした。(^^;

18:30 もう真っ暗になるのはこんな時間なんですねぇ〜。
 まだちょっと明るいので反応なし。
いよいよ暗くなってくると、水面をスイ〜っと走るバチヌケ君を発見。
しばらく目で追っていると、スィ〜、スィ〜、スィ〜、スィ〜、ジュボッ!(@@;
「おぉ〜、キタ、キタ、始まった。(^^)」
と思ったら、次の瞬間、あっちでもこっちでも、ジュボッ!、ジュボッ!、ジュボッ!、ジュボッ!・・・・凄っ。(@@;
とりあえず、ライズのあった辺りへメバル用の50mmシンペンを放り込むと、間髪入れずにゴンッ!
 とってもイージー。(~o~)
 活性高すぎてひったくりです。(^^;
 もう、1キャスト3バイト。(~o~)

一匹釣れるごとに画像撮ってLINEにアップして・・・なんてやっていると、気が付けば水面いっぱいにバチだらけになってしまいました。
「アチャー、もうこんなになっちゃった。T_T」
こうなるとライズも散発になってきて、表層引きのシンペンはショートバイトの連続となってしまうのです。
しか〜し、今日のテーマはこれ!
このショートバイトをどうやって取るか?ってヤツなのです。
「相手にとって不足なし。」

キャスト、リトリーブ、・・・プルンッ・・・・・・。
まぁ、この「プルンッ」の多いこと、多いこと。(^^;
ショートバイトを取るには、この1回目の「プルンッ」をフッキングに持ち込むか、追わせて連続バイトさせるかとなるわけですが・・・。
ほとんどが1回目の「プルンッ」でおしまい。
ようやく掛けても、ベリーフックにちょい掛かりで、あっという間にバラシてしまいます。T_T
まぁ、そこらじゅうにバチがウヨウヨいるわけですから、一匹のバチを追い続ける必要がないのかもしれません。
更には、こんな状況では、大口開けて吸い込む必要もないのかもしれませんね〜。
 とりあえず追加ですが・・・渋い。
 30分前のアホ食い状態とは大違い。(@@;
 これは追い食い誘発で会心のヒット。(^^)

19:30 ショートバイト拾いに専念して既に1時間。
ルアーをいろいろ変えて反応の違いを見てみます。
カラーの傾向としては、ダークな色は好反応、ギラギラ系は少しバイトが遠のく感じです。
まぁ、順当な結果ですが。(^^;
そして、小粒なフォルムでウェイトのあるシンペンより、少し比重の小さいシンペンが好反応だった気がします。
より水面直下に反応していたということでしょうか?
まぁ、これも順当な結果ですね。(^^;
ってことで、最もバイトが多かったのは「ショアーズ ピットスティック」の赤黒いヤツ。
人間様が見てもバチっぽく見えますからねぇ〜。(~o~)
 こんなヤツ。

結局、1時間半やって6ゲット、6バラシ、バイトは30回以上。
前半のアホ食いタイムはショートバイトでも何でもないので、考えてみればバチヌケチーバスのショートバイトに「完敗」ってことになりますね。(~o~)
バチヌケチーバス・・・手強し、悩まし。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 4月・5月はバチヌケチーバス楽しめます。「ポチ」してシンペン持ってお出掛けください。(^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0402 桜咲きメバル浮く。

2016-04-08 00:13:06 | デカメバ3匹研究会

0402 釣れねぇ〜、釣れねぇ〜とブーたれていたら、もう4月になってしまいました。
桜も咲いたので、いい加減に良型メバルに浮いてほしいものです。
今週はド干潮の夕まずめなので、少し遅めの出発で潮位のある深夜ロードとなったのでした。(^^;

21:00 ちょっと遅めのポイント到着。
まずは、エントリーしやすい堤防先端の常夜灯ポイント。
先行のエサ師もメバル狙いとのことでしたが、日中風が当ったのか、かなりの濁りでメバルの気配がありません。
・・・次。

21:30 漁港内の明るい常夜灯ポイント、狭い場所ですが既に先行者が3人もやってます。(@@;
ひとまずパスして、同じ漁港内の堤防ポイント。
またもや同業の先行者が3人。T_T
端の方で少しだけやってみましたが、いつもの通りノーバイト。
・・・次。

22:00 てっとり早く、いつもの癒しポイントでお豆さんを狙ってしまいます。(~o~)
まだバイトもないので、いきなりショアーズストリーマーで係留船のシェード打ち。 ←相変わらず志が低い。(^^;
ここ数週間、このポイントだけは既に春が訪れています。・・・豆ですが。
ところが、本気モードでギリギリなポイントにルアーを放り込んでいるのですが、何の反応もありません。???
30分粘って超ショートバイト1回きり。T_T
「んっ?お豆さんまで出て行っちゃったのかなぁ?」
ポイントに到着した時に、青服さんとsaku-37さんの車があるのをチェックしていたので、電話をかけてみます。
「〇〇にいる?」
「やってますよぉ〜。」
「港内やっても全然バイトないんですけど。」
「船道でやってます。ポツポツ出てます。」
・・・やっぱり。

さっそく合流すると、お二人も同じ道をたどって船道にたどり着いたようです。(^^;
しばらくバイトがありませんでしたが、saku-37さんが1匹上げたところにすり寄っていくと・・・。
 キター!豆ですが。(^^;
 またキター!やっぱり豆ですが。(^^;
 三連発〜!釣れればいいんです。(~o~)
更に二つ釣って五連発。(@@;
どうやら、ワンダー45のカラーとフォールのパターンがドはまりしてしまったようです。
さっきからやってた青服さんとsaku-37さんを差し置いて、私のワンダーだけが大爆裂。(^^;
その後もフルキャストのテンションフォールパターンでポツポツ追加していきます。
 やっとまともなサイズ、21cm。(^^)
 これも20cm。
途中、一回だけ掛った瞬間に緩めのドラグをすべらせたヤツがいましたが、これは惜しくもバラシ。T_T
それでも、1時間半ほどで浮いたメバルばかりを9つゲット。(^^)
今シーズン初めて、メバルのミノーイングらしい釣りができたのかもしれません。(^^;

24:00 バイトが遠のいたので、青服さん、saku-37さんと別れて深夜ロードに繰り出します。
1人2人しか入れない堤防先端の小場所。
こんな時間なのに同業者がいますが、さっぱりバイトがないそうです。・・・次。
常夜灯のある漁港のスロープポイント。・・・まるで反応なし。
係留船のシェードにも放り込んでみますが、・・・やっぱり反応なし。

25:00 何ヶ所かランガンして、風裏漁港の港口。
港口から港内につながる船道のかけあがりを通すと、ゴッ、ゴゴッ、ゴゴン!(@@;
「キターーーーーーー!」
 ランガンして見つけた虎の子の一匹。21cm。(^^)
一つ取れたので、満足できました。

25:30 帰り道、お豆ポイントの前を素通りするわけにもいかず、また立ち寄ってしまう悪い癖。(~o~)
まだやってそうなjesse-edさんと連絡を取って、二人並んでお豆退治にいそしみます。
私はワンダー45、ショアーズストリーマー、ICサージャーでポツリポツリですが、jesse-edさんはJHワームじゃなかろうかと思うほど連発しています。(@@;
「何投げてますの?」
「これ、ジャクソンのソリッドミノーリップレス。」
「リップレスって、それリップ折れただけでしょ。 しかも廃版ルアーだし。(~o~)」
おかしなルアー投げてますが、見かけによらずホントに凄い。(~o~)
 私はワンダー45が当りでした。(^^)


26:30 一時間近くお豆ポイントに張り付いていましたが、何を投げてもjesse-edさんのソリッドミノーにはかなわず。T_T
50オヤジの電池も切れてきたところで、久々の深夜ロードとなった本日の夜会もお開きとなったのでした。(^^;

2月から、まだかまだかと通い続けた内房ですが、桜も咲いてようやくメバルも浮き始めたようです。(^^)
まだ、デカメバルがあちこちに浮いている感じではありませんが、これから水温が上がるにつれて楽しいゲームが期待できそうです。(^^;
次回こそ、「デカメバ3匹研究会」らしく、25cmUPを3匹揃えといきたいところです。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ついに内房も上向いて来ました。「ポチ」一つして、デカメバ狙いに繰り出しましょー。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0327 意地でも釣り。

2016-04-06 23:06:11 | 今日の釣りネタ

0327 珍しく家族旅行です。
ジジババ付きは年に一度くらいやってますが、家族4人で行く旅行なんて3年ぶりくらいでしょうか?
この春、次男が高校生になったので「もうついて来ることもないだろう」ってことで、かみさんのリクエストでした。(^^;
かみさん主催みたいなもんなので、行先も宿も観光も全てかみさん任せ。
直前になって「ところでどこ行くの?」と聞いてみると、初日は富山県の山間の温泉、二日目は福井県の港の目の前。
「んっ?港の目の前なの?フフフフ・・・・。」
今回は新幹線利用の旅行なので、いつもの釣道具は持って行けませんが、何やら良からぬ企みが浮かんでくるのでした。(~o~)

前の週、いつものように市内の魔界ロードに出てみると、こんなのが目に入ってきました。
 格安のパックロッド見つけました。
 その名も「きわきわ150」

仕舞寸法41cm、はい買った〜。(~o~)

家族旅行の二日目、晩飯前の17:00に宿に到着。
晩飯は18:30からなので、ちょっとタバコを買いにレンタカーを港まで走らせます。(~o~)
まずは情報収集から。
地元風のエサ師にすり寄っていろいろ聞いてしまいます。(^^;
「あ〜、ルアーならあっちの角でアジングする人がいっぱいいますよ。」
「ここ2〜3日は沖にイルカが入ったので、でかいアジが港内に逃げ込んでるみたいですよ。」
いろいろありがとうございました。m(__)m
ちなみに、「でかいアジ」ってのはどのくらいか聞いてみると、
「釣れれば35〜40cmくらいはあるはずですよ。」
ひょぇ〜〜〜〜〜!(@@;

20:00 だらだら運ばれてくる宿の晩飯にイライラしながらも、無事食事を終えていざお散歩宣言です。(~o~)
先ほど教えてもらった漁港の角に行ってみると、なるほどアジング風のアングラーが2〜3人。
常夜灯の少ないこの港では、車を岸壁にベタ付けして車のライトで水面を照らしてしまうのが通例のようです。
ところ変われば釣り方も変わる。(^^;
既に2台分のライトが水面を照らしているので、明かりは借りパチで始めさせてもらいます。(^^;
ポツリポツリとライズが出ているので、まずは小さ目のシンペンで表層をチェック。
・・・。
・・・。
反応なし。
ところが、ポツリポツリだったライズがだんだん増えてくるじゃないですかっ!(@@;
事前情報がインプットされているので、もうライズの主は尺アジにしか見えません。(~o~)
「この『きわきわ150』で尺アジ食っちゃったらどうなっちゃうんだろう?」
我ながら、獲らぬ狸も甚だしい。(~o~)
JHワームに変える前に、どうしてもライズの主をミノーで仕留めてやりたいものです。
Beat Eatに変えて引き波作戦。
コッ!(@@;
「おっ!今バイトあった!」
もう『尺アジ釣れたらどうしよう』が頭の中を渦巻いて、心臓がバクバクしてきました。(^^;
ゴッ!ゴゴンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーーー!」
ゴン、ゴン、ゴン、ゴン。
「んっ?何か小さい感じ。」
ゴゴン、ゴゴン、パチャパチャ!(@@;
「尺アジが跳ねた?」
 良くある話、こんなヤツでした。(~o~)

まぁ、考えてみれば辺り一面で尺アジがライズしてる・・・なんてことはあるはずがないわけで。(^^;
ひとまず、冷静になってJHワームに切り替えてみます。
・・・。
・・・。
・・・。
ま〜ったくアタリなし。T_T

そうこうしていると、先行のアジンガーが何かを釣り上げます。
見せていただくと、20cmちょっとのアジ。
尺アジとは程遠いサイズですが、ちゃんとアジはいるようです。(^^;
そして、そのアジンガーさんは二つ目、三つ目とポツリポツリとアジを連釣していきます。(@@;
「いやぁ〜、上手ですねぇ〜、私は全然アタリないですよ。(^^;」
「そうですか、ここのアジはシブいんですよ。0.6gくらいでボトムとらないと食ってくれませんよ。」
「へぇ〜、でも、さっきエサ師に聞いたら尺アジが入ってるって教えていただきました。」
「ははっ、そういうこともありますが、いつもはこんな感じですよ。」
ありがちな、あるある話ってヤツですね〜。(~o~)

それにしても、このアジンガーさんかなり上手なようで、更に20cm級のアジを連釣していきます。
私は・・・一番軽いJHでも1.5g、言われた通りホントに何にもアタリません。T_T

「あ〜、バイトがなくなってきましたね〜、群れが行っちゃったみたいです。」
「地元なんで、今日はこの辺で上がりますわ。」
アジンガーさんがいなくなると車のライトもなくなっちゃうわけで、郷に入れば郷に従えとレンタカーのライトを付けてみます。(^^;
・・・。
・・・。
・・・。
まるでバイトなし。
JHのウェイトのせいにしたいところですが、はい、私のウデが悪いだけです。T_T

そして、かみさんよりLINE着信。
『いい加減にしないと、風呂の時間終わっちゃうよ!』
『すいません、すぐ戻ります。』

以上、「きわきわ150」まで手配して意地でも釣りしてみましたが、セイゴ一匹、アジノーバイトに終わった旅行先のできごとだったのでした。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 「きわきわ150」いいでしょぉ〜?(~o~) 
とっても魅力に思った方は「ポチ」一つお願いします。(~o~)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加