天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

想田和弘のツイート

2017-01-03 15:52:12 | まとめ・資料




『安倍晋三は「大東亜戦争」はアジア解放のための聖戦だったと言う歴史改ざん主義者(靖国史観)なので、本来ならば真珠湾など参るわけにはいかない。しかし宗主国との関係から参ることになってしまったので、稲田に靖国参拝させたのだと思う。つまりアクセルとブレーキを同時に踏んで取り繕ったつもり。』


『アジア太平洋戦争で亡くなった日本兵230万人のうち、6割は餓死したといわれる。靖国神社は彼らを慰霊するのではなく、国を守った「神」として称揚し祀る施設。現代の政治家が靖国を参拝するのは、食料もないのに兵士を戦地へ送り見殺しにした日本政府の無能と犯罪を覆い隠す行為である。』


『戦死した兵士を「国のために死んだ英雄」として称揚する行為は、米国でも盛んだ。イラクなどで戦死した兵士は「英雄」として讃えられるが、そんな光景をみると違和感を覚える。なぜなら彼らを讃えることで、戦地に送った政治家の罪が棚上げされてしまうから。彼らはそもそも死ぬ必要などなかった。』


『考えたくもないことだが、これから日本でも自衛隊員が戦死した際には、国のために殉じた「英雄」として讃えられることになると思う。そして讃えない人間は「反日」として非難されるであろう。それは自衛隊員を戦地に送った政治家にとっては、実に都合がよい。みなさんに覚えておいてほしい。』


『家族が過労死させられた時に、会社の上司がやってきて「xxさんは会社のために命を捧げて下さった。会社の守護神として祀らせていただきます」なんて抜かしたらどう思うか。靖国神社では単位が会社ではなく国である点が異なるが、基本的にはそれと全く同じことが起きている。』


『くどいようだが、靖国神社は、戦争中に亡くなった日本兵を慰霊する施設ではない。神として賛美し崇拝する宗教施設である。この点を誤解している人が実に多い。しかも遺族が宗教的理由などで「祀るのをやめて欲しい」と申し出ても、聞き入れてもらえない。この点を知らない人も実に多い。』


『補給もないのに戦地に送られ餓死させられたり、帰りの燃料も積まずに特攻させられた無数の人々は、文字通り日本政府に殺されたわけでしょう。殺人事件の被害者と呼んで差し支えないですよ。』













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般参賀 | トップ | 清水潔のツイート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL