天然居士のとっておきの話

実生活には役に立たないけど、知っていると人生が豊かになるような話を綴りたいと思います。

ヴィルヘルム1世の死刑執行命令書

2016-12-20 | Weblog
 ヴィルヘルム1世は1797年に生まれた、第7代プロイセン王で、
 ビスマルクやモルトケなどの人材を登用して、ドイツ統一戦争に乗り出し、
 普仏戦争に勝利して、1871年1月18日に初代のドイツ皇帝に即位した人物です。

 このヴィルヘルム1世、死刑執行命令書に署名したのは、
 生涯でただ1度だったとの伝承がドイツに残っていたと、
 淮陰生の「一月一話」に載っていました。
 淮陰生自身も真偽のほどは分からないとの事ですが。

 それによると、プロイセン王になって間もなくの事、
 ある凶悪な殺人事件が起こり、犯人と目される男が捕まります。
 その男は頑強に無罪を主張しますが、裁判の結果死刑の判決が下ります。
 刑場に引き出され、首斬人の振り下ろす斧で、首は籠の底に落ちますが、
 そのとたんに首はギョロリと目玉をむいて、大声で
 「俺は無実だ!」と叫んだとの事です。
 それから間もなく、一人の男が臨終の床で、
 あの真犯人は自分だったと懺悔の告白をして息を引き取ったとの話が、
 ヴィルヘルム1世の耳に入り、
 彼は2度と死刑執行命令書に署名しなかったと言う話です。

 ヨーロッパ諸国では、第二次世界大戦後、
 各国で殺人などの一般的な犯罪に対して死刑を課することを止めています。
 現在のEU加盟の条件の一つに死刑制度の廃止があります。
 西ドイツでも、1949年に廃止されています。
 ナチスドイツの厳罰主義への反省があったのでしょうが、
 ヴィルヘルム1世の伝承も影響があったかも知れません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競技かるた | トップ | 早稲田大学第二校歌 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (井頭山人)
2017-01-11 21:53:51
ウイルヘルム一世とは、フリードリヒ2世「大王」の系譜を引くプロイセン王ですか?ドイツを統一するには、それを阻止するフランスを敗北させねばなりません。普仏戦争でナポレオン三世を屈服させて統一ドイツを創りましたね。長い長い歴史の果てにです。ドイツが分割された小国の集まりである事をフランスが画策したのは遠くドイツ三十年戦争の時代に遡りますね。ドイツを弱体化しておくことがリシュリュー枢機卿の時代からのフランスの政策ですから、ウェストファリア条約とその体制の帰結です。ドイツはカトリックとプロテスタントの、ドイツを舞台にしたあの三十年戦争で完全に疲弊しました。400年前のヨーロッパ世界大戦です。それでドイツは小諸侯国の集合体になり文化的にも軍事的にもフランスに対抗は出来なかった。ナポレオンのドイツ侵略以後にようやくドイツ語圏の統一段階に入った訳ですね。プロイセンは古来ドイツ騎士団領の影響を受けた軍事国家です。遠くクラウゼヴィッツを始めとするドイツ参謀本部の伝統がある。均衡論の政治的天才ビスマルク、軍事的モルトケを擁してドイツの最も輝かしい時期です。だが苦労知らずの二番目が駄目なのは、世の東西を問わない。第一次大戦でドイツはどん底に落ちます。国家社会主義ドイツ労働者党は、その怒りから発生したのですからね。

冤罪はどこにでもあります。証拠や自白と云うものをしつかりと検証することが不可欠ですが、それには必ず盲点がありますから。疑わしきは罰せず!という指針は多分正しいが、冤罪と判断され無罪になった者が、実は犯人であったり、無罪とされ放免された男が再び、別の殺人を犯したとき、弁護側は、どう釈明するのか?結果的には別の殺人を幇助していると考える者もいます。その場合、被害者は殺人者を無罪にしたその弁護士を訴えることが出来るのか?出来ないと思う、そういう刑法は無い。それで弁護士は黒を白と言い包める人と表現されることに成ります。ところで、弁護士が担当している被疑者が、面接や証拠で、こいつは遣っていると感じた場合、それを白と言い包める弁護をするのだろうか?主に冤罪と云うのは、遠い昔の証拠不十分の事件が多いのでしょうが、最近では電車での痴漢事件などでは起こる事が多いですね。男でも女でも嘘をつく人間は必ず居る。真実は当人が一番よく知っている筈です。
Unknown (井頭山人(時代錯誤))
2017-01-11 22:30:21
ついでに書き込みますが、今日、上野の森美術館のデトロイト美術館展に行って来ました。石橋から8:15の電車に乗り上野に10:00頃に着きました。風も無く晴天で幸いでした。寒いと思い厚着をしていったので汗をかきました。
ゴッホは、黄色い麦藁帽を被った自画像と最晩年の湖に船を浮かべた絵画と二つくらいでしたね。あとはルノワールやモネ、ピカソ、マチス、カンディンスキーの絵が数展ありました。ゴッホの自画像は意外に小さいもので縦35センチ横25センチくらいです。色使いが好いです。ウィークデイでしたが、私達よりも年上の年配のご婦人が多かったです。国立博物館には、浮世絵展が有ったので足を向けましたが途中で止めて、岩崎邸に行きました。屋根の工事中でしたが、内部の見学は出来ました。ここもコンドルが設計したそうです。豪華でしたが暖房が無く寒かったですね。それから、2月23日~4月16日まで、渋谷の東京本店横にある「ザ・ミュージアム」で、河鍋暁斎の展覧会があるそうです。東京への暫くぶりの外出で車酔いして仕舞いました。情けなゃ~です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL