天然居士の独り言

主に日記主体のブログです。

80日間世界一周・・・

2017年06月13日 19時35分23秒 | 日記
 先週、映画のネタで日記を書きましたが、今日もそうです。
 今日は、「80日間世界一周」が、
 NHKのBSプレミアムで放送されましたので、観ました。

 この映画、かつてテレビで観たような気がしていましたが、
 どうやら観ていなかったようです。
 テーマ曲の「Around the World」は有名ですね。
 僕の好きな映画音楽の一つです。

 気球によるアルプス越え、スペインの闘牛、インドの象に乗った旅、
 日本の鎌倉の大仏、アメリカのインディアンとの戦いなど、
 本当に世界一周旅行をしているような気分になる映画でした。
 列車のシーンが何回か出て来ましたが、これも本当に乗っているような感じでした。

 主演はデヴィッド・ニーブンです。
 知的な感じのイギリス紳士と言う感じのする名優で、僕の好きな俳優の一人です。
 先日、ロジャー・ムーアが亡くなった時に、
 3代目のジェームス・ボンド役と紹介されましたが、
 デヴィッド・ニーブンもボンド役をやっているのに、
 シリーズの中ではなかったので、カウントされなかったようですね。
 「カジノ・ロワイヤル」にボンド役で出ています、
 原作者のイアン・フレミングは、
 ニーブンをイメージしてボンドを描いたとの話がありますが、
 アクションシーンは無理なような気もします。

 「80日間世界一周」では、日本の横浜に到着する事になっています。
 日本のシーンで最初に出て来るのが、鎌倉の大仏で、次にどこかの神社、
 更に軽業のような劇場と続きます。
 日本人が丁髷姿だったのが気になりました。
 映画の設定は、1872年です。
 断髪令が出たのが、1871年9月23日(明治4年8月9日)ですから、
 かろうじてセーフと言う感じでしょうか?

 この映画は、有名な俳優がちょい役で出て来る、
 いわゆるカメオ出演の最初の映画とも言われているので、かなり注意して見ました。
 アメリカの酒場のシーンで、ホステス役でマレーネ・ディートリヒが出ていて、
 敢えて脚線美を見せていました。
 また、その酒場でピアノを弾いていたのが、フランク・シナトラですし、
 用心棒がジョージ・ラフト、酔っ払いがレッド・スケルトンでした。
 その他、フランスではシャルル・ボワイエが出て、
 汽車の車掌がバスター・キートンでした。

 ユーチューブに主題曲と多少の映像が出て来るものがありましたので、
 宜しければご覧下さい。
 https://www.youtube.com/watch?v=vxc1__ltZEs

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポチ新聞・・・ | トップ | 高層マンションの火災・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。