天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

靖国神社とは

2016-10-29 15:29:06 | 時事
彼此2年もこのアカウント名でツイート&ブロガーをやってきましたが、靖国神社に関するツイートと貶めるツイートの比率は変化するものの、否定的に捉えるものが無くなることはありません。

靖国神社に関してはその捉え方が大きく二分するのが特徴です。どちらが正しいではなく、見方が対立しているのです。





ここに靖国神社とは?の問いに三つの解答があります。



1.靖国神社は平和を祈念する場所ではない。

2.靖国神社は日本の過去の侵略戦争を、都合の悪いことは一切隠して、正当化する場所だ。

3.靖国神社は戦争を肯定し賛美する場所だ。



1.の「靖国神社は平和を祈念する場所ではない」
はどこも間違っていません。しかし、平和を祈念しても良いのです。神社の基本は祈祷です。
日本の為に戦った先人、英霊に対してどんな祈りを捧げようが自由です。一般的に感謝と哀悼の祈りをささげればよいのです。女性は逞く誠実で英霊のような伴侶との良縁を願うことも自由です。
男性は英霊のように家族や伴侶を守ります、と誓うことも自由だと思います。国会議員が国を守る為先人のように命懸けで守ります、と誓うことはごく自然で当たり前のこととも感じます。そんなこと誓いたくないという方は行かなければ良い。
簡単なこと、心の問題なのです。


2.「靖国神社は日本の過去の侵略戦争を、都合の悪いことは一切隠して、正当化する場所だ」は
1.と同じ否定形で続く嘘と真実を混ぜて貶め否定する文章です。"侵略"は戦勝国と被害国が使う言葉で基本的に自国の戦争は侵略戦争などとは呼びませんし、パリ講話条約の国際法違反です。同盟国アメリカが戦勝国で占領していた当時の感覚のままの"侵略戦争"なのです。「都合の悪いこと」とは書かれていませんが、恐らく"特攻""餓死者"
"大虐殺"などと言いたいのでしょうか、遊就館でワンコインで見れます。真実を伝えることが正当化でしょうか。


3.「靖国神社は戦争を肯定し賛美する場所だ」
侵略戦争は明確に否定します。
戦争自体を賛美しているのでなく、日本の存続の為に命懸けで戦っていただいたその生き様を賛美しているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈴木、阿南と戦後保守 | トップ | リテラの歴史修正主義 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL