手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0520 房総に夏の匂い

2017-05-21 12:02:47 | 今日の釣りネタ

0520 5月も中旬を過ぎて、ついにやってきました、五月晴れの土曜日。(^^)
また5月ではありますが、そろそろ房総には夏のちびーずが勢ぞろいしているであろうし、あわよくば気の早いショゴタンもフラフラしているかもしれません。(^^)
うっとうしい上着を脱ぎ捨てて、Tシャツ・スニーカーの軽装で、一足早く夏の房総を探しにいざ出撃でした。(^^)

釣行記事の前に、実は・・・・・、ロッドを新調しまして。(^^;
待ちに待った、愛用ロッドのモデルチェンジ、『スミス ベイライナーMK 681L』が発売されたのです。
いやぁ~、待ちました、何度旧モデルの2本目を買おうとしたことか。(^^;
現在の『ベイライナーCF 68SL』は、購入以来7シーズンも使っていたのです。
しかも、メッキに限らずショゴでもアジでもメバルでも、何から何までほとんどこれ一本。(~o~)
おそらく、数千匹の魚を釣ってくれた愛用ロッド・・・というより、もはや自分の『右腕』だったりするのです。(~o~)
 新旧交代式、いやぁ~、ええですゎ。(~o~)

そのNEWロッド・・・もとい、NEW右腕の入魂式も兼ねて、ウキウキなポイント到着となったのでした。(^^)

10:00 せっかくのNEW右腕の入魂に、釣れてもロッドが曲がらないようなちびーずを狙うのは忍びない。
とは言え、メッキもショゴもまだだとすれば・・・そう、セイゴちゃんしかいませんね。(^^;
 さっそくスロープに立ってサイトで狙えるセイゴ探しです。(^^)
ちょっと時期は早いんですが、しっかり探せばなんとかなる・・・と信じて、2m間隔でSPミノーのトゥイッチ&ロングポーズで狙っていきます。
長いスロープの真ん中を過ぎたところで、ギラギラッ!(@@;
「おっ!いたかも!?」
もう一度同じコースでトゥイッチ&ロングポーズ、ギラッ!コーン!(@@;
「キターーーーーーーーー!」
 NEW右腕、入魂!(^^)
一匹釣っただけですが、ルアーへの警戒心が一気に高まったようで、チェイスはするもののなかなかバイトしてくれなくなりました。
「うっ、あっ、食えっ!・・・そこっ、パクッと・・・、あっ、こらっ、帰るなっ!(~o~)」
「楽しすぎるぅ~~~~~~~!(~o~)」
NEW右腕の操作性も大満足で、もう一つ取って2ゲット2バラシ。
一足早い房総の夏を満喫でした。(^^)
 ベイトが増えれば、もうちょっと釣りやすくなるんですけど。(^^;

11:00 早い時期に、はぐれのショゴタンが入ってくる漁港。
水面をチェックすると、さっそく細かいベイトと豆サバの群れが目に入ってきます。・・・期待大。(^^)
しばらくキャストしていると、1mほどのレンジでヌボ~っとしているボラの周りに何か群れてます。???
そのボラの向こう側にキャストして、トゥイッチ、トゥイッチ、トゥイッチ、すると!
ワラワラワラ~~~~~!
「おぉぉぉ~~~~~~~!メッキ!(@@;」
・・・がいるはずないのはわかってます。(~o~)
そう、これは、毎年この時期見かけるシマアジの子なのです。
サイズはせいぜい15cm程度で、ルアーに反応はするものの、まず最後のバイトまでたどり着けない難敵なのです。
房総でかれこれ二十数年これにちょっかいかけてますが、2回バラシたことがあるだけで、まだ釣り上げたことがない宿敵だったりするのです。(~o~)
・・・で、最近は自分でルアーを作ったりしてるわけで、自作のルアーは、言ってみればこういう難敵をやっつけるための秘密兵器だったりするわけなのです。(^^)
 フッ、フッ、フッ、今年はこれがあるんだぜ。
もう2回追わせてしまったので、豆ミノ20に付け替えても勝負になるのは1回か2回のはず。
再度ボラの向こう側にキャストして、渾身のビブラートトゥイッチ?でシマアジの群れを誘い出します。
ワラワラワラ~~~~~!
キター!さっきより本気度アップ!チェイス、チェイス、チェイス、コンッ!(@@;
「食った~~~~~~~!」
 ヤッタ、ヤッタ、二十数年越しの大願成就。シマアジ。(~o~)
 もう一つ。(^^)
 おまけのサバ・・・小っさ、細っそ。(~o~)
夏の房総、楽しすぎます。(~o~)

15:00 数ヶ所回って昼寝して、午後のロードになります。(^^)
磯絡みの小漁港、ここは毎年港口にムツッコが群れていて楽しませてくれるポイントなのです。
「今年もいるかなぁ~?・・・あっ、いた、いた。(^^)」
 って、いすぎでしょ。(~o~)
まぁ、これを本気で狙う人はそうそういないと思いますが、仲間内ではこれをサイトで一つずつ釣るのをムツトレーニング略して「ムツトレ」と呼びます。(~o~)
 ワインドトゥイッチャーLight30に好反応します。
 スロープトゥイッチャー30でも。
 このトレーニングが、2ヶ月後のメッキに活きるんです。
夏の房総、楽しすぎます。(~o~)

16:00 遊んでくれるちびーずがたくさんいて楽しいんですが、肝心のショゴタンがさっぱり見つけられません。
ところが、本日出撃の青服さんは見つけちゃったそうです。
 2017年の房総ショゴタン。(^^)
残念ながらミスバイトで逃してしまったそうですが、気の早いヤツはやっぱりいたんですねぇ~。
ショゴが狙えそうな漁港を回っていると、その青服さんと遭遇。
あらためて、本日の答え合わせで、釣れたポイントを情報交換です。(^^)
「えぇぇぇ~~~、あのショゴタンあそこにいたのぉ~?やったのに。T_T」
最後のポイントでもショゴを見つけられず、二人並んで意味もなくキャストしながらの釣り談義。
 たまにこんなの釣れながら。(~o~)
夏の房総、楽しすぎます。(~o~)

本格的な夏になるにはまだまだ時間がかかりますが、今年も房総に夏の匂いがやってきました。(^^)
楽しい楽しいサイトゲームの季節です。
是非、軽装で房総へ出撃して、手強いちびーずに挑んでみてください。(~o~)


オマケの残業
青服さんのご希望で、二回戦の内房メバルもやって行くことに。(^^;
・・・。
・・・。
・・・。
「釣れねぇ~~~~~。T_T」

 2時間かけてこれ一つ。今シーズンのメバルはそろそろ終わりですね。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」一つで管理人のモチベーションは↗↗で~す。(^^)


↑↑↑ ハンドメイドルアーを販売しております。こちらのバナーから出品サイトへどーぞ。(^^)
豆ミノ20と、ワインドトゥイッチャーLight30、この時期はおすすめですよん。(^^)
<サイトゲーム開幕特別企画>
ラクマの全てのハンドメイドルアー出品に、記事中の『豆ミノ20』をサービスでお付けします。(^^;
ラクマでご購入時、もしくはご購入前のコメントで「ブログ見たよ」とお申し出ください。
2017.05.31までのご購入で有効です、是非どーぞ。(^^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0505 GW忘れ記事

2017-05-21 09:04:30 | 今日の釣りネタ

また2週間も放置してしまいました。・・・いつもご覧の皆様、スイマセン。(^^;
しかも、GWのちょい釣行記事を2つも残したまま。
いつものことですが、全釣行記事アップが自己縛りなので、少々お付き合いください。
お忙しい方はスルーで。(~o~)

0505 せっかくのGWだというのに、チョコチョコと野暮用が入って終日出撃ができません。T_T
しかも、「ルアー製作」なんていう別の趣味に手を付けてしまったために、これはこれで忙しかったりします。(^^;
それでも、せっかくの休みに出撃なしってのは精神衛生上よくないので、この日は近所の夜な夜なチーバスへ。

この釣りの場合、ポイントが近いので、夕まずめにチョイと出かけてとっとと帰ってくるってのがいつものパターンなのです。
当然、釣れる確率を上げるために、夕まずめからバチが出そうな潮を選んで出撃するわけですが・・・、
それは、潮を選ばずに出かけると、夕まずめにバチが出てこないで往生したという経験値の裏返しだったりするのです。
「潮が小さい時ってホントにバチが出てこないんだろうか?」
「まぁ、行ってみればいいか。(~o~)」
ということで、この日は長潮で夕まずめがド干潮。
いつもは大潮周りで、夕まずめに潮位が高い時に釣行しているので、夜中まで待って出撃してみました。

23:30 長潮の上げ8分、さて、クルクルバチは出ているのか?
水面をのぞきこんでビックリ!(@@;
「ワ~ォ!一面バチだらけ!(@@;」
「ダメだこりゃ。T_T」
いや、釣査の結果としては、極めて有効な情報が得られたともいえます。(^^;
潮が小さい時は「夕まずめに出ない」と「夜中にうウジャウジャ出る」が揃ったので、その途中で釣行すればビンゴを引き当てる可能性があるってことです。
しか~し、今日はダメ。T_T
いつもの釣行でも、ここまでウジャウジャ出るとチーバス君のヤル気が萎えてしまうようなのです。
しばらく見ていると、案の定見えるライズは1つ2つで、しかもストラクチャーから離れる気配もありません。
まぁ、ルアーロストしてまで狙うつもりはないので、ちょっとだけオープンスペースへ投げてダメなら撤収することにします。

しばらくキャストしていると、ルアーの後でモヤったような・・・?
もう一度同じコースをトレース・・・
ゴンッ!(@@;
「あら、いたの?(^^;」
チーバス君のつもりで軽くフッキングを入れると、
ヂィィィ~~~~~~、ヂィィィ~~~~~~!(@@;
とんでもないスピードでドラグが出て行きます。(@@;
「あれっ?お兄さんが食っちゃったの?」
3回、4回、5回と続けてドラグを絞られますが、ひたすら下へ下へと潜っていきます。???
そして、狂ったように走った割には、遠くの方にあっけなく浮上???
しかも、一度も鰓洗いしません。???
50cmくらいはあるのでネットで取ることにしますが、な~んか変。???
「あらぁ~~~、あなたでしたか。・・・デカッ!(@@;」
なんと、ネットに収まったのは51cmもあるゴン太のマルタ君でした。(@@;
 バチヌケの時って、こんなヤツもやってくるのね。(^^;
チーバス君が遊んでくれる気配はないので、これにて撤収となったのでした。(^^;


0507 結局、GW後半は房総出撃出来ずに終わってしまいました。T_T
悔しいので、近所のお手軽チーバスへ。(^^;
まだ潮回りが悪いので、一昨日の教訓を活かして20時出撃の1時間1本勝負です。・・・明日は仕事なので。(^^;
到着早々に水面をのぞきこむと、クルクルバチがパラパラ出ている感じ。(^^)
しかも、ストラクチャーから離れた位置でライズもしています。(^^)
とりあえず、一昨日の出撃は価値ある出撃だったようです。(^^)

「あ~、それにしても、なんか冴えないGWだったなぁ~」・・・ブツブツブツ。
「7日も休みあったのに、まともな出撃は1回だけかぁ。」・・・ブツブツブツ。
「おっ、キタ。あっ、バレた。チェッ。」
「やっぱ、つまんない野暮用なんてキャンセルすればよかったなぁ~。」・・・ブツブツブツ。
「かめさんなんか、能登まで行ってメバル爆ってたし。」・・・ブツブツブツ。
「おっ、キタ。あっ、バレた。チェッ。」
「せめて、一回くらい内房メバルにでも行けばよかったかなぁ。」・・・ブツブツブツ。
「でも、行ってもダメだった人もいたなぁ。(~o~)」・・・ブツブツブツ。
「おっ、またキタ。あっ、またバレた。」
「なんだよぉ~!しっかり食えよっ!」
「おまえら、冴えないGWを笑ってるんだなっ!チキショー!」
そうこうしているうちに、規定時間の1時間が経過してしまいました。T_T
「明日仕事だし、チーバスごときで残業したくないよなぁ。」・・・ブツブツブツ。
「でも、こんな冴えないGWの最後に『ボ』引いて終わりなんてもっとイヤだなぁ。」・・・ブツブツブツ。
ゴンッ!(@@;
「キタッ、コンチクショー!今度こそ逃さないぞっ!」
 3回バラしてようやく一つ。T_T
「でも、よかった~、『ボ』じゃなくて。(~o~)」
「撤収~。(~o~)」
・・・2017年、冴えないGWは終了となったのでした。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。このバナーを「ポチ」っとしていただくと嬉しいです。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0503 外房・内房迷走ロード

2017-05-05 11:38:50 | 今日の釣りネタ

0503 今年もGWがやってきました。(^^)
この時期、天候も安定していてポカポカ陽気のいい天気になるんですよねぇ~。
そんな日にわざわざナイトゲームなんかしたら、せっかくのお天道様に申し訳ないですよね。(^^;
ということで、ポカポカ陽気の午後から、外房ロードへ出撃でした。
ところで・・・何狙うんだ?(~o~)

13:30 けっこう渋滞に巻き込まれてこんな時間に到着。
まずは南房の漁港でスロープでも叩いてみることにします。
・・・。
・・・。
な~んも、
いね。(^^;
漁港内の係留船周りもチェックしてみます。
サササササ~~~~~~~~!(@@;
目の前を魚群が通過していくじゃありませんかっ!(@@;
「おっ、これは一年ぶりにお会いする豆サバちゃんじゃないですか。(^^)」
ただし・・・ウルトラ豆サイズの10cm級。(~o~)
しか~し、ターゲット欠乏のこの時期、これを狙ってこそライトタックルアングラーなんです。(~o~)
「さ~て、何を投げたら食ってくれるかなぁ~。」
群れの移動に合わせて、小走りしながらルアーを付け替えます。(^^;
まずは、魚に合わせて自作の『スロープトゥイッチャー30』から。
群れの進行方向のその先へキャストして小刻みにトゥイッチすると、すぐに100匹くらいの群れが反応して群れごとUターンしてチェイスしてきます。
「おぉ~~~~、ウルトラ豆サイズとは言え、壮観、壮観。(~o~)」
群れをしっかり足止めしたので、続けてキャストするとだんだん魚が興奮してきました。
・・・でも食わな~い。(^^;
「ダメだ、これじゃルアーが大きすぎる。(~o~)」
足元の水面でルアーをチョンチョンして群れを止めながら素早くルアー交換、次は自作の『豆ミノ20』です。
「おぉ~~~~、今度は本気、本気、本気。(~o~)」
 ウルトラ豆サイズゲ~~~ット。(~o~)
ひとまず、気が済みました。(^^;

14:30 隣の漁港へ移動。
ここは、港口に小ムツが溜まるポイントなので、本日の本命としていた場所なんですが・・・GWとあってエサ師がポイント占拠。T_T
仕方なく漁港内をチェックしていると、ここにも豆サバ君の群れがいました。(^^)
魚はもれなく反応しますが、食わせるのは至難の業。
来たるべきライトタックルシーズンに向けた「究極の苦行」といったところでしょうか?(~o~)
 ようやく一つ取って納得。

今度はスロープのブレイクライン。
ブレイクラインに沿ってルアーをトゥイッチすると、ピンポイントからサッと出てきてサッと引き返すヤツがいます。
さっきの豆サバ君より一回り大きい感じ。(^^)
もう3回くらいルアーを見せてしまったので、次のキャストはポーズ(フォール)を長くして食わせにかかります。
「ほれ、ほれ、ほれほれほれ。・・・食った!」
 おぉ~~~、プラグでサッパ釣ったのは初めてかもしれない。(~o~)
 何でも釣れちゃう『豆ミノ20』。ご入用の方はお問い合わせください。(^^;

16:00 次のポイントも港口の小ムツで本命視していたのですが・・・観光客で駐車場がいっぱい。T_T
更にロードを続けますが、ここからは豆サバすら見つからずターゲット不在です。
・・・。
・・・。
・・・。
そして、なすすべもなく日没終了。T_T
悪あがきで、アジが溜まりそうなポイントで『豆ミノ20』を投げてみましたが、こちらもご不在のようで完全にゲームセット。
「う~ん、不完全燃焼。(^^;」
「そうだ、帰り道だから、内房のメバルでものぞいていこ~っと。(^^;」
実は、翌日にあまりルアーフィッシングをやらない会社の大先輩を、内房メバルにご案内する予定なのです。

19:30 ベタ凪の内房漁港。
おそらく、今シーズンのメバルで最も条件のいい状況ではないでしょうか?(^^)
港口まで出て、さざ波一つない船道にシンペンを放り込みます。
・・・、「ここできたら25cm級間違えなし。」
・・・、「ガツン!とくる・・・はず。」
・・・、「ゴンッ!・・・ときてほしい。」
あれっ?絶好のコンディションだというのに、30分投げ続けてもバイトすらありません。T_T
ストラクチャー周り・・・スカ。
スロープ周り・・・スカ。
メバル、いね。T_T

次のポイントも、その次のポイントも、そのまた次のポイントも、メバルどころかベイトすら見当たりません。(@@;
こうなると、ちょっとだけのつもりでもだんだん熱くなってきます。

23:00 気が付けば、ノーバイトのままいつもの豆メバルポイントまで来てしまいました。
「明日は会社の偉いさんだし・・・、ここで豆が釣れてもプラしたことにはならないよなぁ・・・。」
でも、さすが豆メバポイント、ルアーさえ選べば安定の釣果です。(^^;
 『スロープトゥイッチャー30』がいいんです。(^^;
 なぜかグリーンが釣れる。
 「ワーム出しゃいいだろ」と思うかもしれませんが、
 プラグで釣るのがこだわりなんです。(~o~)
 さすがに、豆は5つ取れば満足でした。(~o~)

23:30 ちょっとのつもりが、ドップリはまってランガンとなってしまいました。T_T
でも、さすがに午後一から釣りを続けているので、ジジイの体力もそろそろ電池切れです。(^^;
最後のポイント。
港内を一通り叩いた後、潮も上げてきたのでゴロタのドシャローも叩いてみます。
ガゴッ!(@@;
突然のバイト、しかもハンドル停止的ないいアタリ。
 やっとキターーーーー!ようやくまともなサイズ、22cm。
これがパターンと確信して、その後もドシャローを叩きつづけますが・・・。
チーン!
あえなく電池切れで終了。T_T
明日の内房メバルガイド危うし。
釣れないから延期を申し出ることにしよ~っと。(~o~)
ターゲット不在のGW、外房・内房迷走ロードでございました。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っとお一つお願いします。m(__)m


↑↑↑ ハンドメイドルアーを販売しています。こちらのバナーから出品サイトをご覧いただけます。

<GW特別企画>
ラクマの全ての出品(『ワインドトゥイッチャー30(お試し版)』を除く)に、記事中の『豆ミノ20』をサービスでお付けします。(^^;
ラクマでご購入時、もしくはご購入前のコメントで「ブログ見たよ」とお申し出ください。
2017.05.10までのご購入で有効です、是非どーぞ。(^^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0430 バチライズシバスまたまた敗北。T_T

2017-05-04 14:33:13 | 今日の釣りネタ

0430 前日のバチライズシバスのリベンジです。
というか、この常夜灯の真下でガバガバやってるヤツに限れば、ここ3~4年負け続けなんですけどねー。(^^;
前日は準備不足が敗北につながってしまったので、今日は使うルアーを厳選してフックを全て交換して臨みます。
今日こそ常夜灯の下のバチライズシバスをやっつけてやるぅ~。

18:00 あっという間のポイント到着。(~o~)
まだ明るいので、タックルを準備しがてらちょっと海の様子をのぞいてみます。
「おぉぉ~~~、なんじゃこりゃ!?(@@;」
足元に30cm弱の魚の群れがトルネードしているじゃないですかっ!(@@;
それが、半端な数ではないんです。
恐らく300匹とか500匹とかの群れが、ショートロッドで届きそうなところで渦を巻いているのです。
「セイゴはこんな泳ぎ方しないし・・・、イナッコじゃなさそうだし・・・、何だこれ?」
しばらく観察していると、水面に湧き上がってくる時にイワシのように口を開いています。
明らかに水面近くの何かを食っている様子。
「わかった!コノシロだっ!」
千葉港でコノシロなんてあんまり聞きませんが、この魚体と口を開けた感じからするとコノシロで間違えないはずです。
んで・・・、目の前にエサ食ってるヤツが出てくると、やっぱり釣りたくなっちゃうんですよねぇ~。(~o~)

まだスイスイバチも出ていないので、ちょっとイタズラ。(^^;
まずは50mmのミノーをトゥイッチしてウン百匹の群れの中を通過させてみます。
ルアーとラインが魚にゴンゴン当たってますが、魚が反応する気配はなし。・・・そのうちスレ掛りしそうなので、次。(^^;
次は、40mmのSPミノーをトゥイッチして、トルネードの中でポーズさせてみます。
はい、見事に群れが裂けて通過していきました。・・・これじゃな~い。(~o~)
更に、自作の『スロープトゥイッチャー』を出して30mmでポーズ。・・・やっぱりダメ。
でも、30mmに落としたところで、1/ウン百匹が「チラッ」と振り向いたような気がしました。
もっと小っちゃいのは・・・これまた自作の『豆ミノ』20mmです。(~o~)
「おっ、今度は2~3/ウン百匹が振り向いたぞ。(~o~)」
でも、ヤツらが食っているのはプランクトンのようなので、ルアーが沈んでいくのとウォブるのは良くない気がします。
「他に何かあったっけ・・・あった。(^^)」
『豆ミノリップレス20』、扱いが難しいので自分用としてお蔵入りさせていたヤツです。(^^;
 こんなヤツ。(^^;
「これを少し沈めて、指先程度のリフト&フォールで・・・」
コッ!(@@;
「食ったーーーーーー!」
 デブデブの千葉港産コノシロ、してやったり。(^^)
 もう一丁。
イタズラはほどほどにして、バチライズシバスを迎え撃つ準備に取り掛かります。(^^;

いよいよ暗くなってきましたが、昨日ほどスイスイバチが湧いてきません。
当然、浮き桟橋際のライズも散漫。・・・しかも、ライズはセイゴ風だったりします。
「まぁ、昨日とは様子が違うみたいだけど、あそこを通して釣れたら勝ちってことにしよう。(^^)」
あの手・・・。
この手・・・。
奥の手・・・。

1時間半投げ続けましたが、やっぱりダメ~~~~~~。T_T
着水のリアクションで1バイトあっただけです。
「ポキッ」
心折れました、またまた敗北です。T_T

そして、いつものように、やらないと決めていたはずの暗い方へ・・・
 ほんの数キャストで1匹。
 15分で3つ釣れちゃいますが、これじゃないんだよなぁ~。T_T

次の潮で、もう一回チャンスがあるか?
バチライズシバスとの勝負は、まだまだ続くのでした。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに散開しています。
このバナーを「ポチ」っとしていただくと、管理人のモチベーションも「ポチ」っと上がります。(^^;

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

0429 バチライズシバスまた敗北。T_T

2017-05-04 12:37:43 | 今日の釣りネタ

0429 ナイトゲームのメバルにも飽き、勇んで出撃したデイゲームでは15cm足らずのムツっ子しか遊んでくれず・・・。
そうなんです、この時期陽気は良くなってくるのに、狙うべきターゲットがいなくなっちゃうんですよねぇ~。
だからと言って釣りに行かないかと言うと、そんなことはあるはずもなく、ちゃ~んとこの時期限定の手強い相手を準備しているんです。(^^;
それは・・・千葉港のバチヌケライズのシバス。
千葉港では、毎年この時期になると、常夜灯の下に短くてスイスイ泳ぐバチが出るんですが、これにデカいシバスが狂ったようにライズするんです。
・・・でも食わな~い。T_T
まぁ、常夜灯の届かない暗いエリアでやれば、難なく釣れてしまうのですが、どうしてもあの憎きライズシバスをやっつけなければ収まりがつきません。
今年もあの手この手を準備して、3~4年越しのリベンジマッチにいざ出撃でした。(^^;

18:00 家から10分、安・近・短の超お手軽ポイントです。
まだ明るいので同業者は来ていない様子。
「今日はフリーバードさんも来てないなぁ~。」
「あっ、来た。(~o~)」
毎年ここでお会いするフライの名手フリーバードさん登場です。
何でも、昨日はバチもたくさん出て、デカいシバスも釣れたとのこと。
期待してスタートでした。

ライズが出るまで係留船のシェード際を狙っていましたが、一向にスイスイバチの姿が見えません。
浮き桟橋際を狙っているフリーバードさんに声を掛けると、「一つ出ました」とのこと。
相変わらず、卒なく釣りますなぁ~、恐れ入ります。
そして、ふとフリーバードさんの足元を見ると・・・、
「あれっ?こっちはスイスイバチがいっぱい出てるじゃないですかっ!(@@;」
やっぱ、ポイントのことを知り尽くしてますなぁ~、恐れ入りました。

いよいよ常夜灯の明かり下でデカめのシバスライズが始まります。
「バシャッ!バシャッ!ジュボッ!」
そのライズのすぐ近くを通しているのに・・・
いつもの通り、私のルアーを見事に無視してくれます。
でも、今年は色々と準備してきたんです。
小さいのから細いのから、長いのから太いのから。(~o~)
次々にルアーを変えて、浮き桟橋際のライズの近くへ放り込みますが・・・。
・・・。
・・・。
・・・。
いつものことですが、だんだん焦ってきます。
バチヌケシバス対策として持ち込んだルアーには、少し強めのフックをセットしてあったのですが、次々にスカされて残ったルアーはメバル用の細軸フックが付いたものばかり。
それでも、反応のないルアーを投げ続けるよりはマシです。
メバル用のシンペンを片っ端からキャストしていると、
ゴンッ!ドババババ~~~~ッ!(@@;
「キターーーーーーーー!」
ルアーはワンダー60ですが、フックが細軸のST-11です。
そこそこのサイズなのでヤバいんですが、バースの中に入られたらそれこそおしまいなので、強引に浮き桟橋から引き離しにかかります。
ピヨ~~~ン。
「あ゛~~~~、やっぱり。T_T」
小さく見積もっても60cmはあったので、やっぱりST-11では力不足でした。
というより、ヒットルアーにまともなフックを準備することができなかった私の負け。

またもや敗北です。
「クソ~~~~、必ずリベンジしてやる。・・・明日かな?(~o~)」

バラシたとは言え、「ボ」のまま帰るわけにはいきません。
やらないつもりでしたが、常夜灯の当らない暗い方でちょっとイタズラして帰ることにします。(^^;
先行者にお断りして隣に入れてもらいます。
一投目・・・ゴンッ!(@@;
いきなりヒット・・・バラシ。T_T
三投目・・・プルンッ!
 チーバスですが、暗い方ならイージーに釣れちゃうんですよねぇ~。(^^;


次回のリベンジにつづく。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。
このバナーを「ポチ」っと押していただくと、管理人のモチベーションが少~し上がります。(^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリジナルハンドメイドルアーのご紹介(^^)

2017-04-26 00:15:56 | 今日の釣りネタ

釣り好き、ライトタックル好きが高じて、ついに自作のハンドメイドルアーを作るようになってしまいました。(^^;
どんなルアーかと言うと、「UVレジン」という紫外線で固まるジェル状の液を型に流し込んで、プラ状の成型ルアーを作ってしまうというもの。(^^)
もちろん、型の原型であるモック作りから、型の成型、アイのワイヤー加工、目玉パーツの作成まで全て手作業です。
言ってみれば、「家内制手工業的インジェクション成型ルアー」ってとこですね。(~o~)
友人から「UVレジンでルアーが作れる」というヒントをいただいたのがおよそ1年前。
それから、独自の制作方法を試行錯誤して、なんとか人にお勧めできるモノが作れるようになりました。(^^)
小物アングラーらしく、「市場にはあまり出ていない30mmアンダーのオリジナルルアー」をコンセプトとして、いくつかのルアーが完成しましたので、ここにご紹介させていただきます。(^^)

<スロープトゥイッチャー30>
 
メッキシーズンの初期、まだ接岸したてのメッキが小さすぎて、手持ちの市販ルアーでは太刀打ちできない場面があります。
「こんな場面でも、ミノーのトゥイッチングでマイクロメッキが仕留められたら・・・。」
そんなニーズ(・・・あるのか?(~o~))にお応えするべく、市販品には少ない30mmのトゥイッチングミノーを企画してみました。(^^)
本来ソリッド設計となるUVレジンルアーは、上下のバランス差ができにくく、キビキビしたウォブアクションを出しにくい傾向があります。
しかし、独自の工法でウェイトの真上に相応の「気泡」を入れることで、上下バランスにメリハリを作り、キレのあるアクションが出るよう工夫しています。(^^)
細め・小さめのリップ形状で潜行深度を抑え、シャロー専用モデルとして、スロープにたむろするシーズン初期のマイクロメッキを攻略してくれます。(^^)
そして、ルアーの尾部をテーパー形状にすることで、飛行中の空気抵抗を極限まで抑え、小粒・軽量ルアーながらスロープのブレイクラインまで楽にキャスト可能な設計としています。
メッキシーズンの短い房総では、7月からメッキが狙えるルアーとして大活躍してくれるはずです。(^^;
また、デッドスローのリトリーブでは、水面直下のタイトローリングアクションとなることから、常夜灯の下で水面を意識する豆メバルにも絶大な威力を発揮します。
ナイトゲームのメバル狙いには、グリーンラメが有効となりますので、メバルとの併用にはグリーンカラーがおすすめです。(^^)
自重の軽いマイクロメッキ等がターゲットとなるので、フッキング効率を高めるため細軸の#14フックでバランスをとっています。(ST-11の#14がおすすめ)
 7月のマイクロメッキもこの通り。(^^)
 コトヒキなんかこのサイズ。(~o~)
 グリーンラメでメバルも攻略。

<ワインドトゥイッチャー30>
 
ワインドアクションはショゴ(カンパチの幼魚)に絶大な効果を発揮します。
そんなワインドアクションのルアーと言えばアイスジグがよく知られていますが、ワインド幅が大きすぎてキャスト&トゥイッチで使うとコントロール不能な状態となってしまいます。
「キャストしてのトゥイッチで、ワインドをコントロールしながらショゴを狙いたい・・・。」
そんなニーズ(あるのか?(~o~))にお応えするべく、市販品には少ない30mmサイズのワインドルアーを企画してみました。(^^)
アクションのモデルは、ズバリ「JAZZダートヘッド+ダートスクイッド」です。(^^;
ワインド幅を30~50cmに抑え、ワインドアクションを意のままに操って魚を誘いフォールで食わす、そんなハードルアーをイメージしてみました。
30mmという小粒なフォルムながら、ウェイトにはタングステンシンカーを採用してルアーウェイトを増し、キレのあるワインドアクションを可能としました。
また、空気抵抗の小さなフォルムで飛距離を稼ぎ、マイクロルアーながらPE0.3号で約30mのキャストも可能としております。
スロープの先や漁港内のブイ周りでフィーディングするショゴの群れを直撃して、ワインドアクションで一撃ヒットに持ち込むことができます。
そして、ワインドアクションが効くのはショゴだけに限りません。
メッキ、カマスに始まり、サバ、アジ、セイゴ、ムツ、メバル、クロダイ等、ライトタックルのターゲットならほぼ全ての魚種をターゲットとすることが可能です。
ワインドアクションには思わぬ大物がヒットすることがあるため、フックは太軸のトレブル#14でバランスが取れるようセッティングしてあります。(ST-36の#14もしくは#12がおすすめ)
 2015年、こんな工作から開発をスタートさせました。(^^;
 プロトモデルでショゴ。
 ボートゲームでは、ボトムワインドでキビレ。
 もちろんメッキも。(APO!さん提供)

<豆ミノ20>
 
房総メッキはいつ頃接岸が始まるのか?
例年なら7月になってから、チラホラとマイクロメッキの姿を見かけるようになります。
しか~し、接岸したてのマイクロメッキとなると、その全長はせいぜい50~70mm程度で、とてもルアーフィッシングのターゲットにはなりません。T_T
「そんなサイズのメッキでも、いるのなら誰よりも早く『一番メッキ』を釣り上げたい・・・。」
そんなニーズ(あるのか?(~o~))にお応えするべく、理屈上60mmのメッキも狙えてしまう20mmのトゥイッチングミノーを企画してみました。(~o~)
メッキの場合、ルアー長の3倍程度の魚がターゲットとなります。
このルアーはルアー長が20mmなので、正に理屈上は接岸したての60mmメッキが狙えてしまう優れモノ?なのです。(~o~)
ミノーと呼ぶにはおこがましいので『豆ミノ』としておりますが、超小粒20mmのボディーにはライトタックルでキャスト可能なウェイトが仕込まれています。
ライトタックルのキャスト&トゥイッチで、是非シーズン走りのマイクロメッキを攻略してください。(^^;
 これが釣れればメッキシーズンが1ヶ月延びます。(~o~)
 デッドスローリトリーブなら、激渋のメバル攻略にも有効。(^^;

本来は自分用として制作しておりましたが、かれこれ200個近くを作るうちに安定した品位で仕上がるようになってきました。(^^;
つきましては、僭越ながら、現在完成している上記の3種類について、ご希望の方に販売させていただくことといたしました。
販売は、趣味の延長としてフリマアプリ『ラクマ』への出品という形にしております。
興味のある方は、是非下記のリンクからご覧ください。m(__)m

この夏、手のヒラアジオリジナルのマイクロミノーで、ライトタックルの釣果倍増を狙ってみませんか?(^^;

 
https://rakuma.rakuten.co.jp/profile/45770697793d/
↑↑↑ 手のヒラアジ出品サイトです。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。このバナーを「ポチ」いただくと管理人のモチベーションが上がります。(^^;
よろしくお願いいたします。m(__)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0422 今年も愛しのデイゲーム

2017-04-23 11:02:53 | 今日の釣りネタ

0422 この時期になると、毎年このタイトルの記事が出てきます。(~o~)
昨年の12月にメッキが終わってからというもの、ナイトゲームのメバルばかりでデイゲームをする機会がほとんどないのです。
本来サイトゲームが大好きなので、ナイトゲームでは魚のバイトシーンが見えないってのがストレス溜まるんですよねぇ~。(^^;
しかもメバルとなるとデッドスローの釣りになるので、手のヒラアジの代名詞とも言えるトゥイッチの釣りは封印したまま。
もう、ロッドを持つ右腕が、トゥイッチしたくてプルプルしてくるんですよねぇ~。(~o~)
メバルバトルも終わって、今シーズンのメバルも一区切りつくと、もうお天道様の下で思いっきりトゥイッチしたい衝動に駆られるわけです。(~o~)
とは言うものの、4月下旬・・・デイゲーム、サイトでトゥイッチとなるとターゲットが見当たらないのも正直なところ。T_T
でもいいんです。
とりあえず、漁港のスロープに立ってミノーをトゥイッチすれば、右手のケアになるんですから。(~o~)
ということで、ノープランのまま約5ヶ月ぶりの外房ロードへいざ出撃となったのでした。(^^;

12:30 前日の飲み過ぎが祟って、こんな時間のポイント到着です。(^^;
さっそく、「なんかいそうな」漁港のスロープに降りて小さなミノーをトゥイッチ、トゥイッチ、トゥイッチ!
 いやぁ~、やっぱええわぁ。(~o~)
・・・でも、な~んもいね。(~o~)

今度は、護岸に立ってルアーの動きを確認しながら、トゥイッチ、トゥイッチ、トゥイッチ!
「いやぁ~、キビキビ動くルアーが見えるって、やっぱええわぁ~。(~o~)」
まぁ、いわゆるビョーキってヤツですね。(~o~)

お気に入りのルアーを付け替えて、それぞれのアクションを確認しながら、鈍った右手の動きを矯正していきます。(^^;
「おおぉ~、だんだんいいアクションになってきたぞぉ~。(~o~)」
・・・でも、な~んもいね。(~o~)

2ヵ所目・・・な~んもいね。
3ヶ所目・・・な~んもいね。
4ヶ所目・・・な~んもいね。
でも、いいんです、ルアーを見ながらトゥイッチしてれば今日は満足なんですから。(~o~)

5ヶ所目、小河川の河口シャロー、20cmレンジをスローにトゥイッチしてくると、
「おっ!なんかチェイスしてる!(@@;」
お約束のグーフー君でした。
「これ釣って「ボ」だけ逃れよう。(^^;」
ところが、渾身の誘いでトゥイッチしているのに、鼻っ面を合わせるだけでバイトしてくれません。
「くそぉ~~~!グーフーにバカにされるとは、オレのトゥイッチも相当鈍ってるなぁ・・・。T_T」

15:00 漁港内をランガンしてもターゲットが見当たらないので、磯絡みの港口に出てみます。
まずは、自作のワインドトゥイッチャーで足元のワインドから。
「んっ!?ルアーの下でなんか光ったような・・・。」

プルッ!キターーーー!(@@;
 お魚釣れました。4月のムツってこんなにかわいいのね。(~o~)
画像撮ってリリースして、もう一度足元でワインド。
ウジャウジャウジャ~~~~~~!(@@;
もの凄い数の豆ムツが出てきました。
 すぐ釣れる。(~o~)
 ワインドトゥッチャーのワインドアクションにイチコロ。(~o~)
もう、足元に落としてチョンチョンと2回くらいアクションするとすぐ釣れてしまいます。
バーチカルなワインドに飽きてきたので、今度はキャストしてトゥイッチしてみると、これでもすぐ釣れる。(^^)
 10分もかからずこの釣果。(~o~)
15匹・・・30回は投げてないはず。(^^;
20匹・・・ルアーの下はギラギラしっぱなし。
25匹・・・さすがにレンジが下がってきました。
30匹・・・だいぶスレてサイトでは難しくなってきた。
35匹・・・渾身のワインドで無理矢理追加。(^^;
ここで、漁師の漁船が一斉に船道を通過したら・・・ぜ~んぶいなくなってしまいました。(~o~)


「ボ」も覚悟での出撃でしたが、意外な魚が大爆裂!
我ながら、釣りも釣ったり「35億!」・・・じゃなかった「35匹」。(^^;
右手のケアも十分にできて、今年の「愛しのデイゲーム」は大満足のうちに終了となったのでした。(^^)


おまけの残業。
今週も夕まずめから内房へ通うメバルメンバーがいるようなので、ちょっとだけやって帰ることにします。
先週、ライズメバルにバカにされたのが悔しいので、リベンジに向かうと・・・今日は一つのライズもありません。T_T
干潮の漁港内を自作のスロープトゥイッチャーで叩いて回ると、いました、いました。(^^)
 お豆~~~。(^^;
 またお豆~。(^^;
 豆しかおらん~。(~o~)
お豆10連発でしたが、先週のバトルならキーパーなしになるところでした。(~o~)
まぁ、スロープトゥイッチャーはメバルにも効くってことで。(^^;


自作のUVレジン製のハンドメイドルアーを販売しています。(^^;
   釣れますよぉ~。(^^)
↓↓↓ 興味のある方は是非こちらをご覧ください。
https://rakuma.rakuten.co.jp/profile/45770697793d/


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。このバナーを「ポチ」っとよろしくお願いします。(^^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0415 第5回 LINE de メバルバトル(vol.2)

2017-04-21 00:00:52 | デカメバ3匹研究会

メバルバトルの後半戦です。

と、その前に、恒例の外道オンパレードショーで~す。(~o~)
 二度目の登場、Commyさんのクジメ。
 こちらも二度目、青服さんのチンチン。・・・不思議なフレーズ。(~o~)
 yuyaさん、それはマルメバルとは言いません。(~o~)
 jesse-edさんは赤いヤツに好かれてました。
 ワタクシは黒いヤツ。根に潜られて25upのメバルだと信じてブチ抜いたのに・・・。T_T
 海太さん、横浜でメバルやればやっぱこれ税金ですね。(~o~)
今回は外道の釣果も低調でしたが、これはこれで毎回楽しませていただいてま~す。(^^;

さて、メバルバトルも残すところあと2時間。
これまで、全国的に爆風吹き荒れる最悪のコンディションで、史上まれに見る低レベルな団子レースとなっておりました。(^^;
・・・が、
気まぐれなバトルの神は、何と!ラスト2時間を残して吹き荒れる爆風をピタリと止めてしまったのです。(@@;
これまで、数日間も止むことがなかった爆風が止んでしまったわけですから、物陰に潜んでいたメバルは大喜びで水面近くに浮いてくる・・・。
そうです、残り2時間は、史上まれに見るとんでもないデッドヒートとなったのでした。(@@;

中間報告の最中にもエントリーは続きます。
 21:05 伊豆のkosk0429さん、やっぱり追い上げてきました。2匹目のエントリー、20cm。
そして、この魚で2匹エントリーながら暫定1位に躍り出たのです。(@@;
その僅か2分後。
 21:07 三浦のぱわぁほ~るさん、ギリキーパーの15cmを釣ってリミットメイク!
22cmを持っているぱわぁほ~るさんもこの魚で暫定1位に浮上。
 21:15 伊勢志摩のTATさん、こちらも19cmをエントリーしてリミットメイク!
僅か1cm差ではありますが、暫定2位に躍進です。

そして、実は、この3匹のエントリーの合間を縫うように、LINE上にはノンキーの画像アップが連発していたのです。
爆風が止んでメバルが動き出した気配。(@@;
何かが起こりそうな予感・・・。
「キターーーーーーー!」
三浦のがんじーさん、前半戦でノンキー1匹に沈んでいましたが、絶好のチャンスをモノにしてキーパー3連発!(@@;
 21:21 ファーストエントリー、17cm。
 21:33 セカンドエントリー、18cm。
 21:40 リミットメイク!19cm。
例年のバトルなら、20cmアンダーが3連発したところで誰も気に留めませんが、今回のバトルでは見過ごせない3連発です。(@@;
何しろ、たった20分間でキーパーなしから暫定1位にジャンプアップしてしまったのですから。(~o~)
これがあるから、バトルは楽しい、バトルは怖い。(~o~)

さて、ピタリと風が収まる前から目の前がメバルだらけのワタクシですが、見えてるメバルは何をやっても釣れないのです。T_T
「う゛~~~、ぐやじぃ~~~。」
「そうだ、あれはメバルじゃないんだ。だから何を投げても釣れないんだ。そうだ、そうだ。」
「あ゛~~~、今のライズは20cmくらいあったぁ~~~。T_T」
もう、一面ライズの目の前にいると、頭がおかしくなりそうです。
残り1時間、あえてライズメバルが視界に入らないように、港内ランガンのストラクチャー撃ちに作戦を変更したのでした。(^^;
・・・セルフコントロール重要です。(~o~)
ポイントを移動しながら係留船の際を流していると、プルプルッ!(@@;
「キターーーーーーーー!お豆。」
「お願い、お願い、15cmあってください。」
 21:57 ヤッター!15cmジャスト、リミットメイク達成!(~o~)
そして、本人は気が付いていませんでしたが、実は、ワタクシもこの1匹で暫定2に再浮上となったのでした。(^^)

目まぐるしく順位が変わる後半戦、浮いたメバルのパターンを掴んだ参加者は次々と釣果を重ねていきます。
 21:43 房総の青服さん、2匹目エントリーながら20cm追加。もう1匹出ると怖い。(^^;
 21:58 暫定トップのがんじーさん、入れ替えとなる19cmで暫定1位死守。
 21:59 ザブザブのテトラを諦めたjesse-edさん、狙いを変えた途端にファーストフィッシュの19cm。
 22:00 そのjesse-edさんが諦めたポイントに入れ替わりで入ったひろすぃさんは、いきなりの22cm。(@@;
そして、またもや暫定1位の入れ替わり。
ついに、20cm台をひねり出したひろすぃさんが、頭一つリードとなったのです。(@@;

熾烈なトップ争いはまだまだ続きます。
 22:26 伊勢志摩のTATさん、19cmを入れ替えて暫定2位浮上。
そして、各地で20cm台が出せずに苦労している中、トップのひろすぃさんから二つ目の20upの報告が・・・。(@@;
 22:37 ひろすぃさん、残り20分で頭二つリードとなる22cmを入れ替え!(@@;

さて、さて、電池切れで動きが鈍る中、港内ランガンを続けるワタクシは、小場所を切り捨てて港内の大場所だけを流していきます。
大場所から大場所への移動は小走り!
「20upあと2匹、いや、25cm1匹でもなんとかなるかもしれない・・・。」
もう、LINEを見て順位を確認する余裕すらないので、優勝ラインを60cm強と想定してデカいのがいそうなピンポイントだけを撃っていきます。
常夜灯のない真っ暗な堤防先端、その両角だけを撃ちに小走りするワタシ・・・。T_T
しか~し、そんな努力が報われることもあるのです!
ガゴンッ!(@@;
ハンドル停止!(@@;
このバイトが出たときはデカいんです。(@@;
ヂヂヂヂヂィ~~~。
いつもより強めにしてあるはずのドラグが滑り始めます。
「キターーーーーーーー!これは25cm級間違えなしっ!」
大暴れするメバルを慎重にいなして、抜き上げは「よいこらしょ」な感じです。
真っ暗なので、ヘッドライトを当てないと大きさもわかりません。
(@@;(@@;(@@;!!!
「太い!?」
 22:50 25cm級と間違えるほど「太い」21cm、入れ替え。・・・「長い」方がよかった。T_T

混沌とするトップ争いは、残り10分となってもまだまだ続きます。
 22:52 青服さん、二匹目の20upを取って残り8分でリミットメイク!(@@;・・・これはいったか?
 22:55 noppoさん、16cmを入れ替えてしぶとく+1cm。
そして、メバルバトル終了の23時。
ところが、LINEの画面が23:00となったところで、更なるエントリーが飛び込んできます。(@@;
 23:00 TATさん、滑り込みで18cmを入れ替え。
 23:00 かめさんは滑り込みで22cmを釣ってリミットメイク。(@@;

~~~ 審議 ~~~ 審議 ~~~ 審議 ~~~

メバルバトル終了~~~。(~o~)

23:00ジャストのエントリーをどうするのか?
こうなると、主催者のワタクシが何らかの判定を出さざるを得ません。・・・イヤな役。T_T
もう一度、自分で書いたブログのルールを熟読してみると・・・
「23時ストップフィッシング」としか書いてありません。
よって、TATさんとかめさんの23:00エントリーは有効としま~す。(~o~)

さて、結果の発表です。
第7位は、・・・15+15+22=52cm、リミットメイクしたものの、ギリキーパーを入れ替えできず。
三浦エリア参加のぱわぁほ~るさんでした~。(^^)
第6位は、・・・18+18+19=55cm、小商い的な入れ替えを重ねるも20upに恵まれず。
伊勢志摩エリア参加のTATさんでした~。(^^)
第5位は、・・・18+18+19=56cm、キーパーなしからの3連発で、暫定1位へのジャンプアップはお見事でした。
三浦エリア参加のがんじーさんでした~。(^^)
第4位は、・・・15+19+22=56cm、23:00ジャストに22cmでリミットメイクなメイクドラマ。(~o~)
三浦エリア参加のかめさんでした~。(^^)
そして上位の発表です。
第3位は、・・・15+21+23=59cm、ライズメバルにバカにされ、「太さ」に凹んだ釣果ですが、まぁ良しとしよう。(^^;
房総エリア参加のワタクシ、主催者手のヒラアジでした~。(~o~)
第2位の発表です。
19+20+21=60cm、キーパー釣果もさることながら、実はノンキーを含めて一人ツ抜けの釣果。
房総エリア参加の青服さんでした~。(^^)
そして、そして、栄えある「
第5回 LINE de メバルバトル」の優勝者の発表です。
ライトタックルを始めてまだ1年少々、しかし、その若さとバイタリティーから、サラリーマンらしからぬ実釣時間をこなすツワモノ中のツワモノ。(~o~)
今回も、休憩もとらずに釣り続けたその勢いと、凪のタイミングを見事にモノにしたその嗅覚は、他の参加者より一枚上手だったかもしれません。(^^)
18+22+22=62cm、房総エリア参加、メバルバトル初参加のひろすぃさんでした~。(~o~)
おめでとうございま~す。(^^)


史上まれに見る団子レース、猫の目のように変わる暫定1位・暫定2位の入れ替え劇。
爆風の悪条件でサイズには恵まれないバトルでしたが、振り返ってみると、それなりに愉快なバトルになったのかもしれません。(~o~)
また来年も企画しますので、我こそはと思う方は、次回是非ご参加ください。m(__)m
参加の皆様、おつかれさまでした~。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。
楽しくご覧いただけた方は、バナーを「ポチ」っとお願いいたします。m(__)m

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

0415 第5回 LINE de メバルバトル(vol.1)

2017-04-20 00:07:42 | デカメバ3匹研究会

0415 今年もやってまいりました、春告魚の祭典「第5回 LINE de メバルバトル」の開催です。(^^)
全国に散った参加者全員がLINEでつながり、釣果をリアルタイムに画像で報告するこの大会。
他人の釣果が丸見えとなるので、競れば競るほど「あと一匹」「あと1cm」のプレッシャーがとてつもなく大きくなるのです。
そして、リミット3匹の全長合計を競うわけですが、いつもの通りリミットメイク以降は入れ替え自由。
理屈上はエントリーが一匹もない状態でも、終了直前の3キャストで一発大逆転も可能だったりするのです。(~o~)
闘うモチベーションさえ保てれば、終了直前まで1キャストたりとも気を抜くことができない、正に「バトル」となるわけなのです。(^^)
さて、さっそく,、
今回の参加メンバー紹介から。
東北エリアからは、Commyさん。
房総エリアからは、jesse-edさん、青服さん、ひろすぃさん、と主催者手ヒラアジの4名。
横浜エリアからは、初参加の海太さん。
三浦エリアからは、かめさん、Jr君、ガンジーさん、ぱわぁほ~るさん、yuyaさんの5名。
伊豆エリアからは、kosk0429さん。
伊勢志摩エリアからは、TATさん、てとらぽっとさんの2名。
そして、天草エリアからは、noppoさん。
以上総勢15名で、激熱なバトルが繰り広げられることとなったのでした。(^^)

18:00 最も日没の早い東北エリアでもまだ明るい時間帯ですが、全国一律にバトルスタートです。(^^)
開始早々釣果の画像がアップされますが、何か違う気がします。(~o~)
 Commyさん、それ測ってもエントリーできませ~ん。(~o~)
更に、違う気がする画像アップが続きます。
 青服さん、房総名物オチンチンですね。(^^;・・・あっ、「オ」は要らない。(~o~)
そして、ついに本命の画像が飛び込んできます。(@@;
「どこだっ?誰だっ?サイズは?」
 三浦のかめさんから14.5cmのノンキーでした~。(~o~)

ここで、主催者兼参加者でもあるワタクシ手のヒラアジのスタート状況を少々。(^^;
実は、ここ房総エリアでは、バトル当日の3日前からとてつもない爆風が吹き荒れていたのです。T_T
内陸でも10mは当たり前、海沿いとなると15m以上の南西風が吹き荒れ、普通なら出撃を見送るような状況だったのです。
なにしろ、家を出発した当日の15時でも千葉市内は10m以上吹いてましたから。
当然、海を見るまでもなく外向きの狙いを諦め、まずはメバリングが成立するポイント探しが必要だったのです。
「南西風の風裏ポイント、もしくは、水深のある大型漁港で濁りを回避するしかないな・・・。」
まずは、スタート前に目星を付けた風裏ポイントをのぞいてみますが、風は回避できても濁りは回避できません。T_T
偵察2ヵ所目、なんと!風表の爆風がウソのように港内だけが凪いでいるじゃないですかっ!(@@;
「風裏ポイントみ~つけた。(^^)」
「フッ、フッ、フッ、勝ったかも。(~o~)」
まだキャストもしていないのに、25cm級を3つ取ったくらいのつもりで、18時のスタートを迎えたのでした。(^^;

参加者の釣果状況に戻ります。
スタートから小一時間が過ぎて、各地とも暗くなりいよいよメバリングのゴールデンタイムを迎えます。
18:48 最初のキーパーエントリーは、伊勢志摩エリアのてとらぽっとさんでした。
 17cm、てとらぽっとさん、今日の状況なら大事なキーパーですね。(^^)
この一匹を合図に、各地でキーパーのエントリーが続きます。
 18:54 続いて、房総のひろすぃさんも17cm。
 18:54 三浦のぱわぁほ~るさんも22cm。
 18:55 同じく三浦のかめさんはトップで19cm。
 18:58 房総の青服さんも19cm。・・・それ、抱卵してませんか?(@@;
各地とも釣果が出始めましたが、今シーズンの不調と当日の悪条件を象徴するかのように控え目なサイズばかり。
「今年の優勝ラインは、20cm×3匹=60cmくらいかな?」
参加者の誰もがそんな風に感じながらLINEを見ていた・・・
はずなのですが・・・、
そんなヌルい思惑が一気に吹き飛ぶ衝撃サイズの一発がエントリーされたのです。(@@;
 19:01 伊豆のkosk0429さんから良型の磯メバル、27cm!(@@;
 LINE上は驚愕のスタンプだらけ。(^^;
kosk0429さんのビッグワンで、参加者全員のバトルスピリッツが一気にスイッチONとなったのでした。

そうは言っても、現場環境の悪さからか、例年と比較してもだいぶエントリーのペースが遅くなっています。
ポツリポツリとエントリーは続いていますが。
 19:32 天草のnoppoさん、ギリキーパーの15cm。
 19:37 伊勢志摩のTATさん、16cm。
 19:38 noppoさん連発、17cm。
 19:38 かめさんの2匹目エントリーは15cmでセーフ。(~o~)
 19:57 TATさんも2匹目エントリーで16cm。
まぁ、それにしても、今年は細かいのが多いですなぁ~。(~o~)

その頃、ワタクシ手のヒラアジの状況はと言うと・・・、
絶好の風裏ポイントを発見して、投げてもいないのに勝ったつもりでスタートしてはみましたが・・・、
港口のテトラ周り、港口の船道、凪いだ港内のブイ周り、小堤防の先端、漁協埠頭のヘチ、スロープのブレイクライン・・・
およそメバルが浮いていそうなポイントを次々に流して行きますが、一つのショートバイトすらありません。T_T
「おい、おい、こんなにいいポイントで一匹も出ないのかよ。T_T」
ここだけで勝つつもりだったので、ノーバイトの焦りも加わって2時間近くも粘ってしまいました。
ふとLINEに目をやると、kosk0429さんの27cmが出ているじゃないですかっ!
「ヤバいっ!作戦変更!大型漁港の濁り薄で仕切り直しっ!」
主催者手のヒラアジ、開始から2時間経過してもノーバイトの出遅れでした。T_T

20:00 仕切り直しで、次の狙いは水深のある大型漁港。
ここ数日の大荒れでも、水深のある大型漁港なら外海の影響が低く濁りが薄いはずです。
大型メバルは望めませんが、ストラクチャーを打ちまくって、まずはキーパー3匹を確保する作戦なのです。(^^;
車を停めてお目当てのポイントへ向かう途中、何気なく常夜灯の下に目をやると・・・
(@@;(@@;(@@;
辺り一面ライズだらけじゃないですかっ!(@@;
しかも、ロッドで突っつけるくらいの足元でもパチャパチャやってます。(@@;
だんだん目が慣れてくると、ライズの主はギリキーパーくらいのお豆さんですが、とにかくウヨウヨいます。
「よし、とりあえず15cm×3匹=45cmを確保しよう。」
さっそく、一面ライズの中へ、魚に合わせて30mmの自作ミノーを放り込みます。
放り込みます・・・。
放り込みます・・・。
放り込みます・・・、あれっ?
こんなにいるのに全くバイトする気配がありません。???
しばらく投げていると、着水のリアクションで1バイト。
 お約束~、14cmのノンキー。T_T
でも、これを続けていれば45cmは確保できるはず。
バチかな?・・・細身のシンペン・・・。
シラスかな?・・・Sストリーマー・・・。
アミかな?・・・クリアラメ・・・。
相変わらず、辺り一面でライズは続いていますが、何をやってもまるでバイトがありません。T_T
さすがに、30分投げ続けたところで諦めました。T_T
この間、バイトがあったのは、リアクションバイトで釣れたノンキーの1回だけ。T_T
「頭にきた!もうライズは狙わない!ストラクチャー打ちに変更!」
そして、2~3回ヘチ沿いにシンペンを流したところで、ゴンッ!(@@;
「キターーーーー!けっこういいサイズかも?」
 20:36 初キーパーの23cm。ヤッター。(~o~)
更に続けると、ストラクチャー周りのライズメバルならルアーに触ってくることが判明しました。
 20:50 ようやくライズメバルを仕留めて2匹目のエントリー、ギリ15cmですが。(^^;

各地のエントリー状況に戻ります。
 20:06 がんじーさん、片目が開いて・・・いや、それノンキーです。(~o~)
 20:09 ひろすぃさん、2匹目の18cm。
 20:13 noppoさん、3匹目の15cmを釣ってリミットメイク一番乗り。
 20:14 ぱわぁほ~るさんも2匹目、ギリギリギリギリ15cm。(~o~)
 20:43 伊豆のJr君もようやく1匹目、18cm。
 20:59 と思ったら、連続エントリーで19cmも。

そして、時刻は21時、3時間が経過したところで中間報告の時間となりました。
現在トップは、前半戦で唯一リミットメイクを果たしたnoppoさん、47cm。
これに2匹エントリー組が続きますが、まれに見る低レベルのダンゴレースだったりします。(~o~)
手のヒラアジ、38cm。
ぱわぁほ~るさん、37cm。
Jr君、37cm。
ひろすぃさん、35cm。
かめさん、34cm。
中間上位ではありませんが、唯一良型を持っているkosk0429さんが、後半戦のカギを握りそうな予感です。(^^)
しか~し、そこは入れ替え自由のバトルルール。
目まぐるしく順位が入れ替わる怒涛の後半戦は・・・vlo.2をお楽しみに。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ ← バナー「ポチ」で管理人のモチベーション↗↗で~す。(~o~)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0402 バトルプラクティス・・・どーなの?

2017-04-12 00:28:53 | デカメバ3匹研究会

0402 メバルバトルを2週後に控え、ポイントが空きやすい日曜出撃でプラクティスです。
バトル当日と同じ潮回りなので、時間を合わせて念入りなポイントチェックとなりました。(^^;

18:00 まだ暗くなりきらない時間ですが、この時間帯にスタートダッシュできれば、ライバルに精神的なダメージを与えられるのです。(~o~)
しっかり18:00を待って、いの一番にメバルが浮きそうなストラクチャー周りへシンペンを放り込みます。
ゴミ~。
また、ゴミ~。
またまた、ゴミ~。
キャストするまで気が付きませんでしたが、ちょうどキャストしている辺りにゴミの帯ができているようなのです。T_T
「先に投げて気が付いておけば良かった・・・。T_T」
こんなことも本番前の学習だったりするのかもしれませんが。(^^;

早々にポイントを変えて、今度はハエ根のエッジを流してみます。
過去に何度となくデカメバ君が着水食いしてきたポイントです。(^^)
1投目・・・。
2投目・・・。
3投目・・・、いね。T_T
ハエ根のシャローサイドも探ってみますが、やっぱり、いね。・・・次。

19:00 潮位があるので、ドシャローのゴロタで7cmのシンペンを大遠投してみます。
・・・。
・・・。
7cmだから食わないのか?シャローだからいないのか?
ひとまず、魚がいないと結論付けて・・・次。

19:30 テトラ帯のエンド、テトラの先には水面まで伸びたホンダワラがなびいていますが、それを避けるようにキャストしなければなりません。
避けるように・・・。
避けるように・・・。
避ける・・・避けられましぇ~ん。T_T・・・次。

20:00 ハエ根のエッジに隣接した小堤防の先端。
風裏で水面のざわつきもなく、一見ベストコンディションに見えますが・・・何事もなく次。

20:30 ここまでノーバイト、前回釣行で「ボ」を引いているので、だんだん弱気になってきました。(^^;
「とりあえず一匹釣って気を落ち着かせよっと。(^^;」

志低く漁港内の常夜灯周りで30mmミノーを引いてみます。
プルプルッ!
 ひとまず落ち着きました。(~o~)

21:00 プラクティスなので、漁港内をしらみつぶしにするつもりはありませんでしたが、いつもは投げない常夜灯の下に目をやると・・・
「ライズしてるじゃない。(@@;」
50mmシンペン・・・
45mmシンペン、1バイトのみ。
50mmFミノーのデッドスロー・・・
ルアーを変えてもバイトが出ないのに、ライズの数は増える一方だったりします。
こうなると、志もへったくれもなく30mmミノーの出番です。(~o~)
メッキ用に作った「スロープトゥイッチャー30」のグリーンをデッドスローでリトリーブしてみると、コンッ!(@@;
 一発ヒット!豆ですが。(^^;
 次のキャストも着水直後のヒット。しかも二つともガッツリ咥えてます。(@@;
「スロープトゥイッチャー30」のデッドスロー、メバルにも好評をいただいたようです。(^^)
 ほぼ連発で20cmも。(^^)

別の常夜灯でもポツポツとライズしているようです。
今度は「スロープトゥイッチャー30」のカラーをレッドに変えてみます。
・・・。
・・・。
更にイエローに変更。
・・・。
・・・。
「んっ?さっきの魚とは違うモノ食ってるのかなぁ?」
仕方なく、先ほど連発したグリーンに変えると、途端にショートバイトが3回連続します。(@@;
以前から常夜灯周りのグリーンは強いと感じていましたが、ここまでカラーに差が出るとは思ってませんでした。
ゴンッ!
突然、重たいバイトでハンドル停止!(@@;
魚はまだ釣られたことに気が付いていない様子です。
ラインがスーっと持っていかれたところでスイープなフッキングを入れると、係留船の下に潜りこむようなファーストラン!(@@;
「おお、おお、こんな漁港の奥にもいいのがいた。(^^)」
 なかなかのプロポーションの23cmげと。(^^)
常夜灯周りのグリーン、かなり信頼度高まりました。(^^;

22:00 翌日仕事なので、ここらで終わっておかないと明日の仕事に響いてしまいます。・・・オヤジなので。(^^;
最後のポイントも常夜灯周り。
今度は足元の水面近くに豆メバルがウヨウヨしています。(@@;
「やっぱ、ここはグリーンで復習しておかなきゃ。(^^;」
4~5回ショートバイトを空振りして、何とかメタボなお豆を一つゲット。
 何食ったらこんなに腹出るの?(~o~)

外向きのデカメバポイントでは目ぼしい成果はありませんでしたが、渋い中でのグリーン使いで「ボ」だけは回避できる?・・・自信が付いたバトルプラだったのでした。
そんな自信付けてどーするの?(~o~)


自作のUVレジン製ハンドメイドルアー「スロープトゥイッチャー30」と「ワインドトゥイッチャー30」の販売を始めました。(^^)
興味のある方は、是非ご覧ください。m(__)m
 
http://rakuma.rakuten.co.jp/profile/45770697793d/

 

「ラクマ」未登録の方は、期間限定の友達紹介キャンペーンで300ポイント獲得できます。
実質300円引きになりますので、是非ご活用ください。
(紹介者の私もポイントもらえますが。(^^;)
5TmISrQa
こちらのコードを使って登録してください。




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ メバルバトルのご参加を受け付けております。
4/15(土)メバル釣行に出撃予定の皆様、いつもと違う緊張感で釣りを楽しんでみませんか?
4/14(金)の夕方まで参加受付けしておりますので、遠慮なくお申し出ください。m(__)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加