手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0814 房総メッキ大凶作?

2016-08-22 23:56:01 | 2016今日のメッキ

0814 恒例のお盆休み二度目の出撃です。
・・・が、あまりの不調さ加減に、楽しいサイトフィッシングができる期待感がまるでありません。T_T
今年の房総メッキ、どうしたんだい~、ヘヘイベィビィ~。
ここまで不調が続くと、人間様も壊れぎみです。
でも、出撃を取りやめるか?と言われるとそうでもない。(~o~)
既に顔と腕はサラリーマンの肌色を超越してしまいましたが、今週もまだ見ぬメッキの大群を夢見て、ピーカンの房総ロードへいざ出撃でした。(^^;

07:00 危うく海水浴渋滞に捕まるところでしたが、ギリギリセーフでいつもの時間にポイント到着。
いつもの時間に到着して、いつものようにスロープを打ってみますが、これまたいつものようにメッキの姿すら見られません。
どうしたんだい、ヘヘィベィビィ~。T_T

08:00 今シーズンまだ叩いていないポイントばかりを2~3ヶ所回ってみますが、海水浴客と釣り客が満員御礼で車を停めるスペースすら見つかりません。T_T
まともに釣りをさせてもらえないまま、いつもの小河川ポイント。
相変わらず釣れないサイズは2~3匹で追ってきますが、20mmのルアーを使っても敵う相手ではありません。T_T
房総に黒潮が接岸しているというのに・・・
どうしたんだい~、ヘヘィベィビィ~。・・・だいぶやられてます。T_T
メッキの代わりにルアーに飛び付いたのは、いつものヤマトカマスかと思いきや、見たこともないほどベィビィなバラクーダでした。(~o~)
 こんなサイズで流れて来るんですねぇ~。(^^)

09:00 いつもの小河川ポイント。
既に干潮を過ぎて河川内に潮が流れ込んでいます。
ストラクチャー周りのはぐれメッキ狙いでポイントを流して行くと、単独チェイスのメッキがいくつか出てきました。(^^)
ところが、今日はなかなか掛らない。
5回も追ったのに、3回も掛け損なって結局1匹。T_T
 ここで取れないと後が厳しくなりそうです。T_T

10:00 しばらくご無沙汰していた河川ポイントに入ってみます。
大小様々なサイズのイナッコが、鼻上げしないで泳ぎ回っています。
こんな状況は、メッキに限らずあらゆる魚の活性が高い証拠なのですが、果たしてメッキは入っているのか?
ポイントを移動しながら15分ほどキャストしたところで、ようやく豆メッキのチェイスを確認です。
「いないことはない・・・みたい。」
ルアーをローテーションしながら更に15分、フルキャストの先でコンッ!(@@;
 粘った甲斐あって1ゲット。
やった、やった、やった~~~。・・・壊れてる自覚あります。(^^)

12:00 何ヶ所か回りましたが、やっぱり今年の実績ポイント以外ではメッキを見かけることすらありません。T_T

14:00 出撃中のkichomenさんと合流して、あてもなく南房方面へフラフラと・・・
確か、今シーズンjesee-edさんが一つ釣っているはずのスロープ。
・・・一つ釣れてれば立派な実績ポイントです。(~o~)
30mmミノーでスロープを打っていくと、15cm級のセイゴ君がメチャメチャ高活性のようで、10匹くらいで猛チェイスしてきます。
ここまで釣れないロードを続けていると、ルアーを追う魚は漏れなく釣ってやろうということになるのですが・・・。
足元のピックアップ際、さすがのセイゴ君もルアーが水際までくるとあきらめて帰っていきますが、その帰り際!
シュシュッと小さなRでヘアピンを描きながら帰っていくヤツがいます。(@@;
「お~~~っと、メッキいたっ!」
セイゴの群れに紛れているパターンです。

次の一撃で仕留めるつもりで、ルアーを20mmのジグミノーに変更します。
次のキャスト、重要なのは本気チェイスさせながらも、セイゴに追い付かせてはいけないってこと。(^^;
ルアーを小さくしたので、セイゴ君のチェイスは更に激しくなりますが、
ぎりぎりセイゴが追い付けない速度でトゥイッチ、トゥイッチ、トゥイッチ。
チュボッ!(@@;
 バッテリーはビンビンだぜぇ~~~~!
・・・釣れても釣れなくても、人間様は壊れてます。(~o~)

・・・でしたが、せっかく繰り出した南房もこれっきり。T_T
台風の荒れ後でどこの漁港も港内がニゴニゴ、赤潮発生でドブ臭くなった港まである始末です。
kichomenさんと暗くなるまで回りましたが、メッキどころか外道すら追加できず。T_T
もう、盆休みも終わるというのに・・・
相変わらず一日回って2~3匹とは・・・
このまま2016年の房総メッキは大凶作となってしまうのでしょうか?
次に控えている台風に期待しながら(不謹慎ですが)、本日の業務終了となったのでした。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 台風がメッキを連れてくる?ちょっとだけ期待してます。(^^;

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

0811 やっぱりメッキいねぇ~。T_T

2016-08-15 17:44:49 | 2016今日のメッキ

0811 今年もお盆休みに突入しました。
・・・が、例年なら豆メッキのチェイスを目で追いながらサイトゲームを思いっきり楽しんでいるはずなのに・・・、
今年はメッキの接岸遅れから、一日中探し回ってもそんなシーンに出会うことすら稀な状況です。T_T
それでも、「昨日来たかも?」「今日来たかも?」「さっき来たかも?」に淡い期待を込めながら、いつもの房総ロードへ出撃でした。

07:30 いつものポイントからスタートすると、既に青服さんがまったりな感じでキャストしています。(^^;
案の定、メッキのチェイスすらなしとのこと。
次にテトラ帯を攻めるという青服さんでしたが、今回からサンダル履きにしてしまった私はテトラを諦めて別のポイントへ回ります。

09:00 2~3ヶ所スカって、小河川の河口ポイント。
今シーズン仲間内でも何匹か出ているポイントなのですが、毎週立ち寄っても私にはちっとも順番が巡ってきません。T_T
潮位はそこそこ、イナッコが群れていて魚っ気もあります。
最初のキャスト、シャローを通した30mmミノーの後で5~6匹のメッキが本気チェイスしています。(@@;
「食え、食え、食え~~~っ!」
コッ!・・・
「あ゛~~~~~、ミスバイトしやがった。T_T」

次のキャスト、一匹減った群れがもう一度チェイスしてきますが、今度はヤル気のないチェイス。T_T
今シーズンは、魚がいてもこんなのばっかりです。T_T

09:30 潮位があるので、いつもは立ち寄らない小河川の中をチェックしてみます。
30cmもないような流芯ですが、一番深いところをなぞるようにトレースすると、いました、いました!
ゾロゾロゾロ~~~~。
今シーズン初めて見る20匹以上の群れですが・・・、ぜ~んぶ5cm以下の超お豆さん。(~o~)
いくら私でも、これを釣るのはム~リ~。(~o~)
釣れるようになるにはあと一ヶ月かかりそうですが、それまでは大事に見守っておきましょう。(^^)

10:00 数日前に干潮の検証をした小河川ポイント。
今日は満潮前で潮位が高いので、群れを探すというより居残りを拾うような釣りになります。
ド干潮の時にチェックしておいた川底のストラクチャー周りを順番に叩いていくと、
コンッ!(@@;
 居残りのはぐれメッキ、単独チェイスなので食わせるのは至難の業。(^^;
プルンッ!(@@;
 川底に転がっているはずの大石周りから出てきました。
最下流の深みで居残りをやっつけたあとは、数日前の検証の続きとなります。(^^)
今度は、潮位のある時は群れが上流に上っているかどうか?です。
30mmミノーを川幅いっぱいにフルキャストしながら、5m刻みに上流に上ってくと・・・、出てきました。
ポイントは絞りきれず飛び飛びですが、河口からずいぶん上ったところで3回の群れチェイス。(@@;
 その内一回をモノにして一つゲットでした。(^^)
魚の行動が一つ想定できるようになると、それに関連した次の狙いもできてきます。
まだまだ、メッキの行動はわからないことだらけ。
機会があれば、また他の検証もやってみることにします。(^^)

~~~ 迷走中 ~~~ 迷走中 ~~~ 迷走中 ~~~

17:00 散々ポイントロードしましたが、釣れないサイズの豆メッキしか見つかりません。T_T
思い当たるポイントもなくなってきたので、かろうじてメッキが確認できる漁港の長~いスロープを端から端まで叩いてみます。
5m刻みでブレイクラインの先まで投げて、スロープに乗ったところまでに意識を集中します。
2回に一回は1~2匹の超マイクロ君が追ってきますが、フッキングするはずもなく既に長いスロープも終わりかけ。
護岸際に投げた最後のキャストに、ギリギリ釣れそうな3匹がチェイスしました。
コンッ!(@@;
「やった、やった、やった~、満足。(^^;」
 執念の一匹追加、どんな満足感やら。(~o~)

もう8月も中旬だというのに、一日中探し回っても3~4匹釣るのがやっと。
今シーズンはこんな状態で終わってしまうのではないかと、ゾッとしっぱなしの今日この頃です。T_T
まぁ、唯一の期待感は、8月に入って黒潮が接岸傾向にあるってことくらいでしょうか。
 この潮に乗っかって大挙して押し寄せて欲しいものですなぁ~。

「デカイの釣れてくれ」なんて贅沢は言いません。
今年のメッキがいつも通りに房総に来てくれればそれでいいんです。
2016年生まれのメッキちゃん、今からでもいいんだよ、南紀にも伊豆にも寄り道しないでまっすぐ房総へおいで。
房総良いとこ一度はおいで~♪、酒は美味いしねーちゃんはきれいだ~。♪
少々壊れぎみかも?(~o~)
次回に期待しましょう。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 今年のメッキが無事に房総へたどり着けるよう、「ポチ」してお祈りお願いします。(~o~)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

0806 DNAの仮説と検証

2016-08-15 11:00:37 | 2016今日のメッキ

0806 メッキ開幕宣言はしたものの、今年の房総はメッキの接岸がかなり遅れています。
一日中探し回って2つか3つ、しかもかなり特殊な釣り方をしないと釣れないくらい小っちゃいヤツばかり・・・。
あらためて、開幕宣言がちょっと早すぎたかなぁと反省しております。(~o~)
そうは言っても、しっかり探せばメッキはいるわけで、メッキがいれば釣りに行かない理由がないわけです。(~o~)
まぁ、厳しいのは承知の上で、今週もいつもの房総ロードへいざ出撃でした。(^^)

07:00 いつものポイントからスタート。
潮位があってスロープにもしっかり水が被っていて、そこそこゴミも浮いていて、ベイトもチラホラ。
これ以上ない好条件なんですが・・・、肝心のメッキがいません。T_T
やっぱり、まだ群れが接岸してないんですよねぇ~。
・・・もう8月上旬だと言うのに。

07:30 海水浴客が押し寄せる前に、公園の駐車場に車を入れて、潮位のあるドブを打ってみます。
前回も釣れたポイントなので、メッキがいることはわかっているのですが、潮位のある状況ではどうなるのか?
・・・グーフーの猛攻を受けて敢え無く退散でした。(~o~)

~~~ ポイントチェック ~~~ ポイントチェック ~~~

そう、釣りをしているわけではなく、ポイントチェックをしているだけなのです。
接岸遅れとは言っても、昨日、今日、さっき到着したメッキもいるんじゃないか?
そんなフレッシュランを見つけるためのポイントチェックをしているんです。
自分への言い訳・・・むなしい。T_T

10:30 2時間以上も探し回ってメッキの姿すら見られないと、自然と実績ポイントに足が向いてしまいます。(^^;
他にあてもないので、今日は干潮のドブでメッキの移動をじっくり検証してみることにしました。

これまでの釣果を潮時プロットすると、水深の浅い小河川では干潮前後の最下流に釣果が集中しています。
あくまでも、経験から染みついているポイント選定・潮時選定ではありますが、この傾向は仲間内でも共通しています。
それでは、なぜド干潮の最下流にメッキが集まるのか?
考えやすい仮説は、「ベイトが移動するから」というもの。
ド干潮の溜り水に、水面を覆い尽くすようなイナッコの群れがいるのは、よく見かける光景です。
そういうベイトの移動に吊られてメッキも移動すると考えるのは順当とも言えます。
しかし、河口が開いていて溜り水にならないような小河川でも、干潮に下流に集まるメッキの行動は共通していたりするのです。
そこで、こんな仮説を立ててみました。
そもそも汽水が好きで河川に入り込む習性があるメッキは、汽水に向かう本能を持っていることになります。
「走汽水性」とでも言うのでしょうか?・・・そんな単語はググっても出てきませんが。(^^;
これは本能による行動なので、DNAに刻まれて脈々と累代されている遺伝的性質と言えます。
しかし、汽水は潮位の変化によって干上がってしまう可能性があるわけで、汽水を好む魚にとっては危険な場所でもあるわけです。
その危険性を回避しながらDNAを累代するには、「干上がるような場所に長く居続けない」本能行動が必要になるのでは?と考えてみました。
こう考えると、ド干潮には最下流に降りてくるというメッキの本能行動が、アングラーにとって一つの「狙い」になりうると考えたわけです。
・・・まぁ、汽水を好むベイトも同じ行動をしているんですけどね。(^^;

ド干潮の二時間前、ポイント入りして投げずに干潮を待てるわけもなく、とりあえず目の前にキャストしてしまいます。(~o~)
コンッ!(@@;
 いきなり釣れてしまいました。(^^;
干潮前で降りてきた魚なのか?、それともここに居残っていた魚なのか?、検証と考察には都合が悪いので忘れることにします。(~o~)

11:00 15分に一回くらいのペースで、目の前の最下流の深みを叩いてみますが、さっきの出会い頭を除いてチェイスもバイトもありません。
他にすることもないので、仲間のLINEに「干潮待ち」「必ず来る~~~」とコメントを入れると、貞子だとバカにされます。(~o~)
 貞子ちゃうわ!(~o~)

11:30 潮時のド干潮の30分前ですが、ついにソコリとなってこれ以上水際が引かなくなりました。
河川内の魚が感じている「ド干潮」はこのタイミングのはずです。
15分間隔の定期観測で、イナッコの群れの中に20mmのジグミノーを放り込むと、プルンッ!(@@;
 キターーーーッ!
とんでもなくお豆なヤツが釣れてしまいましたが、これが狙いの行動とリンクしているかどうか何とも言えないところです。
まぁ、既定サイズ以下ということで、これも忘れることにします。(~o~)

11:45 降りてくるとしたら、目の前のポイントの最も上流側で最初に釣れるはずです。
(実は、この時、到着したての青服さんが最下流に入っていたのです。)
上流側の水際に立って、今度はちゃんと?30mmのミノーで流芯の深みを狙います。
着水直後のトゥイッチで、コンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーーーッ!」
 ホントに来ました、メッキが降りてきたんです。(@@;
画像撮ってバケツに一時キープして、もう一度流芯の深みにキャスト、コンッ!(@@;
「もう一丁キターーーーーーーッ!」
 いやぁ~、これは間違えなく降りてきてます。(@@;
更に、最下流でやっていた青服さんも上流側に合流して一匹。

メッキの本能行動かどうかは別としても、このタイミングでメッキの群れが上流側から降りてきたのは間違えありません。
なぜそう言い切れるかというと、一匹目が釣れたタイミングで青服さんが最下流でやっていましたが、チェイスもバイトもなかったとのこと。
ところが、上流側で二人で3連発して最下流に移動したら、二人ともチェイスが頻発したのです。(@@;
・・・二人して掛けそこねましたが。T_T

これが摂餌目的によらない本能行動かどうか?
そんなことは、これ以上いくら検証してもハッキリするわけではありません。
でも、新たな視点がこれまでと違う狙いを生み出すとしたら、アングラーにとって仮説と検証は意味のあるものになるかもしれませんね~。(^^)

18:00 干潮のドブではいい釣りをしたつもりでしたが、それ以降は何事もなくいつものダメダメロードに逆戻り。T_T
いよいよメッキを諦め・・・たわけではないのですが、夕まずめの回遊ポイントでショゴを狙っている自分がいたりするわけです。(~o~)
 まぁ、釣れれば嬉しい。(^^)
 今年はショゴも貴重な釣果ですから。(~o~)

一日中ロードして、豆メッキ4つ。
でも、この4匹のメッキは今後の自分の釣りに大きく影響する4匹と信じて、本日の房総ロードを終了したのでした。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。このバナーを「ポチ」として応援お願いしまーす。m(__)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0803 房総メッキ開幕宣言!

2016-08-08 22:47:53 | 2016今日のメッキ

0803 水曜日ですが、有休消化でお休みです。(^^;
7月上旬に一番メッキを釣って以来、チラッと見かけることはあっても、釣れそうな魚にはさっぱり出会えません。
そうこうしているうちにもう8月、あらためて臭いポイントを総流しするつもりで、平日の房総ロードへいざ出撃でした。(^^)

07:30 ショゴの様子もうかがいながらのスロープポイント。
ポッパーを投げたいのをグッとこらえて、まずはマイクロミノーで長いスロープを一流し。
2~3キャストしたところで、久々のメッキチェイスです!(@@;
・・・が、30mmミノーでもムリっぽい超マイクロ君。
「早く大きくなってくれよぉ~。(^^)」
ショゴもお留守のようなので、次。

08:00 ベイトっ気があるので、ちょっと寄り道でセイゴ狙い。(^^;
スロープのブレイクライン先で、サスペンドミノーをトゥイッチしてロングポーズを入れると、ゴンッ!(@@;
 狙い通りに出ると相手は何であれ嬉しいものです。(^^)

08:30 干潮前の小河川ポイント。
例年、早い時期にマイクロメッキが入るポイントですが、今年はまだメッキを見かけていません。
残り水の溜まりに30mmミノーを放り込むと、チェイス、チェイス、チェイス!(@@;
「おぉぉぉ~~~!キタ、キタ、キターーーー!」
いきなり10cm↓の超マイクロメッキが5~6匹で追ってきました。(@@;
本気で
ルアーを追うメッキを見たのは、今シーズン初めてかもしれません。(^^;
しかし・・・、ルアーに絡むところまではいきましたが、バイトには持ち込めず。
「いやぁ~、小っちゃかったなぁ~、次で掛けないとスレちゃいそうだなぁ~。」
どうしても取りたいので、次のキャストはマイクロ君対策に作った20mmのジグミノーに変更します。
 マイクロ対策で作ったこんなヤツです。(^^;
あまりにも小さくてアクションしないので、ロッドをビブラートさせて水面直下を走らせます。
「またキターーーー!」
同じ群れがもう一度チェイス、何とかバイトに持ち込もうと、更にロッドアクションを入れたところで、コンッ!(@@;
超マイクロ君の下からちょっとお兄さんサイズが出てきてひったくっていきました。(^^)
 ヤッター、やっぱりメッキはサイトに限る。(~o~)

画像を撮って一時キープして、二匹目のどじょうを狙います。
先ほどと同じコースへもう一度。
チェイス、チェイス、チェイス!(@@;
そして、再びコンッ!
 いやぁ~、小さくてもやっぱメッキのヒットシーンは最高!(^^)

さすがに5~6匹の群れはスレてしまいましたが、別のコースへキャストするともう一群れ出てきました。
今度はチェイスした超マイクロ君がそのまま、コンッ!
 これは小さ~~~い。(~o~)
反則ギリギリのルアーですが、いいんです、楽しくメッキが釣れれば。(~o~)

09:00 上機嫌のまま隣の漁港。
干潮でほとんど干上がってますが、ドブの払い出しに30mmミノーを通すと、またもやメッキのチェイス!(@@;
あまりにも浅すぎて、2回チェイスしておしまいでした。
でも、なんだかあちこちでメッキが見られるようになってきました。(^^)
まだ数釣りできる状況ではありませんが、ひとまず、2016年の房総メッキ開幕宣言としておきましょう。(^^)

09:30 そのまま漁港の最奥へ移動して、今度はショゴを探してみます。
いた、いた、いました。(^^)
港の真ん中にちょうど10匹の群れがボラになって浮いてます。
ぶらさがっていた30mmミノーをフルキャスト、ピピピッとアクションを入れると群れごとすっ飛んできました。(@@;
ゴンッ!
 朝から狙い通り連発で、出来すぎ~。(^^)
次のキャスト・・・さすが毎日叩かれているヤツらだけあって、もうチラ見するだけです。
さて、次はどう攻めようか?
まだ浮いているので、シンペンのテロテロトゥイッチで攻めてみます。
 これ、意外と効くんですよぉ~。(^^)
さすがに、二つ取るともう群れが沈んで見えなくなってしまいました。
こうなったらワインドの出番です。(^^)
 ボトムまで沈めたワインドのアクションで、まんまと一つ追加でした。(^^)

さて、ここまでは順調すぎるほど狙い通りが続いていたのですが・・・
エリアを変えたら、とんでもないことになりました。T_T
濁って生臭い水、漁港一面のゴミ、ベイトっ気まるでなし、きびしぃ~~~。T_T
夕まずめまで粘ってみたものの、マイクロセイゴがいくつか釣れただけ。
まぁ、今日の釣りは09時までってことにしておきましょう。(~o~)
なにより、房総メッキ開幕です。
今シーズンも思いっきり楽しんじゃいましょー。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 2016年の房総メッキ、いよいよ始まりました。「ポチ」して開幕をお祝いしましょー。(^^)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

0723 ショゴいねぇ~2回分。T_T

2016-08-05 00:07:54 | 今日の釣りネタ

0723 ショゴバトル関連で4つも記事アップしたら、それ以降めんどくさくなってまたおサボリでした。(^^;
7月にポツンと一番メッキが釣れたものの、それ以来、仲間内でもメッキの目撃情報すらありません。
メッキが到着するまでは・・・やっぱりショゴを狙うしかないですね。(^^;
ってことで、いつものように、メッキの様子をうかがいながらのショゴロードとなったのでした。(^^)

07:30 朝一で前週のショゴポイントに入ってみましたが、な~んにも反応なし。
やっぱり、ショゴバトルの釣果はまぐれ当りだったのかもしれませんね~。(^^;

18:00 この時期、スロープからセイゴとチンチンが狙えるポイント。
まずはポッパーでシャローのチンチンを狙います。
ポコ、ポコ、ポコ、・・・モヤモヤ・・・パチャ!(@@;
「おぉ~、出たっ!・・・けど乗らない~~~。」
「うぅ~、また出た!・・・けどやっぱり乗らない。」
「あ゛~、どうしてコイツらフック咥えてくれないの・・・。T_T」
釣れれば嬉しいターゲットなんですが、精神衛生的にはうかつに狙わない方がいいかもです。(~o~)
チンチンポッピングは3バイトで諦めて、自作のミノーでセイゴを狙います。
プルッ!(@@;
 30mmミノー投げればこうなりますよね。(^^;

~~~ 中略 ~~~ 中略 ~~~ 中着 ~~~ 

13:30 エリアを変えて、ショゴ着きの係留船周り。
ポッパーで様子をうかがっても、レンジを下げてミノーで探ってみても、ま~ったく反応なし。
でも、そんな時は・・・やっぱ、ボトムまで落としてワインドでしょ。(^^;
 ようやく出ました。本日の一匹目。(~o~)

~~~ 更に中略 ~~~ 更に中略 ~~~

15:30 漁港の奥まったポイントで、ヘチ着きのショゴを狙ってみます。
もう、魚が見えないのでワインドでしか釣れる気がしません。
ヘチ打ちで漁港をグルリと一周するほど叩いたところで、ようやく2匹のショゴがチェイス!
 激しいアクションでその気にさせて何とかゲットでした。(^^;

~~~ またもや中略 ~~~ またもや中略 ~~~

18:00 何ヶ所か回りましたが、この日はどこへ行っても魚っ気のない漁港ばかり。T_T
仕方なく、先ほど一匹だけショゴが釣れた港に舞い戻って、トワイライトポッパータイムです。(^^)
ポコ、ポコポコ、ポコ、ポコポコ・・・バシャ!(@@;
「よし出たっ!乗った!・・・かな?」
 水面を割って出たのは・・・お呼びでないヤツでした。T_T
以上、0723のダメダメなショゴ沈釣行でした。T_T


0730 この時期は、懲りもせず毎週出撃なんです。(この時期だけじゃないんですが。(~o~))
先週と同じコースでショゴ・メッキロードをスタートします。
最初のポイントは・・・いつもの通りスカ。
いよいよ、ショゴバトルの釣果は、神憑り的なまぐれ当りってことになってきますね。(^^;

08:30 精神衛生的に悪いのはわかっていても、ここに来るとやってしまいます。
そう、チンチンポッピング。(^^;
ポコ、ポコ、ポコ・・・モヤモヤ~~~。
「ほら、出ろっ!そら、食えっ!・・・あ゛~~~。T_T」
何をどうしたらフッキング率を高めることができるのでしょう?
どなたかレクチャーしてください。m(__)m
気を取り直して、スロープからサスペンドミノーでセイゴ狙い。
ゴンッ!(@@;
「キターーーー!狙いすました一発!・・・んっ?じゃないの?」
 狙うと釣れない、狙わないと釣れる、天邪鬼君でした。(~o~)

~~~ ま~ったく釣れない ~~~ ま~ったく釣れない ~~~

15:00 結局、先週釣れたポイントで、先週釣れたような釣り方をしているワタシ・・・我ながら志が低い。T_T
ところが、先週と違うのは、そこそこベイトっ気があること。
・・・で、足元までワインドしたルアーにグリングリン絡んで来たのは、珍しいことにイトヒキアジ!(@@;
確かに、ヤツらはワインドのような縦アクションのフェチではあるんですが、今日の絡み方は半端じゃないほど。(~o~)
なにせ、ワインドさせている私のラインに長いヒレが絡まっているくらいですから。(~o~)
ゴンッ!・・・やっぱり。
 釣れたというより絡みすぎて掛った・・・って感じですね。(~o~)

15:30 しばらくワインドを続けていると、ルアーの後でギラギラッとしたような・・・。
少しだけワインドのレンジを上げてみると、案の定5~6匹のショゴがルアーに絡んでいます。
イレギュラーにワインドさせてロングフォールさせると、まんまとヒットでした。(^^)
 サイトのワインドも興奮しますよぉ~。(^^)
この絡みでショゴの群れにスイッチが入ったのか、突然ボイルが出始めます。(@@;
2ヶ所あるブイのどちらかで、3分に一回はド派手なボイルとなるのですが、ブイとブイの間は40mほど。
どちらかに的を絞ると、その反対側でボイルする・・・よくある話です。(~o~)
仕方がないので、ブイとブイの間に立って両方に届くルアーをぶらさげます。
ボックスの中で一番飛びそうなヤツ・・・クリポの大でした。
・・・で、次のボイル。
ロングキャストでボイル直撃!・・・にもかかわらず、ルアーが水面に出た瞬間にド派手なバイト。(@@;
 いやぁ~、こういう釣りは満足感高いです。(^^)
 ワインドに戻してもう一つ釣ったところでスイッチOFF。

いる所にはいる、いない所にはいない。
いても食わなかったり、いれば無造作に食ったり。
一日中ロードしても2~3匹、でも、一攫千金当てればウハウハ。(^^;
相変わらず神出鬼没でツンデレなショゴ君ですが、この時期手強い相手だからこそ熱くなれるんですよねぇ~。(^^;
皆様も、そんなショゴ君に勝負を挑んでみてはいかがでしょうか?(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ これを「ポチ」っとしていただくと、管理人のモチベーションが↗↗になります。(^^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0716 ショゴバトル(vol.3)

2016-07-21 22:02:46 | 今日の釣りネタ

ショゴバトルの続きの続きです。(^^;
大丈夫、もう引っ張りません、これで完結します。(~o~)


14:30 朝6時からの全力ロードと追われる身の精神的プレッシャーから、実はこの時間でヘトヘトだったりします。
しか~し、一匹でも入れ替えするべく釣りをしていないと、不安で不安で落ち着かないのです。(~o~)
どこに行けば魚がいるか?
誰も叩いていないポイント?
そう、誰も行きたがらない所ってのが臭いのです。
「こっちも行きたくないけど、あそこしかないな・・・。」
車を降りて急坂を下って、更に漁港の一番奥まで歩いて行かなければならないポイント。
膝をガクンガクンさせながら、やっとの思いでポイント到着です。
ガラ~~~ン。
係留船着きのショゴを想定していたのですが、お目当ての漁船が全て出払っているじゃないですか。T_T
それでも臭いポイントにミノーを放り込んでいると・・・!(@@;
漁港のコーナーで、追われたイワシがバチャバチャしはじめます!(@@;
追われたイワシは見えたのですが、追った魚は見えませんでした。
「いや、居る。これは、ぜぇ~ったい居る。」
相手が見えない釣りになりますが、漁港の真ん中にワインドトゥイッチャーを放り込んで粘り強くワインドを続けます。
コッ?・・・んっ?・・・ゴンッ!(@@;
「キターーーーッ!やっぱり居たーーーーっ!」
 14:56 会心の一発でしたが、残念ながら入れ替えにはいたらず。
でも、あと2時間を残して、魚に近づける自信のようなモノが沸いてきたのでした。(^^)

15:00 この時間帯、さすがに他のメンバーも魚にありつける状況ではないようで、おかしな画像ばかりがアップされてます。
 青服さんは遅めの昼飯、・・・うまそ~。(~o~)
 jesse-edさんは脛自慢?いや、サンダル自慢?(~o~)
 pigretさんは良型のヒトデを釣られたようです。(~o~)

15:30 ついに最終決戦のポイントに到着。
言わずと知れた朝一のロケットスタートポイントで、三度勝負を挑みます。
スロープに出ると、既にCommyさんとjesse-edさんが二人並んでポッパーを遠投中でした。
先を越されたと思いながらも様子を聞くと、ダメダメとのこと。
しばらくキャストしないで二人の釣を眺めてみます。
・・・満潮で水際が後退したので、ルアーが群れまで届いていないのでは?
・・・群れが沈んでいるから、ポッパーでは引っぱり出せないのでは?
・・・群れがスレてて、刺激的なアクションじゃないと反応しないのでは?
いろいろ考えて、あえてスロープには降りず、護岸に乗ってスロープのはるか先のディープを狙うことにします。
こういう狙いはさっきのポイントでやったばかり。(^^)
ワインドトゥイッチャーを放り込んで、ルアーに絡むショゴをイメージしながらワインドを続けると、ギラギラッ!(@@;
「んっ?居る?」
こんな時は、『トトーン』とわざとワインドのテンポを崩してロングフォールです。
ゴンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーーッ!」
 15:41 この時間帯に貴重な入れ替え!19cm。
サッと画像に収めて、もう一度同じピンポイントにルアーを放り込みます。
「ウォ~~~~ッ!また絡んでるぅ~~~~っ!(@@;」
ゴンッ!(@@;
「ヨッシャーーーーーーーーーッ!」
 15:48 もう一丁入れ替えっ!22cm。

16:00 さすがにワインドアクションにも絡まなくなったところで、完全に人間様の電池が切れてしまいました。T_T
護岸に腰を下ろしたら、もうヘトヘトで立ち上がれません。T_T
戦闘モードのまま次を目指すCommyさんとjesse-edさんを見送っても、まだ立ち上がることができません。
・・・たった一匹でも逆転される可能性があるのに。

16:50 車に戻っても固まったまま。T_T
「あと10分、今から3匹はムリでしょ。(^^)」
「あと5分、ここから2匹は出ないでしょ。(^^;」
「あと2分、フッフッフッ、決まったかな?(~o~)」
「あと1分、そろそろ終了のコメントでも準備・・・ドェ~~~~~~~ッ!(@@;」
 ラスト1分でショゴの画像が飛び込んできました。(@@;
「えっ、えっ、えっ?誰っ?誰っ?誰なのよっ!」
 16:59 ラスト1分はしえらさんの二匹目、22cmでした~。(^^)

17:00 ショゴバトル終了~。
「シャ~~~~~~ッ!(^^)」

さて、第二回ライトタックル限定LINE de ショゴバトル、結果の発表で~す。
優勝は、朝一のリミットメイク以来、一度もトップを譲らずそのまま逃げ切り、念願の主催者KY優勝を果たした、ワタクシ、手のヒラアジでした~。(~o~)

いやぁ~、大変失礼いたしました。(^^;
準優勝は、房総仕込みのショゴゲーは紀伊半島でも炸裂、しっかりリミットを揃えていつもの定位置に返り咲き?、TATさんでした~。(^^)
おめでとうございま~す。
第三位は、久々の房総でも絶倫の嗅覚は健在、終始上位を脅かしたCommyさんでした~。
おめでとうございま~す。
そして第四位は、ラスト1分のエントリーには度胆を抜かれました、初参加のしえらさんでした~。
おめでとうございま~す。

さて、ゲストのCommyさんがいる房総チームは、大会が終わるやいなや即飲み会に突入。(~o~)
 いい魚にいい仲間、美味い酒が飲めれば言うことなし。(^^)

今回は、何ともKYな主催者の一人暴れに終わってしまいましたが、この企画は参加者が競れば競るほど愉快なバトルになるわけです。(^^;
また来年もやりますので、非日常なドキドキ・ヒヤヒヤを味わいたい方は、是非是非ご参加くださ~い。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 念願の主催者KY優勝に、ご褒美の「ポチ」一つお願いしま~す。(^^)

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

0716 ショゴバトル(vol.2)

2016-07-20 23:09:42 | 今日の釣りネタ

ショゴバトルの続きです。(^^;


09:00 Commyさんと別れてポイントロードに出てみたものの、スロープばかり3ヶ所叩いても何の反応もありません。
狙いすましたポイントとは言え、朝一のポイントはかなり特別だったみたいです。
次は?次は?とスロープポイントを思い浮かべているうちに、結局、朝一のスロープに戻ってきてしまいました。(^^;

日も高くなり潮止まりのド干潮、水面もベタ~っとして魚っ気なんてこれっぽっちも感じられません。
もうポッパーが効く時間帯とは思えないので、ここからは秘密兵器を登場させることにします。
先週作り込んだ「ワインドトゥイッチャー」の投入です。(^^)
 これですねぇ~。(^^;
先ほどよりかなりせり出した水際に立って、3gほどある「ワインドトゥイッチャー」をフルキャスト、一定のリズムでテンポ良くワインドさせます。
コッ!?(@@;
「んっ?何か触ったかも?」
もう一度フルキャストして、今度はわざとテンポを崩す「トトーン」のアクションを入れてロングフォール。
次のトゥイッチを入れたところで、ゴンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーーッ!」
スロープのブレイクラインに引っかからないように、渾身のゴリ巻きでズリ上げます。
 09:14 入れ替えとなる23cmゲ~ット。(^^)
同じパターンで更にバイトが続きます。
 09:21 入れ替えならずも5匹目。
 09:28 またもや入れ替えならず、6匹目。
 09:33 足元まで絡みついてから飛びついたのは・・・ワカシ君でした。(^^;
アイドルタイムのはずでしたが、できたてホヤホヤのワインドトゥッチャーが火を噴きました。(^^)
「バトルが終わる頃には、ワインド解禁を迫ったことを後悔させてやる。・・・フッフッフッ。」

他のメンバーを頭一つリードして、早々にリミットメイクした主催者ですが、この大会の怖い所は「入れ替え自由」という点なのです。
理論的には、どんな状況からでもたった3キャストで逆転優勝できてしまうわけでして・・・。
追われる立場となった私は、自ら作ったレギュレーションに押しつぶされそうなプレッシャーを感じるわけです。(^^;
でも、この緊張感こそが、普段は経験できないバトルの醍醐味でもあるのです。
 駄菓子菓子、バトルはいいのです。(~o~)

さて、この時間帯の各地の状況を見てみましょう。
 09:20 さかなくんのギョギョギョに続いて不思議な画像が。
何と、南紀のTATさん、越冬モノの24cmのメッキをゲットでした。(@@;
 09:28 そのTATさん、今度は新子のメッキまでゲット。(@@;
 09:46 そして、ついにこの男が動き出した。Commyさん24cm。
 09:50 この男が動くと止まらない。Commyさん20cmを追加。
 10:37 まだメッキもまばらな房総でこんなモノまで釣ってます。Commyさん。(@@;
 11:36 釣果報告が途切れる中、TATさんから22cmの追加エントリー。(@@;
 11:49 TATさんついにリミットメイクとなる18cmをエントリー。・・・ヤバイ。(@@;

12:00 事前の作戦では、午後からエリアを大きく変更して、朝一でメンバーが叩いて諦めたポイントでウハウハに追加する・・・予定でした。(~o~)
ところが、途中まで走ると国道が大渋滞で前に進みません。T_T
昼間の釣れない時間帯とはいえ、追われる身としては、釣りをしていないと不安で仕方ないわけなのです。
悩んだ末、Uターンして元のエリアに後半戦の勝負を賭けることとなったのでした。(^^)

14:00 数ヶ所ポイントロードしてみましたが、既にメンバーが叩いた後なのか、ショゴの姿が見えても反応するどころか逃げていく始末です。T_T
こうなると、当たり前のポイントを叩いていてはヤル気のあるショゴに出会えそうにありません。
仕方なく少し外したポイントばかりを流してみますが、今度はショゴがいる雰囲気もありません。・・・当たり前か。(~o~)
しばらくポイントを流していると、本丸ポイントに張り付いているjesse-edさんに遭遇。
朝からバラシの連続と嘆いていましがた、ここでも一つバラシたとのこと。
・・・ご愁傷様です。(^^;
本丸ポイントはjesse-edさんに任せて、私はスロープの反対側を狙います。
ポッパーでスロープのブレイクラインをなぞっていると、バシャッ!(@@;
「出たーーーーーーーーーーーっ!(@@;」
掛った瞬間、入れ替えの対象になりそうにないのはわかっていましたが、しっかり取り込んで一匹追加。
・・・と思ったら、ポッパーに出たのは本日二匹目のワカシ君でした。(^^;
 ポッパーでワカシ・・・あんまり記憶がないです。(^^;


夕まずめを残して、またもや字数制限となってしまいました。(^^;
追われる主催者、リミットメイクのTATさん、良型持ちのCommyさん、しえらさんの追撃も気になる・・・。
残り3時間、優勝の行方はいかに?
vol.3につづく。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 無駄に長くなっておりますが、「ポチ」してvol.3をお楽しみに。(~o~)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

0716 ライトタックル限定ショゴバトル(vol.1)

2016-07-20 20:21:17 | 今日の釣りネタ

0716 雨で翌週延期となりましたが、今年も無事開催にこぎつけました。
大会の正式名称は『ライトタックル限定LINE de ショゴバトル』・・・無駄に長いんです。(~o~)
ライトタックル&ハードルアーに限定して、カンパチのお子ちゃまである「ショゴ」だけを狙って釣ろうというこの大会。
決してメジャーとは言えない釣りですが、魚を見つけるための戦略的な組み立てが必要だったり、メッキにも勝る強烈な引きが楽しめたりと、おすすめなターゲットでもあるのです。
この大会をきっかけに、一人でもショゴゲーを楽しんでくれる方が増えればと思っております。(^^)
さて、翌週順延で参加者がガクッと減ってしまいましたが、いつものように熱いバトルを実況形式で記事にしていきたいと思います。(^^;

まず、参加者のご案内。
紀伊半島エリアからは、TATさんと、初出場のしえらさん。
伊勢志摩エリアからは、南風見さん。
最大派閥の房総半島エリアからは、はるきちさん、jesee-edさん、がんじーさん、青服さん、Commyさん、初出場のひろすぃさんと、pigretさん。
そして、主催者兼参加者の手のヒラアジを加え、総勢11名での開催となりました。

05:50 大会開始10分前、参加者は思い思いのポイントに散ってスタンバってる・・・はず・・・なんですが。
どうやら待ちきれずにキャストしてる人もいるようです。(^^;
・・・で、さっそくやらかしたようです。
 青服さん、まだ05:54なんですけど~。(~o~)
昨年のメッキバトルでもやってたような・・・ちっとも懲りないようです。(~o~)
それにしても、25cmもったいない・・・。

06:00 フライングの青服さんはほっといて、ひとまず大会開始のコメントを入れてスタート!
まずは主催者手のヒラアジの実況から。
前週まで3週連続でショゴ「ボ」にへこんでいた私ですが、この日は大博打に打って出て、今シーズン一度も叩いていないエリアで勝負することにしたのです。
なぜかというと、「居ても食わない」状態を作り出しているのは、ここの参加者が叩きすぎたからなんですよねぇ~。(~o~)
そして、ピンポイントのストラクチャーに着いているショゴほどいじめられている傾向もあるため、この日のメインポイントを魚の入れ替わりが期待できる「スロープ」に絞り込んでいたのです。(^^)
ポイントに着くと、同じエリアをウロウロしている参加者がもう一人・・・Commyさんです。
この日のためにわざわざ仙台から房総に遠征してきたCommyさんでしたが、どうやら持前の嗅覚を働かせてスロープ狙いにたどり着いたようです。
・・・相変わらず、絶倫の嗅覚。(@@;

スタートと同時に狙いのスロープからポッパーをフルキャストします。
フッキングを重視してスローな単発ポッピングを繰り返していると、ジュボッ!(@@;
「出たっ!・・・けど乗らな~い。T_T」
もう一度同じポイントに放り込むと、今度はルアーの後ろでモヤモヤしています。
「もうスレてやがる、こんちきしょー!」
頭にきて、ド派手なポッピングの後にグリ巻きのダイビングを入れると、ルアーが水面に浮上したところで、ジュボッ!(@@;
「ヨッシャ、食ったーーーーーーっ!」
普段の釣りなら緩めのドラグで引きを楽しむところですが、今日は獲ってなんぼの大会です。
最初からドラグロックで容赦なく巻き上げます。
「ファーストフィッシュ、ゲ~~~~ット。(^^)」
 06:22 25cm、まずまずサイズゲットでした。(^^)

06:30 先ほど会ったCommyさんも同じスロープポイントに合流して、二人でポッパーのフルキャストを続けます。
ジュボッ!・・・乗らねぇ~~~~。T_T
ジュボッ!・・・乗らねぇ~~~~。T_T
二人して空振りを連発する中、ようやく一つフッキングに成功。
 06:49 18cm、チビですが文句は言えません。(^^;
2馬力で叩き続けたので、さすがに反応がなくなってきましたが、ダブルアクションのポッピングに変えたところでもう一つ追加。
 06:53 18cmながら、リミットメイク一番乗り~。(~o~)

07:30 叩きすぎたスロープを場所休めさせるため、Commyさんと別のスロープをチェックしてみます。
先ほどのスロープと同じ攻め方をしたつもりでしたが、こちらのスロープにはさっぱり魚っ気がありません。T_T
30分叩いて見切りをつけ、再び最初のスロープポイントに戻ってみます。

08:00 先ほどと同じようにポッパーのフルキャストで探ってみると、Commyさんに2回、私に2回のバイトがありますが、いずれも乗せられず。
幾度となく発生するスカバイトに悶々となりながら、パラダイスを求めてポイントロードに出たのでした。

さて、大博打が吉と出て好調な滑り出しとなった主催者でしたが、他の参加者はどうなっているのでしょう?

 06:20 紀伊半島のTATさん、それはエントリーできません。(~o~)
 06:26 またもやTATさん、水族館でも始めますか?(^^;
 バラシ連発のjesee-edさん、イライラが爆発寸前。(~o~)
 07:01 紀伊半島のしえらさん、22cmのファーストフィッシュをエントリー。
 07:39 しえらさんに続いてTATさんも22cmをエントリー。
 07:54 隣でやってたCommyさんのロッドが満月。グーフーでかっ。(@@;


ロケットスタートの主催者手のヒラアジ、バトルはまだ9時間もありますが、果たして逃げ切れるのか!?
字数制限となってしまいましたので、vol.2につづく。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 主催者ロケットスタート!「ポチ」して応援よろしくです。(^^;

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0716 ライトタックル限定ショゴバトル(プロローグ)

2016-07-18 23:55:42 | 今日の釣りネタ

昨年に続き、今年も『ライトタックル限定ショゴバトル』の開催です。(^^)
本来は0709の開催でしたが、あいにくこの日は全国的に終日の雨。
あらためて翌週に延期となったわけですが、さすがにスケジュールが合わず欠場者が続出。
やむなく欠場となってしまった方々には申し訳なかったです。・・・すいません。m(__)m

さて、0709の時には「ワインド系ルアー禁止」としていたのですが、どうやらこれを秘密兵器として温めていた方もいたようで、プチクレームの続出。(^^;
結局、0709出場予定者にアンケートしたところ、「限定解除」が過半数となって本番の0916ではルール変更となったのでした。

あらためてワインド系ルアーOKということで、私も何かしら対策しておかなければなりません。
アイスジグでもいいのですが、圧倒的にショゴに効くのはダートヘッド3g+ダートスクイッドなのです。
 やっぱこれですね~。(^^)
でも、これはソフトルアーなのでショゴバトルでは使えません。
これと同じアクションするヤツないかなぁ~?
ダートマジックってのがありますが、ちょっとアクションの傾向が違います。
・・・やっぱない。
ない時は、・・・そう、作ればいいんです。(~o~)
ってことで、ショゴバトルが中止となった0709に、一日がかりでワインドルアーの制作となったのでした。(^^)

実は、昨年も同じようなことを考えていて、こんなモノを作ってイメージを固めてあったのです。
 ダートヘッドにおゆまるくんのボディです。・・・とってもザツ。(~o~)
でも、これではダートヘッドのまんま過ぎて芸がありません。
でもでも、今年はUVレジンの加工技術を習得しているので、もう少し凝ったことができそうです。(^^)
既にいくつも作った30mm型の中にワインドの機能を封じ込めるべく、試作と風呂テストを繰り返してみたのでした。

~~~ 試作中 ~~~ 試作中 ~~~ 試作中 ~~~
~~~ 風呂テスト中 ~~~ 風呂テスト中 ~~~
~~~ 改良中 ~~~ 改良中 ~~~ 改良中 ~~~

そして、遂に完成!(^^)
 こんなカタチになりました。(^^)
ヘッド部分にタングステンシンカーを入れてウェイトを稼ぎ、ボディは底フラットにしてワインド幅を増幅させる作戦です。
激しくワインドさせるため、1フック仕様にして絡み防止機能も採用してあります。
 底フラットはこんな感じ。
 これがあるとないとでワインド幅が極端に変わります。(@@;
試作型ではありますが、風呂テストの動画はこんな感じ。

 ちゃんとワインドしてるでしょ。(^^)
(*風呂底のジンジロ毛は見なかったことにしてください。m(__)m)
これをミノーライクにトゥイッチでワインドさせ、早いフォールでバイトさせるイメージです。
名付けて『ワインドトゥイッチャー』!
う~ん、釣れそう。(~o~)

試作品を型にして量産体制も整え、いざ0716の仕切り直しショゴバトルに本気で臨む主催者手のヒラアジだったのでした。(^^)
 量産。フッフッフッ。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ これを「ポチ」っとしていただくと、管理人のモチベーションが高まります。よろしく~。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0710 黒潮の使徒、襲来!

2016-07-12 00:08:18 | 2016今日のメッキ

0710 前日はショゴバトル・・・の予定でしたが、終日雨が降り続く予報に断腸の思いで開催を断念。
まぁ、次週に延期となっただけなんですが。(^^;
企画は翌週、翌日は晴天、本気でKY優勝を目論む主催者は、せっせと房総プラロードに出かけるのでした。(~o~)
あっ、ショゴバトルは7月16日(土)の開催となりましたので、あらためて皆様のご参加をお待ちしております。m(__)m

09:30 野暮用を済ませてから出撃したので、ポイント到着はこんな時間。
前日降り続いた雨で各漁港はささ濁り・・・ですが、まぁ、釣りにならないほどではなさそうです。(^^)
さっそく、ショゴが入っていそうな漁港を叩いて回ります。
漁港のコーナー、ブイ周り、ロープ周り、係留船の下、港口、船道、テトラ帯のエッジ、スロープのブレイクライン・・・
考えられるポイントをくまなく探して回りますが、ショゴの姿がさっぱり見当たりません。T_T
それどころか、いつもなら元気印の豆サバもエンピツカマスも、今日は何となくやる気ナッシング。
・・・。
・・・。
・・・。
何も追わない、何も食わない、何も釣れない。T_T

11:00 4~5ヶ所回って、まだグーフー一つ釣れてません。T_T
ポッパーでブイ周りを叩いたところで、ショゴの群れが・・・もとい、ようやくエンピツ君の群れがやる気ありそうです。(^^;
すぐに自作の豆ルアーに付け替えて、やっと本日のファーストフィッシュゲットでした。(^^)
 お魚釣れた。でも、3匹釣ったらもうスレスレ。T_T

12:00 本日の期待のポイントに到着。
と言っても、ショゴ狙いの期待ではなく・・・そう、暦はもう7月、メッキが到着しているかもしれないのであります。(^^)
毎年、アーリーメッキ、マイクロメッキのメッカとして、何度となく期待に応えてくれたポイントです。
今年もそのポテンシャルの高さを見せていただこうじゃありませんか。(^^;

このポイントの特徴でもありますが、個体数の少ないこの時期は、同サイズのマイクロセイゴの群れに紛れていたりするのです。
お目当てのスロープに降りると、そのマイクロセイゴの群れがあちこちでフィーディングしているじゃありませんか。
「しめしめ、打ってつけの好条件。(^^)」
まずは一番端に浮いている10匹ほどのセイゴを狙います。
群れから30cmほどはずして30mmの豆ルアーを通すと、10匹全部が入れ替わり立ち代わりチェイス&バイト。
「お~、セイゴ君も高活性。(^^)」
メッキが紛れていれば、反応したセイゴを追い越してバイトしてくるパターンです。
4~5mずれて次の群れ。
同じく、群れから30cmほど離したところを通したルアーにセイゴの群れが一斉に反応します。
次の瞬間、カツーーーーン!(@@;
「おっ、おっ、おっ、何かきた、何かきた。(^^)」
「ずいぶん横っ走りするヤツ、サバかな?」
「いや、やたら鋭角に切り返してる?」
「んっ?えっ?もしかして?もしかすると?」
「メッキ、キターーーーーーーーーーーーーーッ!(@@;」
こうなると、もう引きを楽しんでなんかいられません。
とにかく釣り上げて房総一番メッキをこの手にしたい・・・ただそれだけです。
「おりゃぁ~~~~~~~~~~っ!」
ブッコ抜いた魚は、私の顔の脇を通過してスロープの後方まで飛んでいきます。(@@;
「ホントにメッキ?」
・・・。
・・・。
・・・。
「ヨッシャーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」
50過ぎのオッサンが漁港中に響き渡るような大声でシャウト!・・・恥ずかしげもなく。(~o~)
 2016年、今年も黒潮の使徒、襲来です。(^^)

仲間を出し抜いての房総一番メッキゲット。(^^)
しかも、自作のミノーで釣れれば喜びもひとしお。(^^)
いやぁ~、我ながら嬉しい大仕事をやってのけました。(^^;
画像撮って、動画撮って、仲間のLINEにアップして、その仲間のリアクションバイトにニタニタしながら返信を打つ・・・。
・・・その手が少し震えていたりするのでした。(~o~)

本来、ショゴを探しに来たのですが、コレが釣れてしまうと気持ちが浮ついてロードにも身が入りません。(^^;
いちおう夕まずめまでショゴを探しましたよ。
居るには居ましたよ。
でも、みんなボラになってました。(~o~)
ショゴは・・・3週連続「ボ」でございました。
でも、いいんです。
全然気になりません。
黒潮の使徒をやっつけてやりましたから。(^^)

ショゴバトルは来週に延期されたというのに、ショゴが釣れないことなんか気にもなりません。
終始ニタニタ、鼻唄よろしく、軽快なドライブでいつもの家路に着いたのでした。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 房総一番メッキのご褒美に「ポチ」一つ押してやってください。(^^)

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加