天皇陛下の靖国神社御親拝を希望する会会長

日本人の歴史認識は間違っています。皇紀2675年こんなに続いた国は世界の何処を探しても日本しかありません。

『朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ』

2017-07-11 20:18:18 | 時事



終戦の詔を言えと言われれば

殆どの日本人は

『耐え難きを耐え偲び難きを忍び』

をあげるだろう。この部分がメディアで一番多く再生されるから当然である。


しかしながら一番大切な部分が他にある。

『朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ』である。

國體が護持されたことを昭和天皇ご自身が録音された。

この部分が憲法改正、憲法の解釈に非常に大切な肝となる。



憲法前文
『ここに"主権が国民に存する"ことを宣言し、この憲法を確定する。』
第一条
『天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、"主権の存する日本国民"の総意に基く。』


この部分を左翼憲法学者も日本国憲法無効論者も同じ解釈をしてしまっているということだ。

つまり、主権が天皇から国民に移ったことを革命が起きてもいないのに不自然ということから八月革命説が唱えられ、また主権が入れ替わるのは帝国憲法の改正の限界を超えていることから、改正でなく新憲法が制定されたとの考え方で、左翼憲法学者は今上天皇を第二代天皇としている。

これを憲法無効論者同じ解釈でそんな押し付け憲法は無効だと主張する。

一度、妥当性と実効性を持ってしまった憲法を無効にする手続きが存在しない以上それこそ革命である。


帝国憲法でも天皇は専制君主でもなければ、西欧の様な絶対王権でもなかった。


だから、國體、天皇が存続する以上、新しい憲法を制定する場合、帝国憲法の改正手続きをとるしかないのであり、帝国憲法を改正したものが日本国憲法であることは紛れもない事実となる。




この御名御璽はこの事実を確定している。


更に昭和天皇の御製


『うれしくも国の掟のさだまりて

あけゆく空のごとくもあるかな』


にもあるように日本国憲法制定を「嬉しくも」とお読みになられている憲法が無効になる筈はないのだ。


つまり、『主権の存する国民』とは"主権が存続する"という意味であり、帝国憲法から主権は国民にあったのだ。

故に天皇=主権=国民

君民一体であり、日本国を愛し忠誠を誓うことは、我々国民の義務であり、また我々日本国民の大きな誇りであるのだ。

皇紀2677年
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田母神氏のツイートから保守... | トップ | 憲法改正を阻止する者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL