天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

憲法無効論をパンツに置き換える

2017-05-19 12:34:03 | 時事

始めに断って置きますがこれは憲法無効論者を馬鹿にするものではありません。




自分なりにわかりやすくご理解頂ける様にと例え話にしてみました。

まず帝国憲法を褌とします。


そして、日本国憲法をブリーフとします。


つまり、憲法無効論とはブリーフ無効論です。
このブリーフは米国の発案で日本人の手により作らされた押し付け下着なのです。
更にこんなブリーフを履いているのは日本人だけ、世界ではトランクスが主流でボクシングで戦うことも出来ます。独立した大人のパンツなのです。



そこでブリーフを無効とする論は我々は褌を無理矢理ブリーフにさせられたのであり、こんなブリーフは無効だから破棄しようとしています。

ここで問題となるのがパンツの連続性です。

実はあの褌は絹で出来ていて、その生地を使用してブリーフを製作していたのです。つまり、天皇陛下が絹な訳です。

つまり、ブリーフを無効そして破棄することはこれからノーパンで生活することとなるのです。
要するに現憲法を無効、破棄することとは天皇不在の全く新しい憲法、国、なのです。従って國體のなくなった国はもう国としての体を成していない物になるのです。

つまり、ノーパンがいやなら絹のブリーフのまま行くか(護憲)、その絹と褌の余り布を使った現代人らしい絹のトランクスに作り変えるか(改憲)
しか無い訳です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4.靖国神社と天皇陛下 | トップ | 村上 騎士団長殺し 南京 恐ろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL