天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

力道山からトランプ

2017-02-13 11:58:11 | 時事

日本経済が飛躍的に成長を遂げた時期は、昭和29年12月から昭和48年11月までの約19年間である。昭和30年頃、プロレスの父と呼ばれる力道山の街頭テレビに殺到し一喜一憂していた時代、戦後のドサクサから強い日本人の象徴と共に目覚ましい発展を遂げた。

力道山は朝鮮併合時代、まだ日本だった頃の現在の北朝鮮出身で昭和15年で初土俵、21年に入幕の力士となった。大正13年生まれである。
力士を25年に引退し、百田家の養子となった。昭和29年プロレスラーとして初興行を行なっている。

ジャイアント馬場、アントニオ猪木を弟子として育てた正に日本プロレスの父となり、39才の若さで亡くなっている。

八百長を許さない真の強さを求めるのが、日本のプロレスだとすれば、何でもありのエンターテイメント性を重視したプロレスがアメリカのプロレスだ。



アメリカの保守政党のトランプは白人中心の古き良き強いアメリカの復活への期待を背負って大統領選に勝利したが、トランプのプロレスでの過激なパフォーマンスが強いアメリカの復活へのヒーローという側面をインスパイアさせたのだろう。

その大統領としての姿はまるでマティスの試合を組んだプロモーターの様にも見える。


戦後の日本人が力道山の試合を見て、強い日本人と共に経済力の強さを最大限に発揮したように、同じプロレスでアメリカ国内の強さに特化させ盛り上がりを見せるトランプ大統領を見ているとアメリカの政治もエンターテイメントであることが伺える。

トランプは敵に回してはいけない男であることがわかる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上野千鶴子開眼 | トップ | トランプ大統領の靖国神社参拝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL