天然居士のとっておきの話

実生活には役に立たないけど、知っていると人生が豊かになるような話を綴りたいと思います。

増上寺と寛永寺

2017-06-14 | Weblog
 増上寺は、空海の弟子・宗叡が武蔵国貝塚(今の千代田区麹町・紀尾井町あたり)に
 建立した光明寺が前身と伝えられています。
 その後、室町時代の1393年(明徳4年)、浄土宗第八祖酉誉聖聡の時、
 真言宗から浄土宗に改宗し、寺号も増上寺と改めていますので、
 この聖聡が、実質上の開基と考えられます。
 一方の寛永寺は、天台宗の寺院で、開基は徳川家光、開山は天海です。

 この2寺は、それぞれ徳川家の菩提寺になっています。
 増上寺が、徳川家の菩提寺となるまでの歴史は必ずしも明らかではありませんが、
 通説では1590年(天正18年)、徳川家康が江戸入府の折、
 たまたま増上寺の前を通りかかり、源誉存応上人と対面したのが、
 菩提寺となるきっかけだったとされています。
 貝塚から、一時日比谷へ移った増上寺は、
 江戸城の拡張に伴い、1598年(慶長3年)、
 家康によって現在地の芝へ移されています。

 徳川家康は死亡した後、一度駿府の南東の久能山(現久能山東照宮)に葬られ、
 一周忌を経て江戸城の真北に在る日光の東照社に改葬されています。
 2代将軍の秀忠は、家康の遺言で増上寺が菩提寺に指定されていたので、
 同寺に葬られています。
 3代将軍の家光は、自ら開基となった寛永寺で葬儀を行い、
 日光の東照宮の脇の輪王寺に埋葬されましたが、寛永寺に霊廟も造営しました。
 その後の4代家綱、5代綱吉はそれぞれ家光の子どもですから、
 父と同じく寛永寺で葬儀が行われ、霊廟が建立されました。
 将軍の葬儀には、幕府から多額の回向料が支払われますし、
 諸大名などからも香典を包みますので、莫大な収入が寺に入ります。
 6代家宣が死去した時には、
 60万石以上の大名は白銀30枚、25万石~59万石は20枚と定められていましたので、
 これだけでも相当な金額になりますが、
 更に他の幕臣などもいましたから、莫大な金額が入ったと思われます。

 寛永寺への霊廟建立が続いたため、
 増上寺は霊廟を自寺にと言う運動を猛烈に行います。
 その結果、6代家宣、7代家継も増上寺に霊廟が建立されました。
 今度は寛永寺が巻き返しを図り、
 8代吉宗は自身の意思もあって寛永寺に建立されます。
 それ以降は両寺の立場もあり、ほぼ交互に霊廟が建立される事になります。
 ただ、11代家斉は順番からすると増上寺のはずが寛永寺になりましたが、
 それ以後は、12代家慶は増上寺、13代家定は寛永寺、14第家茂は増上寺となりました。

 葬儀ばかりではなく、歴代将軍の祥月命日には、現将軍は霊廟に参詣しますし、
 江戸在府中の大名も残らず参詣します。
 これを「諸大名御跡参」と称し、
 服装は大紋の礼服で風折の烏帽子を被る、
 江戸城に登城する時のようなフォーマルな姿で参詣します。
 このため、この行列を見ようと江戸市中はもとより近在からも多くの見物人が集まり、
 黒山の人だかりとなります。
 人が集まれば、それを相手に商売する人が集まるのも当然で、
 両寺だけでなく、門前で商人も潤し、江戸経済の活性化に大きく貢献しました。

 以上、安藤優一郎さんの「大江戸お寺繁盛記」を参考にしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電光影裏に・・・ | トップ | 成田山新勝寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL