暇人の独り言

人生の黄昏時を いかに過ごさん

蜘蛛

2016-10-11 07:47:21 | 日記

9月下旬蜘蛛の巣に気付いた。裸眼では蜘蛛の巣の形状が分からないが、こちら側に腹を向けている蜘蛛の足の黄色の縞でジョロウグモ?とした。翌日、少し離れた位置に小さい蜘蛛がいる。先の個体が脱皮したのか? しばらく見ていると小さいのが動いた。♂?  この個体は数日かけ、じりじりと♀に近づき、♀の後ろ脚に触れる所まで来た。この間♀はじっとして動かない。次の朝、♀は少し離れた位置に黄色の縞のある足を残して何時もの位置でじっとしている。よく見ると尾部に赤い部分が有る。♂はその上あたりでジッとしていた。拡大鏡で観察する気も無く、♂がこれまで食べられなかった事に。   あくる日は風が強かった。夕刻、♀の姿は無く、♂が♀の脱皮カス近くにいた。今朝、蜘蛛の巣には♂の姿も無く、♀の食べた後の鼠色で丸い塊も無く、気のせいか♀の脱皮足も減っていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補聴器 | トップ | IT時代に感心 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事