天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

谷田川惣氏の天皇論

2017-05-15 06:09:44 | 時事




あえてわかりやすく天皇論と書いたが、谷田川氏の著書に天皇論などと銘打った書籍はない。
あくまでも小林よしのりの天皇論を検証批判されてきたイメージからだが、通常「皇統」や「皇室」であろう。『天皇論』では無礼と思うからである。

然し乍ら私的な感想として天皇論を書く資格を持っている方だと思う数少ない一人であるので敢えて使わせてもらった。

谷田川氏の皇室、憲法関連のツイートで批判されている人は所謂ゴリゴリの左翼ではない。寧ろ保守を標榜する小林よしのり氏や南出 喜久治氏などの批判が多い為右派からの絡みも多い。

最近の谷田川氏のツイートで核心を突いたものをいくつか抜粋し、次にあげる。


『安倍政権の存在が都合の悪い勢力にとってやるべきことは何か。相手勢力の分断。これは誰もが知ってる孫子の兵法。保守派の中に安倍政権を批判する勢力をつくる。落ち着いて周りを見渡してください。何かが見えてくるはず。日本が一番とか言ってる政党とか、女系天皇論を述べる右翼漫画家とか。』



『八月革命説でもっとも実害を受けるのが皇統。現行憲法は明治の憲法と関係がないとなると、現行憲法で定める「皇位の世襲」には女系も含むとなる。一方で明治の憲法との連続性を前提にすれば皇位の世襲は当然これまでにならった継承方法となる。護憲派の左翼を黙らせ、簡単に皇統を守ることができる。』



『皇統さえ守れば後のことはだいたい何とかなる。日本は大丈夫だ。ということは皇統さえ崩せば日本は簡単に壊すことができる。左翼はそこを狙ってくる。それなのに尊皇と語りながら女系天皇論を主張する馬鹿がいる。馬鹿につける薬はない。』



如何だろうか、桜井氏や西村氏支持層から反発されていて、リツイートも少ない、これ自体分断のネタになりそうであるが、革新右翼、街宣右翼、保守の一部に全く皇室への尊崇が欠けるか、文字だけを車に貼るだけで二の次になって、排外主義が主になっているもの達が目に余る。

朝鮮人を追い出す事にかまけて国防の観念が欠落しているのだ。自衛隊だけで国が護れるとでも思っているのだろうか。

谷田川氏の言う通り日本を守る事は皇室、皇統を護る事。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帝国憲法と日本国憲法 ビー... | トップ | 橋下が小林をバカ 3(終) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL