Whippet Tenny

犬なのに犬でない、不思議な犬との生活です。しかしフィールドでは、短距離最速を誇ります。

テニーの手術

 | Weblog
10月2日の秋季初心者練習会で一本だけ走ったテニーですが
10月6日に人生(?犬生)2度目の手術を受けました。

去年の秋ごろから、左胸前部にイボが出来 これを気にしてペロペロ
舐めていたら、今年の夏にイボの皮がむけ その部分が腫瘍のように
なってしまいました。それが次第に大きくなり1cm程度になったので
切りましょうと言うことになり、斉藤牧場動物病院で手術となりました。

■手術のあと




手術自体は成功し、大きなトラブルもなく本日(13日)全抜糸となりました。


ところが手術の際に折角全身麻酔をするのだから、他もチェックしましょうと言うことで
歯石取りを行ったのですが、歯の状態が予想していた以上に悪く、歯槽膿漏に
なりかかっている部分が多くありました。

ただこれの積極的な治療法は無く、せいぜい歯を毎日掃除することくらいですが
テニーは歯磨きの習慣がついておらず毎日苦労しています。


また先日目の検査をしたところ、初発段階の白内障との診断も受けました。
こちらは症状の進行を遅くするための目薬を一日3~4回点眼するように
言われています。点眼の際にオヤツをあげるようにしたところ、目薬の袋を
見ると近寄ってくるようになりました。

■大人しく 点眼させる





犬も人間と同じように、歯、目と弱っていくようです。

歳も家族の中で最高齢となり、3人での老後の生活に突入です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CLCC 2016年秋季初心者... | トップ | 明日のルアーコーシング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL