手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0120 横浜温泉に「gt」降臨。(@@;

2018-01-23 00:05:12 | 温泉デカメッキ研究会


0120 いきなり画像アップからですが、ついに横浜温泉で念願の「gt」をやっつけました。(^^)
GT=ジャイアントトレバリーですが、南の島で本気で狙っている方に申し訳ないので、ちょっと控え目に「gt」としてみました。(~o~)
でも、サイズこそ50cmではありましたが、その引きと風格は正に「GT」そのもの。
いやぁ~、少しずつノウハウを積み上げての本命ゲットに、久々の超満足感となったのでした。(^^;
それでは、いつもの通りに釣行記をどーぞ。(^^)

前日の金曜日、釣福丸の船長からLINEが入ります。
「明日メッキのお客が入ったけどどう?」
えぇぇぇ~、先週2人チャーターの殿様みたいな釣りしたばっかりなのに・・・。
でも~、ここ2回の乗船で「何をか掴まん」状態になっているんですよねぇ~。(^^;
先週は、弟くんにポッパーで美味しいところ持っていかれたし・・・。
「その話、乗った。(~o~)」
 美味しい話にすぐ乗っかる悪い癖。(~o~)

15:00 初めてご一緒するOD821さんともう一方、私を入れて3人での出船です。
いつもの通り、5分後にはポイントに到着して、さっそくデカメッキ狙いスタートです。(^^)
OD821さんは先週のポッパー釣果に刺激されたらしく、いきなりポッパーで水面をかきむしっていますが、この時間帯はちょっとねぇ~。(^^;

ここで、もう一度デカメッキ狙いの心得をおさらいです。
① ハイパートゥイッチをしないこと。
② ボトム付近をしっかりトレースすること。
③ できるだけ小さなルアーを使うこと。
この3つです。(^^)
そして、もう一つ。
④ 夕まずめのフィーバータイムには、果敢にトップゲームにチャレンジすること。
今週の私のテーマは④ってことになりますな。(^^;

15:30 温泉の出が渋いようで、先週20°Cだった水温ですが、今日は18°Cしかないそうです。
気持ち流れも緩いようなので、いつもよりしっかりボトムを取って30mmのワインドトゥイッチャーでボトム付近を攻め続けます。

温泉の流れに負けないように、ワインドトゥイッチャー30は鉛シールでウェイトアップ。

ゴッ、ゴゴンッ!(@@;

軽くロッドを聞いて生命体反応を確認してから、スイープに大きなアワセを入れます。
ゴンッ!(@@;
ヂィヂィ、ヂィ、ヂィ、ヂィィィ~~~~~~!
「食った!キターーーーーーーーーーーー!」
排水口付近でのヒットとなったため、ロッドを大きく曲げながら船の後方に後ずさりして、ヤバいエリアから脱出します。
それほど走ったわけでもなく上がってきたのは、デカメッキのレギュラーサイズとも言える43cmのギンガメでした。

やっぱりボトムで小さいルアー食ってきます。(^^)

15:45 一匹釣って気を落ち着けたところでしたが、体は勝手に次のキャストを繰り返しています。(^^;
先ほどのヒットエリアは、2つの温泉の流れが離れていく潮弛みの△エリア。
同じようにその△エリアのボトム付近を流していると、
コッ、ココッ、コッ、ココココッ。
怪しい前アタリが出た後に、ゴンッ!(@@;
「もう一丁キターーーーーーーーーーー!」
しか~し、バイトも変なら引きも変、ドラグは引き出していくんですが、体力なさげにすぐ止まります。(^^;
短めのやり取りで浮いてきたのは、久々ご対面のビッグイトヒキアジでした。(^^)

前アタリが出るのはコイツの特徴ですね。41cm。(^^;

16:30 またしばらく何事もなく、ミノーを投げたりポッパーに浮気したりしていますが、これといったバイトがありません。
一旦ワインドトゥイッチャーに戻して、護岸際を縦にテンションフォールしてみます。
コーン!?
(@@; ・・・。
もう一度同じコースへ。
コーン!?(@@; ・・・。
単発のショートバイトが続きますが、ルアーを抑え込んでくれません。
「どうせまた、イトヒキくんなんだろうなぁ~。」
そして、3回目もコーン!?(@@;
護岸際のテンションフォールにだけ反応して、それ以降は続けてバイトしてくれません。
「あ゛~~~、バイトがあるのにイライラするなぁ~。」

っと、残り半分を早目のリトリーブでルアー回収していると、ゴンッ!(@@;
なんと!ノーアクションで走ったワンドトゥイッチャーに反転食いでした。(@@;

これは当年モノの27cm。でも、温泉の魚はいい引きします。(^^)

一瞬活性が上がったように感じたので、ここからは本日の課題「ポッパータイム」です。(^^)
船長に船を定位してもらって、ラインをフケさせないように、大きなスプラッシュでポッパーを引きまくります。
引きまくります・・・。
引きまくります・・・。
引きまくり・・・ません。(ーー;
どうも「ポッパー引きまくり」というのが性に合わないのか、続けているとすぐに飽きてイヤになってしまいます。(^^;
同じくポッパーを引いている他の二人にもバイトがないようなので、もう一度ロッドを持ち替えてワインドトゥイッチャーのボトム狙い。
その一投目、ガゴンッ!(@@;
地球を釣ったかような重たいバイト?
ロッドを立ててフッキングしにいきますが、ロッドティップの位置が変わらないままロッドだけがぐにゃぁ~。(@@;
「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
チィ、チィ、チィィィィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!(@@;
今度のヤツはヤバそうです。
ドラグが引き出されるスピードが速すぎて、ドラグ音が#しちゃってます。(@@;
ライトロッドのベイライナーMK68は、バットから曲がってその先がラインと一直線。(@@;
「ヤバい!止まってくれぇ~~~。」
100m巻きのPE0.3号を半分以上出されたところで、ようやくファーストランが止まりました。
・・・が、今度は左手に向かってまたダッシュ。(@@;
チィィィィ~~~~~~!(@@;
「やめてぇ~~~、もう勘弁してぇ~~~。」
残りのラインが気になり出したところで、なんとか止まってくれました。
ここからポンピングしてラインを挽回しないと、またいつ走り出すかわかりません。
しか~し、これまで掛けたデカメッキとは比べものにならない重量感です。
ポンピングの度にロッドがぐにゃぁ~っと曲がるばかりで、ちっともラインを回収できません。T_T
そうこうしていると、今度は遠巻きに目の前を通り過ぎて右手に走り出します。(@@;
「あっ!そっちはダメッ!排水口!」
「船長ー!ヤバい、ちょっと船下げてください。」
船長に操船までしてもらって、ようやく排水口の危機を脱しました。
いよいよ足元までよってきて、薄っすら魚が見えてきて・・・
「でぇ~、けぇ~~~。(@@;」
17:00ジャスト、10分以上かかったと思われるファイトでしたが、無事に船長の構えるネットに収まってくれたのでした。(^^)
んで、この魚が冒頭の「gt」というわけです。

もう一度画像アップしちゃいます。(^^;


50cmですが、もっともっとはるかにデカいかと思いました。


30mmのワインドトゥイッチャーは丸飲みで見えません。(~o~)

ボートゲームで取り込みがヤバいわけではなので・・・、
根に巻かれるわけではないので・・・、
デカメッキと言ってもせいぜい60cm程度なので・・・、
ここ釣福丸の温泉デカメッキはずいぶん続けていますが、これまで、「いつものライトタックルで何とかなる」と高を括っていました。
しか~し、相手が「ギンガメ」ではなく「gt」となると、ちょっと勝手が違うようです。(@@;
ギンガメは50アップまで取りましたが、このサイズの「gt」に比べると「お子ちゃま」レベル。(@@;
南の島で多くの方が「GT」に熱くなるのが、ちょっとわかったような気がします。(^^;

画像を撮って、計測して、一通り終わらせると既に辺りは真っ暗。
あらためて、キャストを再開した時には、水面をボラが覆ってルアーが引けない状態です。
船長にメッキゲームの終了を申し出て、本日の温泉デカメッキ狙いはこれにて終了となったのでした。(^^)

・・・で、メッキゲームの後は、お楽しみのお手軽アジング。(^^;
とっておきの近場ポイントに案内していただき、渋いながらもポツリポツリとメタボなアジが釣れてくれます。
沖上がり前の1時間で、手堅くハマアジ7つをゲット。(^^)
同乗のお二人の分までいただいて、おみやげ確保も完了。
二週続けた釣福丸は、今回も大満足のうちに終了となったのでした。(^^)

OD821さん、また乗りましょうねぇ~。(^^)
船長~、またよろしくお願いしま~す。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。初「gt」ゲットに「ポチ」一つお願いしま~す。(^^)


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しています。
ワインドトゥイッチャー30は、ご要望あれば、温泉メッキ仕様として鉛ウェイトアップチューンいたします。
ご購入の際にご要望ください。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

0113 温泉メッキ炸裂!

2018-01-18 00:31:28 | 温泉デカメッキ研究会

0113 今シーズン二回目の温泉メッキです。(^^)
毎年、年明けの3日辺りで乗るのですが、さすがに三が日ではなかなかメンバーが集まりません。
そこで、いつもは実家でゴロゴロしている弟くんを誘い出して、頭数の帳尻を合わせているのです。(^^;
しか~し、今回は年末に仲間のメッキ遠征が流行して、皆さん金欠でメンバー不足。
帳尻を合わせるどころか、企画そのものが成立しません。T_T
仕方なく、弟くんにも「今年はメンバー不足でダメそう。」と連絡すると!
「釣れるんだろ!金なんかどうでもいいんだ!乗るぞ!貸し切っちまえ!」
力強いお言葉。(^^;

それもそのはず、独身の海外勤務とくれば、金に糸目を付けず遊び呆けるヤツなのです。(^^;
でも~、一口乗った。(~o~)
と言うことで、何と、いつも5~6人で乗っている釣福丸さんを二人でチャーターしてしまったのでした。(~o~)

14:30 定刻通りに出船して、5分後にはポイントに到着です。(^^;
二人しか乗ってないので、船長もマイクを通して「いいよぉ~。」なんて言いません。
船長のアゴがフッとしゃくれたのを合図にルアーを放り込みます。(~o~)

開始10分、ボトムから中層までトゥイッチアップしたルアーにバイトが出ます。
ゴゴンッ!(@@;
いい感じのひったくりバイトでしたが、ドラグが出て行くようなサイズではないようです。(^^;
 幸先良く今年産のロウニンメッキゲット。27cm。(^^)
これが狙いじゃありませんが、まぁ、一つ取って一安心ってやつですな。(~o~)

もう何回も乗っているので、温泉デカメッキ攻略の「カギ」はいくつか握っているつもりです。
ここで、主要な「カギ」を3つご案内しておきましょう。(^^)
一つ目は、ハイパートゥイッチしないこと。
メッキは「手首が折れるほどトゥイッチ」なんて言われますが、温泉デカメッキに限らず、メッキは25cmを超えると激しいダートに反応しにくくなります。
小さくスローにアクションさせて、フワァ~っと抜いたようなポーズを作るのがデカメッキへの近道と考えています。
二つ目は、明るい時間帯は丁寧にボトムをトレースすること。

何回も乗っていますが、40cm級のデカメッキが水面でガバガバなんてことは滅多にありません。
特に明るい時間帯は、中層よりボトム寄りでのバイトがほとんどとなりますので、一旦ボトムを取ってから中層までの下層で勝負するのがオススメです。
三つ目は、大きいルアーに反応しにくいということ。
どのくらいから「大きい」と言うかが問題ですが、これまでの経験からすると、60mmのルアーは必要ないと考えています。
・・・と言うことは、いつものメッキルアーはオールOKということですが、温泉の流れの中で確実にボトムが取れるルアーが吉となるのは言うまでもありません。

ここまでは昨年も意識していた「カギ」なのですが、今回はもう一つ「カギ」に繋がるヒントを握っているのです。(^^)
それは、前回の釣行で「釣れてしまったデカメッキ」は、アジング用のジグヘッド+ワームを表層流ししていてのバイトだったのです。
しかも、その時間帯だけで同乗者も含めて似たようなバイトが4回も集中していたのです。(@@;
勝手な仮説を立てると、
夕まずめから暗くなるくらいの時間帯に、デカメッキが群れで出てくるフィーバータイムが存在して、その時間帯だけは表層しか意識していない・・・。
なんてことになるわけです。
そんな仮説がどう検証されるか?これも今回の楽しみの一つなのです。(^^)

さて、実釣に戻ります。
15:30 まだ明るい時間帯なので、ボトムを中心にスローなアクションで誘っていますが、外道のバイトもありません。
「どうせバイトがないなら、自作のワインドトゥイッチャーも試してみるか。(^^)」
前回、温泉の流れがきつくて使いづらかったので、今日は鉛でウェイトアップしての登用です。(^^)
 こんな感じ。
ボトムを取って、軽く2アクションのワインド、ラインを張ったまま5カウント程流れに乗せる。
これを繰り返していたところで、
ガゴンッ!(@@;
ヂィ、ヂィ、ヂィィィィィ~~~~~~~~~~~~~!(@@;
「キターーーーーーーーーーーーーーーー!」

止まらないファーストランからして、間違えなくデカメッキのヒットです。
二人しか乗ってないので、ドラグは出し気味にしてでも慎重に取り込むつもりで応戦します。
足元まで寄って、船長がネットを構えて、薄っすら魚が見えて来て・・・
フッ・・・。
「あ゛ぁぁぁ~~~~~~~、フックアウト~~~~。T_T」
フッキングが甘かったのか、掛り所が悪かったのか、あと数メートルのところでバラしてしまったのでした。T_T

16:00 またしばらくバイトが出ない中、ボトムを取った最初のワインドアクションにバイトが出ます。
コンッ!?(@@;
意識してと言うより、体が勝手に動いてのフッキング。(ビックリアワセとも言う(~o~))
ゴンッ!(@@;
ヂィィィィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
「キターーーーーーーーーーーーーーー!」
こっちも驚きましたが、無意識の電撃フッキングとなって魚も驚いたようです。(^^;
ファーストランのドラグが止まらないのなんのって。(@@;
一旦落ち着くとそれほどデカいヤツではなさそうですが、1匹目をバラしているので慎重に。(^^;
 無事に船長の構えるネットに収まってくれました。(^^)
 自作のワインドトゥイッチャー30での初デカメッキ。43cm。
 たまにはワタクシのブツ持ちもどーぞ。(~o~)

16:30 いよいよ日が傾いてきて、いつ(仮説の)フィーバータイムが発生してもおかしくない時間帯になってきました。
ここまでノーバイトの弟くんは、船長に冷やかされたりしていますが、フィーバータイムを想定してか突然ポッパーを投げ始めます。
「まだちょっと早いかもねぇ~。」
私も追い撃ちの冷やかしを掛けていると・・・、
「おぉぉぉ~~~っ!出たっ!今出たっ!乗らなかった!」
「ホントかよぉ?ボラじゃないの?(~o~)」
そしてその数分後・・・
「出たっ!食った!キターーーーーーーーーー!」
 弟くん、ホントにポッパーで釣っちゃいました。45cm。(@@;

そして、凄かったのはここから。(@@;
一匹釣った余韻に浸る間もなく次のキャストを始めた弟くんが、またもやシャウトしてます。(@@;
「また出たっ!あぁ~乗らない。」
「もう一回出たっ!また乗らない。ちゃんと食えよっ!」
そんなの聞いてると、私もやらないわけにはいきません。(^^;
弟くんがキャストしている辺りに、ちゃっかりもう一つポッパーを放り込ます。(^^;
すると、(@@;
私のポッパーにもガボン、ガボンと2連続のバイト!(@@;
・・・でしたが、確かに乗らない。T_T
・・・で、乗らなかった魚は、隣のポッパーへ???
「キターーーーーーーーーーーーーー!」
や・ら・れ・た。T_T

弟くんの掛けた今度のヤツは、先ほどとはちょっと様子が違います。
ファーストランが止まらないのは一緒なんですが、そのスピードがけた違いに早い!(@@;
「ゆっくりやっていいぞぉ~。」
船長から声が掛ったところでしたが、無情にもフックアウト。
・・・ではなく、ST-36の#12が折れてしまったようなのです。(@@;
「今のはデカかったよ。残念。」

17:00 しばらくバイトが遠のいたので、ポッパーは弟くんに任せて、私はシンペンの表層流しでフィーバータイムの検証をしてみます。
私のシンペンには反応ありませんでしたが、その隣で弟くんのポッパーが三度水中に引き込まれます。(@@;
「またキターーーーーーーーーーーーーー!」
今度のヤツもヤバい走り方をしてます。(@@;
「バラすなよぉ~、バラしたら海に突き落とすぞっ!」
なんて、船長に手厳しくひやかされながらの一進一退、7~8分かかってようやく魚が浮いてきました。
「でぇ~けぇ~~~~!(@@;」
そして、無事船長の構えるネットに収まったのでした。
 とんでもなく太いギンガメ55cm。
 ベビポ丸呑みで、リーダーはザラザラ。(@@;
 ドヤ顔をお見せできなくて残念です。(~o~)

あまりに衝撃的なデカメッキに、計測したり画像を撮ったりで、10分以上空けてしまいました。
気が付けば辺りは真っ暗。
あらためて、ポッパーやシンペンを放り込んで表層を探ってみますが、どうやらフィーバータイムは終了してしまったようです。
でも、間違えなくデカメッキが表層だけを意識しているフィーバータイムは存在しました。(@@;
残念ながら、検証して結果を出したのは弟くんだけでしたが。T_T

18:30 ボラが水面を覆い尽くしてルアーが引けなくなったところで、本日の温泉デカメッキゲームは終了、定時陸上がりとなったのでした。

船長~!
なかなか有意義な出船でした。
またよろしくお願いしま~す。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」とお一つよろしくお願いいたします。m(__)m


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しています。
ワインドトゥイッチャー30は、温泉デカメッキにも使えまっせぇ~~~。お一ついかがですか?(^^;

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

0106 初メバでホゲ~。T_T

2018-01-16 22:50:09 | デカメバ3匹研究会

0106 釣れない記事はなかなか書き出せないんですよねぇ~。(^^;
タイトルの通り、新年早々やっちまった釣行となりましたので、手短に済ませます。(^^;

房総メッキは終わってしまいましたが、メバルにはちょっと早いんですよねぇ~。
毎年こんなタイミングで出撃するのですが、いい結果になった試しがありません。T_T
それでも、今シーズン初となる内房メバルの偵察に出撃でした。

16:00 4月以来10ヶ月ぶりとなる内房のメバルポイント。(^^)
今シーズンは、ちょいとした企みがあって、メバルの前こんなモノをブン投げてみることにしました。
 APOON!11g
エギングロッドにPE0.3号でフルキャストすると、けっこう飛ぶもんですな。(^^;
・・・。 
・・・。
・・・。
はい、何事もなく本日のキャスト練習終了。(~o~)

16:30 いよいよ今シーズン初のメバルプラッギング。
ややうねりですが、うねりの影になりそうなポイント中心にシンペンの表層引きでバイトを探ります。
・・・。
・・・。
・・・。
まるでバイトがないので、堤防の端から順に絨毯爆撃してることになってます。(~o~)
「確かこの辺に根があったよなぁ~。」
ゴッ!(@@;
いきなりリトリーブのハンドル停止!(@@;
このバイトが出る時は、デカいメバルが食った時なんです!
数秒待って魚の重さを感じてからフッキング!
ゴゴゴッ!ゴゴゴッ!ゴゴゴッ!(@@;
「キターーーーーーーーー!やっぱデカい!(@@;」
ロッドを頭の上まで持ち上げて応戦しますが・・・
も・ぐ・ら・れ・た。T_T
いやぁ~、シーズン最初の魚でこんなヤツに来られると、体が対応できません。T_T
仕方なく30秒待って・・・おりゃぁ~~~~~!
もう一回30秒待って・・・どりゃぁ~~~~~!
もう一回待って・・・こんちきしょ~~~~~!ブチッ!T_T
や・ら・れ・た。T_T

18:00 2ヵ所目、ここも堤防の外側狙いでシンペンを流します。
・・・。
・・・。
・・・。
はい、釣査完了。T_T

19:00 3ヶ所目、既に志低く漁港内で自作のマイクロミノーを引いてます。(~o~)
でも~、まるでバイトなし。T_T
シーズン中ならなんなくオチビが拾えるポイントでも、まるでバイトなし。T_T

20:00 4ヶ所目、・・・
21:00 5ヶ所目、・・・
22:00 6ヶ所目、・・・
ポキッ!心折れました。
今シーズンの初戦は、グリングリンの完ボ。T_T
「チキショー!メバルなんか2月になるまでやらねぇーぞっ!」
2018年の内房メバル、撃沈のスタートとなったのでした。T_T


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っとよろしくお願いいたします。


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しています。
30mmアンダーのルアーは、メバルシーズンにも大活躍してくれますよぉ~。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0102 房総あけおメッキ。(^^)

2018-01-06 12:35:28 | 2017今日のメッキ

あらためて、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。m(__)m

0102 さて、溜まった年始記事です。(^^;
釣り納めで獲物ミッションを完遂させたワタクシですが、恒例ではないものの1月2日にも獲物ミッションが発動されたりするのです。
それは、年始のジジババ詣です。(^^;
「なんか釣ってこい!」
年始早々、さっそく獲物ミッション発動です。
ありがたや~、ありがたや~。(~o~)
ということで、大晦日に釣り納めをしたばかりだというのに、中一日で釣り初めに出撃となったのでした。(~o~)

10:00 獲物を持って帰るのがミッションなので、ひとまず釣り納めのロードを手堅くなぞってみます。
まずは年末のムツ絨毯ポイントから。(^^;
晦日もそこそこ混んではいましたが、今日はそれに輪をかけて激混み状態。T_T
ムツの群れは・・・と、
あら、全部エサ師の足元に固まってます。T_T
少し離れたテトラにのってみますが、群れから離れた場所ではバイトもありません。T_T
しばらくすると、ムツの絨毯がアメーバのように形を変えはじめ、その端がキャスト圏内に入ってきました。
「いつ釣るの?今でしょ。(~o~)」
ここぞとばかりに手返しよく5つ6つ釣りますが、群れの端にいるヤツはリリースサイズばかり。
5つ6つ釣ってもキープできるのは1つ2つしかありません。T_T
そして、アメーバはまた形を変えてエサ師の足元へ。
15分ほどすると、またギリギリキャスト圏内に出張ってきます。
「そらイケ~!(~o~)」
・・・ムツ10匹釣るのに1時間半も掛ってしまいました。(^^;

12:00 獲物ミッション優先で、数日前に調子悪かったカマスはパスします。
すぐにでも釣り納めのメッキポイントに行きたいところですが、その前に似たようなサーフポイントを釣査してみます。
1ヶ所目、多少波っ気がありますが、ヘビーウェイトのミノーを波の向こう側までフルキャストして表層を流します。
・・・。
今度は、一旦ボトムを取ってスローにボトムトレース。
・・・。
定速リトリーブで中層も探りますが、
・・・。
ダメ~、次。
2ヶ所目、今度は波っ気もなく、波打ち際までしっかり探れる感じです。
表層流し・・・、ボトムトレース・・・、中層リトリーブ・・・
やっぱりダメ~。T_T
どうやら、ポイントのパターンより「魚がいるかどうか?」の方が重要な要素のようです。(^^;
「サーフの分析は今年の年末に残して、今日は釣れるところへ行こ~っと。(~o~)」

いよいよ次は、jesse-edさんが情報を拾い集めて開拓したサーフポイントです。
私も長いこと房総でメッキやってますが、年末年始に「釣れちゃった」ことはあっても、「狙って釣った」ことは一度もない・・・はずです。
ところが、房総メッカーの執念とは恐ろしいもので、ここ房総で年末年始に狙って釣れるメッキポイントを開拓してしまうんですから、脱帽です。(~o~)
いやぁ~、持つべきものは釣友。(^^;
ありがたや~、ありがたや~。(~o~)
jesse-edさんの偉業に敬意を表して、ここを「jesse-edサーフ」と呼ぶことにしましょう。(^^)

14:00 さて、そのjesse-edサーフに到着。
さっそく、数日前と同様にヘビーウェイトのミノーを波の向こう側までフルキャストします。
まずは表層流しから。
・・・。
・・・。
・・・。
「おかしいなぁ~、年末はこれで食ってきたのに・・・。」
今度は一旦ボトムを取って、ボトム付近をスローにトレースしてみます。
・・・。
・・・。
ゴッ、ゴゴッ、ガゴンッ!(@@;

「キターーーーーーーーー!(@@;」
今日はラストメッキの引きを楽しむために、ライトロッドのベイライナーMK68にしているので、メッキの引きがダイレクトに伝わってきます。
ゴン、ゴン、ゴン、ゴゴゴ~ン・・・嬉しぃ~!(^^)
 ヨッシャー!房総あけおメッキ!ギンガメ24cm。(^^)

一つ取れたところまでは良かったのですが、今日は波が高いのでヒットポイントが遠くなっているようです。
その後バイトなく1時間。T_T
少しでも遠くへとフルキャストを続けていると、ようやく後続のバイトが出てくれました。
 あけおメッキ2号。
 あけおメッキ3号。
またしばらくバイトが遠のきますが、ここで、ルアーがギリギリ届かない距離で一面のボイル発生!(@@;
「届かねぇ~。こっちゃこ~い、こっちゃこ~い。」
一瞬ですが、ボイルが射程圏内に入ってきたところで、垂らしを長く取って後ろを向き、サーフキャスティング張りに大遠投!
「おりぁ~~~~!届いたかも!?」
ゴン!(@@;
「キターーーーーー!(@@;」
 正に狙って釣ったあけおメッキ4号でした。(^^)

16:30 夕まずめの活性アップに期待してjesse-edサーフに張り付いていましたが、波が高くなるに連れてますますバイトが遠のきます。
外道のヒラセイゴがヒットしたのを最後に、ついに波の向こう側にルアーが届かなくなってしまいました。T_T
 サーフで釣れるヒラセイゴはギンギラギンです。(^^)
まだ30分ほどチャンスはありますが、あけおメッキも取れて、獲物ミッションもコンプリートできたことなので、初釣りとしては大満足。
少々早目ですが、本日の業務はこれにて早上がりとなったのでした。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと応援いただけると嬉しいです。(^^)


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しています。
メッキシーズンは終わってしまいますが、メバル、カマスにも最適の30mmアンダーサイズです。
ラクマの出品サイトから是非どーぞ。(^^)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1230 釣り納メッキ。(^^)

2018-01-05 00:06:46 | 2017今日のメッキ

あけましておめでとうございます。
ついにこのブログも13年目に突入いたしました。
最近は更新をサボリがちではありますが、今年もマイペースで続けていくつもりです。
引き続き「手のヒラアジのメッキ道鍛練中」をよろしくお願いいたします。m(__)m


1230 さっそくですが、溜まった年末記事から。(^^;
毎年、当家の年末はちょっと特殊でして、かみさんがカウントダウンライブに出かけていなくなってしまうのです。・・・年甲斐もなく。
すると、せがれ二人が「鬼の居ぬ間に」とばかりに、大晦日に友達数人を連れ込んで、年越しで騒ぎとなるわけなのです。
・・・で、その小僧たちの夕食は、毎年決まってにぎり寿司。・・・もちろん自家製。
その寿司ネタを調達するミッションが、12月30日に発令されるという、なんとも私にとっては都合のいい巡りとなっているのです。(~o~)
今回は高校生5人が相手、大食漢の胃袋を満たさなければなりません。
相手にとって不足なし、いざ、獲物ミッション付き釣り納めに出撃となったのでした。(~o~)

10:30 まずはアジが稼げそうなポイントを回ってみます。
3ヶ所目、通りから遠目に眺めると、堤防の先端でエサ師の竿が忙しく動いています。
どうやら、エサ釣りにはアジが釣れているようです。(^^)
その堤防先端まで来てみると、コマセ着きのアジがピンポイントで釣れているようですが、ポイントを外した私のルアーにはバイトもありません。T_T
しか~し、足元には20cm前後のムツが群れていて、赤い絨毯のようになっています。・・・その数ウン千匹?。(@@;
「まぁ、とりあえずムツにしておこう。(~o~)」
そのウン千匹のムツの群れは、散ってしまう様子もないのでひとまずミノーで狙ってみます。
・・・こんなにいるのに、ミノーだと意外と手強い。T_T
ミッションなので素直にワームに変更。(~o~)
 これならイージーに釣れます。(^^;
順調に数を伸ばして、大き目を20匹程キープしたところで、次の獲物を探しに移動でした。(^^)

12:30 ムツはキープできたので、次はアジをうかがいながらのカマス狙い。(^^;
いつものカマスポイントで、手堅くジグヘッド+ワームの釣りとなります。
・・・。
・・・。
・・・。
カマスなら手堅いだろうと思ってましたが、アジどころかカマスのバイトもありません。T_T
どうやら、時合が来ないと魚がいないようです。
ここは深追いせずに次。

13:30 年末のここ一週間、jesse-edさんがサーフでメッキの群れを見つけていい思いをしていました。
別なポイントですが通りがかりのサーフポイント、あわよくば「釣り納メッキ」なんてこともあるかなと立ち寄ってみます。
・・・。
・・・。
・・・、ココンッ!(@@;

 チビソゲ君でした。(^^; う~ん、これは食えんでしょ。(~o~)

15:00 jesse-edさんのサーフポイントで、仲間がメッキを狙っているはずなので立ち寄ってみます。
到着すると、ぱわぁほ~るさんが無心にルアーを遠投しています。
声を掛けようとすると、目の前でメッキらしき魚を釣り上げているじゃないですかっ!(@@;
「あれぇ~!ホントにメッキ釣れるんだ。」
「そう、そう、これ3匹目。」
「それじゃ、ちょっとお隣で投げさせていただきます。(^^;」
ゴンッ!(@@;
なんと、2投でヒットしてしまいました。
 狙って釣った晦日のメッキ。(^^)・・・初めてかも?(^^;
 もう一つ。(^^)
目の前に群れがいるわけではなく、広いサーフを横移動している感じです。
バイトの間隔が長くなって、いよいよ終わりかというタイミングで、午前中にスカを喰らったてとらさんが戻って来ました。
「まだ釣れてますか?」
「終わっちゃったかも?(~o~)」
「えぇぇぇ~~~~~~~。」
・・・。
・・・。

てとらさんの検討むなしく、日没、しゅ~りょ~。(~o~)
15時までここに張り付いていたというてとらさん、釣れている時間だけはずして撃沈でした。(~o~)
一方、私の獲物ミッションは、ぱわぁさんの獲物もいただいて、メッキ4つ。
更に、ヒラセイゴと尺ソゲも加えて、ミッションコンプリートでした。(^^)

さて、釣り納め終了後は、お楽しみの房総メッキ忘年会。(^^)
本日出撃のぱわぁほ~るさん、てとらぽっとさんに加えて、jesse-edも参加で行きつけの台湾料理「福盛」でお疲れさま会です。(~o~)
 鴨川の「福盛」なら2時間飲み食い放題で3Kで~す。
動けなくなるほど食って呑んで、いつものようにjesse-ed邸に転がり込んでお世話になります。
2018年の晦日、釣り納めも忘年会も、しっかりコンプリートとなったのでした。(^^)

1231 翌朝、12時までに帰宅して獲物を捌かなければなりません。
・・・が、10:30までに外房を出れば何とか午前中に到着します。
「ちょっとだけなら・・・。」
昨日釣り納めしたというのに、やっちゃうんですよねぇ~。(~o~)

昨日チャンスを逃したてとらさんにいいポイントに入ってもらいますが、最初にヒットしたのはぱわぁさん。(~o~)
そして、その魚が取り込まれる前に私にもヒット。(~o~)
「てとらさん、いる、いる、その辺り、早く釣ってぇ~。」
と、声を掛けたてとらさんの顔が、怖いこと、怖いこと。(~o~)
しかし、そのてとらさんも続いてくれました。
「キターーーーーーーーー!やっと納まった。」
 大晦日のトリプルヒット。最後にいい絵になりました。(^^)

そして、帰宅後はミッションの獲物を寿司ネタに捌きます。
ムツ20、アジ3、メッキ4、ヒラセイゴ1、ソゲ1、なかなかの釣果ですが、どれもこれも小さいこと。(~o~)
でも~、捌いてしまえば元の大きさなんてわかりません。
これにマグロの柵とサーモンの柵を買い足して、大食漢に対抗するべく150カンのにぎりを完成させました。(^^)
<本日のにぎり>
○ 生き〆のクロムツ
○ 地物の金アジ
○ 天然ヒラメ
○ 釣りものヒラスズキ
○ 房総産ヒラアジ
○ スーパーで買った冷凍マグロ
○ スーパーで買った冷凍サーモン
ちょっと盛ってますが、ウソじゃありませ~ん。(~o~)
3時間もかけて丁寧に捌いたのですが、高校生5人にかかればあっという間に吸い込まれていきます。
ものの15分も経たないうちに、150カンの地魚にぎりは消えてなくなったのでした。(~o~)
 あっという間の完食でした。(@@;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと一押しよろしくお願いいたします。m(__)m


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しています。
ラクマで出品していますので、是非ご覧ください。(^^)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

1223 温泉メッキ出たけど・・・。T_T

2017-12-27 00:08:38 | 温泉デカメッキ研究会

1223 水温低下で瀕死の房総メッキ、がんばればまだイケるかもしれませんが、この時期はもう一つ魅力的なメッキゲームがあるんですよねぇ~。(^^;
そうです、火力発電所の温排水に居残ったデカメッキゲームです。(^^)
この時期になると、あのデカメッキの強烈な引きが忘れられず、磯子の「釣福丸」さんにお世話になってしまうのでした。(^^)

いつものメンバーをリクルートしてみますが、皆さん年末の大遠征を控えて懐に余裕がないようで、誰もエントリーしてくれません。
仕方なく、最近こちらの世界に引き摺り込んだ社内の若手を誘ってみます。
「お~い、ボートのデカメッキ行くぞぉ~。」
「来たらデカいぞぉ~、40cmアップだぞぉ~。」
「メチャメチャ引くぞぉ~。」
「・・・行きます。」
意外と簡単に釣れました。(~o~)
しかも、釣れた魚・・・もとい若手君がメッキさながらお友達まで連れてきて、何と!社内で5人、チャーター完了です。(~o~)

今回のメンバーは、11月に房総メッキに連れ出したローチ君、ユージン君、更に釣れた2匹・・・もとい2人が連れてきたガーラ君と議員さん。
社内とは言え部署違いで会うこともなく、釣り場で会って「はじめまして」なんてことになってますが、どうやら探せばまだまだ出てきそうな感じです。(~o~)
う~ん、灯台下暗しだったかなぁ。(~o~)

5人でLINEを組んで、2週間も前から私の知りうる限りをみっちりとレクチャーしておきます。
連日のしつこいレクチャーにいい加減うんざりしたのか、最後は誰からもコメントが帰ってこなくなってましたが、まぁ、イメージはできあがったことでしょう。(~o~)

14:30 さて、予定通り集合して、予定通りにいざ出船です。
とは言っても、ポイントまではほんの10分で着いてしまいます。(^^;
ところが!
あろうことか、本命の温排水ポイントに、エサ釣りの船がアンカーを下ろしてベタ付けしているじゃないですかっ!(@@;
仕方なく、セカンドポイントの第二排水口でお茶を濁します。
ところが、今日はまるでベイトが見当たらず、フィッシュイーターの気配すらありません。
・・・。
・・・。
・・・。
5人で投げまくっても、まるでバイトなし。T_T

15:30 ようやくエサ釣りの船が沖あがりしたので、本命ポイントに急行します。
1時間ロスしてしまったので、夕まずめまでのメッキタイムは実質1時間半しかありません。
逸る気持ちを落ち着けて、まずは丁寧にボトムトレース。
事前のレクチャーが効いたのか、メンバーもいい感じにボトムが狙えていますが、なかなか「ヒット」の声がかからず時間だけが過ぎていきます。
・・・。
・・・。
・・・。

16:00 最初に沈黙を破ったのはローチ君。
ミヨシでイトヒキアジのチェイスを確認した後、見事にその魚をヒットに持ち込んだようです。(^^)
 温泉名物デカイトヒキ。(^^)
イトヒキのチェイスがしばらく続いて、船中が盛り上がってきたところで、ボトムワインドしていたガーラ君のロッドが大きく曲がります。(@@;
ヂィィィ~~~~~~!
勢いよくドラグを絞り出しての張り付き。
もう、間違えなくデカメッキの引きです。
 ガーラ君お見事!47cmのギンガメアジゲットでした。(^^)

同サイズのデカメッキが群れで回っているはずなので、一匹釣れると連発するのがいつものパターンなのですが・・・。
 ユージン君はイトヒキ。
議員さんもイトヒキ。(ごめんなさい、画像なかった。)
 いい時間になってもユージン君がイトヒキを追加するまで。
その間、ワタクシはひたすらルアーを変えながらボトムトレースを続けますが、コツンともあたりません。

17:00 いよいよ暗くなってきて、デカメッキ狙いの終了が迫ってきました。
・・・で、ワタクシはPNB、パーフェクトノーバイト。T_T
散々偉そうな事前レクチャーをしたわりに、一人だけ外道のイトヒキすら釣れない始末です。T_T

17:15 アジングを始めるメンバーがいる中、唯一デカメッキを仕留めたガーラ君がボトムワインドで粘っていると、またもやロッドが絞り込まれます。(@@;
 良型のカサゴでした。美味そう。(^^)

17:20 PNBのままアジングなんかやってられないワタクシは、暗くなってもミノーを引いてデカメッキを狙い続けますが、やっぱりバイトなし。T_T
いつも、暗くなるとすぐにアジ狙いとなってしまうため、ナイトメッキのパターンを持ち合わせていないのです。T_T
そんな中、出船当初から咳込んでいた船長から、体調不良のため早上がりの申し出が。(@@;
「え゛ぇぇ~~~、まぢ?・・・お・わ・た。T_T」

突然、「あと10分で沖あがり」と言われると、空っぽのクーラーボックスが気になります。
実は、今日は実家に転がり込むつもりなので、獲物なしというわけにはいかないのです。
慌てて予備タックルに2gのジグヘッドを付けて、アジ狙いにスイッチ。(^^;
「あと10分でアジ3匹釣ってやる。」
その1投目。
温排水の流れに乗せてアクション&テンションフォールを続けていると、コンッ!(@@;
「おっ、アジならいるじゃない。(^^)」
ところが、軽くあわせると、一気にドラグが出て行くじゃありませんかっ!(@@;
ヂィィィ~~~~、フッ。
「あぁぁ~、フックアウト。」
「シバスが食っちゃったのかなぁ?」
更に数キャストすると、また、コンッ!(@@;
「今度こそ」とばかりにしっかりフッキングを入れると!(@@;
ヂヂ、ヂィ、ヂィィィ~~~~~~~~~~~~~~!(@@;
「なんだ?なんだ?なんだ?」
「シバスか?シバスならかなりデカいかも?」
持ち替えたロッドはベイライナーCF66Mなので、そこそこのバットパワーがあるはずなのですが、バットから曲がったまま突っ込まれっぱなし。(@@;
ずいぶん走られてようやく魚が浮いてきました。
「うわぁ~、メッキだ!しかもデカい!」
無事ネットインしたのは、嬉し恥ずかし自己レコードとなる54cmのデカメッキだったのでした。(^^;
 2gのジグヘッドフックでよく持ったなぁ~。(^^;
 と思ったら、やっぱりかなりヤバかったみたいです。(~o~)

とも側で船長に写真を撮ってもらっていると、今度はおもての方が騒がしくなっています。
バイブレーションを引いていた議員さんにもデカメッキがヒットしたようです。(@@;
こちらも無事ネットインで35cm。
 2人並んで記念撮影。船長~、魚切れてますけど。(^^;

未知なるナイトパターンでこれからと言うところでしたが、残念ながら船長ダウンによりここで強制終了。T_T
まぁ、体調のことなので仕方ないですね。
それにしても、2時間投げ続けたプラグにはコツンとも来ないで、アジング用のワームに替えた途端に5キャストで2バイトとは・・・。T_T
自己レコードサイズが釣れたとは言え、本人は全然納得してません!
アジングの外道ですから。T_T
でも、手のヒラアジは転んでもタダじゃ起きないのです。
あの5キャストの中に、これまで追い掛けなかったナイトパターンのヒントが見えた気がします。
「う゛~~~、納得いかねぇ~、次回は必ず狙って仕留めてやるぅ・・・。」
次回のヒントを握りしめて、一人ブツブツ言いながら沖あがりとなったのでした。(^^;


<後日追記>
実は、このデカメッキ、お持ち帰りで食べてみました。
まな板に乗せると、デブいことデブいこと。(~o~)
三枚に下ろすと、全身に刺しが入っていてピカピカ光ってます。
にぎり寿司用に切り出してみると、こんな感じ。
 寒ブリのハラスか、はたまたマグロの大トロか?(@@;
んで、
見た目の通りデタラメに美味いんですわ、これが。(~o~)
でも、
東京湾奥の温排水に3年も居着いたヤツですからねぇ~。
重金属とかダイオキシンとか、いろいろ溜め込んでそうな気もするじゃないですか。
やっぱ、

5切れで止めときました・・・とさ。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。釣れちゃったデカメッキに「ポチ」一つ押してやってください。(~o~)


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しております。
ラクマの出品サイトからご覧いただけますので、是非こちらのバナーも「ポチ」っと押してみてください。(^^;

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

1203 さらば2017年の房総メッキ。

2017-12-25 23:37:28 | 2017今日のメッキ

『釣れない君、ブログさぼって、ふてくされ。
いやぁ~、ずいぶん放置してしまいました。(^^;
釣りに行ってなかったわけではないのですが、釣れないとブログを書く意欲が湧いてこないんですよねぇ~。(~o~)
いよいよ最後となった房総メッキですが、ご想像の通り、2回続けて「ボ」を引いてふてくされていたってわけなんです。(^^;
いつもの通り、全釣行記事アップの自己縛りなのでお付き合いください。

1203 ついに前週水温16°Cとなってしまった房総ですが、体力のある回遊の群れならもうしばらくイケるはずです。
どこを探せばメッキに出会えるのか?さっぱりわかりませんが、懲りないメッカーは今週も出撃するのでした。(~o~)

10:00 いつもの大型漁港から偵察開始。
水温は先週からちょっと戻して17°C。
とりあえず、水深のあるポイントを中心にいろいろやってみますが、フグすら追ってきません。T_T
しか~し、この時期の漁港内はいつになく賑やかなんです。
12月の1週目と言うと、ハク(ボラの幼魚)が大挙して押し寄せてくる時期なのです。(^^)
まだ、帯をなすほど入ってきてはいませんが、あちこちに座布団くらいのハクの一個連隊が浮いています。
低水温で瀕死のメッキですが、このハクを追って水面でボイルするヤツが現れるのもこの時期の特徴なのです。

ボトムを狙いつつも、ハクの群れの移動先を意識していると、
ジュボッ!(@@;
「出たっ!ハクボイル!(@@;」
係留船のすぐ脇を通過したハクの群れに何かが飛びつきました。(@@;
すぐにキャストせず、まずはじっくり観察。
じぃ~~~~~。
じぃ~~~~~。
じぃ~~~~~。(@@;!
ジュボッ!(@@;
今度はしっかり見届けました。
間違えなくメッキのボイル、20cmに届かないほどのメッキが2匹でハクを追いまわしました。
しか~し、豆ミノ25トゥイッチャーを通してもまるで無視。
しか~も、そのルアーのすぐ隣で再びボイルする始末。
・・・ダメだこりゃ。T_T

しばらく港内を見て回ると、係留船の下に魚の群れがサスペンドしています。
「んっ?何?・・・おぉぉ~~~!メッキの群れ!(@@;」
20cm前後のロウニンと思われるメッキが、50匹くらいの群れでサスペンドしているではないですかっ!(@@;
すぐに豆ミノ25トゥイッチャーを放り込んで、50匹のメッキの前でアクションさせます。
・・・。
・・・。
・・・。む~し~。T_T

間違えなくメッキの群れなんですが、ハクに見立てたチビルアーでもまるで反応がありません。
サスペンドしているというより、中層を瀕死で漂ってるといった方がいいような状態です。
「そうか、寒いよなぁ~。もうエサも取れないのか・・・。T_T」
「いいよ、他を探すからそこでじっとしてな・・・。T_T」

と言って、他を探しに出たものの、
・・・。
・・・。
・・・。
まるでメッキが見つかりません。T_T

~~~ 放浪中 ~~~ 放浪中 ~~~ 放浪中 ~~~

16:30 何も釣れないままこんな時間。T_T
日没前、最後の望みを先週の回遊ポイントに賭けてみますが・・・敢え無く撃沈。
チ~ン、メッキ「ボ」。T_T
と言うより、「完ボ」。(@@;

メッキ「ボ」は仕方ないとしても、外道も釣れない「完ボ」はいけません。
クセになるので。(^^;
仕方なくデカカマス狙いの残業に出てみますが・・・
こんな時に限ってデカカマスもお留守のようです。
いよいよ諦めようかと思った時、コンッ!(@@;
 つ・れ・た。「完ボ」逃れ。(~o~)
・・・むなしい。


1210 今週も懲りずに出撃です。(^^;
いよいよ水温も下がってきたので、港内に残っている魚は見込みなし。
となると、回遊の群れを捕まえなければ釣果にありつけない、と言うことになるわけです。
前日の海水温をながめて、少しでも水温の高そうなエリアを探してみると・・・、
館山の17.5°C。
これならイケるかも?
ということで、水温頼りで普段足を運ばない館山エリアに出撃でした。(^^;

12:00 最初のポイント、まずは水温はと・・・
「えっ?15°C!?聞いてないよぉ~。T_T」
キャストするまでもなく次。
2ヵ所目、ひとまず水温はと・・・
「えぇぇぇ~、15°C。ダメじゃん。T_T」
本命の3ヶ所目、とりあえず水温はと・・・
「15°C、〇〇〇県水産技術センターのウソツキ。T_T」

さて、せっかく来た館山でしたが、エリア全体が15°Cでは話になりません。
仕方がないので、大移動を決意して一気にいつもの外房ポイントに向かうことにします。

15:00 いやぁ~、館山⇒外房って遠いのね。(~o~)
とりあえず、ハクボイルが発生しそうなポイントを覗いて回りますが、ハクはいるもののボイルは見当たらず。
先週は辛くも「完ボ」を逃れた釣りだったので、今日は先に「魚」だけ釣っておくことにします。(^^;

漁港の船道にディープミノーを放り込んで、ボトムをテロンテロンと転がします。
コッ、コココ、ゴンゴンゴン。
 1投目からデカ・・・くないカマス。(~o~)
2投目も、3投目も、4投目もデカ・・・くないカマス。(~o~)
5投目・・・もデカ・・・くないカマス。
「つまんね、もういいや。(~o~)」

15:30 先に「完ボ」は逃れたので、ラスト1時間は本気でハクボイルのメッキを探してみます。
・・・。
・・・。
・・・。
バシャ!バシャバシャバシャ!(@@;
「いたっ!ハクボイル発見!(@@;」
風裏になったスロープのブレイクラインで、かなり激しくボイルしているメッキを発見しました。
しかも、かなりの数のメッキがボイルしています。(@@;
ベイトが20mmほどなので、迷わず豆ミノ25トゥイッチャーで水面を激しくダートさせます。
・・・。
・・・。
む~し~。T_T
ルアーを無視したあげく、ルアーのすぐ横でハクにボイルする始末。T_T
毎年のことですが、こいつらには手を焼きっぱなし。
水が濁れば釣れることはわかっているんですが、自力でヒットさせる方法がまるでわからないままなのです。T_T

しばらく真剣にボイルを狙いますが、ルアーのすぐ隣でボイルされるといい加減イヤになってきます。
ヤル気なく投げたキャストが天ぷら気味になって、折からの強風でブワ~っとラインがふけます。
ふけたラインに引っ張られて、ルアーがノーアクションで水面を滑った瞬間、
コンッ!(@@;
ヒットには至りませんでしたが、あきらかにハクボイルのメッキがバイトしました。(@@;
「んっ?これかぁ~?」
今度はロッドを立ててわざと水面をノーアクションで走らせてみます。
コンッ!(@@;
「おぉぉ~~~~!またバイトしたっ!(@@;」
「これ、イケるかも?(^^)」
そして、数キャスト目、ゴンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーーーーー!」
ついにハクボイル攻略!しかも25cm級のロウニンで元気にロッドを絞り込んでくれます。(^^)
「ヨッシャ!」の掛け声とともに抜き上げると・・・ポロリ。
「オーマイガーーーーー!T_T」
「イマノハツッタンダ、マチガエナクツッタンダ、ツレタンジャナイゾ、ツッタンダ・・・ブツブツブツ。T_T」
気を取り直して、もう一度ボイルが発生するのを待ちます。
・・・待ちます。
・・・待ちます。
・・・ボイル出ません。
・・・待ちます。
・・・待ちます。
・・・ボイル出ません。
さっきまであんなにボイル出てたのに・・・、
一匹バラしただけなのに・・・、
皆いなくなりました。
そして、日が暮れました。
チ~ン、メッキ「ボ」。
どうやら、2017年の房総メッキが終わってしまった・・・ようなのでした。T_T

さらば2017年の房総メッキ、半年間ありがとう。
また来年、貴方の弟や妹に遊んでもらいます。

やすらかにおやすみください。m(__)m 


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと一押しいただくと、管理人がハッピーになります。(^^;


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作しています。
ラクマで販売もしておりますので、こちらのバナーから是非ご覧ください。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1202 ヒイカやっときましょう。(^^;

2017-12-05 22:50:33 | 湾奥ヒイカ研究会

1202 毎年この時期になると、千葉港のヒイカエギングに出撃します。(^^;
家から10分、平日の帰宅後でも気軽に行けちゃう、とっても安・近・短なお手軽フィッシング。
なんですが・・・、
今年はシーズンインの11月上旬に悪天候が続いたためか、何となく出撃のタイミングを逃しておりました。
まぁ、ジジイ化による「めんどくさい病」ともいいますが。(~o~)
そうは言っても、恒例行事を止めてしまうのはもったいない。
大寝坊で房総出撃を断念した土曜日、遅ればせながら、夕まずめにプラッと初ヒイカに出撃してみました。(^^)

16:30 まったく状況がわからないまま、とりあえずいつものポイントに到着。
・・・あれっ?意外と空いてる。
こんな時は、得てして釣れてない時なんですよねぇ~。(~o~)
適当な場所でエギングの方に声を掛けて隣に入れてもらいます。
状況を聞くと、案の定あまりよろしくないようです。・・・やっぱり。

さっそく、約1年ぶりに1.8号のエギを放り込んで、ボトムでピヨッ、ピヨッとエギを動かします。
3キャスト目、ボトムを取っている間お隣さんを眺めていると、グインとロッドが曲がります。
「おっ、きましたね。(^^)」
と言うやいなや、私のピヨッにも触っていた風のスッポヌケ感触です。
こんな時は、エギを大きく動かさずその場でステイ。
追い抱きを狙うのがセオリーなのです。
1・2・3・4・5、軽くラインにテンションをかけると、案の定エギ以上のウェイトを感じます。(^^)
グイン。
 幸先良く今シーズンの初ヒイカ。(^^)
なかなかいいサイズ。(^^)

お隣同士で同時にヒット、こんな時は目の前に群れが通過しているチャンスタイムなんです。(^^)
すぐにエギを放り込んで連荘を狙いますが・・・、
・・・。
・・・。
・・・。

「あれっ、いなくなっちゃいましたねぇ。」
「今年は群れが小さいみたいですよ。」
「そう言うことなんでしょうね。(^^;」

すっかり日が暮れても黙々とキャストを続けますが・・・、
・・・。
・・・。
・・・。

17:30 一時間経過したところで、再びスッポヌケ風のお触り。
1・2・3・4・5、スカ~。
また数キャスト後にもお触り。
1・2・3・4・5、スカ~。
「ぜんぜん追い抱きしないじゃない。T_T」
そして、三度目の正直。
2回続けてお触りの後、じっくりステイで粘ってようやく乗せました。(^^)

18:30 東の追い風を狙って出撃しているので、ここでやる時はたいてい背中からの風。
とは言え、この動きのない釣りは、だんだん体が冷えてくるんですよねぇ~。
歩かず立っているだけってのは足も疲れてくるし。
アタリもなく、向こう三軒両隣もまるで釣れてないし。
寒いし・・・。
釣れねし。・・・。
足痛いし・・・。
「や~めた。また今度。(~o~)」
2017年シーズンの初ヒイカは、「ボ」こそ逃れたものの、時速1パイのショボ沈となったのでした。
つづく。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと応援よろしくお願いいたします。m(__)m


↑↑↑ UVレジンでハンドメイドルアーを製作しております。
こちらのバナーからラクマの出品サイトをご覧いただけます。是非どーぞ。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己満足。(~o~)

2017-12-04 00:05:27 | 今日の釣りネタ

1119の釣行で、長年の夢叶って、ついにネイティブの房総尺メッキをゲットしました。(^^)
「たかが30cm程度の魚で大騒ぎするな。」
と聞こえてきそうですが、死滅回遊魚で年内にもれなく死んでしまう房総メッキとしては、激レア中の激レア、破格のサイズなのです。
事実、房総で22シーズンもメッキを狙っていますが、自分の釣果はもとより、仲間の釣果でも尺を超える房総メッキの現物は見たことがない・・・ほど激レアなのです。
そんな激レアサイズのメッキをクーラーボックスに入れて、
「剥製にしようかなぁ・・・、でも30cmで剥製頼んだらちょっと恥ずかしいかなぁ・・・。」
なんてことを考えていると、同行のローチ君がひょんなことを言い始めました。
「デジタル魚拓って知ってます?画像送るとカラーで魚拓っぽく仕上げてくれるんですよ。」
「へぇ~、聞いたことはあるけど・・・。」
「私もコレ作ったんですよ。」
「ワオッ!(@@;」
スマホの画面に収まっているのでサイズ感は伝わりませんが、90cmアップのマダイ。(@@;
しかも、魚拓というより画像そのものです。(@@;
DAIWAお魚カレンダーそのまんま。(~o~)
「凄いねぇ~、いいねぇ~、ちょっと考えちゃおうっと。(^^)」

そして、帰宅するなり「デジタル魚拓」をググってみると、けっこう色々と出て来るじゃないですか。(^^;
あらためて、現場で撮った画像を確認すると、なかなかいいのが残っています。(^^)
価格を見ると、剥製なんか作ることを考えたら、激安と言える価格です。(^^;
今日持ち帰った魚は食べちゃってもいいわけで・・・。
「ポチ」
デジタル魚拓サービス「魚墨」さんにお願いしちゃいました。(^^)

申し込みは簡単。
サイト内の申し込みフォーマットで、お気に入りの画像を3枚貼り付けて「ポチ」するだけ。
あとは魚墨さんから見積りの返信がきて、細かい要望をメールでやり取りするだけ。
1~2週間で、和紙にカラー印刷された「和紙作品」と「画像データ」を納品してくれます。(^^)
おまけで、スマホの待ち受け画面も作ってくれます。(^^;
更におまけで、和紙に印刷した絵葉書もサービスしてくれます。(~o~)

そして、できあがりました。
 究極の自己満足。(~o~)
いやぁ~、なかなかいいですよ。(^^)
「和紙作品」はこちら。
 釣れた時の興奮が甦ります。(^^;

ひょんなことから、デジタル魚拓なるモノを作ることになりましたが、デジタルとアナログが融合したなかなか楽しいサービスですね。(^^;
お値段は、オプションの額縁と送料込みで約1.1諭吉ほど。
高いか?安いか?
それは釣った本人しか決められませんよね~。(~o~)
少なくとも、スタジオアリスよりはお値打ちな気がするのは私だけでしょうか?(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと一つよろしくお願いいたします。(^^)


↑↑↑ UVレジンでハンドメイドルアーを製作・販売しています。
尺メッキを仕留めた「豆ミノ25トゥイッチャー」も在庫ありま~す。(^^)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1125 奇跡のトワイライト

2017-11-27 23:36:17 | 2017今日のメッキ

1125 先週、衝撃的な房総尺メッキに巡り合うこととなりましたが、1dayの釣果としては散発2匹の大撃沈・・・だったんですよねぇ~。(~o~)
それもそのはず、ほとんどの漁港内は、水温が16°Cまで低下してしまったのです。
毎年、この海水温16°Cが訪れると、南方産のメッキは動けなくなって死んでしまうのです。T_T
そして、今週も冷たい雨が降り、朝晩の冷え込みも進み・・・、
もうメッキを狙って釣れる環境とは言えなくなっているはずなんですよねぇ~。
・・・なんですが、
今週は「若手育成」の第二弾、ブログのコメントにラブコールを送っていただいたアースさんと一緒に、房総ラストメッキに出撃でした。(^^;

10:30 現地待ち合わせで、初めてお会いするアースさんと合流。
挨拶もそこそこに、いきなり本命の漁港からスタートしてみます。(^^;
メッキはそれほど経験がないとのことでしたが、まずはお手並み拝見でトゥイッチのスタイルを見せていただきます。
「な~んだ、全然問題ないじゃないですか。(~o~)」
基本のトゥイッチはキチンとできているので、今後のことを考えてチョットだけ応用編を。(^^;
「手首や肘を痛めないように、肘を伸ばして腕とロッドを一直線に構えて・・・。」
「手首でロッドを動かさず、グリップエンドの反動で次のアクションに移行すると・・・。」
「細かいトゥイッチで誘うためには、右手と左手の動きを別物にして・・・。」
「ポーズあってこそのトゥイッチなので、数回ごとにしっかりポーズを入れて・・・。」
はい、レクチャー完了。(^^)
それでは、さっそくやってみましょー。(~o~)
・・・。
・・・。
・・・。
水温16°C、トゥイッチが上手く出来たって、魚がいなきゃ釣れるわけないんですよねぇ~。(~o~)

11:00 早々に回遊コース狙いを諦めて、ボトムで動けなくなっているであろう居着きのメッキを狙います。
「しっかりボトムをとって2~3回トゥイッチ、浮いたらまたテンションフォールでボトムをとって・・・。」
他人にはそれっぽくレクチャーしていますが、バイトがないままボトムゲームを続けるのは、自分が一番苦手だったりします。(~o~)
「メッキいませんね~。カマスにしましょう。」
早々にメッキ断念、とんでもない先生です。(~o~)

11:30 開始から1時間しか経っていないのに、もうカマス狙いに変更するインチキレクチャー。(~o~)
しかし、その期待のカマスも今日はさっぱりでバイトすらありません。
ボトム狙いを意識しながらカマスゲームを続けていると、私に弱々しいバイト。(@@;
「キタッ、けど小さいですね。」
「あれっ?カマスじゃなくてメッキだぁ。(^^;」
 もう痩せてヘロヘロのチビメッキ。16°Cですから。T_T
「いやぁ~、同じ狙い方なので、メッキがいると食っちゃうこともあるんですよ。(^^;」
苦しい言い訳をする先生。(~o~)

~~~ あまりにも釣れないので、ゆっくり昼食中。(~o~) ~~~

14:00 もう一つ大型漁港のディープを探ってみますが、メッキどころかカマスのバイトもありません。T_T
15:00 カマスが入って来そうな時間になったので、本命ポイントに舞い戻ってカマス狙い。(^^;
しっかりボトムをとってボトムから大きく離さないようにトレースすると、カマスらしきバイトがあります。
私のディープミノーにいくつか出た後、アースさんも釣ってくれました。
 外房名物デカ・・・くないカマス。(^^;
群れが回ってくると連発するのですが、今日の群れは釣っても釣っても尺に届きません。
そのうちカマスのバイトも遠のいたので、いよいよラストの回遊メッキ狙いとします。

16:30 小河川の河口ポイント、言わずと知れた夕まずめの回遊ポイントです。
・・・が、今日の漁港内は水温16°C、河川の水は更に冷たいと思われます。
「こんな冷たいところに回遊して来るとは思えませんが、ダメモトでやってみましょう。」
考えることは皆一緒、出撃中の青服さんも同じタイミングでこのポイントに入ってきました。
3人で狭いシャローを同時に攻めるわけですから、正に絨毯爆撃状態。(~o~)
あっという間に、投げていないコースはないくらい絨毯爆撃しましたが、メッキらしき反応はなし。
「やっぱり、この水温じゃここへ回ってくる魚なんていませんよねぇ~。」
と言い終わらないうちに、
ヂィヂィヂィヂィ、ヂィィィ~~~~~~~~!(@@;
いきなりアースさんがけたたましいドラグ音を発しているじゃないですかっ!(@@; ・・・ちょっとドラグ緩めなんですが。(^^;
「え゛~~~~っ!なに?なに?メッキ?セイゴ?(@@;」
「おぉぉぉ~~~~!メッキだっ!しかもいいサイズ。(@@;」
 どう見ても立派な回遊メッキです。ロウニン22cm。(@@;
いやぁ~、ビックリです、水温16°Cのシャローゲームでホントにメッキ釣っちゃいました。(^^;
「奇跡」としか言いようがありませんが、とりあえずゲストに釣ってもらって一安心。・・・よかった~。(^^)

にわかに信じがたいですが、水温16°Cのシャローにメッキがいたことには間違えありません。
しかも、まだ体力バリバリの回遊のメッキ。(@@;
一匹いたということは、もう一匹いてもおかしくありません。
しか~し、既に辺りは薄暗くなってトワイライトタイム、本日のメッキゲームもあと10分少々です。
そして、同時に今シーズン最後のシャローゲームになるであろうことも予感できます。
最後のシャローゲーム・・・。
ミノーでの攻めはやり尽くした・・・。
既に薄暗いトワイライトタイム・・・。
となれば、これしかありません。
ラパラCD5リップレスの表層テロリン。(^^)
BOXから久々に使うCD5リップレスを取り出して・・・、
「あれっ?あちゃ~!フックが2つとも付いてな~い。T_T」
スペアのフックは持っていますが、残り時間がない中でフックなんか付けてられません。
ごそごそと代替えのルアーを探して・・・、これ!ワンダー60。
さっそくワンダー60をフルキャストして、テロ~ン、テロ~ンと水面下10cm未満をヨタ引きします。
かけあがりを過ぎてシャローエリアに入ったところで、
ガゴンッ!(@@;
ヂィヂィヂィーーー!(@@;
「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
 やった、やた、やた。水温16°Cの表層ゲームでロウニン23cm。(^^)
そして、会心の(奇跡の?)1匹を出したところで、日没しゅ~りょ~。
今シーズン最後となるかも知れない1匹は、狙い的中の大満足な1匹となったのでした。(~o~)

最後の10分は自分の釣りに集中してしまいましたが、気が付けば隣にはアースさん。(^^;
「あっ、そうだ、今日は先生やってるの忘れてた。(~o~)」
考えてみれば、あまり釣果に恵まれていないので、30分限定でデカカマスの残業もやってみます。
・・・。
・・・。
・・・。
それっぽいのをバラして終わり。T_T
まぁ、1匹だけとは言え、回遊のいいメッキを釣っていただいたので、今回は何卒お許しくださ~い。(^^;
これに懲りず、また来年も房総メッキにチャレンジしてくださいね~。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ いよいよ2017年のメッキシーズンも終わりのようです。シーズンの締めくくりに「ポチ」一ついただけると嬉しいです。(^^)


↑↑↑ UVレジンでハンドメイドのオリジナルルアーを製作・販売しています。
ワインドトゥイッチャー30、豆ミノ25トゥイッチャー、現在在庫あります。(^^)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加