天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

YES 三ヶ根 殉国七士廟

2017-05-20 08:05:40 | 時事



愛知県蒲郡市に、三ヶ根山という山があります。

ここには、三ケ根山スカイラインという約5kmの有料道路があり、三ケ根山の標高320メートルのの尾根を縦走することができます。
爽快なドライブコースですが、知る人ぞ知るスポットとなっています。

山の中腹にある三ヶ根山グリーンホテル


そして山頂にある殉国七士廟は東京裁判で、日本を背負って殉職された、板垣征四郎・木村兵太郎・東条英機・土肥原賢二・広田弘毅・松井石根・武藤章の七名の寄せ集めの遺骨と廟です。

所謂、A級戦犯が祀られています。靖国神社にも合祀されている七名で、彼等が合祀されていることで閣僚や首相の参拝が問題視されます。ですから三ヶ根山の方は表立って政治家、しかも閣僚が訪れてニュースになることはありません。

あまり知られていませんが、昭和天皇が昭和54年にグリーンホテルを希望なされお部屋から廟の方角に立たれ暫く御親拝なされました。

この事は世間には伏せられ、富田メモが強調され
るようになり、実は山頂にはもう1つ三州園ホテルがありましたが、平成2年に食中毒をだし、廃墟となりスカイライン途中の茶屋も同様に潰れ、荒れ果て、放火までされ現在では地元若者にとっては肝試しの山、心霊スポットとなっています。





このように酷い状態で人々の記憶から忘れさられようとするときに、あの高須クリニックの医院長高須克弥氏が参拝し話題となったのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陳腐大西w YES◯◯ | トップ | 戦わない自衛隊  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL