天然居士の独り言

主に日記主体のブログです。

リアル麻雀・・・

2017年06月10日 20時52分21秒 | 日記
 4月に、オンライン麻雀のグループの「大三元クラブ」に誘われて、
 ネットの麻雀に加えて頂いた話は、以前書きました。
 このグループは年に2度ほどオフ会、つまり実際の麻雀をしています。
 昨日は、東京でこの会が催されたので、行って来ました。

 正午にJR神田駅に集合しました。
 昼食を済ませて集合との事でしたので、神田駅の周囲で何か食べようと思いました。
 神田駅周辺はランチ激戦区との事でしたが、本当に色々な店があって、
 何を食べたら良いか迷ってしまいました。
 結局、麻雀に勝てるよう、かつ丼にしようと思い、
 富士そばのミニかつ丼と蕎麦のセットにしました。

 少し早目に駅に行ったら、
 主宰者の釣り名人さんが、「大三元クラブ」と書いた紙を持って立っていてくれました。
 次第に人が集まり、駅近くの雀荘に行きました。
 ビルの9階にある雀荘で、8階と5階でも営業していました。
 平日の午後なのに、驚くことに既に何組かの卓で麻雀をやっている人達がいました。
 多くの人が、高齢者と呼ぶのが適切な感じの方ばかりでしたが、
 中には若い人達もいましたし、女性もいました。
 何卓あったか数えませんでしたが、空いている卓は予約済みの表示がありました。
 我々がやっている内にもどんどんお客が来ていました。

 「大三元クラブ」のメンバーは、今回は14名の参加でした。
 内、女性が5人です。
 1人だけ僕よりも若い感じの人がいましたが、他の方は僕よりも年上の感じでした。
 12時半から、あみだくじで組み合わせを決めて麻雀が始まりました。
 皆さんハンドルネームがありますので、実際の名前を紹介する事なく、
 ハンドルネームで呼び合っていました。

 行く途中、実際の麻雀をやるのは、いつ以来かと思ったのですが、
 多分、22年ほど前に、仕事で泊まりの時に何回か旅館でやったのが最後だと思います。
 雀荘に入ったのはさらに前、30年近く前になりそうな気がします。
 当時から全自動卓ですが、今の卓は、点棒をカウントしてくれて、
 自分の点数ばかりでなく、相手の点数が分かるようになっているのに驚きました。
 昔は、他の人の概ねの点数を頭に入れてやっていましたが、
 今はその必要がないのですね。
 それと牌が少し大きくなっているような感じがしました。
 以前は自分の牌の山の数が分かるように、少し切れ目を付けるのに6枚出来ましたが、
 昨日は5枚が限界でした。

 以前は、盲牌と言って、牌を指でこするだけで何の牌か分かりましたが、
 久しぶりなので、1度間違えてしまい、待っていた牌を捨てそうになり、
 謝って取り戻しました。
 マンズはやはり分かりにくかったですね。

 半荘5回、55分で強制的に終了するため、親の連荘はなしとのルールでした。
 僕は3荘目までは、2位2位1位と好調でしたが、
 4荘目で4位、最後も3位で、結果的には全体で7位でした。
 お昼をミニかつ丼にしたため、エネルギーが続かなかったのかも知れません。
 参加者は、かなり年季の入った方や、初心者の方など幅広かったですが、
 ベテランでも初心者に打ち込んでしまうのが、麻雀の面白さだと思います。
 5時間がアッと言う間に終わってしまった感じでしたが、
 とても楽しい一時でした。

 麻雀が終わってから、場所を移して懇親会がありました。
 集まった方は、都内の方もいましたが、
 愛知県、静岡県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、福島県とバラバラでした。
 本当の名前も分からないのですが、楽しい酒飲みでした。
 泊りの方もいて、多くの方が更にカラオケに行きましたが、
 僕は、そこで帰って来ました。

 主宰者の釣り名人さんは、ご自分では麻雀を1回きりなさらずに、
 色々お世話をして下さいました。
 事前の連絡に、緊急連絡先と血液型を書いておくようにとの指示がありました。
 細々と気を使うのだなぁと感心しました。
 本当に有難うございました。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生餌・・・ | トップ | 梅雨・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。