天使の梯子の彼方へ

ママのひとり言
  天使の梯子の彼方のまいこへ。。

徒然

2017-06-18 10:22:58 | Weblog
前回のブログを書いてすで2ヶ月余りです、、
こんな、拙い私のブログに訪ねて下さる皆様、ありがとうございます。

なんでもない日々を過ごしていますが、
親戚が集まる行事だとか、GWだとか、イベント事があると身構える私がいます。
今日の父の日もそうですね、、

そこに、、まいこだけがいない現実を突きつけられて、、
もうそんなことにも慣れたはずなのに、、
いつまでたっても弱っちくて、、
それでいて、、周りには何でもないような顔をしてやり過ごすので
心が悲鳴をあげそうです。
10年と半年が経ったのに、なぜまいこがここにいないんだろうと思います。
なぜ娘のために仏前にお花を手向けてるんだろう、、
思っても仕方のないことをいつまでたっても思います。

幼かった末っ子もこの春専門学校生になりました。
免許もとって自由に行動ができるようになりました。
だからかな、、
今まではこんな私でも気を張った生活でしたが
金曜日の朝学校に送り出すとほぼ日曜日の夜まで友達と過ごすようになり、、
なんとも気の抜けた生活になりました。
平日もお友達とご飯を食べてくることが多く
夫と2人だけの静かな時間が流れます。
気持ちが緩むと、、あれやこれや考えたりして、、
なぜ、まいこだけ私の前からいなくなったのだろう、、
何がいけな方のだろう、、
当たり前に続くはずだった日常は形を変えて行く。
まいこが当たり前にいたって形は変わっていたけれど、
無完全燃焼みたいな、、私の心の奥底ににおかしな感情があって、、
当たり前に自分の世界を持った次男に安堵しつつ、
寂しさがいっぱいです。

時々、、
家の中を子供の声が響き渡っていたことが夢だったのかと思うことがあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 時を経て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事